2019年11月04日

Diana Ross『Diana Ross (1976) 』

2曲のUSチャートNo.1シングル収録☆Diana Ross『Diana Ross (1976)』
愛の流れに
発表年:1976年
ez的ジャンル:キュート・ソウル・ディーヴァ
気分は... :ディーヴァの貫禄!

今回はキュートなソウル・ディーヴァDiana Rossのヒット・アルバム『Diana Ross (1976)』(1976年)です。
※他のセルフ・タイトル作と区別するため、リリース年を補足しています。

The Supremesのリード・シンガーDiana Rossについて、当ブログで紹介したのは以下の3枚。
 『Diana Ross (1970)』(1970年)
 『The Boss』(1979年)
 『Diana』(1980年)

本作『Diana Ross (1976)』(1976年)は、Dianaの主演映画『Mahogany』(1975年)の主題歌「Theme From Mahogany (Do You Know Where You're Going To)」、ディスコ・クラシック「Love Hangover」という2曲のUSチャートNo.1シングルが収録されたヒット・アルバムです。

Michael MasserHal DavisBerry GordyDon CostaLawrence BrownGil Askeyといったプロデューサーが起用され、Diana自身も1曲セルフ・プロデュースしています。

前述の2曲のNo.1シングルが圧倒的に目立つアルバムですが、それ以外の曲であれば、

2ndシングルとなったオーセンティック・バラード「I Thought It Took A Little Time」、US R&BチャートTop10入りした4thシングル「One Love In My Lifetime」、妖艶な雰囲気のミディアム・ソウル「You're Good My Child」Rufus & Chaka Khanのカヴァー「Ain't Nothin' But A Maybe」がおススメです。

キュート・ソウル・ディーヴァDiana Rossらしい貫禄の1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Theme From Mahogany (Do You Know Where You're Going To)」
Michael Masserプロデュース。Gerry Goffin/Michael Masser作。前述ようにDianaの主演映画『Mahogany』(1975年)の主題歌であり、1975年にUSシングル・チャート第1位、同R&Bチャート第14位となっています。元々は『Mahogany』のサントラに収録されていました。日本ではネスカフェのCMソングとしてもお馴染みですね(歌詞を変更した別歌手ヴァージョンですが)。ただし、本曲のオリジナルはこのDiana Rossヴァージョンではなく、1973年のThelma Houstonヴァージョンです。僕もこの曲を聴くと、日曜夜の日曜洋画劇場で必ず流れたネスカフェCMのイメージが強いですね。Dianaの透明感のあるヴォーカルと優しいメロディがフィットしたエヴァーグリーンな名曲ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=VOH6SzDX3l4

Jennifer Lopez、Mariah Carey、Tracy Huang、、The Sylvers、Amii Stewart等数多くのアーティストがカヴァーしています。また、サンプリング・ソースとしても大人気です。Slick Rick「Teenage Love」DJ Jazzy Jeff & the Fresh Prince「Rock the House」、The Notorious B.I.G. feat. Sadat X「Come On」、Master P「The Ghettos Tryin to Kill Me!」、King Tee feat. Breeze, Xzibit and Tha Alkaholiks「Free Style Ghetto」、Big Daddy Kane「Lyrical Gymnastics」、Puff Daddy「Do You Know」、Sylk-E. Fyne feat. Tha Chill「Romeo and Juliet」、Nas「Big Things」、Cam'ron & Wyclef Jean feat. Big Pun, Charli Baltimore & Silkk the Shocker「Horse & Carriage (Remix)」、Hocus Pocus「Une Zone De Tensions」、Warren G.「Friends」、Chubb Rock feat. Billy Lawrence「Life」、Destiny's Child「Sweet Sixteen」、Erick Sermon feat. Dahlia Anderson「Do You Know」、Big Sean & Metro Boomin feat. Travis Scott「Go Legend」等50曲以上で引用、サンプリングされています。
Jennifer Lopez「Theme From Mahogany (Do You Know Where You're Going To)」
 https://www.youtube.com/watch?v=Kn1PjkUc0wc
Tracy Huang「Do You Know (Where You're Going To)」
 https://www.youtube.com/watch?v=ss31zy3J68A
The Sylvers「Mahogany」
 https://www.youtube.com/watch?v=vqMjlgTqm_4
Amii Stewart「Theme From Mahogany」
 https://www.youtube.com/watch?v=THpw76GCmkU
King Tee feat. Breeze, Xzibit and Tha Alkaholiks「Free Style Ghetto」
 https://www.youtube.com/watch?v=1GcyAisij2w
Nas「Big Things」
 https://www.youtube.com/watch?v=_7H1btQv4GQ
Hocus Pocus「Une Zone De Tensions」
 https://www.youtube.com/watch?v=diqtjoddXfY
Chubb Rock feat. Billy Lawrence「Life」
 https://www.youtube.com/watch?v=wDQ0oVXc7yA
Destiny's Child「Sweet Sixteen」
 https://www.youtube.com/watch?v=hNf4ltPwaOY
Erick Sermon feat. Dahlia Anderson「Do You Know」
 https://www.youtube.com/watch?v=hBf7YE4ddxE 
Big Sean & Metro Boomin feat. Travis Scott「Go Legend」
 https://www.youtube.com/watch?v=xNO5CKZE_jc

「I Thought It Took A Little Time」
Michael Masserプロデュース。Michael Masser/Pam Sawyer作。アルバムからの2ndシングル。Gene Pageの美しいストリングスが映えるオーセンティック・バラード。Dianaの切々としたヴォーカルがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=4GGw-jJPEaU

Gloria Estefan「The 70's "Moment" Medley」で引用され、Na Pol Etatu feat. W.E.N.A.「Miejski Wajb」のサンプリング・ソースとなっています。
Gloria Estefan「The 70's "Moment" Medley」
 https://www.youtube.com/watch?v=Dg8f_rzDuVE
Na Pol Etatu feat. W.E.N.A.「Miejski Wajb」
 https://www.youtube.com/watch?v=u0UoTV0pzjw

「Love Hangover」
Hal Davisプロデュース。Michael Masser/Pam Sawyer作。前述のようにアルバムからの3rdシングルとして、USチャート、同R&Bチャート共にNo.1に輝き、新境地を開いたディスコ・チューン。メロウな前半から一転、中盤に一気にスパークしてディスコ・ワールドへ展開します。まぁ、後半はディスコ・サウンドでメインでDiana自身のヴォーカルは省エネ・モードですが(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=yOzO_4NS8NI

The 5th Dimension、Touch、The Players Association、Mario Cavallero, Son Orchestre Et Ses Chanteurs、Horace Andy、Jr. Walker、The Associates、Tracy Ackerman、Mariah Carey、Jody Watley等数多くのアーティストがカヴァーしています。
The 5th Dimension「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=OWF7FDLeuE4
Touch「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=60YxB0PbXcs
The Players Association「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=nkuJIc9SSQQ
Mario Cavallero, Son Orchestre Et Ses Chanteurs 「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=IuIdz37HpNw
Horace Andy「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=OgS1HiPPAx4
Jr. Walker「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=4I4ZBh65zwA
The Associates「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=dy3oJv_WW9Q
Tracy Ackerman「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=5rI357CvNys
Jody Watley「Love Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=pbdN2CjBu-o

定番サンプリング・ソースとしても大人気です。 MC Lyte「Rhyme Hangover」、Digital Underground「Freaks of the Industry」、Geto Boys「The Other Level」、Heavy D. & The Boyz「The Lover's Got What You Need」、En Vogue「Desire」、Funkmaster Flex, Akinyele & Sadat X「Loud Hangover」、Pauline Henry「Love Hangover (Joey Negro's Love Dub)」、Junior M.A.F.I.A.「We Don't Need It」、MC Solaar「Paradisiaque」、Bone Thugs-N-Harmony「Ready 4 War」、Craig Mack「Rap Hangover」、Janet Jackson「My Need」、Monica「The First Night」、Master P feat. Steady Mobb'n「Gangsta Bitch」、Lenny Kravitz「It's Your Life」、Will Smith「Freakin' It」、Syleena Johnson「Love Hangover」、Ras Kass「Eat or Die」、2Pac feat. Snoop Dogg「If There's a Cure (I Don't Want It)」、Rapsody「Sweetest Hangover」、Snoop Dogg「The Cure」、Chanel West Coast feat. Snoop Dogg & Evan Ross「Put in Work」等100曲以上のサンプリング・ソースとなっています。
MC Lyte「Rhyme Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=FPYSdnDiwRs
Heavy D & the Boyz「The Lover's Got What You Need」
 https://www.youtube.com/watch?v=_JBR_j_70pQ
En Vogue「Desire」
 https://www.youtube.com/watch?v=FLTuItqBTbM
Funkmaster Flex, Akinyele & Sadat X「Loud Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=gol-XOIxdOc
MC Solaar「Paradisiaque」
 https://www.youtube.com/watch?v=BU-2tRAvctM
Craig Mack「Rap Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=cmZ7Dga7FQY
Monica「The First Night」
 https://www.youtube.com/watch?v=ImynIRpbQLE
Master P feat. Steady Mobb'n「Gangsta Bitch」
 https://www.youtube.com/watch?v=Z9ZR8DSsgt4
Will Smith「Freakin' It」
 https://www.youtube.com/watch?v=anvVqevTys8
Ras Kass「Eat or Die」
 https://www.youtube.com/watch?v=NEabHyDJyhE
2Pac feat. Snoop Dogg「If There's a Cure (I Don't Want It)」
 https://www.youtube.com/watch?v=Dahkw7bSUcA
Rapsody「Sweetest Hangover」
 https://www.youtube.com/watch?v=BlMEuIH6_7s
Snoop Dogg「The Cure」
 https://www.youtube.com/watch?v=j8fup8dU2UU

「Kiss Me Now」
Berry Gordy/Don Costaプロデュース。Gwen Gordy Fuqua/Kenneth Lupper作。オールド・タイミーな雰囲気の仕上がり。悪くはありませんが、個人的にこういう音はあまり欲していません。
https://www.youtube.com/watch?v=cTyCxNQN7GY

「You're Good My Child」
Berry Gordy/Don Costaプロデュース。Kenneth Lupper作。妖艶な雰囲気で迫るミディアム・ソウル。なかなか雰囲気のある1曲に仕上がっていると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=Gyu7nyx4aGY

50 Cent「Whoo Kid Freestyle」のサンプリング・ソースとなっています。
50 Cent「Whoo Kid Freestyle」
 https://www.youtube.com/watch?v=3RHjq6wzoo0

「One Love In My Lifetime」
Lawrence Brownプロデュース。Lawrence Brown/Leonard Perry/Terri McFaddin作。アルバムからの4thシングル。USチャート第25位、同R&Bチャート第10位のヒットとなっています。2曲のNo.1シングルのせいでそれ程目立ちませんが、ソウルなDianaを楽しむという意味ではこの曲が一番かも?
https://www.youtube.com/watch?v=2fGB-Gqx0C0

当ブログでも紹介したJoss Stoneヴァージョン以外にTeresa Carpioがカヴァーしています。
Joss Stone「One Love In My Lifetime」
 https://www.youtube.com/watch?v=R4kOjSpVX-0
Teresa Carpio「One Love In My Lifetime」
 https://www.youtube.com/watch?v=JFXG0wtV8Lo

「Ain't Nothin' But A Maybe」
Diana Rossプロデュース。Rufus & Chaka Khanのカヴァー(Nickolas Ashford & Valerie Simpson作)。オリジナルは『Rags To Rufus』(1973年)に収録されています。秀逸なアレンジのグッド・ソウル・カヴァーに仕上がっていると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=WWhO4iA_p1c

「After You」
Michael Masserプロデュース。Michael Masser/Ron Miller作。優しさに溢れた感動バラードに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=N4s_IKNFWM0

Roberta Flackがカヴァーしています。
Roberta Flac「After You」
 https://www.youtube.com/watch?v=ba3F9Po19F0

「Smile」
Gil Askeyプロデュース。Charles Chaplinの名作映画『モダン・タイムズ』で使われた名曲をカヴァー(Charlie Chaplin/Geoffrey Parsons/John Turner作)。当ブログではStacey KentThe PeddlersKenny Dorhamのカヴァーを紹介済みです。お馴染みの名曲を素敵なアレンジでしっとりと歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=wHGmgWJkCZ4

Diana Rossの他の70年代アルバムもチェックを!

『Diana Ross』(1970年)
Diana Ross

『Everything Is Everything』(1970年)
Everything Is Everything

『Surrender』(1971年)
Surrender, Expanded Edition

『Lady Sings the Blues』(1972年)
ビリー・ホリデイ物語

『Touch Me in the Morning』(1973年)
Touch Me in the Morning, Expanded Edition

Diana Ross & Marvin Gaye『Diana & Marvin』(1973年)
Diana Ross and Marvin Gaye

『Last Time I Saw Him』(1973年)
Last Time I Saw Him

『Baby It's Me』(1977年)
ベイビー・イッツ・ミー

『Ross』(1978年)
ロス(紙ジャケット仕様)

『The Boss』(1979年)
ザ・ボス

『Diana』(1980年)
ダイアナ
posted by ez at 02:19| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする