2005年12月16日

The Jam『Setting Sons』

Paul Weller率いるThe Jamの絶頂期を示したアルバム『Setting Sons』♪
Setting Sons
発表年:1979年
ez的ジャンル:硬派系ネオモッズ
気分は... :兄貴についていきマス!

以前Style Council『Our Favorite Shop』の紹介で書いたとおり、Paul Wellerは僕にとっての永遠の憧れの人だ。

Paul Weller(g)とBruce Foxton(b)、Rick Buckler(ds)による3ピースバンドThe Jamは、パンク・ムーヴメント真っ只中に、ダークスーツに細身のネクタイというモッズ・ファッションで1977年にデビューしたバンドである。

当時は、The Jamもパンク・ムーヴメントの中から出てきたバンドの1つという扱いが多かったように思う。ただし、Sex Pistols、Clash、Damdといったアナーキーなアジテーターというイメージが強い他のパンクバンドとは、明らかに違う存在だったけどね。

僕がJamの存在を知ったは、シングル「Going Underground」が全英No1になった頃だったと思う。ある音楽雑誌を見たら、UKの音楽専門誌によるアーティスト人気投票結果が掲載されており、各部門をJamが総ナメにしていた。それまで、僕がリアルタイムで聴いていたのは全米チャート上位のアーティストが中心であったが、全米チャートで全く見かけたことがないバンドがUKでダントツの人気を誇っているという事実に正直驚いたねぇ。

日本でもUKパンクバンドは音楽雑誌で紹介されてはいたが、大きな扱いだったのはSex Pistols、Clashあたりで、The Jamはかなりマイナー扱いだったと思う。そんな知る人ぞ知るみたいな点でもJamおよびPaul Wellerに大きな興味を覚えた。

そんな時に購入したのがその時点での最新作だった『Setting Sons』だ。当時はモッズやネオモッズなんて言葉さえ全く知らなかった僕は、かなりラフでノイジーな音を予想したんだけど、聴いてビックリ!“意外と音楽的なマジメなバンドなんだ”というのが第一印象だったかなぁ。

その後、Jamのオリジナルアルバムは全作揃えたが、やっぱり『Setting Sons』が僕のイメージするJamに最も近いと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Girl on the Phone」
僕のJam初体験となったオープニング・ナンバー。とにかく小気味良い!という印象だったねっ。今聴くと、Paul WellerのR&B好きがよく反映されている曲だよねっ。

「Thick as Thieves」
聴いた途端“これだっ!”と思ったね。LPのA面2曲目のこの曲に出会ってから、僕のPaul Weller信奉が始まった。飾り気のないシンプルなカッチョ良さに目覚めたってカンジだったかな。

「Private Hell」
エッジが効いたサウンドがシリアスな雰囲気が漂わせるアップナンバー。歌詞もロクに理解できていなかったけど、Paul Wellerのボーカルに若者の代弁者としての存在感は感じたね。

「Little Boy Soldiers」
先に書いた音楽的なバンドなんだと思った曲。このドラマティックな展開は、60年代の元祖モッズバンドThe Whoに通ずるものがあるよね。

「Wasteland」
このメロディアスかつポップなナンバーも意表を突かれただったね。直球一本勝負ではなく、適度に変化球が混ざっているのがこのアルバムの魅力かもね。

「Burning Sky」
ストレートなロックとR&Bテイストがうまくブレンドして、Jam独特の音に仕上がっているナンバー。当時は多少変テコな印象を受けたんだけど、どれがかえってクセになってたかも?

「Eton Rifles」
全英チャートで大ヒットした彼らの代表曲の1つ。♪Hallo〜Hurrah〜♪のところは思わず握り拳をあげたくなるよねっ。Bruceのベースリフがカッチョ良いデス。

「Heat Wave」
Supremesと並ぶMotownの代表的なガールグループMartha & Vandellasの1963年の大ヒット曲のカバー。実は、このアルバムの一番のお気に入りはこの曲デス。オリジナルも大好きだし、この曲のカバーとして最も有名なThe Whoのバージョンも当然大好きだけど、このスピード感溢れるJamバージョンはそれらに全くひけを取りません。むしろ、Jamバージョンが一番カッチョ良いと思いヤス。

最近の本作にはボーナストラックで前述のNo1シングル「Going Underground」等も収録されていてお買得デス。僕は「Going Underground」欲しさにわざわざベスト盤かったんだけどねぇ。

僕はThe WhoとThe Jamをほぼ同時期に聴きはじめた。にも関わらず、The Whoは初期モッズ時代ではなく、『Tommy』『Who'next』あたりから入ってしまったため、なかなか両者の接点に辿りつくまで時間がかかった。もし、両者がもっと早い時期にシンクロしていたならば、かなりモッズにハマっていただろうね。そしたら、今頃もっとカッチョ良い生き方をしていたかも???
posted by ez at 01:26| Comment(2) | TrackBack(5) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

The Jimi Hendrix Experience『Axis: Bold As Love』

天才Jimiの作品中一番のお気に入りアルバム☆The Jimi Hendrix Experience『Axis: Bold As Love』
アクシス:ボールド・アズ・ラヴ
発表年:1967年
ez的ジャンル:天才ギタリストによる実験的アルバム
気分は... :ジミだけどハデだぜぃ...つまんねぇ(;一一)

Jimi Hendrix(1942-1970年)は、言うまでもなくギターというかロックの革命児であり天才である。

中学生になって本格的に洋楽に興味を持ちはじめたのと同時に、60年代のロック史を調べ始めたので、Jimi Hendrixが伝説のロックギタリストであるという認識はあった。そんな流れで、ギターの背面弾き、歯弾き、ギターに火をつけて燃やす姿、ウッドストック・フェスティバルでの「Star Spangled Banner(星条旗よ永遠なれ)」といったJimiのパフォーマンスの情報が、音より先にインプットされてしまった。結果、アルバムをキチンと聴いていないのに聴いた気分になってしまい(有名曲は知っていたものの)、そのまま長い間過ごしてきてしまった。

あと、Eric ClaptonやThe Whoのファンだった僕は、サイケ時代の革新的グループであれば、ClaptonのいたCreamを好み、ライブ・パフォーマンスならばThe Whoがイチバンだと思っていたので、余計にJimiを聴く機会を逃していたのかも?

ということで、僕がJimiのアルバムをキチンと聴いたのは、恥ずかしい話だけどCD時代になってからだ。自分がこんなに素晴らしいマストアイテムを長い間遠ざけてきたことをホント後悔しやシタ。ギタープレイ云々を抜きにして、単純にカッチョ良い音楽として楽しめるもんね。

特に、ロックよりもR&B/Hip-Hopを好んで聴くようになって以降の方が、Jimiのカッチョ良さにハマるようになった気がするなぁ。昔はロックアーティストという固定観念があったけど、改めて聴くとJimiの音楽はロック、ジャズ、ブルース、ソウル、ファンクといったさまざまな音楽を消化した“Jimi Hendrix”という独自の世界だもんね。

JimiがNoel Redding(b)、Mitch Mitchell(ds)と組んだトリオExperience時代の3枚のアルバム、『Are You Experienced』(1967年)、『Axis: Bold As Love』(1967年)、『Electric Ladyland』(1968年)はどれもマストアイテムだと思うけど、個人的に一番のお気に入りは『Axis: Bold As Love』っす。

何か一番音がカラフルで、キャッチーなカンジがするねっ!エフェクトを駆使し独特のサウンドをクリエイトすることに成功していると思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Up From The Skies」
Jimiの印象的なワウワウ・ギターが堪能できるナンバー。Mitchのブラシによ控え目だけどる軽快なシャッフルビートも心地良いっす。

「Spanish Castle Magic」
ワイルドでへヴィーなJimi独特の世界を堪能できるナンバー。このダイナミックさは何なんだろうね!

「Wait Until Tomorrow」
ギター・カッティングがカッチョ良いキャッチーなサイケ風味のナンバー。

「Ain't No Telling」
2分にも満たない短い曲なんだけど、めちゃめちゃカッチョ良い曲っす。アルバムで一番スキかも?Jimiのギターは勿論のこと、Mitchのドラミングも見逃せません。

「Little Wing」
Jimiがソングライティング面でも才能があることを示した名曲の誉れ高いバラード。ClaptonもDerek & The Dominos『Layla & Other Assorted Love Songs』でカバーしてマス。

「If 6 Was 9」
とってもサイケでドラッギーなナンバー。Todd Rundgrenも『Faithful』の中でカバーしてます。ひねくれポップ職人Toddがカバーするのが納得できる実験的な曲。

「You Got Me Floatin'」
「Ain't No Telling」と同様に、タイトな演奏が純粋にカッチョ良いナンバー。

「Castles Made Of Sand」
ギターの逆回転録音も駆使したサイケなナンバー。聴くたびにいろんな発見がある不思議な曲っす。

「Little Miss Lover」
70年代のハードロックを先取りしたようなナンバー。今は亡きプロレスラー、ブルーザー・ブロディのテーマ曲にもなってたLed Zeppelinの名曲「Immigrant Song」のドラミングは、この曲から影響を受けているって記事を読んだことがある。そう言われてみれば、そんな気もするね。

「Bold As Love」
前半の哀愁のバラードから後半は一転実験的でスペイシーな展開となるパワフルなタイトル曲。特に後半部分はわけわかんないけどスゴすぎデス。

実はこのアルバムは先に挙げた3枚のアルバム中一番最後に購入した。どうもジャケットに抵抗感があったのかも?先入観はホントいけませんな。
posted by ez at 02:29| Comment(0) | TrackBack(1) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月14日

Sounds of Blackness『The Evolution of Gospel』

“Hallelujah!”12月にピッタリの神聖なアルバム☆Sounds of Blackness『The Evolution of Gospel』
The Evolution of Gospel
発表年:1991年
ez的ジャンル:Jam & Lewis系コンテンポラリーゴスペル
気分は... :神よ酔っ払いの僕を救いたまえ(‐‐)†

僕が大好きなプロデューサーJam & Lewisが1991年に旗揚げしたPerspective Record 第一弾アーティストは何とゴスペル・グループSound Of Blackness だった!

12月やクリスマスにはゴスペルがマッチしますな。
僕はミッション系の大学に通っていたせいで、余計にそんなイメージが強いのかもね。

ということで、オススメのゴスペルアルバムSounds of Blackness『The Evolution of Gospel』デス。

Sound Of Blacknessは、1970年代にリーダーのGary Hinesを中心に結成されたクワイア(聖歌隊)グループである。以来長い下積生活が続いたが、本アルバムでブレイクしやシタ。良かったねぇ\(^ ^)/

グループ名の通り、“Blackness”つまりアフロ・アメリカンであることを充分踏まえた総勢40人からなる大所帯による圧倒的なヴォーカル・パフォーマンスは、それまであまりゴスペルアルバムをキチンと聴いたことがない僕にとって衝撃的だったね。R&Bファンをゴスペルの虜にしてしまうJam & Lewisの手腕はやはり脱帽するしかないねっ。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Optimistic」
シングルカットもされたヒット曲。“諦めずに試練を乗り越え、楽天的に行こう”と呼ぶかける曲。サウンドは、Jam & Lewis流グランド・ビートってカンジの曲デス。何の先入観もなくこの曲を聴くと、あまりのスタイリッシュなサウンドにゴスペルだと意識して聴く人は少ないかもしれないね。

「Pressure, Pt. 1」
重量感のあるファンクナンバー。リードボーカルを務めるAnn Nesbyのパワフルな歌声もスバラシイの一言です。プレッシャーに負けずに戦うぞ!神様どうぞ力をお貸し下さい(‐‐)†

「Testify」
Jam & Lewisらしいスペイシーかつクールなサウンドが印象的なファンク曲。僕がお気に入りのJam & Lewisプロデュース作品であるS.O.S Bandの諸作にも通じるテイストです。

「Stand!」
以前紹介したSly & The Family Stoneの名曲のカバー。クワイアらしいコーラスワークの魅力が堪能できる仕上がりデス。ファンクのクラシック曲にクワイアとラップを自然に融合させてしまうあたりがJam & Lewisの心憎いところですな。

「Your Wish Is My Command」
「We Give You Thanks」
スタンダードなゴスペルらしい感動的な2曲。やっぱりクリスマスシーズンはこうじゃなくちゃね。。これらの曲を聴いていると、とっても神聖な気持ちになり、感謝の気持ちで胸一杯になりマス。個人的に今年は転機となる大きな出来事があったけど、いろんな人に支えられて何とか乗り切ることができそうデス。みんなに感謝☆感謝デス。

「Please Take My Hand」
これまた胸にしみるゴスペルソング。ホント、自分が正しい道へと導かれるような気分になりマス。

彼らのクリスマス・アルバム『The Night Before Christmas - A Musical Fantasy』(1992年)もこれからの季節にハマりすぎの神聖かつソウルフルな1枚です。

今年も忘年会シーズンに突入し、酔っ払っておバカな事を数多くやらかしているが、Sounds of Blacknessを聴くと、そんな失敗もやさしく包み込んでくれる気がしマス。
神よこの酔っ払いを救いたまえ(‐‐)†
posted by ez at 01:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月13日

The Isley Brothers『Between The Sheets』

エロエロのIsley炸裂!The Isley Brothers『Between The Sheets』
シルクの似合う夜(紙ジャケット仕様)
発表年:1983年
ez的ジャンル:官能エロエロ系R&B
気分は... :Isleyに外れなし!

僕がR&B系アーティストで最も多くCDを持っているがIsley Brothersだ。
まぁ、彼らの活動歴の長さを考えると、CDが増えるのは当たり前なんだけどね。

初めてリアルタイムで買った彼らのアルバムが『Between The Sheets』だ。

確か、山下達郎がFMラジオでこのアルバムをイチオシしていたのが、購入のきっかけだったかなぁ。当時はR&Bというジャンルがまだマイナーで、普通のレコード屋でIsley Brothersの新譜といっても置いてあるはずもなく、取り寄せてもらった記憶がある。

粘り腰のRonald節の新鮮さにハマりまくったね。一方で、当時はこんなにエロエロ系だとは意識していなかった。今思えば、『Between The Sheets』というタイトルからそんなこと容易に察しがつくはずなんだけど、まだまだウブなティーンだったもので・・・。

このアルバムは、O'Kelly Isley、Rudolph Isley、Roland Isleyのボーカル隊とErnie Isley、Marvin Isley、Chris Jasperのリズム隊による、いわゆる「3+3」時代のラスト作品である。また、シンセや打ち込みリズムを大胆に取り入れたという意味でも転機となったアルバムだと思う。特にアルバム前半(LP時代のA面)を占める官能スロー5曲がこのアルバムの聴きどころだと思いマス。

このアルバムと言えば、何と言ってもタイトル曲「Between The Sheets」だよね。曲自体が名曲だと思うけど、サンプリングネタとして、これだけ使われている曲もないんじゃないかな?以前紹介したPatrice Rushen「Remind Me」なんかも多かったけど、この曲はさらにその上を行くのでは?

ざっと挙げると、Aaliyah「Old School」A Tribe Called Quest「Bonita Applebaum(Hootie Mix)」、Audio Two「The Questions」、Common「Breaker 1/9」、Conscious Daughters「We Rollin' Deepa (Remix)」、Da Brat「Funkdafied」、Des'ree「You Gotta Be (Blacksmith Remix)」、Ex Girlfriend「X In Your Sex (X Between The Sheets F.F. Remix)」、Fourplay「Between The Sheets」、Heavy D & The Boyz「Nuttin' But Love (Remix)」、Keith Murray「The Most Beautifullest Thing in the World」、Notorious B.I.G. 「Big Poppa」、Naughty by Nature「Written on Ya Kitten(Remix)」、Ex-Girlfriend「X In Your Sex (X Between The Sheets)」、Solo「Heaven Sheets」、Supah Mario「Come Between Us」、Tha Truth!「Makin' Moves」、Vicious「Nika」、Whitney Houston「One Of Those Days(Remix)」等々。

個人的には、A Tribe Called Quest「Bonita Applebaum(Hootie Mix)」が大のお気に入りデス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Choosey Lover」
Ernieのギターソロで幕を開けるオープニングナンバー。「Between the Sheets」には及ばないけど名作スロージャムだと思いマス。AaliyahによるカバーやNas「Street Dreams (R.Kelly Remix) 」でサンプリングされていたりしマス。

「Touch Me」
「I Need Your Body」
タイトルからしていかにもエロい官能スロー2曲。「Touch Me」はRonaldの絡みつくボーカルが印象的っす。「I Need Your Body」は、Marvin Gaye『Midnight Love』あたりに通じるチープさが逆に何ともいいカンジの打ち込みがお気に入りっす。高校生の頃、何気なく♪I Need Your Body〜♪なんて口ずさんでいたが、今考えると赤面だよね。

「Between the Sheets」
説明不要のクラシック。ちょっと抑え気味のRonaldのボーカルとキーボードが醸し出す官能的サウンドに脳ミソが溶かされそうデス。

今から15年位前、銀座のロック&ソウルバーのクリスマスイベントとして行われたイントロあてクイズで、「Between The Sheets」を秒殺で回答し、豪華景品を見事ゲットした。去年もこの曲絡みでいいことがあった。そんなことも含めて、この曲は何気に僕にラッキーをもたらす曲だと勝手に思っていマス。

「Let's Make Love Tonight」
さりげにお気に入りの曲です。セクシーかつグルーヴィな打ち込みリズムが気持ち良くてクセになりマス。ここまでがLPで言うA面5曲デス。

「Gettin' Over」
LPで言うB面の曲。正直、LPで聴いていた頃はB面はA面に比べて、聴く頻度がかなり少なかったね。でも、この曲は何か好きだったなぁ。今聴くとB級ムードなんだけど、それはそれでスキです。

『Between The Sheets』以外のアルバムもオススメ。“Isleyに外れなし!”☆ 特に70年代黄金期のアルバムは全制覇すべきだと思いマス。
posted by ez at 06:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

Peven Everett『Latest Craze』

クールネスたっぷりの掘り出しモノR&BアルバムPeven Everett『Latest Craze』♪
Latest Craze
発表年:2005年
ez的ジャンル:アンダーグラウンド系ネオソウル
気分は... :密かに期待してマス...

昨日に続きサッカー2006年W杯ドイツ大会の1次リーグの組み合わせの話題を!
日本が入ったF組の話題は別の機会として、僕が密かに期待している国、選手をご紹介しマス。

国で言えば、オランダ、チェコ、ガーナに期待してます。オランダ、チェコは実力がありながら、2002年は予選敗退で本大会で見ることができず、やっと世界の舞台で見ることができ嬉しい限りっす。

オランダは伝統の4-3-3で両ウィングがグイグイえぐる攻撃的サッカーが見ものデス。チェコはブルックナー監督の相手の弱点を研究しつくした采配が楽しみっす。ガーナはアフリカ勢で一番躍進する可能性があるのではと思いマス。ただ、残念なことにチェコとガーナはイタリアがいるE組なんだよね。ここはC組に次ぐ激戦区で、イタリアの突破を前提に考えると、チェコとガーナのどちらかが1次リーグ敗退になる?もったいない。

選手で言えば、エッシェン(ガーナ)、ロッペン(オランダ)、ジョー・コール(イングランド)が密かに楽しみっす。って、3人ともチェルシー(イングランド)の選手なんだけどねぇ。

エッシェンは今世界で最も優れた万能型のMFだと思いマス。チェルシーが50億円以上の移籍金を払ってまで彼を獲得したのが納得っす。ロッペンも突破力で言えば、世界最高のウィングだと思うなぁ。彼が本調子ならば誰も彼を止められないんじゃないかな?

ジョー・コールはイングランド躍進のキーマンだと思います。イングランドのフォーメーションが4-4-2で、MFの右がベッカム、中央をジェラード、ランパード、左がジョー・コールという布陣を期待してマス。イングランドが長年懸案としてきた左MFの人材不足をジョー・コールが埋めてくれると思いマス。

CDも密かな掘り出しモノということで、最近僕のiPodのヘビーローテーションになっているアンダーグラウンドなR&B/SoulアルバムPeven Everett『Latest Craze』っす。

正直、全く彼のことは知らなかったんだけど、バークレー音楽院出身のマルチプレイヤー、クリエイターで、2002年に1stアルバム『Studio Confessions』、2004年に2ndアルバム『Kissing Game』を出していマス。また、House系のシングルも多数発表しており、クラブシーンでも密かに支持を得ているらしいデス。

全体的な印象は、D'AngeloとStevie Wonderを足して2で割って、さらにジャジーにしたカンジかな。D'Angeloのシンプルなグルーヴ感とStevieのような独特のメロディとジャジーな感覚がうまくブレンドして、Peven独特のクールなグルーヴを構築していマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Latest Craze」
ジャジーながらも粘り腰のグルーヴがクセになるミディアムナンバー。終盤の気の効いたアレンジが心憎い。

「Ghetto」
80年代メロウグルーヴとネオソウルのテイストを併せ持ったナンバー。僕はこの手のキーボードの音色に弱いっす。

「Get What You Got」
パーカッシブなグルーヴが気持ちイイ曲。Pevenの曲っていきなり盛り上げるのではなく、徐々にグイグイ高揚させるのが上手いね。

「Don't Go」
このアルバムで一番のお気に入りクール&ファンキーなナンバー。ホーンセクションがカッチョ良いっす。彼がHouse方面のDJからも支持が高いというのが、打ち込みのビートのセンスからうかがえマス。

「Beep You」
ライト感覚のソウルナンバー。この浮遊感のあるクール&スムーズはPeven独特の感覚だね。

「Dillusional」
ラテンテイストのジャジーナンバー。サラッとした仕上がりデス。

「Everything I Could (A Father's Love) 」
シットリかつエレガントなフォーキーナンバー。アコースティックソウルと言っても甘さ控え目がです。

「Gin Dancer」
ギター弾き語りの前半から突然、Stevie Wonder風へと展開する70年代ニューソウルの香り漂う曲。

「See Saw」
ミステリアスな雰囲気のミディアム・グルーヴ。ジャジー系Hip-Hopが好きな人はハマるグルーヴです!

それにしても、トヨタカップは盛り下がってますね。わざわざこのために来日するリバプールに同情しちゃいます。それより今日のミラノ・ダービーが楽しみっす。
posted by ez at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする