2005年12月06日

Patrice Rushen『Straight From The Heart』

R&B/Hip-Hopファンの“ハート泥棒!”Patrice Rushen『Straight From The Heart』
Straight from the Heart
発表年:1982年
ez的ジャンル:フュージョン系R&B
気分は... :忘れないでねっ!

Patrice Rushenの1982年のアルバム『Straight From The Heart』の邦題は『ハート泥棒』である。
なんか昔の洋楽アルバムにありがちな安易な邦題だよね。でも、このアルバムに収録された「Forget Me Nots」、「Remind Me」の2曲は、確かに今日でもR&B/Hip-Hopファンを虜にする“ハート泥棒”と呼ぶにふさわしい曲だっちゃ!

僕は80年代後半にPatriceのLPを数枚購入した経験があるが、周囲の洋楽好きでも“Patrice Rushenっていいよね!”という声を殆ど聞いたことが無かったなぁ。なので、ずいぶんとマイナーなレコードを買ったという印象が強かったね。

R&B/Hip-Hopファンのハートを奪った2曲のうち、「Forget Me Nots」は当時もヒットした曲なので、今日の盛り上がりもわかるが、「Remind Me」がこんなに盛り上がるとはサプライズだよねっ?

僕が「Remind Me」を思い出すきっかけとなったのは、ベタだけどMary J. Blige「You Remind Me」だった。この曲の場合はネタ使いと言うよりもサビの引用だけどね。どっかで聴いたよなぁ?となかなか思い出せず長い間モヤッとしてたんだけど、引越しの準備でLPを整理している時にPatriceのLPを手に取り、一気にスッキリした記憶がある。

Patriceって、上手くはないけどキラキラしているボーカルがとってもチャーミングだよね。そのボーカルとバックのグルーヴィーなサウンドがうまくマッチして、まさにメロウ&グルーヴィーな世界をデリバリーしてくれる。特に、このメロウネスは彼女が元々ジャズ/フュージョン系のキーボード奏者である点がプラスに作用していると思いマス。

『Straight From The Heart』は「Forget Me Nots」、「Remind Me」の2曲ばかりが注目されるけど、捨て曲ナシの名盤だと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Forget Me Nots」
当時も大ヒットしたベースラインが印象的なダンスクラシック。先に述べたボーカルも含めて、サウンド全体がキラキラしてマス。Beatnuts「Gimme Da Ass」、George Michael「Fastlove」、Will Smith「Men In Black」、J-Flexx「Who Been There,Who Done That?」ネタ。

「Remind Me」
90年代突如ブレイクした定番ネタ。同じく定番ネタKeni Burke「Risin' To The Top」あたりと共通するスタイリッシュさが魅力だと思いマス。

Brotha Lynch Hung「Walkin 2 My Funeral」、Chubb Rock「Just the Two of Us」、Common Feat. Chantay Savage「Reminding Me (Of Sef)」、Faith Evans「Fallin' in Love」Junior M.A.F.I.A.「I Need You Tonight」、Keith Murray「Dip-Dip-Di (You Remix Me)」、King George「TRU Playa」、Kut Klose「Keep On 」、MoKenStef feat. Grand Puba「He's Mine (Remix)」、Mack 10「Here Comes the G」、The Notorious B.I.G.「Unbelievable」、Silkk The Shocker「What Gangstas Do」等々ネタに使った曲を挙げたら際限ないっすね。

「Where There Is Love」
アルバム中胸キュン度は一番高いメロウ・ナンバー。「Forget Me Nots」、「Remind Me」という2枚看板で目立たないけどこの曲も、Frost「Nothing in this World」、Lil 1/2 Dead「12 Pacofdoja」、Mobb Deep「Temperature's Rising」、Smooth「Strawberries」などのネタとして有名な曲デス。

「I Was Tired of Being Alone」
ギターカッティングとホーンセクションがカッチョ良いEW&F風のダンス・ナンバー。

「Number One」
ブラジリアン・フュージョン風のインスト・ナンバー。パーカッシブなカンジがイイっす。

「Breakout!」
Brenda Russellとの共演曲。80年代風のハジけ方が後引きマス。

「(She Will) Take You Down to Love」
Free Soulファンがいかにも飛びつきそうなフォーキーな曲。勿論僕も大好きデス。

それにしても彼女のアルバムの邦題は笑える。本作以外にも『Pizzazz』(1979年)が『陽気なレイディ』、『Posh』(1980年)が『おしゃれ専科』...ウ〜ン(¬¬)
posted by ez at 02:55| Comment(0) | TrackBack(1) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

Kevon Edmonds『24/7』

Babyfaceの兄Kevonによる美メロ・ラブソングのオンパレードKevon Edmonds『24/7』
24-7
発表年:1999年
ez的ジャンル:Babyface系メロウR&B
気分は... :12月は人恋しいよねぇ...

クリスマスなんて関係ないっす!なんて思ってもやっぱり12月は人恋しい季節だねぇ。

そんな人恋しい季節にぴったりなアルバムがKevon Edmonds『24/7』デス。
カップルで聴くもよし☆一人で聴くもよし☆のロマンティックなアルバムですよ〜♪
僕もこのアルバムでも聴きながら寂しいイブを乗り切りマスd(^ ^)b

Kevon EdmondsはBabyfaceの兄であり、兄弟のMelvin Edmonds、L.A.Reidの従兄弟Keith Mitchellと結成したグループAfter7の元リードボーカルだった人っす。当時LA Face(L.A.Reid & Babyface)プロデュース作品もそれなりに聴いたけど、正直After7は殆ど聴いていなかったなぁ。R&Bで言えば、GuyやKeith Sweat等のNew Jack SwingやJam & Lewis作品に夢中だったもので(−−;)

『24/7』は、弟Babyfaceのバックアップのもとに1999年に発表されたKevonのソロデビュー作です。でも、この作品以外にアルバムはリリースしていないんだけどねぇ。

美メロ・バラード好きにとっては、何故2ndアルバムを出さないの?と思うほどツボのアルバムだと思いマス。基本的には美メロ・バラードのオンパレードです。Babyfaceにロマンティックなものを期待している人は、正にその願いを叶えてくれマス。Babyface以外のプロデュース曲もBabyfaceっぽく聴こえてくるから不思議っす!

兄弟だから当たり前なんだけど、ボーカルもBabyfaceにソックリです。Babyfaceをもっと澄み切ったハイトーンにしたカンジかなぁ。本格ボーカル好きの人から見ると、かなり線が細いカンジなんだけど、僕なんかは逆にそこが胸キュンで魅力的だったりする。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Never Love You」
Babyfaceらしい、ゆったりとしたメロディのオープニング曲。打ち込みなんだけど、アコースティックっぽいカンジもイイっす。

「Love Will Be Waiting」
胸キュン度200%のキラキラ☆ミディアム・ナンバーであり、僕の一番のオススです。Kevonのハイトーンボーカルが美メロととてもマッチしていマス。愛は待っていてくれるかも?と錯覚しそうデス。

「24/7」
シングルヒットもしたタイトル曲。フォーキーなアコースティック・ソウルっす。コーラスとの絡みをイイカンジ☆

「When I'm With You」
メロウネスとクールネスがうまく融合したサウンドが印象的なミディアム・ナンバー。

「How Often」
ベタつかない、サラッとしたカンジが逆に胸に込み上げてくるバラード。

「Baby Come to Me」
映画のエンディング曲にでもなりそうな感動的な胸キュンバラード。どこかで聴いたことがあるようなメロディなんだけど...まぁ、いっか(・ヘ・)

「Girl Like You」
Babyfaceとのデュエット。聴いていると、どっちが歌っているの迷ってくる(ー_ー;)

「No Love」
切なさ一杯の甘酸っぱい系バラード。アルバムで一番熱唱しているかも?

Babyfaceと言えば、新作『Grown & Sexy』もイイっすね!やっと彼らしいアルバムを出してくれて嬉しい限りデス\(^^)/
posted by ez at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

Billy Joel『The Stranger』

僕が生まれて初めて買った洋楽アルバムBilly Joel『The Stranger』
The Stranger
発表年:1977年
ez的ジャンル:NY系シンガーソングライター
気分は... :素顔のままで

Billy Joelの『The Stranger』(1977年)は、僕が初めて買った洋楽アルバムだ。

以前にも書いたとおり、僕が洋楽に夢中になるきっかけはBeatlesだった。しかし、リアルタイムで最初にハマったアーティストはBilly Joelだ。確か、僕の洋楽コレクションの最初の10枚はBeatlesとBilly Joelしかなかった。

当時小学6年生の僕にとって洋楽アルバムを購入するなんて、とても大人になる感じがして、レコードを買う時も、聴く時も緊張気味だったよね( ̄∇ ̄)ノでも、その分インパクトが大きかったんだと思う。ホント、『The Stranger』と『52nd Street』(1978年)の2枚はハマりまくり、何百回と聴いたと思うなぁ。

今冷静に考えると、僕がこの2枚にハマっていた大きな要素として、プロデューサーPhil Ramoneのクリエイトするクロスオーバー/AOR系のサウンドがあるかもしれない。当時は全然意識しなかったが、参加ミュージシャンを確認すると、以前にRoberta Flack『I'm The One』紹介時に書いた僕が大好きなバックミュージシャンであるRalph MacDonald(per)、Richard Tee(key)といったクロスオーバー/フュージョン系のメンツがクレジットされている。これら2枚が今聴いてもフレッシュな感じがするのは、このサウンドの要素が大きいと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Movin' Out (Anthony's Song)」
スマッシュヒットしたロック・テイストの強いオープニング・ナンバー。Juelz Santana「You Oughta Know」の元ネタです。
それまで歌謡曲のワタシとアナタしか登場しない歌詞に慣れていたので、日本語訳を見ながら、ストーリーテラーとして街の人々を描く歌詞が何か新鮮に思えたなぁ。

「Stranger」
僕がこのアルバムを購入するきっかけとなったタイトル曲。ラジオでこの曲を聴いた瞬間から僕の洋楽ライフが始まったのかもしれないね。イントロの口笛をよく風呂で練習した記憶がある。そして静寂のイントロから一転して、あのカッチョ良いサウンドが聴こえた瞬間にカウンター一発KOされてしまった。

「Just the Way You Are」
グラミー賞最優秀レコード&最優秀楽曲をダブル受賞した不滅のラブソング。メロウネス&スウィートネスを十分堪能できて文句ナシ。Phil Woodsのサックスソロもステキです。今でもラブソング集を作るとすれば、この曲は絶対外さないと思うねぇ。

実は僕が最初に英語の歌詞を丸暗記したのがこの曲だ。数十年たった今でも殆ど歌詞を忘れていないと思う。出だしの♪Don't go changing〜♪というBillyの声のトーンが何ともイイんんだよねぇ。そこだけでメロメロになる。それにしてもJust the Way You Are...いい言葉だよね。やっぱり人間って等身大の自分でいることが大切だし、魅力的だと思うなぁ。

オリジナル以外ならばMeta Roos & Nippe Sylwens Bandによるカヴァーが秀逸!

「Scenes from an Italian Restaurant」
あるカップルの人生を綴ったドラマティックな展開のナンバー。1曲の中にこんなにも違う曲調が混ざっていることが、当時の僕にはサプライズだったね。

「She's Always a Woman」
ピアノが何ともロマンティックなラブソング。デビュー当時のBillyの雰囲気に最も近い曲デス。シングルカットされスマッシュヒット!

「Get It Right the First Time」
ラテンフレイヴァーたっぷりの軽快なナンバー。密かにかなりお気に入りデス。ラテンフレイヴァーと言えば、『52nd Street』収録の「Rosalinda's Eyes」も隠れた名曲だと思いマス。

「Everybody Has a Dream」
アルバムのエンディングを飾る感動のバラード。込み上げ度で言えばこの曲が一番。ソウルテイストのBillyのボーカルも最高デス。

Billyはこの後スーパースターとなっていく。しかし、僕はLPで持っていたBillyのアルバムをCDで買い直すにあたり、『Glass Houses』(1980年)以降のアルバムは何となく買わなかった。一方、それ以前の『Cold Spring Harbor』(1971年)、『Piano Man』(1973年)、『Streetlife Serenade』(1974年)、『Turnstiles』(1976年)は全て買い直し、今でもよく聴く。きっと、僕はポップスターとしてのBillyよりもシンガーソングライターとしてのBillyに魅力を感じているのであろう。
posted by ez at 01:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

New Edition『Heart Break』

人気アイドルグループが少年から大人への成長を見せてくれた傑作New Edition『Heart Break』
Heart Break
発表年:1988年
ez的ジャンル:Jam & Lewis系R&B
気分は... :そろそろウォッカの気分...

だんだん寒さが本格化してきましたねぇ。

ここ数年僕の冬のアルコール定番はウォッカお湯割りデス。寝る前に50度のウォッカをウォッカ6:お湯4ぐらいで割り、コップ1杯分飲んで、体をポカポカにしてから寝る。寝る前なので、つまみは食べないと決めているのだが、ついついお菓子などをつまみたくなる。そんな誘惑を断ち切るためには、スウィートなR&B/Soul系バラードをおつまみ代わりにするのが一番なんだよね。

今年も1週間前ほどからウォッカ解禁にしてマ〜ス。そんな中で懐かしいおつまみを発見した。それがNew Edition『Heart Break』だ。CD棚の80年代後半R&BエリアからGuyの1stを探していたら、久々に『Heart Break』を見つけた。聴いてみると、やっぱりこれは名盤だね!ということで即紹介することにしやシタ。

New Editionと言えば、Bobby Brown、Johnny Gill、Ralph Tresvant、Ricky Bell、Michael Bivins、Ronald De Voe(Ricky、Michael、Ronaldの3人は後にBell Biv DeVoeを結成)といったスターが在籍した、一世を風靡したアイドルグループだったよね。『Heart Break』はグループの看板だったBobby Brownが脱退し、新たにJohnny Gill加入後の第1弾アルバムです。

僕はNew Editionのファンではなかったし、それ以前のヒット曲も知っていたがアルバムを購入するほどではなかった。で、このアルバムを購入した理由はたった1つプロデュースがJam & Lewisだからだ。当時の僕はJam & Lewisマニアだったので。

中身は、アップ中心の前半、スロー中心の後半に大きく分けられるんだけど、後半のスローがとにかく秀逸デス。こんなの聴かされたら、ウォッカ1杯のつもりが、知らぬ間にもう1杯飲んでそうなカンジだよねっ。

オススメ曲を紹介しときやす。

「If It Isn't Love」
アルバムからの1stシングル。当時流行っていたGo-Goのリズムをバックに軽快ながらもメロウなミディアム・ナンバー。Trick Daddy「Ain't A Thug」のネタにもなってマス。とっても80年代らしいサウンドです。Go-Goと言えば、Trouble Funk、Euあたりを当時よく聴いていたなぁ。

「Where It All Started」
Jam & Lewisらしいハネハネ&メロウな打ち込みサウンドを堪能できるナンバー。この頃のJam & Lewis作品って、とってもクリスマスシーズンにマッチしている気がするね。この曲も聴いていると、クリスマスのイルミネーションが浮かんでくるなぁ。

「You're Not My Kind of Girl」
アルバム後半の秀逸スロー大会の幕開けとなるアルバムからの2ndシングル。切ない歌なんだけど、美メロ&キラキラサウンドにウットリっす。青春の甘酸っぱいカンジがグーだねっ!

「Can You Stand the Rain」
大ヒットした3rdシングル。彼らの大人のグループへの成長を感じられる正統派バラード。この手もバラードもJam & Lewisはお得意ですな。
Gラップ好きの人はSide 2 Syde「Can You Stand the Pain」の元ネタです。

「Competition」
JohnnyとRalphという新たな二枚看板が交互にソロを披露する感動ナンバー。ジンワリと胸に込み上げてきマス。純粋に曲の良さだけで言えば、この曲がイチバンかも?

「I'm Comin' Home」
Jam & Lewisの本領発揮のバラード。このクールネス&メロウネスはJam & Lewisにしか作れないサウンドだよね。Jam & Lewisファンとしては、この1曲のみでアルバムを購入した価値があると思いやシタ。ホント、名曲っす。

「Boys to Men」
アルバムの最後を締めくくる名曲。これまたJam & Lewisらしい打ち込みサウンドをバックにJohnnyとRalphが少年から大人への成長を堂々と歌い上げる。

「Boys to Men」に感銘した4人の少年が、この曲名に由来する“Boyz II Men”というグループを結成し、New Editionの後継者となった...なんかとってもいいエピソードだよね。
posted by ez at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

Janis Joplin『I Got Dem Ol' Kozmik Blues Again Mama!』

不世出の女性シンガーJanis Joplinのコズミックな世界『I Got Dem Ol' Kozmik Blues Again Mama!』
I Got Them Ol' Kozmic Blues Again, Mama
発表年:1969年
ez的ジャンル:不世出系天才シンガー
気分は... :Janisにバラの花束を(‐‐)†

ご存知のように、Janis Joplin(1943-1970年)はJimi Hendrix(1942-1970年)、Jim Morrison (1943-1971年) と共に、死して永遠のロック伝説になった人物デス。

この三人の中で、正直Janis Joplinが聴く頻度が一番少ないかなぁ。別にJanisがキライとかじゃなくて、Janisを聴いていると切なくなってくるんだよね。だから、John Coltraneなんかと同じで、何気なく聴くことなどせず、聴くなら真剣に聴きたいと思っちゃうんだなぁ。

やっぱりこの人は死ぬまで、ロックのスーパースターとしての自分と、薄幸のなかで人に愛されたい自分との間で葛藤し続けていたのだと思う。Janisの語録として“何人もの男と寝たけど、自分自身が本当に愛されていると思えたことなどなかった”というのを読んだことがある。きっと、“愛されたい”という気持ちが強くなるほど愛が空回りして、逆にそのパワーが魂の叫びとなっていたんじゃないかなぁ?

“愛されたい”これはJanisに限らず、多くの人間にとって永遠の命題かもね。勿論僕にとってもね。強引かもしれないけど、最近毎週号泣して観ている(; ;)TVドラマ『あいのうた』に僕がハマっている理由も、愛されることを求め続けた主人公が、愛することに気付くというストーリーに共感しているからだと思う。

さて、Janisの代表作と言えば、一般的にはJanisのメジャーデビュー作であるBig Brother And The Holding Company時代の『Cheap Thrills』(1968年)か、遺作となった『Pearl』(1971年)というのが大方の意見だと思いマス。でも、僕のお気に入りはこの2作品の間に発表された『I Got Dem Ol' Kozmik Blues Again Mama!』デス。

このアルバムはBig Brother And The Holding Companyから独立し、ソロとしてのキャリア第1作である。でも評論家連中には、このアルバムはウケが悪いようだ。理由は、スタジオ・ミュージシャンを集めた即席バンドによるレコーディングで、Janisとバンドの一体感がなく、荒々しさが足りないということらしい。

僕はJanisのシンガーとしての魅力って、ブルースやソウルのフィーリングをうまくロックに取り入れている点だと思う。その意味では、ブルースやソウルのフィーリングを一番堪能できるのがこのアルバムだと思う。さらにゴスペル的な要素が加わった『Pearl』も捨てがたいけどねぇ。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Try (Just a Little Bit Harder)」
スマッシュヒットしたオープニング・ナンバー。挑発的なカンジのJanisのボーカルがサイコーっす。ホーンセクションがファンキーに盛り上げてくれマス。

「Maybe」
The Chantelsの1958年のヒット曲のカヴァー。Three Degreesなんかもカヴァーしてマス。切ない女性の願いを歌ったある意味Janisにピッタリの曲デス。ブルージーな演奏をバックに素晴らしくエモーショナルなボーカルを披露してくれマス。このアルバムのハイライトかもね。

「To Love Somebody」
Bee Geesの1967年のヒット曲のカヴァー。この曲はOtis Reddingをイメージして作られた曲らしい。Janisがロックの伝説ならば、Otisはソウルの伝説である(Otisは1967年に飛行機事故で死亡)。何か深いものを感じるねぇ。

「Kozmic Blues」
『Cheap Thrills』収録の「Summertime」に雰囲気が似ている曲。この高揚感はやっぱりJanisならではのものだなぁ。

「Little Girl Blue」
メロウなギターが印象的なバラード。目を閉じて聴きたくなる感動ナンバーです。

Janisと言えば、JanisをモデルにしたBette Midler主演の映画『The Rose』(1979年)も忘れられない。僕のJanisへの興味も、この映画のラストで流れる印象的なタイトル曲「The Rose」から始まった。

Janisというバラの花は、これからも多くの人に愛され続けられるであろう。
posted by ez at 00:56| Comment(4) | TrackBack(2) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする