2017年08月21日

T-Connection『T-Connection』

ダンス・クラシック「At Midnight」、「Saturday Night」収録☆T-Connection『T-Connection』
T-コネクション
発表年:2017年
ez的ジャンル:T.K.系ファンク/ディスコ
気分は... :ホットマン!

今回はバハマ、ナッソー出身のファンク・バンドT-Connectionの3rdアルバム『T-Connection』(1978年)です。

T-Connectionは、リーダーのTheophilus Coakleyを中心に、西インド諸島のバハマ、ナッソーで1975年に結成されたファンク・バンド。

その後USマイアミへ渡り、 T.K. Productions傘下のDashとの契約に成功し、1976年シングル「Disco Magic」でデビュー。1977年には1stアルバム『Magic』をリリースしています。

その後、80年代前半までにDashで3枚、Capitolで4枚のアルバムをリリースしています。その間、「Do What You Wanna Do」(1977年)、「On Fire」(1977年)、「Let Yourself Go」(1978年)、「At Midnight」(1979年)、「Saturday Night」(1979年)、「Everything Is Cool」(1981年)といったダンス・ヒットを放っています。

バハマ、ナッソー出身のファンキー・サウンドで真っ先に思う浮かぶのはThe Beginning Of The Endですが、その先輩バンドの後を追ったのがT-Connectionといったところでしょうか。

3rdアルバムとなる本作『T-Connection』(1978年)におけるメンバーは、Theophilus Coakley(vo、key、g、per)、Kurt Coakley(b、back vo)、Berkley Van Byrd(b、back vo)、Monty Brown(g、back vo)、Tony Flowers(ds、back vo)、David Mackey(g、back vo)という6名。

本作からは「At Midnight」「Saturday Night」といったダンス・ヒットが生まれています。

アルバム前半4曲が粘度の高いファンク、後半3曲がディスコ、ラストがメロウ・ミディアムという構成です。軽快なギター・カッティングとシンセ・サウンドが飛び交います。

前述のシングル2曲がハイライトですが、ファンクな「Coming Back For More」「Funky Lady」、メロウ・ミディアム「Love Supreme」あたりもオススメです。

パーティー・モードにフィットするファンク/ディスコ・アルバムだと思います。

楽曲はすべてメンバーらのオリジナルです。 

全曲紹介しときやす。

「Funkannection」
オープニングはP-Funk調ですが、爽快なギター・カッティングがあるので、粘度があるのにメロウな香りもします。
https://www.youtube.com/watch?v=P7T0shdtL44

「Coming Back For More」
コレかなり好きです。Theophilus Coakleyの派手めのシンセ・サウンドが牽引するキャッチーなミディアム・ファンク。
https://www.youtube.com/watch?v=sJfTVGrrO5U

「Funky Lady」
ファンク・バンドとしての魅力が伝わってくる重量ファンク。ゴリゴリした中でもキャッチーな魅力があるのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=sAtMaDKHtWY

「Don't Stop The Music」
軽快なノリのファンク・チューン。正にDon't Stop The Music!といった感じのパーティー・ファンクです。
https://www.youtube.com/watch?v=opeJ2HJzEXI

「Saturday Night」
前述のようにシングルにもなった夜遊びモードのディスコ・チューン。軽快なギター・カッティングがグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=DYP8ubfjmGU

「At Midnight」
アルバムのハイライトと呼べるガラージ・クラシック。シングルにもなっています。「Saturday Night」とセットで聴くと最強です!中盤のパーカッション・ブレイクもグッド!ダンス系の楽曲のサンプリング・ソースとしても人気です。
https://www.youtube.com/watch?v=6_BWlbG6dZo

「Midnight Train」
哀愁モードの都会的ディスコ・チューン。日本人には♪Choo choo train♪のフレーズが耳に残ります。
https://www.youtube.com/watch?v=yhNcDHJFLkk

「Love Supreme」
ラストは素敵なメロウ・ミディアムでロマンティックに締め括ってくれます。DJ Clue feat. Jermaine Dupri & R.O.C.「Bitch Be a Ho」のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=PN-4Hh_aYFE

T-Connectionの他作品もチェックを!

『Magic』(1977年)
Magic

『On Fire』(1977年)
On Fire (CD-R)

『Totally Connected』(1979年)
トータリー・コネクテッド

『Everything Is Cool』(1981年)
Everything Is Cool

『Pure and Natural』(1982年)
Pure and Natural

『The Game of Life』(1983年)
The Game of Life

『Take It to the Limit』(1984年)
Take It to the Limit
posted by ez at 02:50| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

Stokley『Introducing Stokley』

Mint Conditionのリーダーの初ソロ☆Stokley『Introducing Stokley』
Introducing Stokley
発表年:2017年
ez的ジャンル:永遠の若大将系男性R&B
気分は... :フォーエヴァー・ヤング!

新作アルバムからベテラン男性R&BグループMint Conditionのリーダー&リード・シンガーStokley Williamsの初ソロ・アルバムStokley『Introducing Stokley』です。

90年代から活躍するセルフ・コンテインド男性R&BグループMint Conditionに関して、これまで当ブログで紹介したのは以下の3枚。

 『Definition Of A Band』(1996年)
 『Livin' The Luxury Brown』(2005年)
 『E-Life』(2008年)

遂にStokleyが。50歳にして初のソロ・アルバムをリリースしました。元々グループのリード・シンガーに止まらず、プロデューサー、ソングライター、マルチ奏者という総合力のあるミュージシャンであったStokleyが、今までソロ・アルバムを作らなかったのが不思議な位ですよね。まぁ、Mint Conditionのアルバム内でソロに近い作品作りをしていたので、わざわざソロ名義で作品をリリースする必要もなかったのかもしれませんが・・・

しかも、タイトルが『Introducing Stokley』。実績・知名度のあるミュージシャンである彼がこのようなタイトルで初ソロを出すところに、50歳にしてもう一皮剥けようとする彼の意気込みを感じます。

プロデュースはStokley本人以外に、売れっ子プロデューサー・チームCarvin & Ivan(Carvin "Ransum" Haggins/Ivan "Orthodox" Barias)、さらにはJohnnie "Smurf" SmithSam Dewが起用されています。

また、Robert GlasperEstelleWaleOmiといったアーティストがフィーチャーされています。

アルバムの中身は、Mint Conditionのファンであれば、十二分に楽しめる充実の1枚になっています。とても50歳とは思えない、永遠の青年のようなStokleyの若々しいヴォーカル&サウンド・センスと、円熟したプロデューサー/マルチ奏者としての実力が融合したStokley Williamsというアーティストの魅力をトータルで余すことなく伝えてくれるのがいいですね。Mint Condition作品でもお馴染み、Stokley自身が叩くスティール・パンの音色も随所に登場します。

R&B界の永遠の若大将に拍手を!

全曲紹介しときやす。

「Level」
Stokley Williamsプロデュース。PVも制作されたオープニング。50歳を迎えたとは思えない、若々しい歌声でセクシーに歌い上げる絶品ミディアムです。このオープニングを聴けば、アルバムへの期待が否が応でも高まります。実力派女性R&BシンガーLedisiやStokleyの息子Arionがバック・コーラスを務めます。
https://www.youtube.com/watch?v=phOiiWL_Ljg

「Organic」
Carvin & Ivan/Stokley Williams/Johnnie "Smurf" Smithプロデュース。しっとりと歌い上げる哀愁ミディアム。楽曲自体が良いし、オートチューンも交えたヴォーカル・ワークも巧みです。
https://www.youtube.com/watch?v=skNvXZ6stjs

「Think About U」
Carvin & Ivan/Johnnie "Smurf" Smithプロデュース。アルバムからのリード・シングル。シングルに相応しい素敵なミディアム・バラード。若々しさとオトナな魅力が同居するStokleyらしい1曲に仕上がっているのでは?Stokleyのスティール・パンがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=Kt6mSfkolCc

「Cross The Line」
Carvin & Ivanプロデュース。何処となくMichael Jackson「I Can't Help It」を連想させるメロディのせいか、StokleyのヴォーカルもMJ調に聴こえてきます。
https://www.youtube.com/watch?v=CpNDg1fra-8

「Art In Motion」
Ivan "Orthodox" Barias/Stokley Williamsプロデュース。Robert Glasperをフィーチャー。StokleyがGlasperの出世作『Black Radio』(2012年)へ参加しことへのお礼かもしれませんね。中身は哀愁モードのミディアムR&Bです。哀愁サウンドの中で美しく響くGlasperのピアノが演奏全体に余韻を与えます。
https://www.youtube.com/watch?v=Wps1m0qB_vw

「Hold My Breath」
Stokley Williamsプロデュース。トランペット以外のすべての楽器をStokleyが演奏するダンサブル・チューン。Stokleyらしいディスコ/ブギーに仕上がっているのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=aitox5JDAQI

「Victoria」
Stokley Williamsプロデュース。トライバル・リズムとスティール・パンの音色が印象的な異色の仕上がり。ソングライティングはStokleyではなくSam Dewです。
https://www.youtube.com/watch?v=RfEfOK85HJw

「U & I」
Carvin & Ivanプロデュース。Estelleをフィーチャー。Harold Melvin & The Blue Notes「Pretty Flower」のピアノ・フレーズを引用した美しいソウル・バラードをEstelleとのデュエットで歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=8K4rB5gOjdo

「Way Up」
Stokley Williamsプロデュース。Waleのラップをフィーチャー。StokleyはWale作品に何度も客演しています。サウンドはStokley一人で手掛けており、Stokleyのトラック・メイカー的センスを楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=BWqWLygx6Wg

「Be With U」
Stokley Williamsプロデュース。この曲もStokley一人ですべて作り上げています。聴き応えのある素晴らしいミディアム・バラードですね。ここでもスティール・パンの音色が効果的に使われています。これを一人で出来てしまうのであれば、確かにソロ・アルバム作りたくなるはずですね。
https://www.youtube.com/watch?v=_pQuHpFyGQU

「Forecast」
Stokley Williams/Sam Dewプロデュース。Sam Dew作によるダーク・トーンの哀愁チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=DfKZ2u5dkdI

「Victoria (Reprise)」
Stokley Williamsプロデュース。「Victoria」のリプライズ。

「We/Me」
Ivan "Orthodox" Barias/Stokley Williamsプロデュース。Stokleyの永遠の青年ヴォーカルが見事にハマるダイナミックなサウンドのミディアム・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=msBSQewDzrs

「Now」
Stokley Williamsプロデュース。50歳にして初ソロ・アルバムを制作したStokleyの思いが伝わってくるような渾身のバラード。
https://www.youtube.com/watch?v=7iOybt6gSN0

「Wheels Up」
Stokley Williamsプロデュース。Omiをフィーチャー。ラストはスティール・パンの音色がハマる夏らしいカリビアン・グルーヴで締め括ってくれます。開放的かつ華やかなダンサブル・サウンドがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=syO7UgcFiH4

Mint Conditionの諸作もチェックを!

『Meant to Be Mint』(1991年)
Meant to Be Mint

『From the Mint Factory』(1993年)
From the Mint Factory

『Definition Of A Band』(1996年)
Definition of a Band

『Life's Aquarium』(1999年)
Life's Aquarium

『Livin' The Luxury Brown』(2005年)
Livin the Luxury Brown

『E-Life』(2008年)
E-ライフ

『7』(2011年)
7

『Music at the Speed of Life』(2012年)
Music at the Speed of Life
posted by ez at 02:35| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

『今の気分は...2017年8月19日編』

過去記事から10曲セレクトするシリーズです。

今回は80年代カテゴリーから夏モードの10曲をセレクトしました。

全て過去記事で紹介済なので、気に入った曲があれば過去記事もご参照下さい。

Aurra「In My Arms」
https://www.youtube.com/watch?v=SmtbP7jZU6Y
From 『A Little Love』(1982年)
A LITTLE LOVE +5

Perry & Sanlin「Off On Your Love」
https://www.youtube.com/watch?v=AOIv7cocPR8
From 『For Those Who Love』(1980年)
perry & sanlin for those who love.jpg

Weekend「Summerdays」
https://www.youtube.com/watch?v=7nIYOJbEyoM
From 『La Variete』(1982年)
La Variete

Maxi Priest「Love Train」
https://www.youtube.com/watch?v=FOJRgcUlF0Y
From 『Intentions』(1986年)
Intentions

Batida「Ponteio」
http://www.youtube.com/watch?v=yuc_wahSqd4
From 『Batida』(1984年)
バチーダ

Monika Linges Quartet「Running」
https://www.youtube.com/watch?v=j0BPDmsawe0
From 『Floating』(1982年)
Floating

Judy Roberts「Common Ground」
http://www.youtube.com/watch?v=A105YLJ3dC0
From 『Nights In Brazil』(1981年)
Nights in Brazil

Soul Liberation「Touch Me Again」
https://www.youtube.com/watch?v=bmjNbBmfJRs
From 『Who Are You』(1980年)
Who Are You

Ted Coleman Band「What A Lovely Way To Spend A Lifetime」
https://www.youtube.com/watch?v=XLLtqrAQsIc
From 『Taking Care Of Business』(1980年)
テイキング・ケア・オブ・ビジネス(紙ジャケット仕様)

Con Funk Shun「California 1」
https://www.youtube.com/watch?v=u11DWbzHcDs
From 『7』(1981年)
7
posted by ez at 01:46| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

Ben & The Platano Group『Paris Soul』

アフロ/ラテンなフレンチ・ジャズ・ファンク☆Ben & The Platano Group『Paris Soul』
Paris Soul -
発表年:1971年
ez的ジャンル:謎のフレンチ・ジャズ・ファンク
気分は... :トリコロールをなびかせて・・・

今回は謎のフレンチ・ジャズ・ファンク作品、Ben & The Platano Group『Paris Soul』(1971年)です。

Ben & The Platano Groupはパリのナイト・クラブで演奏していたグループのようで、本作『Paris Soul』(1971年)が唯一のアルバムです。

90年代ヨーロッパのクラブ・ジャズ・シーンで発掘され、再評価が高まった1枚です。

アルバムとしては全曲インストのアフロ/ラテン色の強いワイルドなジャズ・ファンク作品です。系統としては、N.Y.で結成され、渡仏してパリで成功を収めたLafayette Afro-Rock Bandなんかと同タイプだと思います。その一方で、クロスオーヴァー/フュージョン・バンドのような都会的エッセンスが散りばめられていたりもします。

あるいはファンキー&パーカッシヴなグルーヴに、ギターが絡むサウンドは、SantanaAztecaMaloSapoEl Chicano等に代表される70年代US西海岸のチカーノ系ラテン・グルーヴ好きの人にもフィットするかもしれません。

とりあえず「Platano Split」「Salute To Santa」「Paris Soul」「Art Pino Pasta」の4曲を聴いてもらえれば、このアルバムの格好好さ、魅力を実感できると思います。

きっと一度聴けば、ハマる人も結構いるアルバムだと思います。

全曲紹介しときやす。

「Platano Split」
オススメその1。Evaristo Nata/Manuel Itturia作。アフロ/ラテン・フレイヴァーのファンキー&パーカッシヴ・グルーヴをバックに、ワウ・ギターがスパークルするオープニング。このバンドの格好良さが一発で分かります。
https://www.youtube.com/watch?v=gElKVSGayD8

「Salute To Santa」
オススメその2。Evaristo Nata/Manuel Itturia作。US西海岸のチカーノ系ラテン・グルーヴと同じようなノリの格好好いサウンドでグルーヴィーに躍動します。
https://www.youtube.com/watch?v=zcqVm8M2lsc

「Black Waders」
Dante Crescini/Evaristo Nata作。少しテンポを落としたミディアム・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=akVniKxJmr8

「Woluwe Strip」
Evaristo Nata作。ファンキーなホーン・アンサンブルが牽引するラテン・ジャズ・ファンク。

「Cabaret」
John Kander/Fred Ebb作。ブロードウェイ・ミュージカル『Cabaret』の主題歌。Liza Minnelliが主演を演じた映画も有名ですね。ここでリラックスしたは開放的な演奏でカヴァーしています。

「Paris Soul」
オススメその3。Evaristo Nata/Manuel Itturia作。タイトル曲には西海岸チカーノ系ラテン・グルーヴ調のキャッチーな格好好さがあります。初期Santanaあたりと一緒に聴いても違和感ないのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=q2ORopW5GqE

「Culzean」
Evaristo Nata/Manuel Itturia作。フュージョン調サウンドにファンキーなワウワウ・ギターとロッキン・ギターが加わります。
https://www.youtube.com/watch?v=pARfUK345KA

「Castill Battle」
Evaristo Nata作。ライト・フュージョン+ラテン・グルーヴなファンキー・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=c2-FfB9bpYQ

「Hang Out」
Evaristo Nata/Manuel Itturia作。前曲と同じくライト・フュージョンとオルガン・ラテン・グルーヴを絶妙に融合させています。

「Art Pino Pasta」
オススメその4。Evaristo Nata/Manuel Itturia作。ラストはワイルドなアフロ/ラテン・グルーヴでファンキー&パーカッシヴに躍動して締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=dcPGuka1S_M

今、たまたまNHK BSでBob Dylanがエレクトリック・サウンドへの転向を図った1965年ニューポート・フォーク・フェスティヴァルにおける伝説のライヴ映像を観ています。固定観念で縛られた聴衆に対して、ブーイングを浴びようと、自らの信念に基づき変革を断行するDylanの姿は何度観ても格好好いですね。
posted by ez at 01:53| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

Eric Roberson『Esoteric...』

実力派男性R&Bシンガーの1stアルバムの新装盤☆Eric Roberson『Esoteric...』
Esoteric
発表年:2004年
ez的ジャンル:実力派男性R&Bシンガー/ソングライター
気分は... :飾らない素晴らしさ・・・

今回は実力派男性R&Bシンガーの1stアルバムの新装盤Eric Roberson『Esoteric...』(2004年)です。

1976年生まれ、ニュージャージー出身の男性R&Bシンガー/ソングライター/キーボード奏者であるEric Robersonの紹介は、Phonteとの共演アルバムPhonte & Eric Roberson『Tigallerro』(2016年)に続き、2回目となります。

ちなみに、『Tigallerro』は、当ブログ年末恒例の『ezが選ぶ2016年の10枚』でセレクトしたお気に入りアルバムでした。

さて、そのEric Robersonですが、2017年内に3枚シリーズの作品リリースを宣言し、既に『Earth』『Wind』という2枚がリリースされ、さらに第3弾『Fire』も10月リリース予定です。いずれもアルバムというよりミニ・アルバムといった感じですが。

『Earth』(左)、『Wind』(右)、
EarthWind

作品をリリースしてくれるのは嬉しいですが、短期間での連作リリースって、少し手が出しづらいですよね・・・

1994年にデビュー・シングル「The Moon」をリリースし、その後、くa href="http://eastzono.seesaa.net/article/201077098.html">Musiq Soulchild、Jill ScottPhajja112 等に楽曲提供を行い、ソングライターとしての実績を積んできたEric Robersonが、限定リリースで制作したデビュー・アルバムが『Esoteric Movement』(2001年)です。

本作『Esoteric...』(2004年)は、『Esoteric Movement』のオリジナル12曲から1曲削除し、2曲追加した全13曲の新装盤です。

新装盤となり、程良くダンサブルでキャッチーな楽曲と、インディR&Bらしい飾らないサウンドでEricのシンガー&ソングライターとしての魅力がダイレクトに伝わってくる楽曲がバランス良く構成されています。

ダンサブルな楽曲であれば、「Runaway」「Crazy...」、楽曲の良さを実感できる「Morning After...」「What Is Love Made Of...」、サマー・モードにフィットする「Rain On My Parade...」「Funny Feelings...」「Maybe...」あたりが僕のオススメです。

Eric Robersonを聴くのであれば、本作から入るのがベターだと思います。

全曲紹介しときやす。

「Genesis」
Eric Roberson/Parris Bowensプロデュース。荘厳な雰囲気のイントロ的なオープニング。

「4u」
新装追加の1曲目。Eric Roberson/Parris Bowens/Tye Tribbettプロデュース。哀愁モードのダンサブル・チューンです。

「Runaway」
オススメその1。新装追加の2曲目。Dana Sorey/Keith Brown/Eric Robersonプロデュース。これは嬉しい追加曲。Eric Robersonの魅力を実感できる素敵なダンサブル・チューンです。
https://www.youtube.com/watch?v=PMWlT_D6tFk

「Morning After...」
オススメその2。Redhead Kingpinプロデュース。インディR&Bらしい魅力に溢れたメロディアスなミディアム・チューンです。
https://www.youtube.com/watch?v=h6ZfzyRAUro

「Crazy...」
オススメその3。Eric Robersonプロデュース。John Baptistのラップをフィーチャー。オリジナル12曲の中では最もシングル向きのキャッチーな仕上がりのアップ・チューンです。
https://www.youtube.com/watch?v=qOR5bw_FYxk

「Rain On My Parade...」
オススメその4。Osunladeプロデュース。今の時期に聴くとフィットするサマー・モードのメロウ・ミディアム。Ericの歌声が優しく包み込んでくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=QZGnwWNbm_4

「Miles Away...」
Eric Robersonプロデュース。くa href="http://eastzono.seesaa.net/article/201077098.html">Musiq Soulchildあたるに通じるネオソウル調の粘っこいヴォーカルによるミステリアスな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=B4sFt8yVARc

「Funny Feelings...」
オススメその5。Eric Roberson/Osunladeプロデュース。112に楽曲提供した曲のセルフ・カヴァーです。夏向けの素敵なアコースティック・ソウルに仕上がっています。112ヴァージョンは『Room 112』(1998年)に収録されています。
https://www.youtube.com/watch?v=APvqIjlpqSo

「She Went Away...」
Christopher Jennings/Eric Robersonプロデュース。素敵なヴォーカル・ワークが印象的なアコースティック・ソウル。前曲の「Funny Feelings...」に続き、Frankie Ramonoの美しいアコギの音色がグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=KWy0aNqKgaQ

「Maybe...」
オススメその6。Eric Robersonプロデュース。インディR&Bならではの自然体に好感が持てるアコースティック・メロウ。
https://www.youtube.com/watch?v=RS81QH0VTN8

「What Is Love Made Of...」
オススメその7。Eric Roberson/Parris Bowens/William (Tippy Swing) Lockwoodプロデュース。ネオソウル好きの人は気に入るであろうミディアム・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=vbpk8xa4oW0

「New Born Child...」
Redhead Kingpinプロデュース。子どものために優しく語り掛けるビューティフル・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=9LlhrQg5nUE

「Woman...」
Frank Ramono/Parris Bowens/Terry Tribbettプロデュース。ラストも余計な装飾はせず、Eric自身のヴォーカル&楽曲の良さで勝負しています。
https://www.youtube.com/watch?v=M_p4AAgM6w8

Eric Robersonの他作品もチェックを!。

『The Vault, Vol. 1.5』(2004年)
Presents: The Vault 1.5

『The Appetizer』(2005年)
Appetizer

『...Left』(2007年)
Left

『Music Fan First』(2009年)
Music Fan First

『Mister Nice Guy』(2011年)
Mr. Nice Guy

『The Box』(2014年)
The Box

Phonte & Eric Roberson『Tigallerro』(2016年)
TIGALLERRO (ティガレロ) (直輸入盤帯付国内仕様)
posted by ez at 02:05| Comment(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする