2017年04月27日

Silhouette Brown『Silhouette Brown』

DegoとKaidi Tathamが創るNu Soul☆Silhouette Brown『Silhouette Brown』
シルエット・ブラウン
発表年:2004年
ez的ジャンル:西ロンドン系Nu Soul
気分は... :夜明け前のクールダウン・・・

今回は2000年代の西ロンドン系作品からSilhouette Brown『Silhouette Brown』(2004年)です。

Silhouette Brown4HeroDegoBugz In The AtticKaidi Tathamという西ロンドンの音楽シーンを牽引する2人によるユニット。

Silhouette Brown名義で本作『Silhouette Brown』(2004年)、『Two』(2010年)という2枚のアルバムをリリースしています。

DegoKaidi Tathamの2人は、DKD2000Black等の名義でもユニットを組んでいる盟友ですが、Silhouette Brownは西ロンドン流のNu Soulユニットといった位置づけでしょうか。

アルバムではDeborah Jordanをメイン・ヴォーカリストに据え、それ以外にBembe SegueD.T.X.といったヴォーカリストをフィーチャーしています。

少しテンポを落とした曲が多いため、ブロークン・ビーツ全開のイメージで聴くと、少し地味な印象を受けるかもしれません。しかしながら、その落ち着いたクールネスが本作の魅力だと思います。アッパー感は低めですが、西ロンドンらしいビートも楽しめます。

西ロンドンの歌姫Bembe Segueをフィーチャーした「Whose In Change」、美しくも儚い「Looking Back」、メロウなNu Soul「Pain (It's Gonna Come Heavier)」、クールなダンサブル・チューン「Spread That」、本作らしいセンスを実感できる「Check It (Calling You)」あたりが僕のオススメです。

DegoとKaidiの強力タッグが創り出すNu Soulでクールダウンしましょう!

全曲紹介しときやす。

「Whose In Change」
西ロンドンの歌姫Bembe Segueをフィーチャーしたオープニング。ダウンテンポながらもBembe Segueの華のあるヴォーカルが栄えるブロークン・ビーツ経由のソウル・ミュージックって感じがあります。終盤はリズミックな展開で楽しませてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=wUUBq1Y4Oq8

「Looking Back」
Deborah Jordanのキュート・ヴォーカルが印象的な美しくも儚いダウンテンポ。余韻のNu Soul感がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=5So90YNHpCQ

「Pain (It's Gonna Come Heavier)」
メロウネスという点ではアルバム随一かもしれません。抑えたトーンながらもメロウ・エレピ、Deborahのキュート・ヴォーカル、西ロンドンらしいビートのバランスが絶妙です。
https://www.youtube.com/watch?v=2aT1KFEQP5A

「Time Waits For No One」
エレクトリックを少し強調したグルーヴやSomatikのロッキン・ギターでアクセントをつけています。
https://www.youtube.com/watch?v=282HsqyqcAE

「Spread That」
西ロンドンらしいダンサブル感があります。ダンサブルといっても落ち着いたクールネスが漂うのが本作らしいかもしれませんが。
https://www.youtube.com/watch?v=Lgj8tjl0Mgw

「Check It (Calling You)」
今回聴き直して、コレが一番好きかも?適度にリズミックなのに寛げる雰囲気がいいですね。DegoとKaidiのセンスの良さを感じる仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=3hIG3hQUfg8

「They Can't Tell Us」
アルバムで一番ダンサブルな仕上がり。ブラジリアン・グルーヴあたりと一緒に聴いてもフィットすると思います。

「Looking Back (Reprise)」
「Looking Back」のリプライズ。

「Monday's Coming」
Deborah JordanとD.T.X.をフィーチャー。聴いていると和んでくるハートウォーミングな仕上がり。

「Just A Little More」
本編ラストは夜明けにクールダウン・モードといった雰囲気でしっとりと締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=wXWVUbM2Nrg

国内盤には「Monday's Coming (Instrumental)」がボーナス・トラックとして追加収録されています。

『Two』(2010年)
Two
posted by ez at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

『今の気分は...2017年4月26日編』

過去記事から10曲セレクトするシリーズです。

今回は1970年代ファンク/ディスコ/メロウ・ソウルから10曲セレクトしました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

Thelma Houston「Saturday Night, Sunday Morning」
http://www.youtube.com/watch?v=IbEsQ2RlARE
From 『Ride To The Rainbow』(1979年)
ライド・トゥ・ザ・レインボウ

Instant Funk「I Got My Mind Made Up (You Can Get It Girl)」
https://www.youtube.com/watch?v=a1K2Z5Y0Ur4
From 『Instant Funk』(1979年)
INSTANT FUNK + 5

First Choice「Double Cross」
https://www.youtube.com/watch?v=G-MhdmBo7Fc
From 『Hold Your Horses』(1979年)
HOLD YOUR HORSES + 7

Side Effect「Always There」
https://www.youtube.com/watch?v=9cs4tJCG39Y
From 『What You Need』(1976年)
What You Need

Keith Barrow「If It's Love That You're Looking For」
http://www.youtube.com/watch?v=a4m2ij6KbUw
From 『Physical Attraction』(1978年)
Physical Attraction

Sharon Ridley「Changin'」
https://www.youtube.com/watch?v=GOQfbf0uZ58
From 『Full Moon』(1978年)
フル・ムーン+1

L.T.D.「Promise You'll Stay」
https://www.youtube.com/watch?v=fxd_7ixLIak
From 『Devotion』(1979年)
Devotion

Pockets「Happy For Love」
https://www.youtube.com/watch?v=algbB3AQ8MI
From 『Take It On Up』(1978年)
戦士の凱旋(紙ジャケット仕様)

Real Thing「Wan't You Step Into My World? 」
https://www.youtube.com/watch?v=0GK76Y-_qN0
From 『Step Into Our World』(1978年)
ステップ・イントゥ・アワ・ワールド

Gwen McCrae「I Can Only Think Of You」
https://www.youtube.com/watch?v=Hfeh-98dRyM
From 『Melody Of Life』(1979年)
Melody Of Life ~ Expanded Edition [from UK]
posted by ez at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

Milt Jackson Quintet Featuring Ray Brown『That's The Way It Is』

ブルージーな味わいがたまらないジャズ作品☆Milt Jackson Quintet Featuring Ray Brown『That's The Way It Is』
ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ
録音年:1969年
ez的ジャンル:ブルージー・ジャズ
気分は... :この落ち着きがたまらん!

今回はジャズ・ヴァイヴのパイオニアMilt Jacksonが盟友Ray Brownと共に組んだクインテットのライブ盤『That's The Way It Is』(1969年)です。

Modern Jazz Quartet(MJQ)のメンバーとしても活躍したヴァイヴ奏者Milt Jackson(1923-1999年)に関して、当ブログで紹介したのは以下の4枚。

 Milt Jackson & Wes Montgomery『Bags Meets Wes』(1961年)
 『Jazz 'N' Samba』(1964年)
 Milt Jackson With The Ray Brown Big Band『Memphis Jackson』(1969年)
 『Sunflower』(1972年)

Impulse!からリリースされた本作『That's The Way It Is』(1969年)は、バグスらメンバーが演奏するジャケからもわかるようにライブ・レコーディングです。場所はハリウッドのShelly's Manne-Hole

クインテットのメンバーはMilt Jackson(vibes)、Ray Brown(b)、Teddy Edwards(ts)、Monty Alexander(p)、Dick Berk(ds)という編成です。Dizzy Gillespie楽団時代からの盟友であるベーシストRay Brownをフィーチャリングする名義となっています。

アップテンポな演奏は「Wheelin' and Dealin'」のみで、リラックスした雰囲気のブルージーな演奏が印象的です。特に落ち着いたテンポの「Frankie and Johnny」「Blues In Bassment」「That's The Way It Is」がいいですね。

ブルージーな雰囲気が良く似合うバグスとRay Brownの相性の良さを感じます。

グラス片手に寛ぎながら楽しみたいジャズ作品です。

全曲紹介しときやす。

「Frankie and Johnny」
トラディショナル・ソングのカヴァー。Ray Brownのベースが存在感を示すオープニング。ミディアム・テンポのスウィンギー&ブルージーな演奏で会場がジワジワと高揚していく感じがいいですね。演奏も終わり方が実にオシャレ!
https://www.youtube.com/watch?v=BaFfiNrqe5A

「Here's That Rainy Day」
1953年のミュージカル『Carnival In Flanders(フランダースの謝肉祭)』の挿入歌をカヴァー(Johnny Burke/Jimmy Van Heusen作)。バグスの美しいヴァイヴの音色を楽しめるバラードです。しっとりとした雰囲気がたまりません。本曲に関して、当ブログではPeter Fesslerのカヴァーも紹介済みです。

「Wheelin' and Dealin'」
Teddy Edwards作。アップテンポで駆け抜けるエキサイティングな演奏で会場を盛り上げます。特にMonty Alexanderのピアノ・ソロで大盛り上がりします。
https://www.youtube.com/watch?v=H9gm6jvceIA

「Blues In Bassment」
Ray Brown作。作者Ray Brownのクールなベースに魅せられるブルージーな演奏です。ブルージーなサウンドの中でバグスのヴァイヴの音色も栄えます。
https://www.youtube.com/watch?v=za-_-fXzn0I

「Tenderly」
Walter Gross/Jack Lawrence作のスタンダードをカヴァー。Ray Brownの長いベース・ソロで拍手喝采を浴び、バグスがテンダーなヴァイヴを少し披露したところで、再びRay Brownのソロで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=MQf4BEXFTtM

本曲に関して、当ブログではClara MorenoJose JamesStacey KentPeter Fesslerのカヴァーを紹介済みです。

「That's The Way It Is」
Monty Alexander作。最後はメンバー紹介を交えながらテンポを落としたブルージーな演奏で締め括ってくれます。Teddy Edwardsのサックスをはじめ、落ち着いた雰囲気の中にもソウルフルな味わいがあっていいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=wkVOVA8I-B4

Milt Jacksonの過去記事もご参照下さい。

Milt Jackson & Wes Montgomery『Bags Meets Wes』(1961年)
Bags Meets Wes

『Jazz 'N' Samba』(1964年)
ジャズ・ン・サンバ

Milt Jackson With The Ray Brown Big Band『Memphis Jackson』(1969年)
メンフィス・ジャクソン

『Sunflower』(1972年)
Sunflower
posted by ez at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

Fela Kuti『Excuse-O/Monkey Banana』

アフロビートの創始者、絶頂期の2作品の2in1CD☆Fela Kuti『Excuse-O/Monkey Banana』
Excuse-O (1975)/Monkey Banana (1975)Monkey Banana/Excuse-O
発表年:1976年
ez的ジャンル:元祖アフロビート
気分は... :バナナをよこせ!

元祖アフロビートFela Kutiの全盛期作品の2in1CD『Excuse-O/Monkey Banana』(1976年)です。

ナイジェリア出身でアフロビートの創始者Fela Kuti(1938-1997年)に関して、これまで紹介したのは以下の2in1CD3枚、6作品。

 『Na Poi/Zombie』(1972年/1976年)
 『Ikoyi Blindness/No Buredi』(1976年)
 『Perambulator/Original Sufferhead』(1981年/1983年)

Fela Kutiが音楽的な頂点を極めたのが、2年間で15枚以上のオリジナル・アルバムをリリースしている1976〜1977年です。この時期は、自らのコミュニティであるカラクタ共和国を形成し、政府と真っ向から対立していた時です。

今回紹介する『Excuse-O』(上記ジャケ左)、『Monkey Banana』(上記ジャケ右)の2枚は、共にそんな絶頂期の1976年にリリースされた作品です。

『Excuse-O』はナイジェリアの(当時の首都)ラゴスの治安の悪さを訴えた1枚、『Monkey Banana』は石油利権に群がるエリートを批判した1枚です。

各作品オリジナルLPA面、B面で各1曲、2in1でも2枚で全4曲というFela Kuti作品らしい構成です。

レコーディングにはFela Kuti(ts、as、p、org、vo)、バック・バンドAfrica 70のリーダーTony Allen(ds)以下、Christopher Uwaifor(ts)、Lekan Animashaun(bs)、Ukem Stephen(tp)、Tunde Williams(tp)、Franco Aboddy(b)、Leke Benson(g)、Henry Kofi(conga)、Nicholas Addo(conga)、Shina Abiodun(conga)、James Abayomi(per)等が参加しています。

アフロビートらしい覚醒的グルーヴを満喫できる「Excuse-O」、レゲエにも通じる間が印象的な「Mr. Grammarticalogylisationalism Is the Boss」、現行アフロ・ファンクにも通じる開放的なリズムの「Monkey Banana」、クールに疾走する「Sense Wiseness」と4曲4様のアフロビートを楽しめます。。

アフロビートの祖Fela Kutiの魅力をバランス良く楽しめる2in1CDだと思います。

全曲紹介しときやす。

「Excuse-O」
アフロビートらしいグルーヴで徐々に高揚させ、ホーン隊が加わり一気にスパークします。アフロビートならではの覚醒的な鍵盤の音色もいいですね。アフロビート好きには間違いない演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=JMXnC7xugps

「Mr. Grammarticalogylisationalism Is the Boss」
レゲエに通じる音空間の使い方が印象的な演奏です。ゆったりとしたリズムの中にも権力に屈しない戦うミュージシャン集団の強い意志を感じます。
https://www.youtube.com/watch?v=ToCUKl5qevo

「Monkey Banana」
♪俺たちにもバナナをよこせ♪と石油利権を批判する歌ですが、モンキー・バナナ感を見事にリズムで表現していると思います。サックス・プレイではジャズ・フィーリングがあるのもいいですね。。
https://www.youtube.com/watch?v=dReQzUpNIG4

「Sense Wiseness」
どこまでもクールに疾走するグルーヴ感が実に格好良い1曲。そんなクールなグルーヴをバックに、Fela Kutiのサックスが雄弁に語ります。
https://www.youtube.com/watch?v=kurnT5qCkpQ

Fela Kutiの過去記事もご参照ください。

『Na Poi/Zombie』(1972年/1976年)
NA POI/ZOMBIEZombie

『Ikoyi Blindness/No Buredi』(1976年)
IKOYI BLINDNESS/NO BUREDI

『Perambulator/Original Sufferhead』(1981年/1983年)
PERAMBULATOR/ORIGINAL SUFFERHEADOriginal Suffer Head/I.T.T.
posted by ez at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

Tuxedo『Tuxedo II』

ディスコ・リヴァイバルを象徴するユニットの2nd☆Tuxedo『Tuxedo II』
II
発表年:2017年
ez的ジャンル:80年代オマージュ系ディスコ/ファンクへ
気分は... :80年代愛・・・

今日は新作アルバムから、話題のディスコ/ファンク・ユニットTuxedoの2ndアルバム『Tuxedo II』です。

白人ソウル・アーティストMayer Hawthorneと黒人Hip-HopプロデューサーJake Oneによるディスコ/ファンク・ユニットTuxedoの紹介は、Stones Throwからリリースされたデビュー・アルバム『Tuxedo』(2015年)に続き2回目となります。

折からのディスコ/ブギー・ブームの追い風に乗って、大人気を博したデビュー・アルバム『Tuxedo』は、2015年のディスコ・リヴァイバルを象徴する1枚でしたね。

2016年に入っても2人の活動は順調であり、Mayer HawthorneVagrant Recordsから4thソロ・アルバム『Man About Town』をリリースし、Jake OneThe WeekndChance The Rapperといった人気アーティストをプロデュースしています。

そして2017年、2人が再びタッグを組み、Stones Throwから2ndアルバム『Tuxedo II』を届けてくれました。当ブログでも取り上げずとも話題となるアルバムでしょうが、話題作を好まないタイプの僕でも取り上げたくなるのが、このユニットの立ち位置の絶妙なところかもしれませんね。

アルバムにはSnoop Doggがフィーチャリングされ、元ZappLester Troutman、当ブログでも取り上げた女性アーティストMichelle Shaprowもレコーディングに参加しています。

それ以外にもGavin Turek(vo)、Clifton "Scooter" Maxie(key)といったミュージシャンが盛り上げてくれます。

前作以上に80年代エレクトリック・ファンクへのオマージュが強調された内容に仕上がっています。どこを切ってもキャッチーなダンサブル・チューンを楽しめる1枚です。分かりやすいけどメジャーにはないマニアック感を忘れていないのがStones Throw作品らしくて好感が持てます。

初心者から年季の入ったファンまで幅広く楽しめるダンス作品だと思います。

GWのお供にぜひどうぞ!

全曲紹介しときやす。

「Fux With The Tux」
Snoop Doggをフィーチャー。先行シングルにもなった曲です。前作でもSnoop Dogg「Ain't No Fun」を引用したアーバン・ダンサー「Number One」を収録していましたね。G-Funk好きMayer Hawthorneの嗜好も反映したエレクトリック・ブギーに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=vleyRSAuZtc

「2nd Time Around」
80年代モード全開の華やかなエレクトリック・ファンク。80年代ディスコ/ファンク愛を感じるキャッチーさがサイコーです!
https://www.youtube.com/watch?v=5OoZ83lqIbo

「Take A Picture」
小難しいことをしない、ハツラツとしたキャッチーさにグッとくるダンス・チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=iSJ_WJ2dJG0

「Rotational」
少しテンポを落としたエレクトリック・ファンク・サウンドが80年代モードを盛り上げてくれます。それもそのはず、元ZappのLester Troutmanがドラムで参加しています。
https://www.youtube.com/watch?v=hViU11Bz3Mw

「Shine」
Mayer Hawthorneと女性シンガーGavin Turekのデュエットによるアーバン・メロウなミディアム。華のある仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=V0upKLWLQC4

「Scooter's Groove」
タイトルの通り、Clifton "Scooter" Maxieのキーボードを大きくフィーチャーした小曲。
https://www.youtube.com/watch?v=aARHpZMkNvg

「U Like It」
口笛と共に始まるミディアム・ファンク。時代が一回りしたG-Funk経由のエレクトリック・ファンクといった雰囲気です。
https://www.youtube.com/watch?v=CymXKruRbec

「Back In Town」
ホーン・サウンドが盛り上げてくれる爽快グルーヴ。聴いているだけ晴れモードになるポジティヴなヴァイヴがサイコー!
https://www.youtube.com/watch?v=fY5gPzrmFqg

「Special」
この曲も80年代モード全開のアーバン・ミディアム。ここでも小難しいことをしないベタなキャッチーさが吉と出ています。
https://www.youtube.com/watch?v=GEd0jU_vZ3s

「Livin' 4 Your Lovin'」
キラキラした華のあるダンス・チューン。Tuxedoらしい美学が貫かれた実にスマートな仕上がりだと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=MmvFFT2ZR4o

「July」
本編のラストはMayer Hawthorneのダンディズムを感じるミディアム・スロウで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=QrwLf5WmYSg

国内盤ボーナス・トラックとして、爽快なアーバン・ダンサー「I Wanna Thank Ya」が追加収録されています。

『Tuxedo』(2015年)
Tuxedo (タキシード)
posted by ez at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする