2019年01月18日

The Impressions『Times Have Changed』

Leroy Hutsonが参加した唯一の作品☆The Impressions『Times Have Changed』
タイムズ・ハヴ・チェンジド
発表年:1972年
ez的ジャンル:シカゴ・ソウル・グループ
気分は... :時代は変わったのか?

今回は70年代ソウル作品からシカゴの名グループThe ImpressionsCurtom時代の1枚、『Times Have Changed』(1972年)です。

Jerry ButlerCurtis MayfieldLeroy Hutsonらを輩出したシカゴ・ソウルの名グループThe Impressionsの紹介は、全米R&BチャートNo.1となったヒット曲「Choice Of Colors」を収録したCurtom第2弾アルバム『The Young Mods' Forgotten Story』(1969年)、シングル「Finally Got Myself Together (I'm A Changed Man)」を全米R&Bチャート第1位へ送り込んだ起死回生の1枚『Finally Got Myself Together』(1974年)に続き、3回目となります。

前作『Check Out Your Mind』(1970年)を最後にCurtis Mayfieldがグループを脱退し、裏方としてプロデュース&ソングライティング面でグループを支えることになります。そして、Curtisの後釜に据えたのがLeroy Hutsonです。

そんな新体制でリリースしたアルバムが本作『Times Have Changed』(1972年)です。結果として、Leroy HutsonがThe Impressionsメンバーとして参加した唯一のアルバムとなりました。

本作におけるメンバーは、Sam GoodenFred CashLeroy Hutsonの3名。

前述のように脱退したCurtis Mayfieldが全面プロデュースし、全8曲中6曲で
ソングライティングを手掛けています。

リード・シングルにもなった「Love Me」をはじめ、「Stop The War」「Inner City Blues」Marvin Gayeの名曲カヴァー)、「Potent Love」「Our Love Goes On And On」といった本作と同年にリリースされたCurtis Mayfield『Superfly』に通じる、スリリングでグルーヴィーなニュー・ソウル・チューンがおススメです。

「This Loves For Real」「This Loves For Real」といったバラードの出来栄えも上々です。

商業的には不発に終わった1枚ですが、ニュー・ソウル好きの人であれば、Leroy Hutson参加も含めて大満足できる内容だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Stop The War」
Curtis Mayfield作。タイトルからしてニュー・ソウルらしいオープニング。本作と同年にリリースされたCurtis Mayfield『Superfly』を思わせるスリリングなグルーヴィー・ソウルに仕上がっています。ニュー・ソウル/Curtis好きの人であれば、間違いなく気に入るはず!
https://www.youtube.com/watch?v=WHUTrLyNOuc

Rashad & Confidence「Rumors of War」のサンプリング・ソースとなっています。
Rashad & Confidence「Rumors of War」
 https://www.youtube.com/watch?v=ySzClyGs3Tg

「Times Have Changed」
Curtis Mayfield作。ソウル・ヴォーカル・グループらしい味わい深いバラード。胸に染み入ります。Curtisは参加していませんが、Curtisらしい味わいがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=72uDcJmdZpI

「Inner City Blues」
Marvin Gayeの名曲カヴァー(Marvin Gaye/James Nyx作)。オリジナルは名盤『What's Going On』に収録されています。本ヴァージョンはアルバムに先駆けてシングル・リリースされていました。Marvin Gaye名曲をCurtis Mayfield風サウンドで楽しめます(アレンジはLeroy Hutsonですが)。
https://www.youtube.com/watch?v=F1yOM7jIZQ0

「Our Love Goes On And On」
Curtis Mayfield作。各メンバーのヴォーカルを楽しめ、ホーン&ストリングスを含めたアレンジも冴え渡るニュー・ソウル感たっぷりのグルーヴィー・ソウル。
https://www.youtube.com/watch?v=eFQ8WA-rGNU

「Potent Love」
Curtis Mayfield作。僕の一番のお気に入り。フリーソウル好きの人も気に入るであろうパーカッシヴなメロウ・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=HmNv9wb3mLw

Talib Kweli feat. Miguel「Come Here」のサンプリング・ソースとなっています。
Talib Kweli feat. Miguel「Come Here」
 https://www.youtube.com/watch?v=BF2QAuhVnXU

「I Need To Belong To Someone」
Curtis Mayfield作。代表曲「People Get Ready」に通じるものを感じるバラード。
https://www.youtube.com/watch?v=tNl0QnEfmow

「This Loves For Real」
Leroy Hutson/Michael Hawkins作。アルバムからの3rdシングル。Leroy Hutson主導のバラード。新体制によるヴォーカルを満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=IO2Ogo8XZ8c

Hands Of Timeがカヴァーしています。また、Purple City「Will Not Lose」、DL Incognito「Farewell」、Freddie Gibbs & Pill「Womb 2 the Tomb」 、Capital D feat. Tragedy Khadafi「Life Is a Hustle」、Handbook「Me Me Me」、Wale「Arrival」、MC Eiht「I Need That」、Sourface「Leaving Home」等のサンプリング・ソースとなっています。
Hands Of Time「This Loves For Real」
 https://www.youtube.com/watch?v=Fj4EZIzZMlI
Purple City「Will Not Lose」
 https://www.youtube.com/watch?v=8jtyJfcfweI
Freddie Gibbs & Pill「Womb 2 the Tomb」
 https://www.youtube.com/watch?v=YTWMtdFSR_0
Wale「Arrival」
 https://www.youtube.com/watch?v=4q1mY0TDIqE
MC Eiht「I Need That」
 https://www.youtube.com/watch?v=zA_WQg8vxRE

「Love Me」
Curtis Mayfield作。アルバムのリード・シングル。US R&Bチャート第25位となっています。軽快なビートのグルーヴィー・ソウル。1stシングルになったのも頷けるニュー・ソウルらしい格好良さに満ちたキャッチーな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=SoxlFBY2QgU

Big K.R.I.T. feat. Ashton Jones「Good 2getha」のサンプリング・ソースとなっています。
Big K.R.I.T. feat. Ashton Jones「Good 2getha」
 https://www.youtube.com/watch?v=yED5O87atdQ

The Impressionsの他作品もチェックを!

『The Impressions/Never Ending Impressions』(1963/1964年) ※2in1CD
Impressions/Never Ending Impressions

『Keep on Pushing/People Get Ready』(1964/1965年) ※2in1CD
Keep on Pushing/People Get Ready

『One by One/Ridin' High』(1965/1966年) ※2in1CD
ONE BY ONE/RIDIN!

『The Fabulous Impressions/We're a Winner』(1967/1968年) ※2in1CD
The Fabulous Impressions / We're A Winner

『This Is My Country』(1968年)
This Is My Country

『The Young Mods' Forgotten Story』(1969年)
ヤング・モッズ・フォゴットン・ストーリー

『Check Out Your Mind!』(1970年)
チェック・アウト・ユア・マインド!

『Preacher Man』(1973年)
プリーチャー・マン

『Finally Got Myself Together』(1974年)
ファイナリー・ガット・マイセルフ・トゥゲザー

『First Impressions/Loving Power』(1975/1976年) ※2in1CD
First Impressions & Loving

『It's About Time』(1976年)
It's About Time

『Come to My Party/Fan the Fire』(1979/1981年) ※2in1CD
Come to My Party/Fan the Fire
posted by ez at 02:08| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

Cozette Morgan『Stay With Me』

『Juicy 2』掲載盤、生音重視の90年代女性R&B☆Cozette Morgan『Stay With Me』
cozette morgan ‎stay with me.jpg
発表年:1995年
ez的ジャンル:オーセンティック女性R&B/ソウル
気分は... :生音重視!

今回は90年代女性R&B/ソウルからCozette Morgan『Stay With Me』(1995年)です。

女性シンガーCozette Morganの詳細なプロフィールは不明。

本作『Stay With Me』(1995年)が唯一のアルバムです。

90年代R&B/Hip-Hopの人気ディスク・ガイド『Juicy 2』に掲載されたことにより、再評価が高まった1枚です。

メイン・プロデューサーはNiko Lyras、それ以外にMic MurphyとのユニットThe Systemのメンバーとして知られるDavid Frank、元Dazz BandのメンバーMichael Calhounもプロデュースは手掛けています。

Michael Calhounはソングライティングでも大きく貢献しており、全11曲中8曲で楽曲提供しています(共作含む)。

本作の特徴は、打ち込み、サンプリング全盛の90年代において、生演奏で全編貫かれている点です。そのため、70〜80年代ソウルのヴァイヴを受け継いだR&B/ソウル作品に仕上がっています。

シングルにもなった「All Out Of Love」「I Forgive You」といったメロウ・ソウルが僕のお気に入り。

それ以外に「Pain」「Love Thang」といったファンキー・グルーヴ、正統派ソウル・バラード「Killer Blues」Aretha Franklinの名曲カヴァー「Think」、The Stylisticsのカヴァー「Break Up To Make Up」あたりもおススメです。

時代に左右されないレディ・ソウルを楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Pain」
David Frankプロデュース。生音グルーヴが心地好いファンキー・ミディアムがオープニング。70年代ソウル的な臨場感がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=FGe4behbhJo

「I Forgive You」
David Frankプロデュース。Rude BoysのメンバーLarry Marcusの作品。温もりのあるメロウ・ソウル。打ち込み全盛の時代に生音メロウ・ソウルを貫く潔さがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=22r27FZatPA

「Killer Blues」
Niko Lyrasプロデュース。正統派ソウル・バラード。奇をてらわない真摯な感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=suFlJO9hQ9w

「Love Thang」
Niko Lyrasプロデュース。開放的なホーン・アンサンブルが盛り上げてくれるダンサブルなファンキー・チューン。生音ならではの豪快なグルーヴをバックに、Cozetteのヴォーカルも絶好調です。グルーヴィーなハモンド・オルガンもグッド!

「Stay (Just)」
Niko Lyrasプロデュース。哀愁バラードをしっとりと歌い上げます。イントロが上田正樹「悲しい色やね」に聴こえてきてしまいます(笑)

「Think」
Niko Lyrasプロデュース。Aretha Franklin、1968年の大ヒット曲をカヴァー(Aretha Franklin/Ted White作)オリジナルは『Aretha Now』に収録されています。オリジナルの雰囲気を受け継ぐ、ゴスペル・ライクで豪快なファンキー・グルーヴに仕上がっています。ベタですが、Cozetteのヴォーカル・スタイルにピッタリなカヴァーなのでは?

「All Out Of Love」
Michael Calhounプロデュース。シングルにもなったメロウ・ミディアム。80'sブラコン的な魅力があっていいですね。僕の一番のお気に入りです。
https://www.youtube.com/watch?v=_ay0sDm5yIE

「To Love You」
Niko Lyrasプロデュース。切々と歌い上げる哀愁ソウル・バラード。泣きのギターも聴きものです。
https://www.youtube.com/watch?v=rohWAD1l65Q

「Break Up To Make Up」
Niko Lyrasプロデュース。The Stylistics、1973年のヒット曲をカヴァー(Thom Bell/Linda Creed/Kenny Gamble作)。オリジナルはアルバム『Round 2』に収録されています。特別なことはしていませんが、良い曲を素直に歌い上げる感じが好感持てます。
https://www.youtube.com/watch?v=oTCWbsC9bvk

「Don't Turn Your Love Around」
Niko Lyrasプロデュース。70〜80年代ソウル的な雰囲気を持った感動バラード。聴き重ねるほどグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=V5wMK4kmk5o

「Killer Blues (Jam Session) 」
Michael Calhounプロデュース。「Killer Blues」のジャム・セッション・ヴァージョン。

NFLのポストシーズンは、いよいよAFC/NFCチャンピオンシップですね。
両カンファレンスとも第1シード、第2シードが勝ち上がる順当な展開ですが、個人的にはチーフス対ラムズのスーパーボウルが観たいですね!
posted by ez at 00:54| Comment(2) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

Bruno E『Alma Sessions』

奥方Patricia Marxだけではない!旦那のリーダー作☆Bruno E『Alma Sessions』
Alma Sessions
発表年:2005年
ez的ジャンル:ブラジリアン・メロウ・グルーヴ
気分は... :空の世界・・・

今回はブラジル人DJ/プロデューサーBruno Eが2005年にリリースした『Alma Sessions』です。

ブラジル人女性シンガーPatricia Marxの旦那様としても知られるBruno Eの紹介は、Patricia Marx & Bruno E.『Patricia Marx & Bruno E.』(2010年)に続き2回目となります。

『Alma Sessions』(2005年)は、O Discurso名義の『O Discurso』(1999年)、『Lovely Arthur』(2003年)に続く3枚目のリーダー作となります。

Bruno E自身がプロデュースを務め、奥方Patricia Marxをはじめ、当ブログでも紹介したナイジェリア出身、UKを拠点に活動するシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリストXantone Blacq、故Elis Reginaの元夫、Maria Ritaの父であるCesar Camargo Mariano、60年代から活躍する鬼才Tom ZeD'Influenceの元メンバーSarah Anne Webb等をフィーチャーしています。

Bruno Eといえば、クラブ寄りのサウンドをイメージする人もいるかもしれませんが、本作ではジャジー&メロウ・サウンドが強調されています。

Xantone Blacqをフィーチャーした「Alma」「Welcome Home」、奥方Patricia Marxをフィーチャーした「Claras Revolucoes」「... Is Love」「Sons」、Sarah Anne Webbをフィーチャーした「Feel」あたりがおススメです。

プロデューサーBruno Eの手腕が発揮されたブラジリアン・メロウ・グルーヴを楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Soul Storm」
Cesar Camargo Marianoのエレピをフィーチャー。スピリチュアル・ムードの中でCesar Camargo Marianoのメロウ・エレピが美しく響きます。
https://www.youtube.com/watch?v=PuVHAXs8TTI

「Alma」
ナイジェリア出身、UKを拠点に活動するシンガー・ソングライター/マルチ・インストゥルメンタリストXantone Blacqをフィーチャー。Xantone Blacqのソウルフル・ヴォーカルを活かしたブラジリアン・メロウ・ソウル。ネオソウル好きの人も気に入るのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=o0QR9oCMIjc

「Mister Modernismo」
鬼才Tom Zeをフィーチャー。アシッド・ジャズ調のメロウ・グルーヴに乗ったTom Zeの呟きヴォーカルがラップのようでフィットしています。気の利いたホーン・アンサンブルをいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=p5xOK75HZds

「... Is Love」
奥方Patricia Marxをフィーチャー。哀愁バラードを憂いを帯びたヴォーカルで歌い上げます。何とも切ない雰囲気にグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=AH59IL-WL_w

「Feel」
D'Influenceの元メンバーSarah Anne Webbをフィーチャー。Bruno Eらしいクラブジャズ的なボッサ・グルーヴに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=MVErxab3W_k

「A Tempestade (The Storm)」
哀愁モードのインスト。Bruno Eの鍵盤を楽しみましょう。

「Welcome Home」
Xantone Blacqをフィーチャー。Xantone BlacqとBruno Eの個性が程良く調和したモダンなブラジリアン・メロウ・ソウルに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=DjrnpIqpggY

「Claras Revolucoes」
Patricia Marxをフィーチャー。Patricia Marxの透明感のあるヴォーカルが映える、少しミステリアスなブラジリアン・メロウ・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=HiexI2wZR7U

「Sons」
Patricia Marx、Silveraをフィーチャー。軽くレゲエ・エッセンスも取り込んだメロウ・チューンに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=9ICJ4hRP3Go

「Alma (Take 2)」
2曲目「Alma」の別テイク。生演奏によるボッサ・フィーリングを強調したヴァージョンです。
https://www.youtube.com/watch?v=R6Pl_vp_mvQ

「The Birth Of A Star」
ラストは朝陽が昇るようなジャジー・メロウ・インストで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=Py9fMVYH7yc

Bruno Eの他作品もチェックを!

O Discurso『O Discurso』(1999年)
O Discurso

『Lovely Arthur』(2003年)
Lovely Arthur

Patricia Marx & Bruno E.『Patricia Marx & Bruno E.』(2010年)
patricia marx & bruno e. .jpg
posted by ez at 01:26| Comment(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

『今の気分は...2019年1月15日編』

過去記事から10曲セレクトするシリーズです。

今回は70年代ジャズ/ジャズ・ファンクから10曲セレクトしてみました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入ったアーティストがあれば過去記事もご参照下さい。

Donald Byrd「(Fallin' Like) Dominoes」
https://www.youtube.com/watch?v=nU1PyzEVPdg
From 『Places and Spaces』(1975年)
プレイシズ・アンド・スペイシズ

Ramsey Lewis「Sun Goddess」
https://www.youtube.com/watch?v=dS463tbX-HE
From 『Sun Goddess』(1974年)
太陽の女神(期間生産限定盤)

Milt Jackson「Sunflower」
https://www.youtube.com/watch?v=ONB5ZS-6OMk
From 『Sunflower』(1972年)
Sunflower

Gary Bartz「Music Is My Sanctuary」
https://www.youtube.com/watch?v=RfiEkI3Z0ig
From 『Music Is My Sanctuary』(1977年)
Music Is My Sanctuary

The Louis Hayes Group「What's Goin' On」
https://www.youtube.com/watch?v=thmoggeuq1k
From 『Variety Is the Spice』(1979年)
ヴァラエティー・イズ・ザ・スパイス

Janko Nilovic「Xenos Cosmos」
https://www.youtube.com/watch?v=CWKM4fmZLSc
From 『Rythmes Contemporains』(1974年)
Rythmes Contemporains

Buddy Rich「Nuttville」
https://www.youtube.com/watch?v=XDLAxkZ-lLs
From Buddy Rich『The Roar Of '74』(1973年)
ザ・ロアー・オブ’74

Roger Glenn「E.B.F.S.」
https://www.youtube.com/watch?v=vZzTsa0Jlss
From 『Reachin'』(1976年)
Reachin'

Les DeMerle「Bacchanal」
https://www.youtube.com/watch?v=ub-lelkv8lA
From 『Transfusion』(1977年)
トランスフュージョン

Shamek Farrah「Umoja Suite」
https://www.youtube.com/watch?v=1YQJoApMTuE
From 『First Impressions』(1974年)
ファースト・インプレッションズ (BOM1408)
posted by ez at 00:02| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

Dorothy Moore『Misty Blue』

大ヒットしたタイトル曲を含む1stアルバム☆Dorothy Moore『Misty Blue』
ミスティ・ブルー+1[国内プレス盤・定価1,000円+税]
発表年:1976年
ez的ジャンル:Malaco系レディ・ソウル
気分は... :歌姫誕生!

今回はサザン・ソウルの名門Malacoレーベルの歌姫Dorothy Mooreの1stソロ・アルバムであり、代表作である『Misty Blue』(1976年)です。

1946年ミシシッピ州ジャクソン生まれの女性ソウル・シンガーDorothy Mooreの紹介は、『Once Moore with Feelin』(1978年)に続き2回目となります。

1960年代にThe PoppiesのメンバーとしてデビューしたDorothy Mooreは、70年代に入りソロ・シンガーとして歩み始めます。

AvcoGFSChimneyvilleといったレーベルからシングルをリリースした後、70年代半ばにサザン・ソウルの名門レーベルMalacoと契約します。

そして、Malacoからの第1弾シングル「Misty Blue」が1976年にUSチャート第3位、同R&Bチャート第1位の大ヒットとなり、一躍Malacoの歌姫として注目されることになります。ちなみに同曲は1973年にレコーディングされたものの、未発表になっていました。このお蔵入り寸前の曲が、Dorothyの運命を切り拓くと同時に、ヒットが生まれず窮地に陥っていたMalacoを救うことになります。

この勢いに乗って、リリースされたDorothyの1stソロ・アルバムが『Misty Blue』です。

プロデュースはMalacoの設立者Tommy Couchをはじめ、Wolf StephensonJames Stroudという3名。

James Stroud(per)、Carson Whitsett (key)、Dino Zimmerman(g)、Fred Knobloch(g)、Don Barrett(b)等のミュージシャンがレコーディングに参加しています。Carson Whitsett Dino Zimmermanはソングライティングでも貢献しています。

大ヒット曲「Misty Blue」をはじめ、2ndシングルにもなった「Funny How Time Slips Away」Phillip Mitchell作の「The Only Time You Ever Say You Love Me」、Eddie Floydのカヴァー「I Don't Want To Be With Nobody But You」といったサザン・ソウルらしい味わいのあるバラードが魅力です。

アップ/グルーヴィー系であれば、James Carrのカヴァー「Dark End Of The Street」、ドライヴ感の格好良い「Too Much Love」、豪快なファンキー・グルーヴ「Ain't That A Mother's Luck」あたりがおススメです。

Malacoの歌姫を誕生させたサザン・ソウル名盤をご堪能あれ!

全曲紹介しときやす。

「The Only Time You Ever Say You Love Me」
Phillip Mitchell作。サザン・ソウルならではのアーシーで芳醇なコクを味わえるバラードがオープニング。本作の魅力を象徴している素敵なバラードです。
https://www.youtube.com/watch?v=i4w5K__wvKE

「Dark End Of The Street」
James Carr、1967年のR&Bヒットをカヴァー(Dan Penn/Chips Moman作)。オリジナルはアルバム『You Got My Mind Messed Up』に収録されています。アレンジの妙が光るサザン・ソウルらしいミディアム・グルーヴに仕上がっています。なかなか格好良い!
https://www.youtube.com/watch?v=1uA-5idZt_U

James Carr「Dark End Of The Street」
 https://www.youtube.com/watch?v=HC3AXQ8dPJM

「Funny How Time Slips Away」
カントリー・シンガーBilly Walker、1961年のシングル曲をカヴァー(Willie Nelson作)。Al Greenもアルバム『Call Me』でカヴァーしています。「Misty Blue」に続きシングル・カットされ、US R&Bチャート第7位のヒットとなっています。ストリングスを配した、美しくも味わい深いバラードに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=fnmZMDpqu44

J Gunn「Pinot Noir」のサンプリング・ソースとなっています。
J Gunn「Pinot Noir」
 https://www.youtube.com/watch?v=ZRUOfkeUr7c

「Laugh It Off」
Carson Whitsett作。Dorothyのヴォーカリストとしての器の大きさを実感できるバラード。オーセンティックな魅力があります。
https://www.youtube.com/watch?v=1uaXZBxocbI

「Misty Blue」
前述のように大ヒットしたタイトル曲。オリジナルは女性カントリー・シンガーWilma Burgess、1966年のシングル(Bob Montgomery作)。1972年に男性R&BシンガーJoe Simonがカヴァーしており、1973年にレコーディングされた本ヴァージョンのヒントになっているかもしれません。本ヴァージョンはイナたさの中にエレガントな気品が漂う素敵なバラードに仕上がっています。Dorothyの透明感のある優しい歌声が映えるレディ・ソウル名曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=HNQlhCsGIpc

R&B系であれば、Monicaがアルバム『The Boy Is Mine』(1998年)でカヴァーしていましたね。それ以外にMary J. Blige、Boyz II Men、Etta Jamesもカヴァーしています。また、Mr. Doctor「Misty Blue Tribute」等のサンプリング・ソースとなっています。
Joe Simon「Misty Blue」
 https://www.youtube.com/watch?v=6HVkSxhjj0c
Monica「Misty Blue」
 https://www.youtube.com/watch?v=M1V2HLJGx-k
Mary J. Blige「Misty Blue」
 https://www.youtube.com/watch?v=rH_k4s-CUrM
Boyz II Men「Misty Blue」
 https://www.youtube.com/watch?v=oC_4ghdjKvk
Etta James「Misty Blue」
 https://www.youtube.com/watch?v=ZvuHmiFOIYI
Mr. Doctor「Misty Blue Tribute」
 https://www.youtube.com/watch?v=sA9mMSpSuZk

「Enough Woman Left (To Be Your Lady)」
Carson Whitsett作。いきなりダンサブルなディスコ・チューンアルバムの中で少し浮いている気もしますが、コレはコレで好きです。
https://www.youtube.com/watch?v=AYee1uI18bs

「I Don't Want To Be With Nobody But You」
Eddie Floydのカヴァー。オリジナルは『Soul Street』(1974年)に収録されています。スケールの大きなバラードをエモーショナルに歌い上げます。エモーショナルな中にもエレガントさが漂うのがこの人らしいかもしれませんね。
https://www.youtube.com/watch?v=Xn63JxqY6E0

当ブログでも紹介したJoss Stone『The Soul Sessions Vol 2』(2012年)ヴァージョンは本ヴァージョンをお手本にしていると思われます。
Joss Stone「I Don't Want To Be With Nobody But You」
 https://www.youtube.com/watch?v=F_yLHRnYVn4

「Ain't That A Mother's Luck」
Dino Zimmerman/Jerry Strickland作。サザン・ソウルらしい豪快なファンキー・グルーヴ。名うてのスタジオ・ミュージシャン達の好バッキングを従え、Dorothyのヴォーカルも絶好調です。
https://www.youtube.com/watch?v=Vs2Aa9yK3J0

「Too Much Love」
Carson Whitsett/Eddie Floyd作。個人的にはアルバムで一番のお気に入りがコレ。ドライヴ感に溢れたダイナミックなファンキー・グルーヴ。バラードだけではない魅力を見せつけてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=aHR6mzFENKA

「It's So Good」
Eddie Floyd作。本編ラストはホーンの効いた小気味いいミディアム・グルーヴで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=Y7xiY8HeHGg

Saafir「King Sizzle」のサンプリング・ソースとなっています。
Saafir「King Sizzle」
 https://www.youtube.com/watch?v=EYTp5_ji4UQ

CDにはボーナス・トラックとして、シングル「Misty Blue」のB面曲だった「Here It Is」(King Floydのカヴァー)が追加収録されています。いい感じのアーシーなファンキー・チューンに仕上がっています。
「Here It Is」
https://www.youtube.com/watch?v=f8Uvb5HIeRM

Dorothy Mooreの他作品もチェックを!

『Dorothy Moore』(1977年)
ドロシー・ムーア

『Once Moore with Feelin』(1978年)
ワンス・モア・ウィズ・フィーリング

『Definitely Dorothy』(1979年)
ディフィニティリー・ドロシー

『Time Out for Me』(1988年)
Can't Get Over You / Time Out for Me by Moore, Dorothy (1993-04-09) 【並行輸入品】

『Winner』(1989年)
Winner by Moore, Dorothy (1989-11-30) 【並行輸入品】

『Stay Close to Home』(1992年)
Stay Close to Home by Moore, Dorothy (1992-11-30) 【並行輸入品】

『I'm Doing Alright』(2005年)
I'm Doing Alright by Moore, Dorothy (2012-10-11) 【並行輸入品】
posted by ez at 00:05| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする