2005年10月16日

Blondie『The Best of Blondie』

70年代末から80年代初めに音楽シーンを席巻したセックス・シンボルDeborah Harry率いるBlondieの魅力満載の1枚『The Best of Blondie』
軌跡!ザ・ベスト・オブ・ブロンディ
発表年:1981年
ez的ジャンル:セクシー系七変化パンク/ニューウェイヴ
気分は... :何かはじけたいよねぇ!

Blondieと聞いてピンと来なくても、サッポロビールDraft OneのCM曲として、知らず知らずのうちに大ヒット曲「Tide Is High(邦題:夢見るNO.1)」を聴き、思わず♪I'm gonna be your number one♪と口ずさんでいた人も多いのでは?

BlondieのボーカリストDeborah Harry(Debbie Harry)はセックス・シンボル的な存在だった。当時中学だった僕から見て、“パンク/ニューウェイヴのマリリン・モンロー”ってイメージがあったなぁ。NYのパンク/ニューウェイヴバンドとしてスタートした彼らだけど、振り返るとヒット曲はポップ、ディスコ、レゲエ、ラップなど実に多彩なんだよねぇ。

僕はあまりベスト盤って好きじゃないんだけど、Blondieについては“多彩なヒットシングルを楽しむべし”という意味で『The Best of Blondie』を取り上げマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Heart Of Glass」
Blondie初のNo1ヒットとなったダンスナンバー。♪ポコポコ♪チープな音が今でもとっても気持ちイイね。今聴いてもこの曲が一番飽きない☆永遠のヒットソングってカンジだよね。Missy Elliottの大ヒット「Work It」のサンプリングネタとしても有名デス

「Call Me」
1980年の全米No1ヒットであり、当時のディスコの定番ナンバー。セックス・シンボルとしてのDeborah Harryのフェロモン出まくりの曲。最近の人にはピンと来ないかもしれないけど、当時のディスコヒットの中に、かなりの割合でロック系のアーティストの曲が含まれていたんだよね。ちなみにこの曲はリチャード・ギア主演の「American Gigolo」という映画のサントラの曲デス。

「Sunday Girl」
「Dreaming」
キャッチーなポップ・ナンバー2曲。特に、「Sunday Girl」は一番お気に入りだったなぁ。妖艶でセクシーなイメージが強かったDeborah Harryだけど、この2曲では彼女のチャーミングなカンジがイイんだよね。

「Tide Is High」
前述の1980年の全米No1ヒット。オリジナルはThe Paragonsというジャマイカのコーラスグループの曲デス。僕がBlondieに期待していたのは「Sunday Girl」のような曲だったので、Blondieが何でレゲエなの?って肩透かしを食った印象がありヤス。そんな僕もこの夏は缶ビール片手にこの曲を結構聴いたけどねぇ♪今思うと「夢見るNO.1」って邦題はピッタリな気がするねっ。

「Rapture」
1981年の全米No1ヒット☆しかもラップ♪多分、全米チャートで初めてNo1になったラップの曲なんじゃないかな。当時の僕は“ラップ”という音楽スタイルの存在すら知らなかったし、この曲が大好きなJohn Lennon「Woman」のチャートアップの邪魔をしていたので、あまりいい印象は無かったんだよね(前年12月にJohn Lennonが射殺され、死後最初に出たシングルが「Woman」)。「Tide Is High」同様に今はイイ曲だと思うけどね。Foxy Brown「I'll Be(D & A Remix)」、Krs-One「Step Into A World」などのサンプリングネタに使われていマス。

この記事書いていたら、急にCars、Talking Headsあたりのニューウェイブ・バンドが聴きたくなってきまシタ。
posted by ez at 01:18| Comment(2) | TrackBack(4) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

Earth,Wind & Fire『That's the Way of the World』

今でも大人気のEarth,Wind & Fire☆その黄金時代の幕開けとなったアルバム『That's the Way of the World』
That's the Way of the World
発表年:1975年
ez的ジャンル:究極のポップ&メロウ・ファンク
気分は... :竹寺(鎌倉の報国寺)で瞑想にふけりたいね( ̄¬ ̄)

老若男女問わず誰もが聞いたことがあるEarth,Wind & Fire。「September」、「Fantasy」、「Let's Groove」、「Boogie Wonderland」といったディスコクラシックを1枚で楽しめるベスト盤で聴いているパターンの人が多いと思うけど、オリジナル・アルバムを聴くと、単なるダンスバンドではない彼らの魅力をさらに堪能できると思いマス。

そんな僕のお気に入りのオリジナル・アルバムが、70年代後半から80年代前半にかけての彼らの快進撃の出発点となった『That's the Way of the World』です。

リーダーのMaurice Whiteを派手な衣装でいつもニヤけ顔で歌うオッサンと思っている人も多いかもしれないが、彼は元々Ramsey Lewis Trioなどジャズ方面でドラマーとして活動していた。だから初期のEarth,Wind & Fireって結構ジャズ色が強かったりしたんだよねぇ。そんなジャズ、ブラジリアン・フュージョンのテイストとファンキーなダンス・ミュージックがうまく融合したアルバムが『That's the Way of the World』だと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Shining Star」
お馴染みの大ヒットした1stシングル。文句なしのファンキーなダンスナンバー。“フェニックス・ホーンズ”のホーン・セクションもカッチョ良いよね。The Rootsが「The Notic」(映画「Men In Black」サントラ盤に収録)でサンプリングネタに使っていマス。

「That's the Way of the World」
とってもスウィート&メロウなサウンドの2ndシングル。クロスオーバー/フュージョンっぽいアレンジがいいカンジです。

「Happy Feelin'」
Philip Baileyのファルセット全開☆カリンバが盛り上げてくれるグルーヴィーなナンバー。下げモードの時でも、これ聴くと一発でハッピーな気分になっちゃうよね。アルバムで一番スキな曲かも?

「Reasons」
またまたPhilipのファルセットの魅力を堪能できる絶品スロー。なんかドリーミーなカンジがスキだなぁ。「On Your Face」(アルバム『Sprit』収録)とセットで聴くのが僕のお気に入りパターンです。Hip-Hopファンの方には、Cam'ron「More Reasons」のサンプリングネタです。

「Africano」
「See the Light」
アルバムのラスト2曲は結構クロスオーバーっぽい。「Africano」はインストだけど“フェニックス・ホーンズ”が大活躍のフリーキーな曲。「See the Light」はスリリングな前半から一転してメロウなスローとなる中盤、そしてパーカッシブな後半から最後はアフロで締めくくるという曲展開に驚かされる。密かにお気に入りデス。

このアルバムの邦題『暗黒の挑戦』なんだけど、ジャケットのイメージやサウンドと全然ミスマッチなタイトルが笑えるよね
posted by ez at 01:58| Comment(4) | TrackBack(2) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

Van Hunt『Van Hunt』

昨年デビューしたネオ・ソウル期待の新星Van Hunt『Van Hunt』
Van Hunt
発表年:2004年
ez的ジャンル:ネオ・ソウル界のPrince
気分は... :アゲアゲR&Bもいいけど、やっぱソウルだよねぇ〜

昨年出たVan Huntのデビューアルバム『Van Hunt』は、今でもふと聴きたくなるアルバムだ。

Van Huntは、オハイオ出身のシンガー・ソングライター&マルチプレイヤーで、かのAlicia Keys嬢が絶賛したことで注目を集めた。基本はネオ・ソウル系の人なんだろうけど、ファンク、ポップ、ロックなどの要素も取り入れてかなりバラエティに富んだアルバム内容になっている。曲調はSly Stone、Stevie Wonder系、ボーカルはPrince、Curtis Mayfield系って感じかな。あと、全体的にブルージーな土の臭いがする、南部テイストの仕上がりがポイントかも。

昨年はFrank McComb、Anthony Hamilton、Ruben Studdard、Kindred The Family Soul、Joss Stoneなど“R&B”というよりも“ソウル”という表現が似合うアルバムをよく聴いたなぁ。アゲアゲR&Bばかりを聴いた後には、少し胃もたれ気味になるので、ソウルで癒されたくなってたんだろうね。こういった人達と比べるとVan Huntって、ネオソウル系と言いながら、ソウル度が少し控え目でベトつかいないカンジがいいのかも?

オススメ曲を紹介しときやす。

「Dust」
アルバムからの1stシングル。ロックっぽいポップチューン。Prince殿下にインスパイアされた曲であり、少しザラついたクールネスがカッチョ良い曲。

「Down Here In Hell」
ネオソウルらしいナンバー。正直、歌は上手くないけど、Prince殿下のような妖しげな魅力を持ってるよねぇ。

「What Can I Say(For Millicent)」
美しいアレンジが冴える壮大なバラード。Paul McCartneyが歌うと良く似合うような気がするナンバー。

「Highlights」
ワウワウギターと少しヤバめなカンジがCurtis Mayfield風のナンバー。

「Precious」
彼の曲作りのセンスを感じるスローバラード。ドラマのエンディングにピッタリの曲デス。

「Hold My Hand」
たたみ掛ける様なアップテンポがカッチョ良い曲。ホ〜マ〜へ〜ン♪というファルセット声がセクシー☆

「Out of the Sky」
Sly StoneやPrice殿下を思わせるファンクネスが漂うグルーヴィーなナンバー。

こうやって聴いてくると、ネオソウル云々よりも、憧れのPrince閣下のように何でもアリのカオス状態が、この人の魅力かもね!
posted by ez at 01:06| Comment(4) | TrackBack(1) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

Daryl Hall & John Oates『Private Eyes』

80年代最高のポップデュオDaryl Hall & John Oatesの代表作『Private Eyes』
Private Eyes
発表年:1981年
ez的ジャンル:ブルー・アイド・ソウル系ポップ
気分は... :ファントマまた観たいよ〜ρ(。。)

Daryl Hall & John Oatesの「Private Eyes」と「I Can't Go For That (No Can Do)」という2曲の全米No1ヒットが生まれた1981年は、アメリカではMTV、日本ではベストヒットUSA(小林克也司会のアメリカ最新ヒットチャートとそのビデオクリップを紹介するテレビ番組)が放送開始となった年である。つまり、この頃からアーティストの新曲を音と映像で一体的にキャッチするようになったんだよねぇ。

その意味で、前述の2曲もビデオクリップの印象が強い。今振り返ると、手の込んだクリップではないんだけど、Daryl Hall、John Oatesの二人のキャラ、特にJohn Oatesの“ギターを抱えた稲川淳二”のような姿がインパクトあったねぇ。

少し脱線するけど、学生時代の僕はTVK(テレビ神奈川)の「ファンキートマト(略してファントマ)」という洋楽クリップの電リク番組で新着クリップをチェックしていた。当時1週間で一番楽しみな番組だったなぁ。植田芳暁(元ワイルドワンズ)とシャーリー富岡(マイケル富岡の姉)という司会二人のテキトーな進行がユルくてサイコーだったねぇ。その時一緒に出演していた中村真理さんは、今でもTVKのBillboard Top40のVJを努めており、全然変わりない彼女の声や口調を聞くだけで嬉しくなりマス。

さて、『Private Eyes』だけど、全米No1を2曲含むという意味で、彼らの代表作といえばこのアルバムになると思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Private Eyes」
アルバムからの1stシングルであり、No1ヒットとなったキャッチーなパワーポップ。 二人とバックバンドのメンバーが探偵に扮したクリップを観ながら、思わず一緒にハンドクラップをしていた人も多かったのでは?僕もそうでした☆♪Private Eyes(^^)//パンッ♪they're watching you(^^)//パンッ・パンッ♪てなカンジだったよね。

「I Can't Go For That (No Can Do)」
アルバムからの2ndシングルであり、「Private Eyes」に続きNo1ヒットとなった。こちらはポップチャートのみならずR&BチャートでNo1になったようにかなりソウルフルなナンバー。何か意外な曲展開に惹かれる曲だよね。あと、Midnight Star「Curious」やMarvin Gaye「Sexual Healing」と共通するチープなんだけどチャーミングな打ち込みのカンジがたまりません(^¬^)
Hip-Hop/R&B好きの人は、以前にブログで紹介したKoffee Brown「After Party」De La Soul「Say No Go」やTamia「Can't Go For That」のネタとしても有名な曲デス。

「Did It In A Minute」
これもTop10ヒットとなったポップナンバー。切れ味シャープな躍動感がスキで、当時隠れた名曲だと思っていたなぁ。

「Looking For A Good Sign」
当時は殆ど聴かなかったけど、十数年後に聞いたらとても気に入った曲。この曲はソウルの大御所グループTemptationsに捧げられた曲なんだったてぇ。そう言われて聴くと、確かにモロにテンプスっぽいよね。

本作以降彼らは80年代最大のヒットデュオの道を歩んでいくんだけど、個人的には本作までの作品の方が今でもよく聴きマス。No.1ヒット「Kiss on My List」やPaul Youngがカバーし大ヒットした「Everytime You Go Away」を含む『Voices』(1980年)とFree Soulファンに大人気のアコースティック・ブルー・アイド・ソウルの名盤『Abandoned Luncheonette』(1973年)の2枚がオススメです。
posted by ez at 01:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

Pete Rock & C.L. Smooth『The Main Ingredient』

10年以上経った今でも色褪せることがないHip-Hopクラシック☆Pete Rock & C.L. Smooth『The Main Ingredient』
The Main Ingredient
発表年:1994年
ez的ジャンル:ジャジー&メロウ系Hip-Hop
気分は... :今聴いてもミラクルな1枚だよね♪(【^_^】)♪

今から振り返ると、1993年に出たA Tribe Called Quest『Midnight Marauders』と1994年のPete Rock & C.L. Smooth『The Main Ingredient』の2枚で、僕の中のHip-Hopは最初のピークに達したような気がする。

Pete Rock & C.L. Smoothの1st『Mecca and the Soul Brother』 (1992年)を聴いた時、Hip-Hopファンだとヒットした「Straight Out」、「They Reminisce Over You (T.R.O.Y.)」あたりにまず夢中になったんだろうけど、軟弱リスナーである僕の心を奪ったのは、ジャジーなトラックとエレガントな女性コーラスが印象的な「Lots of Lovin」だった。Hip-Hopのアルバムでこんなメロウナンバーに出会えるなんて思ってもみなかったんだよね。だから、彼らの次のアルバムには、この手のメロウネスが増えるといいなぁと密かに期待していた。

そして、登場した彼らの2ndアルバムが『The Main Ingredient』である。結果は期待以上のメロウネス大幅アップで歓喜しまくった記憶がある。「All The Places」、「Take You There」、「Searching」の3曲は、これら3曲でゴハン何杯でもおかわりできますってカンジだったよなぁ。この3曲以外にもスムースなグルーヴ満載のアルバムです。

オススメ曲を紹介しときやす。

「In The House」
いきなり、Pete Rockの才能発揮しまくりのクールでカッチョ良いオープニング曲。ちなみに出だし部分はDeodato「September 13th」ネタです。

「I Get Physical」
George Benson「Face It Boy,It's Over」ネタ。ギターフレーズの反復がだんだんクセになって気持ちよくなってくる不思議な曲。

「I Got A Love」
60年代後半のソウルグループThe Ambassadors「Ain't Got The Love」をネタに使ったソウルフル&グルーヴィーな曲。でも、The Ambassadorsなんてシブいネタを探してくるようね。僕もこの曲で初めてこのグループの存在を知りマシタ。

「All The Places」
「Take You There」
「Searching」
僕の最強トリオ。Free Soulにハマっていた僕にとって、この3曲のネタづかいは反則技に近かったよね。「All The Places」はDonald Byrd「Places And Spaces」、「Take You There」はKeni Burke「Risin' To The Top」、「Searching」はRoy Ayers「Searching」ネタ。特に、女性コーラスが絡みアーバン・メロウ度を高めてくれる「Take You There」が一番スキかなぁ!

最近それほど聴いていないせいかもしれないけど、やっぱりHip-Hopは90年代前半に傑作が集中していたような気がするなぁ。
posted by ez at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする