2013年06月02日

Jukka Eskola Orquesta Bossa『Jukka Eskola Orquesta Bossa』

FCQのリーダーによるボサノヴァ・プロジェクト☆Jukka Eskola Orquesta Bossa『Jukka Eskola Orquesta Bossa』
JUKKA ESKOLA ORQUESTRA BOSSA
発表年:2013年
ez的ジャンル:北欧クラブジャズ/ボッサ・ジャズ
気分は... :エクセレント!

今回はクラブジャズ新作から、フィンランドの人気クラブジャズ・グループThe Five Corners Quintet(FCQ)のリーダーであり、トランペット奏者であるJukka Eskolaによるボサノヴァ・プロジェクトJukka Eskola Orquesta Bossa『Jukka Eskola Orquesta Bossa』です。

Jukka Eskolaの紹介は、彼の初ソロ・アルバム『Jukka Eskola』(2005年)以来2回目となります。

Jukka Eskola Orquesta BossaはJukkaが影響を受けた60年代ボサノヴァ作品へのオマージュの色合いが濃いボサノヴァ・プロジェクトです。

Jukkaと同じくThe Five Corners QuintetのメンバーであるTeppo Makynenがプロデューサーを務めています。当ブログでは彼がTeddy Rok Sevenでリリースした『Universal Four』(2004年)を紹介済みです。

さらに日本が誇るDJ、須永辰緒氏がエグゼクティヴ・プロデューサーとして名を連ねています。

レコーディングにはJukka Eskola(tp、flh)、Petri Puolitaival(as、fl)、 Peter Engberg(g)、Ville Herrala(b)、Jaska Lukkarinen(ds)、Teppo Makynen(p、per)、Abdissa Assefa(per)、chihiRo(vo)、Keissy Costa(vo)、Proton String Quartet等が参加しています。

chihiRo、Keissy Costaといった須永氏のコーディネートによる女性ヴォーカリスト陣がアルバムに華を添えてくれます。また、Proton String Quartetによる美しい弦の響きもアルバムの魅力アップに大きく貢献しています。

「From the Hot Afternoon」「Wien」「Brigas Nunca Mais」の3曲以外はJukka Eskola & Teppo Makynenのオリジナルです。

エクセレントな大人のボッサ・ジャズ作品を存分に堪能しましょう!

全曲紹介しときやす。

「Bolly Beat」
軽快なジャズ・サンバでアルバムは幕を開けます。軽快なリズム隊とエレガントなストリングスが2管の涼しげな響きを盛り上げてくれます。

「And the Days Passed By」
Proton String Quartetによる美しいストリングス・アンサンブルとともにスタートするイージーリスニング調のエレガント・ボッサ。

「Tensions」
エレガントなストリングス・アンサンブルと疾走するボッサ・ジャズの組み合わせがクラブジャズ経由のボサノヴァ作品らしいですね。

「Chester-le-Street」
憂いを帯びたストリングスに続き、大人のメロウ・ボッサ・ジャズが軽やかに演奏されます。風を感じるボッサ・リズムが心地好いですね。

「Martha's Moment」
レイジーな軽やかさ(?)がいい感じの演奏です。JukkaのトランペットやPetri Puolitaivalのアルトもそんな雰囲気を醸し出しています。Ville Herralaのギターも印象的です。

「From the Hot Afternoon」
Milton Nascimentoのカヴァー。Jukka自身はアルバム『From the Hot Afternoon』(1969年)に収録されたPaul Desmondのヴァージョンを意識しているようです。哀愁モードで疾走する極上ボッサを満喫できます。Proton String Quartetの美しい弦の響きによるドラマティックな演出もグッド!。

「Wien」
フィンランドのシンガー・ソングライターVille Leinonenのカヴァー。ここでは日本のジャズ・ユニットJiLL-Decoy association(ジルデコイ・アソシエーション)のヴォーカルchihiRoをフィーチャーした日本語カヴァーになっています。実にロマンティックなボッサ・チューンに仕上がっています。

「Siam Square」
エキゾチックなスパイスの効いたボッサ・ジャズといった趣でアルバムの中でも異色の仕上がりです。

「Ricky-Tick」
北欧クラブジャズ好きにはお馴染みのレーベル名をタイトルに冠した軽やかに疾走するボッサ・ジャズ。クラブジャズ好き向けのボッサ・ジャズに仕上がっています。

「Brigas Nunca Mais」
ラストはAntonio Carlos Jobimのカヴァー。日系ブラジル人の女性ボサノヴァ・シンガーKeissy Costaをフィーチャーしています。彼女は須永氏イチオシのボサノヴァ・シンガーです。Keissy Costaの魅力を引き出した華やかなボッサ・チューンに仕上がっています。

未聴の方は他のJukka Eskola作品やFCQ作品もチェックしてみて下さい。

『Jukka Eskola』(2005年)
Jukka Eskola

『Hub Up』(2006年)
HUB UP

『Walkover』(2009年)
WALKOVER

Jussi Lampela Nonet Featuring Jukka Eskola『Lampela X Eskola』(2010年)
ランペラ・エツクス・エスコラ

The Five Corners Quintet『Chasin' the Jazz Gone By』(2005年)
チェイシン・ザ・ジャズ・ゴーン・バイ

The Five Corners Quintet『Hot Corner』(2008年)
HOT CORNER

The Five Corners Quintet『Helsinki Sessions』(2011年)
Helsinki Sessions
posted by ez at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

The Waters『Watercolors』

ディスコからメロウまで素晴らしい兄妹コーラスを満喫できる1枚☆The Waters『Watercolors』
ウォーターカラーズ
発表年:1980年
ez的ジャンル:兄妹コーラス系ディスコ/ソウル
気分は... :上善は水の如し・・・

Waters兄妹によるソウル・グループThe Watersの3rdアルバム『Watercolors』(1980年)です。

The WatersLuther WatersOren Watersという男性2人、Julia Tillman WatersMaxine Willard Watersという女性2人から成る兄妹ソウル・グループです。

グループは『Waters』(1975年)、『Waters』(1977年)、『Watercolors』(1980年)、『Welcome Home』(1988年)といったアルバムをリリースしています。

また、セッション・シンガーとしても売れっ子であった彼らは、数多くの作品でバック・コーラスを務めています。当ブログで紹介した作品でいえば、Marlena Shaw『Who Is This Bitch, Anyway?』(1974年)、Barrabas『Heart of the City』(1975年)、Coke Escovedo『Comin' At Ya』(1976年)、Santana『Festival』(1976年)などでThe Watersの歌声を聴くことができます。

今回紹介する3rdアルバムとなる『Watercolors』(1980年)は、ダンス・クラシック「Dance With Me」をはじめとするディスコ・サウンドが目立つアルバムですが、兄妹コーラスを満喫できるミディアム〜スロウも充実しており、アルバム全体として楽しめる1枚に仕上がっています。

レコーディングにはJames Gadson(ds)、Nate Neblett(ds)、John Barnes(key、syn)、Don Myrick(sax)、Sheila Escovedo(per)、John Rowin(g)、Ray Obiedo(g)等が参加しています。

プロデュースはDavid RubinsonLuther WatersOren Waters

個人的には「Dance With Me」「Heart Lead The Way」「I Can Make You Smile」
「Come To Me」の4曲がオススメ。

全曲紹介しときやす。

「Dance With Me」
Danny Smith/Deniece Dupuy/Oren Waters作。ダンス・クラシックとしてお馴染みのディスコ・チューンでアルバムは幕を開けます。シンセ・ベースが印象的なディスコ・サウンドをバックに兄妹の素晴らしいヴォーカル・ワークを満喫できます。
http://www.youtube.com/watch?v=7XnJ9by-EVw

「Heart Lead The Way」
Addison Terry/Oren Waters/Raymond Gibson作。堂々と歌い上げるメロウ・バラード。The Phenix HornsのメンバーであったDon Myrickのサックス・ソロもグッド!
http://www.youtube.com/watch?v=THGjDJuvT7A

「I Can Make You Smile」
Norma Scarborough/Skip Scarborough作。さすがSkip Scarborough作と思わせるキャッチーなダンス・チューン。軽快なリズム、開放的なホーン隊、快活なヴォーカルがよくマッチしています。
http://www.youtube.com/watch?v=8i4TD1swKTU

「Throw A Little Bit Of Love My Way」
David Foster/Harry Garfield/Jay Graydon作。当ブログでも紹介したStevie Woodsヴァージョンをはじめ、元Three Dog NightのCory Wells、Bloodstoneもカヴァーしている名バラードですね。哀愁バラードを美しい兄妹コーラス・ワークで聴かせてくれます。

「Party People」
M. Smith作。「Dance With Me」同様、John Barnesのシンセ・ベースが牽引するディスコ・チューン。少し単調ですが、勢いで突っ走るブギー・チューンに仕上がっています。
http://www.youtube.com/watch?v=CvnoNb8a5kA

「Come To Me」
Skip ScarboroughとEmotionsのWanda Hutchinsonによる共作。ビューティフル・メロウなミディアム・スロウ。楽曲自体がいいので兄妹のヴォーカル・ワークが栄えます。
http://www.youtube.com/watch?v=TSHQ3aAeH_A

「Dance The Night Away」
メンバーおよびSkip Scarborough、R. Caldwellによる共作。フロア栄えしそうな華やかなディスコ・チューン。ディスコ・サウンドに負けない兄妹の息の合ったヴォーカル・ワークを満喫できます。また、Sheila Escovedo(Sheila E.)のティンバレスが盛り上げてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=32vvKWWt50k

「Let Him Prove It」
Maxine Waters作。ラストはエモーショナルなバラードを堂々と歌い上げます。終盤の盛り上がりもいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=syY6SsE3s2Y

Amazonで見つからなかったので紹介できませんが、2nd『Waters』(1977年)もCD化されていますのでぜひチェックを!
posted by ez at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする