2016年09月30日

Peter Fessler『Here's That Rainy Day』

4オクターヴを駆使するジャズ・シンガーの編集盤☆Peter Fessler『Here's That Rainy Day』
Here’s That Rainy Day
発表年:2004年
ez的ジャンル:4オクターヴ・ジャズ・ヴォーカル
気分は... :ナイスな編集盤!

今回はドイツ人ジャズ・シンガー/ギタリストPeter Fesslerの90年代の音源による編集版『Here's That Rainy Day』(2004年)です。
※便宜上90年代カテゴリーにしておきます。

Peter Fesslerは1959年ケルン生まれ。

80年代にポップ・ロック・グループTrio Rioのメンバーとして活動した後、1991年にソロ1stアルバム『My Songs』をリリース。その後、今日まで20枚近くのアルバムをコンスタントにリリースしています。

本作『Here's That Rainy Day』Minor Music時代の『Foot Prints』(1996年)、『Colours of My Mind』(1997年)、『Very Close』(1998年)、『On Stage』(1998年)、『Eastside Moments』(1999年)という5枚のアルバムからセレクトした編集盤です。

ジャズを基本にボッサ・ジャズやSSW的な楽曲がバランス良く配されています。

4オクターヴを駆使するヴォーカル・テクニックを持つPeter Fesslerというジャズ・シンガーの魅力を余すことなく伝えてくれると同時に、シンガー・ソングライター的な魅力も楽しめる1枚となっており、かなり満足度高いです。

素敵なアコースティック・メロウ「Remembering」「What Now My Love」、クラブジャズなダンシング・ジャズ「Easier Said Than Done」、スウィンギーに疾走する「Day by Day」あたりが僕のオススメです。

編集盤はあまり好きではない僕ですが、この盤は納得です。

全曲紹介しときやす。

「Your Eyes」
『On Stage』収録曲。Peter Fessler/Paul Shigihara作。Fesslerの素晴らしいヴォーカル・テクニックをライヴで楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=HRemAZ1t20c

「Here's That Rainy Day」
『Colours of My Mind』収録曲。Johnny Burke/James Van Heusen作。ミュージカル『Carnival in Flanders』のために書かれたスタンダードのカヴァー。美しいピアノが先導する小粋なオトナのボッサ・ジャズに仕上がっています。Fesslerのテクニックを駆使しながらもジェントルなヴォーカルがサイコーです。

「Day by Day」
『Foot Prints』収録曲。Axel Stordahl/Paul Weston/Sammy Cahn作のスタンダード・カヴァー。当ブログではAstrud GilbertoBossa RioChris Montezのカヴァーも紹介済です。ボッサな仕上がりをイメージしていましたが、ジャズ・ヴォーカルらしいスキャットとスウィンギーな疾走感が格好良い1曲に仕上がっています。

「Remembering」
『Eastside Moments』収録曲。Peter Fessler/John Mac Nicolas作。彼のソングライターとしても魅力を実感できるアコースティック・メロウ。ここではジャズ・シンガー的なテクニックは封印し、伸びやかなヴォーカルを披露してくれます。僕の一番のお気に入り。

「One Note Samba」
『Very Close』収録曲。Antonio Carlos Jobim/Newton Mendonca作。ここではジャズ・シンガーらしいスキャットを駆使して、楽しくJobim名曲を聴かせてくれます。。

「Oh Sonho」
『Eastside Moments』収録曲。Peter Fessler/Theresa Reichert作。ミステリアスなブラジリアン・フォーキーって雰囲気です。

「Wave」
『On Stage』収録曲。Antonio Carlos Jobim作。Jobim名曲をヴォーカル・テクニックを駆使しつつ、エレガントに聴かせてくれます。

「Give Me One More Chance」
『On Stage』収録曲。Amy Antin/Peter Fessler作。SSW的な雰囲気のアコースティック・バラードをしっとりと歌い上げます。

「All the Things You Are」
『Foot Prints』収録曲。Jerome Kern/Oscar Hammerstein II作のスタンダードをカヴァー。1939年のミュージカル『Very Warm for May』のために書かれた楽曲です。ボッサ・ジャズ好きには間違いない1曲。ここではソフト&メロウなヴォーカルに徹しています。

「Just One of Those Thing」
『Colours of My Mind』収録曲。Cole Porter作。1935年のミュージカル『Jubilee』挿入歌として書かれたものです。スタンダード・カヴァーらしい品格のある仕上がりです。ヴァイヴの音色がいい感じですね。

「Nothing but the Truth」
『Colours of My Mind』収録曲。Amy Antin/Peter Fessler作。彼のソングライティングが光る素敵な1曲に仕上がっています。

「Tenderly」
『On Stage』収録曲。Walter Gross/Jack Lawrence作のスタンダードのカヴァーです。当ブログでもClara MorenoJose JamesStacey Kentのカヴァーを紹介済みです。僕の場合、Jose JamesStacey Kentのカヴァーを昨年かなり聴きまくったせいで、この曲自体に愛着が湧いているので嬉しいカヴァーです。Fesslerらしいスキャットで盛り上げてくれます。

「Somewhere Over the Rainbow」
『Very Close』収録曲。E.Y. Harburg/Harold Arlen作のポピュラー・スタンダードをカヴァー。お馴染みの名曲をジャズ・ヴォーカルならではステキな雰囲気で聴かせてくれます。

「So Danco Samba」
『Eastside Moments』収録曲。Antonio Carlos Jobim作。Jobim作品のカヴァー3曲の中では一番コレが好きですね。

「What Now My Love」
『Eastside Moments』収録曲。Gilbert Becaud/Pierre Delanoe/Carl Sigman作。Sonny & Cherのカヴァーが1966年にヒットしたシャンソン名曲です。ここではシンプルながらも素敵なアコースティック・メロウで聴く者を魅了します。「Remembering」、「Easier Said Than Done」と並ぶ僕のお気に入り。

「Easier Said Than Done」
『Colours of My Mind』収録曲。Amy Antin/Peter Fessler作。クラブジャズ好きの人であれば、小粋に疾走するこのブラジリアン・ダンシング・ジャズがが一番気に入るかもしれませんね。

「Morning Light」
『Foot Prints』収録曲。Amy Antin/Peter Fessler作。ラストは素敵なビューティフル・バラードで締め括ってくれます。

Peter Fesslerの他作品もチェックを!

『Foot Prints』(1996年)
Foot Prints

『Colours of My Mind』(1997年)
Colours of My Mind

『On Stage』(1998年)
On Stage

『Eastside Moments』(1999年)
Eastside Stories

『Signatures』(2000年)
Signatures

『Lovers, Fools & Dreamers』(2005年)
Lovers, Fools & Dreamers

『Landscape Tapestry』(2005年)
Landscape Tapestry

Peter Fessler & NDR Bigband 『I Concentrate on You』(2007年)
Peter Fessler & NDR Bigband - I Concentrante On You (DIGI-PAK) IMPORT (EU)

『Voices on the Stair』(2008年)
Voices on the Stair

『Das mit dir』(2010年)
Das Mit Dir

『Fly!』(2012年)
Fly! by Peter Fessler (2012-05-03)

Peter Fessler & Don Grusin『Quality Time』(2013年)
Quality Time

『Intro da vida』(2014年)
Intro Da Vida
posted by ez at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする