2013年06月22日

Gwen McCrae『Melody Of Life』

Betty Wrightプロデュースの下、マイアミの歌姫が魅せます!☆Gwen McCrae『Melody Of Life』
Melody Of Life ~ Expanded Edition [from UK]
発表年:1979年
ez的ジャンル:マイアミ系ディスコ/ソウル
気分は... :マイアミは大盛り上がり!

NBAファイナルはヒートが連覇しました。
特に第6戦、絶体絶命の状況からの巻き返しには大興奮しました。

ヒートの連覇を祝し、今回はマイアミの歌姫Gwen McCraeBetty Wrightのプロデュースの下、1979年にリリースした『Melody Of Life』です。

Gwen McCraeは1943年、フロリダ州ペンサコーラ生まれ。

1963年にGeorge McCraeと出会い、間もなく結婚します。その後、夫婦デュエットGeorge & Gwenとして活動するようになり、1969年にデビュー・シングル「Three Hearts In A Tangle」をリリースしています。このときレコード会社へ強力にプッシュしてくれたのが後のマイアミ・ソウルの女王Betty Wrightでした。

その後、それぞれソロ活動を行うようになり、Gwenは数枚のシングル・リリースを経て、1974年にTK Records傘下のCatからデビュー・アルバム『Gwen McCrae』をリリースしています。同じ1974年には夫Georgeが「Rock Your Baby」を全米シングル・チャートNo.1に送り込みました。その勢いに乗って、1975年には夫婦名義のアルバム『Together』をリリースしています。

そして、Gwen自身もシングル「Rockin' Chair」が全米シングル・チャート第9位のヒットとなり、ブレイクします。このヒットを受けて、デビュー・アルバムは『Rockin' Chair』と改題され、新たに「Rockin' Chair」も収録されました。

「Rockin' Chair」
 http://www.youtube.com/watch?v=tOhOpbkpLPo

このように音楽面では成功を収めたGeorgeとGwenでしたが、私生活では1976年に離婚しています。

『Rockin' Chair』以降のGwenのソロ・アルバムとしては、Catから『Something So Right』(1976年)、『Let's Straighten It Out』(1978年)、『Melody Of Life』(1979年)、Atlanticから『Gwen McCrae』(1981年)、『On My Way』(1982年)といったアルバムをリリースしています。

『Gwen McCrae』(1981年)に収録された「Funky Sensation」はダンス・クラシックとなっていますね。
「Funky Sensation」
 http://www.youtube.com/watch?v=UEQ1UtawRTg

Catからの最終作となった本作『Melody Of Life』(1979年)は、レア・グルーヴ方面からの再評価が高い1枚です。プロデュースはBetty Wright

「All This Love That I'm Givin'」「The Melody Of Life」といったダンス・チューンに注目が集まる本作ですが、個人的にはそれらダンス・チューン以上に「I Can Only Think Of You」「Maybe I'll Find Somebody New」といったメロウなミディアム系の楽曲にグッときます。マイアミのサンセット・モードが似合いそうなメロウ・サウンドはモロに僕好み。

オリジナルは全7曲と曲数が少なく感じるかもしれませんが、その分グッとくる曲のオンパレードです!

全曲紹介しときやす。

「All This Love That I'm Givin'」
Jeremiah Burden/Betty Wright/Lynn Williams作。シンセ・サウンドとホーン隊が印象的なファンキー・グルーヴ。シンセの使い方が実に上手いですね。

「I Can Only Think Of You」
Richard 'Dimples' Field/R. Payne/Betty Wright作。僕の一番のお気に入り曲。浜辺の光景がよく似合いそうなメロウ・ソウル。サンセット・モードでどうぞ!
http://www.youtube.com/watch?v=0QytYI8fU00

「Maybe I'll Find Somebody New」
Eternity/Betty Wright/Gary Greene/Jeremiah Burden作。「I Can Only Think Of You」と並ぶ僕のお気に入り。ストリングス&ホーンの素敵なアレンジにグッとくるマイアミ・ソウルらしいメロウ・グルーヴに仕上がっています。

「I Found A Love」
Jeremiah Burden/Betty Wright/Lynn Williams作。さり気ないけど味わい深いミディアム・メロウ。
http://www.youtube.com/watch?v=DQRLY0MTFQ4

「The Joy」
Latimore作。開放的なホーンとGwenのヴィヴィドなヴォーカルをはじめ、ポジティヴな雰囲気が実にいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=skghaEwTMyU

「Ease The Pain」
Kevin Kendrick/Betty Wright作。甘く切ないGwenのヴォーカルにグッとくるバラード。胸が締めつけられる感じがたまりません。
http://www.youtube.com/watch?v=7OUYcoKoJXc

「The Melody Of Life」
Betty Wright/Elsie Ferguson作。レア・グルーヴ好きにはグッとくる爽快なメロウ・ダンサー。素晴らしいストリングスが盛り上げてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=1y9l2d107cc

僕の所有する輸入CDには「All This Love That I'm Givin'」、「The Joy」のシングル・ヴァージョンが追加収録されています。

Gwen McCraeの他作品もチェックを!

George & Gwen McCrae『Together』(1975年)
トゥギャザー

『Rockin' Chair/Something So Right』(1975年,1976年) ※2in1CD
Rockin Chair / Something So Right

『Let's Straighten It Out/Melody of Life』(1978年,1979年) ※2in1CD
Let's Straighten It Out / Melody of Life

『Gwen McCrae』(1981年)
グウェン・マックレイ

『On My Way』(1982年)
オン・マイ・ウェイ
posted by ez at 03:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする