2005年12月26日

Slave『Stone Jam』

チョッパーバキバキ☆これぞFunkの醍醐味☆Slave『Stone Jam』
Stone Jam
発表年:1980年
ez的ジャンル:チョッパーバキバキ系Funk
気分は... :Party☆Partyo♪

今日はホロ酔い気分でちょっとハイな気分っす。こんな夜にはFunkでイケイケだよねぇ〜♪☆\(^0^\) ♪(/^-^)/☆♪

Slaveは、Ohio PlayersZapp、Daytonといったグループ同様にFunkの名産地オハイオから70年年代後半にデビューした大所帯Funkバンドっす。ファンク・クラシック「Slide」、Kris Kross「Alright」、Keith Sweat「Just A Touch」、De La Soul「Keepin' The Faith」の元ネタとして有名な「Just A Touch Of Love」などの代表曲がありマス。

Slave(奴隷)というグループ名には、「人間は誰しも人生の奴隷☆だから、みんなポジティブに生きよう!」といった思いが込められているらしい。人に縛られることなく、自由奔放に今まで生きてきた僕にとっては、多少人生の奴隷になってみたい気もする...ってヤバイっすかぁ???

『Stone Jam』は1980年発表の5thアルバム。このブサイクな石の巨人のジャケットに手を出す人は余程のモノ好きに違いないよね。でも、そのチャレンジングな購買行動に報いてくれる、予想を裏切る超ファンキーかつメロウなアルバムっす。これがあるから70年代、80年代のR&B/Funk探求は止められまセン。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Let's Spend Some Time」
いきなりオープニングからKO間違いナシのメロウ&グルーヴ。軽快なFunkリズムと80年代大所帯Funkバンドらしい女性ボーカルと男性ファルセットコーラス隊の掛け合いにメロメロっす。

「Feel My Love」
メロウなボーカルがたまらないミディアムナンバー。Changeのクラシックナンバー「The Glow Of Love」に雰囲気が少し似てます。スペイシーなシンセが80年代らしくて好きデス。

「Starting Over」
僕が絶対にハマる80年代大所帯Funkバンドのアルバムに必ず数曲ある珠玉のバラード。もう胸キュン度200%デス。これがあるから70年代、80年代Funkはやみつきになるんだよねぇ。

「Sizzlin' Hot」
「Stone Jam」と並ぶ攻撃的なFunkナンバー。グイグイとたたみかける攻撃的なチョッパーベースが何ともカッチョ良いっす。これ1曲でゴハン3杯はいけそうだね☆もう腰がクネクネっす♪このアルバムのハイライトだと思いマス┌| ∵|┘└|∵ |┐

「Watching You」
80年代Funkらしいメロウ&グルーヴィーなイントロが印象的なナンバー。Snoop Doggy Dogg「Gin & Juice」、EPMD「Never Seen Before」の元ネタであり、Black Flamesのカバーもなかなかッス。

「Stone Jam」
カッチョ良すぎ☆これぞFunkというカンジのナンバー。バキバキのチョッパーベースからしてたまりません。このへヴィーながらも、メロディアスな展開はサイコーっす。パワフルな男女のボーカルの絡み、♪スト〜ン♪ウォ〜ン♪ウォ〜ン♪と思わず唸ってしまいマス。後半のハードロック真っ青のギターソロもイイっす。これで踊れなきゃウソっす┗(`o´)┓

Slaveつながりで、この記事を書いていたら急にBraian Ferry「Slave To Love」が聴きたくなって、ずっと聴いていマス。ちょっと恋のSleve願望が...ヤバイかも???
posted by ez at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月25日

Stereolab『Cobra and Phases Group Play Voltage in the Milky Night』

近未来のカフェ・ミュージック☆Stereolab『Cobra and Phases Group Play Voltage in the Milky Night』
Cobra & Phases Group Play Voltage in Milky Night
発表年:1999年
ez的ジャンル:ラウンジ&ボッサ系エレクトロニカ
気分は... :アルバムタイトル長すぎ...

今でも年に何回かStereolabとHigh Llamasがとっても聴きたくなる日がある。彼らの音楽は、ポストロックとかエレクトロニカとか音響派などと呼ばれていたなぁ。今でも僕にはこのあたりのジャンルが意味不明だけど...とにかくこの2グループの音楽は、とってもポップでスタイリッシュなんだけど、一方で独特のクセがあり一筋縄では行かない。

Stereolabは1990年イギリスで結成されたグループだ。とってもラウンジかつエクスペリメンタルなサウンドに、何故かフレンチの女性ボーカルが絡む、近未来のカフェ・ミュージックってイメージが僕にはある。

彼らの作品のうち、『Emperor Tomato Ketchup』(1996年)、『Dots And Loops』(1997年)、『Cobra and Phases Group Play Voltage in the Milky Night』(1999年)、『First Of The Microbe Hunters』(2000年 ※ミニ・アルバム)という4枚が僕のお気に入りデス。

Stereolabの作り出す音世界って、僕の大好きな映画の1本である『未来世紀ブラジル』(1985年)の世界に似ている気がしマス。 『未来世紀ブラジル』は、Terry Gilliam監督による、舞台不明の近未来の管理社会に起こる出来事を、シニカルかつコミカルかつロマンティックかつ難解なストーリーと美しい映像で表現したこのカルト・ムービーだ。この映画のヒネリ具合とStereolabの音楽のヒネリ具合が、僕の中ではピッタリくるし、だからStereolabの音楽がお気に入りなのかもしれない。

今日紹介する『Cobra and Phases Group Play Voltage in the Milky Night』は上記4枚の中でも特に頻繁に聴く作品デス。『未来世紀ブラジル』と強引に結び付けるつもりはないけど、このアルバムはブラジル音楽の影響を受けて制作されたアルバムらしい。確かに何曲かはそれっぽいのがありマス。

プロデュースはJohn McEntireとJim O'rourkeという音響派を代表する二人が担当している。当時の彼らの勢いはスゴかったねぇ。最近はどうしてんのかねぇ?僕が積極的に彼らの音楽や情報にアプローチしなくなっているだけかもしれないんだけど...

オススメ曲を紹介しときやす。

「Fuses」
モンド・ラウンジなカンジなんだけど、Vibeの音色がやたらオシャレな彼ららしい摩訶不思議な曲。

「The Free Design」
お洒落なんだけど、気だるさ一杯のエレクトロ・ボッサといった趣のナンバー。この手の曲って気持ち良さのみで、後で“どんなメロディだっけ”みたいに印象に残らないBGMで終わってしまうことも多いんだけど、彼らの場合はそんなことありまセン。

「Blips, Drips And Strips」
Vibeのループがクセになるキャッチーなヒット・ナンバー。とってもドリーミーなんだけどひとクセあるカンジですっ!

「Italian Shoes Continuum」
「Velvet Water」
High Llamasあたりにも通ずるポップ偏執狂的なナンバー2曲。何かBeach Boysの名盤『Pet Sound』の世界を連想してしまいマス。

「Infinity Girl」
カフェで気取ってカプチーノでも飲みながら...なんてイメージがピッタリのオシャレ・ナンバー。密かにアルバムで一番のお気に入りデス。

「Op Hop Detonation」
「Strobo Acceleration」
ピコピコ系エレクトロニカ。彼らお得意の近未来的なポップナンバー2曲。フレンチが近未来感を増幅してくれマス。

それにしても『Cobra and Phases Group Play Voltage in the Milky Night』ってタイトルは長すぎだよね!邦題『ミルキー・ナイト』ぐらいで十分じゃないってカンジでしょ。

今でもこの手の音楽をとっても聴きたいんだけど、Stereolab以外に僕の期待に応えてくれるアルバムには残念ながら出逢えていません。何かこの系統のオススメアルバムあれば、教えてくださ〜いm(_ _)m
posted by ez at 01:02| Comment(4) | TrackBack(1) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

John Lennon『Shaved Fish』

「Happy Xmas」を聴きながらMerry Xmas(‐‐)†John Lennon『Shaved Fish』
Shaved Fish
発表年:1975年
ez的ジャンル:本流John Lennonベスト!
気分は... :A very Merry Xmas!

いよいよイブですね。やっぱりクリスマスの日には、それにふさわしい曲を紹介しようと考えた時に、真っ先に思い浮かんだ曲がJohn Lennon & Yoko Ono「Happy Xmas」でした。

本当は12月8日のJohnの命日にJohnのソロ作を取り上げようと思ったけど、やっぱりクリスマスに「Happy Xmas」を紹介したいと思い、今日の紹介となりマシタ。
「Happy Xmas」を含む『Shaved Fish』は、数あるJohnのベスト盤の中で唯一Johnの生前に発表されたアルバムであり、その意味では本流ベスト盤と言えるだろう。僕は、『Shaved Fish』以外のベスト盤を欲しいと思ったことはない。

「Happy Xmas」は、サブタイトルに「War Is over」とあるように、世界中の人々に戦争を止めて、幸福なクリスマスを迎えようと訴える平和のクリスマスソングだ。本来、クリスマスって感謝したり、祈ったり、願ったりする日だと思うので、その意味で「Happy Xmas」は正統派クリスマスソングだと思う。

ひねくれ者の僕は、恋人同士のイベントと化した日本のクリスマスにギモンを感じてマス。だから、Wham!「Last Christmas」はあまり好きではない。ミーハーでWham!自体はブレイクする前から好きだったんだけどねぇ(;^∀^)ゞ

先日、NHK衛星で1969年にJohnとYokoが渡り繰り広げたキャンペーン「ベッドイン」のドキュメンタリー番組が放送されていた。「ベッドイン」は、カナダ・モントリオールのホテルで1週間に渡り、世界中の著名人やマスコミを集め、JohnとYokoが世界平和を訴えたものだ。

そして、このキャンペーン中にホテル室内で録音された「Give Peace A Chance」の演奏風景などもあり、とても興味深いものであった。同時に、今から約35年前にJohnとYokoが訴えたメッセージが、現在の世界情勢を見渡すとそのまま当てはまるところに、Johnの鋭さと懲りない人間の愚かさを感じずにはいられなくなる。

愛と平和を願うクリスマスにふさわしい曲を中心に紹介しやす。

「Happy Xmas(War Is over)」
“Happy Xmas Kyoko,Happy Xmas Julian”という囁きからこの曲は始まる。KyokoとはYokoと前夫との間の子である京子チャン、JulianとはJohnと前妻Cynthiaとの間の子であるJulianクンのことであり、このクリスマスソングは平和の歌であると同時に、二人の子供へのプレゼントされた曲でもある。この曲のメッセージのように、未来ある子供たちのためにも、世界中に平和でハッピーなクリスマスが訪れることを願うばかりデス。

A very Merry Xmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

何故だか、このアルバムの歌詞カードには、“Happy Xmas Kyoko,Happy Xmas Julian”の部分が“Happy Xmas Yoko,Happy Xmas John”と誤植になってマス。CDになってもそのままデス。

「Give Peace a Chance」
現在でも平和への願いの象徴となっている反戦ソング。昔は、あまりメロディアスとは言えないこの曲が正直あまりスキではなかったが、年を重ねるにつれ、♪All we are saying is give peace a chance♪というメッセージの持つパワーと重みを痛感し、スキとかキライとかを超越した素晴らしい歌だと認識するに至っていマス。

「Power to the People」
タイトル通り、人々にパワーを与えてくれる強烈なナンバー。メッセージも力強いけど、それを抜きにしても純粋にファンキーでカッチョ良い曲デス。思わず、拳を高々と掲げたくなりマス。

「Happy Xmas」、「Give Peace a Chance」、「Power to the People」の3曲の持つ普遍的なパワーはやはりスゴイ!Beatles時代もそうだったけど、Johnってゴチャゴチャしたことをシンプルなメッセージで伝える天才だと思いマス。

「Instant Karma!」
「Power to the People」と並んでパワフルなJohnらしいナンバー。タイトル通りの性急なムードを醸し出すAlan Whiteのドラムがイイっす。 Beatlesは大好きだけどJohnの初期のソロ作はどうも...という人をたまに聞くけど、この曲はBeatlesファンも納得のナンバーだと思いマス。

「Imagine」
説明不要のJohnの代表作。前述の3曲のように人々をアジテートするのもJohnだし、この曲のように静かなるメッセージで人々を諭すのもまたJohnの世界だ。

その他「Mother」、「Woman Is the Nigger of the World」、「Cold Turkey」、「Whatever Gets You Thru the Night」、「Mind Games」、「#9 Dream」といったJohnの代表作がギュッと凝縮されていマス。

Johnのソロ作についてはまたキチンと紹介しマス。

皆さん、ステキなクリスマスをお過ごし下さい。
ラブ・アンド・ピースを願って(‐‐)†
posted by ez at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

Ron Sexsmith『Other Songs』

カナダからの心暖まるレター☆Ron Sexsmith『Other Songs』
Other Songs
発表年:1997年
ez的ジャンル:慎まし系シンガーソングライター
気分は... :優しい心で...

メチャメチャ寒い日が続きますね。
こんな夜には心暖まる音楽が聴きたくなりなすねっ!
ということで、そんな気分にぴったりなアルバムRon Sexsmith『Other Songs』デス。

Ron Sexsmithの1stアルバム『Ron Sexsmith』(1995年)は、静かなる衝撃作だったなぁ。少しこもった感じのRonの実直そうなボーカルと、そのシンプルなサウンドが楽曲の良さを逆に際立たせていた。僕が大好きなElvis Costelloが“今後20年は聴き続けられる”と絶賛したのは有名な話だ。

当時R&BやHip-Hop、Jazzばかり聴いていた僕が、シンガーソングライターのアルバムでこんなに衝撃を受けるなんて、自分でも意外だったね。70年代シンガーソングライターの名作群をそれなり聴いてきて、90年代にそれを越えるアルバムなんて滅多に出会いないであろうと勝手にたかをくくっていたが、その滅多があったんだよね!

Ronは、30歳過ぎてから前述の1stアルバムを発表したカナダ出身の遅咲きシンガーソングライターだ。それまでは郵便配達などの仕事をしながら、コツコツと曲をストックしていたのだと言う。歌う郵便配達屋さんというのは、イメージとしてピッタリな気がする。

僕は30歳すぎてから、自然体、等身大の自分でいることをとても大切にしている。それが人から見てガキっぽかったり、欠点だらけであったとしても、それも含めて嘘偽りのない自分だから、まぁいいっか!てなカンジでね。

僕がRonの歌にエラク共感してしまうのは、彼の歌にも自分の周囲に起こるいい事も悪い事も全て受け入れて生きていく“等身大”の人間像を感じるからかもしれない。僕とRonは年齢的にも多分同じくらいだしね。Ronの歌を聴いていると、自然にとっても心が優しくなってくる。

『Other Songs』は彼の2ndアルバムであり、前作同様にMitchell Froom & Tchad Blakeがプロデュースしている。忘れちゃいけないけど、Ronの作品を感動的なものにしているもう1つの大きな要因として、90年代を代表するこの名プロデュースチームがクリエイトする独特のサウンド処理がありマス。これによって、90年代ならではの名作に仕上がったのだと思いヤス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Thinking Out Loud」
淡々と始まるオープニングナンバー。冬の夜中に一人でいろいろ考え事をしたくなる。

「Strawberry Blonde」
ぶっきらぼうだけど、何気に可愛らしい曲。ムサいオヤジも案外お茶目なのデス。

「Average Joe」
RonのBrian Wilson(Beach Boys)好きが納得できるナンバー。 Ronのしゃくりあげるハイトーンボーカルが何かイイっす。

「Nothing Good」
力強さがみなぎるナンバー。ほのかにポップなところがスキだね。

「It Never Fails」
シンガーソングライターらしいシンプルなナンバー。ホント、こういった曲での彼の歌は説得力がありマス。

「Clown in Broad Daylight」
ホーンセクションなども入り、アルバム中一番カラフルな曲かも?このあたりのMitchell Froom & Tchad Blakeの手腕はさすが!

「So Young」
僕の大好きな青クサイ歌っす。人生は悩み続けながらも、前へ歩み続けるのだ!

「April After All」
とっても静かだけど美しいエンディング。

とにかくアルバム1枚あっという間に聴けてしまいマス。そして、誰もが心洗われ、穏やかな気持ちになる...
posted by ez at 02:16| Comment(4) | TrackBack(1) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

Guy『Guy』

天才Teddy Rileyの表舞台へのデビュー☆Guy『Guy』
Guy
発表年:1988年
ez的ジャンル:元祖New Jack Swing
気分は... :ハネハネ♪┌(・。・)┘♪└(・。・)┐♪

僕はTeddy Rileyファンで、今でもBlackstreetはよく聴く。でも、Blackstreetでかなりお腹一杯大満足になってしまう関係で、Guyは結構聴く機会が減っていた。先日久々に聴こうと思って、CD棚を探していたら、偶然New Edition『Heart Break』を見つけて感動してしまい、また機会を逃してしまった。昨日再度チャレンジし、今度は浮気せずにキチンとGuyのデビューアルバム『Guy』を聴けまシタ。

Teddy Rileyと言えば、ご存知の通り80年代後半のR&Bシーンを席巻したNew Jack Swing(NJS)の生みの親だ。あのハネハネ・グルーヴに当時は熱狂したよねぇ。Keith SweatやBobby Brownのプロデュースで既にシーンに名を轟かせていたTeddyだが、自らが表舞台に立った最初のグループがGuyである。GuyはTeddyとAaron Hall、Timmy Gatlingの3人で結成したグループだ。ただし、この1stアルバム発売直前にTimmyが脱退し、Aaronの兄弟であるDamionが加入した。

僕の場合、NJSのムーブメントと大好きなグループFull Forceのおかげで、かなりR&BとHip-Hopの距離感が縮まったような気がするね。どちらかと言えばR&Bは聴くけど、Hip-Hopは遠慮気味だった僕が、最初にHip-HopのCD(De La Soul『3 Feet High And Rising』)を購入したのは本作の翌年だ。ホントはFull Forceもムチャムチャ紹介したいんだけど、CDが廃盤なのだ〜残念!

で、『Guy』を久々に聴いたら、メチャ良かったんで、全曲紹介しちゃいやす!

「Groove Me」
Guyと言うかNJSの代表曲。タイトル通りのハネハネ系ビートでメロウにグルーヴさせてくれマス。Aaronの少しゴスペル・テイストのボーカルがまた良くマッチしてるよね!The Mohawks「The Champ」をネタで使ってマス。

「Teddy's Jam」
Teddyの遊び心タップリの余興感覚の曲。George Clinton「Atomic Dog」、Trouble Funk「Pump Me Up」ネタです。また、Keith Murray「Sychosymatic」、Public Enemy「Fight the Power」、Redman「Jam 4 U」などでサンプリングされてマス。17年前最初に聴いた時には、オモシロイ曲だとは思ったけど、こんな名曲と騒がれる曲だとは思わなかったねぇ。

「Don't Clap...Just Dance」
「'Round and 'Round (Merry Go 'Round of Love)」
「Spend the Night」
NJSらしいハネハネの3曲。多少青さの残る若さがハジけてるカンジでイイっす。特に「Spend the Night」は、当時人気のあったCameoあたりにも通じるズッシリとしたへヴィネスがあってスキです。

「Piece of My Love」
「Goodbye Love」
極上メロウ・バラード2曲。Teddyの胸キュン・ソングを作る才能は、すでにこの時点で開花してマス。「Piece of My Love」は、En Vogue「I Do Love You」、2pac「Rebel Of The Underground」および「Run Tha Streetz」 、Ice Cube「Turn Off the Radio」の元ネタです。「Goodbye Love」は、女性コーラスも入って80年代ブラコン・テイストが香りマス。こちらはMary J. Blige「Don't Go」でサンプリングされてるし、Teddy自身もBlackstreet「Don't Leave Me(Goodbye Remix) 」でセルフネタ使いをしてマス。

「I Like」
メロウ&スムースのミディアムナンバー。Cru「Loungin' Wit My Cru」の元ネタっす。

「You Can Call Me Crazy」
「My Business」
僕の記憶違いでなければ、この2曲は脱退したTimmyのリードボーカルではないかと思いマス(間違っていたら、どなたか教えてクダサイ)。でも、この2曲が結構良かったりスル。特に「You Can Call Me Crazy」はかなりカッチョ良い曲です。リアルタイムで聴いていた頃は「Groove Me」、「Teddy's Jam」と同じくらい良く聴いていたかも?

ついでに2nd『The Future』(1990年)も聴いたら、こちらもかなり良かったっす。ヤッパリたまにはCD棚を棚卸して、名盤をホコリまみれからレスキューしないとねっ!
posted by ez at 00:59| Comment(2) | TrackBack(1) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする