2017年05月19日

Funkadelic『One Nation Under A Groove』

P-Funkを象徴する不滅の1枚☆Funkadelic『One Nation Under A Groove』
ワン・ネイション・アンダー・ア・グルーヴ+1(紙ジャケット仕様)
発表年:1978年
ez的ジャンル:本家P-Funk
気分は... :グルーヴで団結せよ!

George Clinton率いるP-Funk軍団Funkadelicの代表作『One Nation Under A Groove』(1978年)です。

これまで当ブログで紹介してきたFunkadelic/Parliament作品は以下の7枚。

 Parliament『Mothership Connection』(1975年)
 Parliament『The Clones Of Dr. Funkenstein』(1976年)
 Parliament『Funkentelechy Vs. The Placebo Syndrome』(1977年)
 Parliament『Trombipulation』(1980年)
 Funkadelic『Maggot Brain』(1971年)
 Funkadelic『Let's Take It to the Stage』(1975年)
 Funkadelic『Uncle Jam Wants You』(1979年)

本作『One Nation Under A Groove』は、Parliament『Mothership Connection』(1975年)あたりと並んでP-Funkを代表するアルバムですね。チャート的にもFunkadelic/Parliament作品で唯一の全米R&Bアルバム・チャートNo.1となったアルバムです。

2014年にはブック・スタイルの2枚組再発CDもリリースされています。

『One Nation Under A Groove』 ※2014年再発CD
One Nation Under a Groove

Parliamentとの比較で、ロックなイメージが強いFunkadelicですが、本作や次作『Uncle Jam Wants You』(1979年)は、Parliamentとの違いを意識せずに楽しむことができます。このあたりは賛否が分かれるところかもしれませんが、そのキャッチーな仕上がりがチャート・アクションにも結び付きました。

R&Bの旗を掲げ、グルーヴによる団結を呼びかけるジャケやタイトルだけでもインパクトがありますよね。P-Funkの精神を強く押し出した本作コンセプトに惹かれる人も多いのでは?

サウンド面では本作から元Ohio PlayersJunie MorrisonがP-Funk軍団に加入し、ミュージカル・ディレクター的な役割を果たしています。本作や『Uncle Jam Wants You』は彼の貢献度が大きいかもしれませんね。

勿論、プロデュースはGeorge Clinton

George Clinton(vo)以下、Junie Morrison(key、vo)、Bootsy Collins(b、ds、per)、Michael Hampton (g)、Garry Shider(g、vo)、Bernie Worrell(key)、Cordell Mosson(b)、Rodney Curtis(b)、Jerome Brailey(ds、per)、Larry Fratangelo(ds、per)、Tyrone Lampkin(ds、per)、Bobby Lewis(banjo)といった面々がレコーディングに参加しています。

さらにRay DavisRon FordMallia FranklinLynn MabryCordell MossonDawn SilvaGreg ThomasJeanette WashingtonDebbie Wrightがヴォーカルを務めます。

全米R&Bチャート第1位となったダンサブルなタイトル曲「One Nation Under a Groove」が目立ちますが、カリビアン・テイストの「Groovallegiance」、ロックな「Who Says a Funk Band Can't Play Rock?!」、ブルージーな「Promentalshitbackwashpsychosis Enema Squad (The Doo Doo Chasers)」、レゲエ調の「Into You」、P-Funkらしいファンク「Cholly (Funk Getting Ready To Roll!)」と幅広い音楽性が楽しめるアルバムに仕上がっています。

P-Funk好き、Funk好きの人は避けて通れない1枚かもしれませんね。

全曲を紹介しときやす。

「One Nation Under a Groove」
George Clinton/Junie Morrison/Garry Shider作。「Not Just) Knee Deep」と並ぶFunkadelicの代表曲であり、全米R&Bチャート第1位となったヒット・シングルです。ダンサブルなファンク・グルーヴにのって団結を呼びかける、P-Funk魂をキャッチーに昇華させたシンボリックな1曲に仕上がっています。バンジョーやラテン・パーカッションの隠し味もいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=3WOZwwRH6XU

本曲は定番サンプリング・ソースとしてもお馴染みですね。EPMD「So Wat Cha Sayin'」、X-Clan「Earthbound」、En Vogue「Strange」、Ice Cube feat. George Clinton「Bop Gun (One Nation)」、Steady B「Mac Daddy」、Digital Underground「Tales Of The Funky」、Above the Law「Uncle Sam's Curse」、Kirk Franklin & God's Property feat. Salt「Stomp (Remix)」Janet Jackson「Go Deep」、Snoop Dogg「Gangsta Move」等80以上の曲のサンプリング・ソースとなっています。
EPMD「So Wat Cha Sayin'」
 https://www.youtube.com/watch?v=6Wwh8WHnBWE
X-Clan「Earthbound」
 https://www.youtube.com/watch?v=GNwgCkyOZB4
En Vogue「Strange」
 https://www.youtube.com/watch?v=W-GxnDMJXBQ
Ice Cube feat. George Clinton「Bop Gun (One Nation)」
 https://www.youtube.com/watch?v=DjsvqQUcqCs
Steady B「Mac Daddy」
 https://www.youtube.com/watch?v=3GtJ2pV5KDQ
Digital Underground「Tales Of The Funky」
 https://www.youtube.com/watch?v=lGwE1NyrX-Q
Kirk Franklin & God's Property feat. Salt「Stomp (Remix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=v8mBWZmIric
Janet Jackson「Go Deep」
 https://www.youtube.com/watch?v=sO2-iFjjht4

「Groovallegiance」
George Clinton/Junie Morrison/Bernie Worrell作。カリビアン・テイストのグルーヴが開放的な気分にさせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=GZECQCQjP38

Foesum feat. Wayniac「Playin' Foe Keeps」のサンプリング・ソースとなっています。
Foesum feat. Wayniac「Playin' Foe Keeps」
 https://www.youtube.com/watch?v=CovJBvTeIbc

「Who Says a Funk Band Can't Play Rock?!」
George Clinton/Junie Morrison/Michael Hampton作。邦題「ファンク・バンドがロックを出来ないなんて誰が言ったんだ?」。タイトルの通り、ロッキンなギターが支配するファンク・ロックに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=R2nqZCSnN1U

Rhythm Masters「Heavy Soul」、Deep​:​Her「Shame」のサンプリング・ソースとなっています。
Deep​:​Her「Shame」
 https://www.youtube.com/watch?v=JNAxDqPqWIQ

「Promentalshitbackwashpsychosis Enema Squad (The Doo Doo Chasers)」
George Clinton/Garry Shider/Linda Brown作。ブルージー&レイジーなサウンドが独特の雰囲気を醸し出します。込み上げてくる哀愁ギターが印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=7wL1NyqLs5E

Scarface「Strictly for the Funk Lovers」のサンプリング・ソースとなっています。
Scarface「Strictly for the Funk Lovers」
 https://www.youtube.com/watch?v=YKB7GJhem7I

「Into You」
George Clinton/Junie Morrison/Bootsy Collins作。レゲエのエッセンスを取り入れた1曲。メロウな味わいですが、P-Funkならではのアクの強さも忘れていません。
https://www.youtube.com/watch?v=eJf5TJo3GKc

K-Dee「Into You」のサンプリング・ソースとなっています。
K-Dee「Into You」
 https://www.youtube.com/watch?v=XwMjfjJNxAA

「Cholly (Funk Getting Ready To Roll!)」
George Clinton/Junie Morrison/Bootsy Collins作。本編ラストはP-Funkらしいファンク・グルーヴで締め括ってくれます。うねるベース、ギターの格好良さでいえば、コレが一番かもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=j0a1d9V_9js

RBL Posse「Bitches on the Ding Dong」のサンプリング・ソースとなっています。
RBL Posse「Bitches on the Ding Dong」
 https://www.youtube.com/watch?v=IyPVI0-NPyc

ここまでがオリジナルLPの本編です。ここから3曲はオリジナルLPに付属されていたボーナスEPの収録曲です。

「Lunchmeataphobia (Think! It Ain't Illegal Yet!)」
ハードなギターで迫るロック色の強いインストです。ある意味、本編以上にFunkadelicらしいサウンドかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=9n-0W6dDI40

「P.E. Squad/Doo Doo Chasers」
「Promentalshitbackwashpsychosis Enema Squad (The Doo Doo Chasers)」のインスト・ヴァージョンです。
https://www.youtube.com/watch?v=WiQitRFIQ7A

「Maggot Brain/Chant (Think It Ain't Illegal Yet!)」
初期の名曲「Maggot Brain」のライブ・ヴァージョン。泣きのギターを存分に楽しめます。ライブの熱気が伝わってくるエンディングもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=ZhFSpXLOGrY

Funkadelic/Parliamentの過去記事もご参照下さい。

Parliament『Mothership Connection』(1975年)
Mothership Connection

Parliament『The Clones Of Dr. Funkenstein』(1976年)
Clones of Dr Funkenstein

Parliament『Funkentelechy Vs. The Placebo Syndrome』(1977年)
Funkentelechy Vs. the Placebo Syndrome

Parliament『Trombipulation』(1980年)
トロンビピュレイション+2(紙ジャケット仕様)

Funkadelic『Maggot Brain』(1971年) 
Maggot Brain

Funkadelic『Let's Take It to the Stage』(1975年)
レッツ・テイク・イット・トゥ・ザ・ステージ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様]

Funkadelic『Uncle Jam Wants You』(1979年)
Uncle Jam Wants You
posted by ez at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする