2020年01月11日

The Brides Of Funkenstein『Funk or Walk』

George Clinton率いるP-Funk軍団の女性ユニット☆The Brides Of Funkenstein『Funk or Walk』
Funk Or Walk
発表年:1978年
ez的ジャンル:P-Funk軍団系女性ユニット
気分は... :ジャケ最高!

George Clinton率いるP-Funk軍団の女性ユニットThe Brides Of Funkensteinの1stアルバム『Funk or Walk』(1978年)です。

The Brides Of FunkensteinDawn SilvaLynn Mabryの女性ユニット。2人は元々Sly & The Family Stoneのバック・コーラスを務めていました(LynnはSlyのいとこ)。

Sly & The Family StoneがP-Funk軍団のオープニング・アクトを務めたときに、George Clintonが2人をスカウトし、P-Funk軍団の仲間入りをします。

その後ParliamentParliament『The Clones Of Dr. Funkenstein』(1976年)、『Live: P-Funk Earth Tour』(1977年)への参加を経て、The Brides Of Funkensteinとしての1stアルバム『Funk or Walk』(1978年)をレコーディングします。

しかし、その直後にLynn Mabryが脱退し、Sheila HorneJeanette McGruderという新メンバー2名が加わり、2ndアルバム『Never Buy Texas From A Cowbo』(1979年)をリリースしています。

さらにDawn/Lynn体制当時のライブを収めた『Live at the Howard Theatre』(1994年)が後年にリリースされました。

さて、本作『Funk or Walk』(1978年)はジャケからしてP-Funk軍団の女性ユニットらしい華やかさがあっていいですね。

プロデュースは勿論George Clinton

レコーディングにはBootsy Collins(b、ds)、Rodney Curtis(b)、Phelps Collins(g)、Michael Hampton(g)、Garry Shider(g)、Frank Waddy(ds)、Gary Cooper(ds)、Tyrone Lampkin(ds)、Jerome Brailey(ds)、Bernie Worrell(key)、Joel Johnson(key)、Larry Fratangelo(per)、Wayman Reed(horns)、George Minger(horns)、Danny Turner(horns)、Gary Cooper(back vo)、Jeanette Washington(back vo)、Ron Banks(back vo)、Larry Demps(back vo)といったミュージシャンが参加しており、Funkadelic/Parliamentメンバーが全面バックアップしています。

P-Funk軍団らしい楽曲と、P-Funk軍団らしからぬ楽曲が混在しているのが面白いですね。

前者であれば、シングルにもなった「Disco to Go」をはじめ、「Birdie」「Amorous」がおススメです。

後者であれば、シングルにもなったスペイシー・チューン「War Ship Touchante」、メロウなスロウ「Just Like You」、メロウ・ミディアム・グルーヴ「When You're Gone」がおススメです。

当時のP-Funk軍団の勢いを感じる華のある1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Disco to Go」
George Clinton/Bootsy Collins作。シングル・カットもされました。Bootsy's Rubber Band「The Pinocchio Theory」をベースとしたP-Funkマナーのディスコ・ファンクです。女性ユニットらしい華があります。
https://www.youtube.com/watch?v=2RY0nlEfXUo

The 45 King feat. Lakim Shabazz「We Got the Funk」、Ground Zero feat. Bootsy Collins「Lettin' Ya Know (Humpin' We Will Go)」、Too Short「Giving Up the Funk」、Mel-Low「My City」、WC feat. Kokane「Bellin」等のサンプリング・ソースとなっています。
The 45 King feat. Lakim Shabazz「We Got the Funk」
 https://www.youtube.com/watch?v=JStSukV1Rlw
Ground Zero feat. Bootsy Collins「Lettin' Ya Know (Humpin' We Will Go)」
 https://www.youtube.com/watch?v=1hKUyMJLkpM
Too Short「Giving Up the Funk」
 https://www.youtube.com/watch?v=tjG8Q-ceNBY
Mel-Low「My City」
 https://www.youtube.com/watch?v=wI-o8srfza4
WC feat. Kokane「Bellin」
 https://www.youtube.com/watch?v=lI-aK56T35A

「War Ship Touchante」
George Clinton/Bernie Worrell/Archie Ivy作。この曲もシングルとなりました。スペイシーなダンサブル・チューンですが、あまりP-Funk感はないのが面白いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=mX6Sfti79g4

「Nappy」
George Clinton/Bernie Worrell/Jim Vitti/Garry Shider作。ノスタルジックでショーの挿入歌のような雰囲気があります。
https://www.youtube.com/watch?v=cPTqEQ8SLGc

「Birdie」
George Clinton/Rodney Curtis作。このユニットらしい華のあるミディアム・ファンク。P-Funk好きの人であれば気に入るはず!
https://www.youtube.com/watch?v=M9wkifTUUr8

Racionais MC's「Vivao E Vivendo」
Madlib「The Movement」のサンプリング・ソースとなっています。
Racionais MC's「Vivao E Vivendo」
 https://www.youtube.com/watch?v=QuDYmfUEakA
Madlib「The Movement」
 https://www.youtube.com/watch?v=RJe9ASFP5nc

「Just Like You」
George Clinton/Lynn Mabry/Garry Shider作。P-Funk軍団らしからぬメロウなスロウ・チューン。なかなかいい雰囲気です。
https://www.youtube.com/watch?v=VvnFEXMZ-r8

HaLo「Dark Knight」のサンプリング・ソースとなっています。
HaLo「Dark Knight」
 https://www.youtube.com/watch?v=pfNUlYxnKLE

「When You're Gone」
Gary Cooper/Ron Dunbar作。女性ソウル・ヴォーカル・ユニットらしいメロウ・ミディアム・グルーヴ。僕好みですが全然P-Funk軍団らしくありません(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=mzlvlxINweg

「Amorous」
Garry Shider/Ron Dunbar/Rodney Curtis作。ラストはP-Funk軍団らしいファンク・グルーヴで格好良くキメてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=nDjavOaM2rI

The Brides Of Funkensteinの他作品もチェックを!

『Never Buy Texas From A Cowbo』(1979年)
Never Buy Texas from a Cowboy

『Live at the Howard Theatre』(1994年)
the brides of funkenstein live at the howard theatre.jpg
posted by ez at 12:28| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする