2005年12月27日

Hollies『Evolution』

60年代ブリティッシュ・ビートを代表するバンドHolliesのサイケなアルバム『Evolution』
Evolution
発表年:1967年
ez的ジャンル:3声ハーモニー系サイケロック
気分は...:3声ハーモニーは二日酔いに効くか?

完璧二日酔い(≧∇≦)気持ち悪いっす。

Holliesと言えば、3声ハーモニーによる爽やかなコーラスと躍動感のあるビート・サウンドで、とっても60年代ブリティッシュ・ビートを代表するバンドだと思う。でも案外、Beatlesの亜流バンド、大ヒット曲「Bus Stop」のバンド、やCSN&Y(Crosby Stills Nash & Young)のGraham Nashがいたバンドで片付けられてしまうことも多い気がしマス。もっと評価されて然るべきではないかな?

そんな彼らが1967年に発表した2枚のサイケデリックなアルバムが『Evolution』『Butterfly』の2枚デス。時代はBeatlesがロックの金字塔『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』を発表し、サイケ全盛な時期だけに、Hollies(特にGraham Nash)もそういった刺激を受けたアルバムを制作したのであろう。

サイケデリックな作品という観点からは『Butterfly』の方がらしいアルバムかもしれない。実際、『Butterfly』を彼らの最高傑作として挙げる人は多いと思う。でも、僕は『Evolution』の方を頻繁に聴く。ジャケットからしてかなりサイケなカンジだけど、聴いてみるとそれほど全面的にサイケな訳でもなく、従来からのHolliesサウンドとサイケテイストが程よくブレンドされたアルバムだと思いマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Then The Heartaches Begin」
アルバム・ジャケットのサイケな雰囲気を具現化したナンバー。Holliesらしい爽やかハーモニーとファズギターの絡みがイイカンジっす。

「Water On The Brain」
サイケなタブラとホーンの展開が印象的なナンバー。一転Beatles「Getting Better」のよう展開が交互作用するポップ・ナンバー。

「Have You Ever Loved Somebody」
Serchersもカバーしたナンバー。歪んだギターサウンドをバックにしつつも、Holliesらしい爽やか3声ハーモニー全開デス。

「Rain On The Window」
後半のコーラスワークが大好きなナンバー。基本的にはフォークロックだけど、隠し味でサイケを少々。

「Heading For A Fall」
牧歌的な雰囲気もあるのどかなナンバー。とってもイギリスらしいデス。

「Ye Olde Toffee Shoppe」
とってもバロックなナンバー。このあたりはやはりBeatlesの影響かもね。

「Leave Me」
珍しくオルガンサウンドを全面に聴かせるナンバー。Zombiesあたりを思い浮かべる音っす。

「When Your Lights Turned On」
「Games We Play」
正統派Holliesサウンドを堪能できるビートナンバー2曲。やっぱり、こういった躍動感のある曲を聴くとホッとするね。「Games We Play」はホーンアレンジもイイカンジです。

殆ど忘れ去られているアルバムだけど、僕的にはかなりの名盤だと思いマス。
posted by ez at 11:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホリーズのバタフライはまだ聴いたことがありません。エボリューションは以前、買ったけどイマイチと思いやがて売ってしまいました。今、再び聴くと印象が違うかも。アイムアライブが初めて聴いたホリーズでコーラスの響きも独特でこれは良い曲だと思いましたね。バスストップは勿論10ccのグレアムグールドマンの名曲だし。アイキャントレットゴー、ストップストップストップそれに後期のクールでカッチョ良い喪服の女とか好きだし、結構名曲ありますよね。シュプリームスのカバー、ストップインザネームオブラブで再結成した時は…微妙に変でしたが…
Posted by マルチP at 2006年05月20日 21:54
☆マルチPさん

『Butterfly』は、前期のHolliesファンからすると、『Evolution』以上に好みがハッキリ分かれるアルバムかもしれませんね。

僕は、Phil Collins「You Can't Hurry Love」、WhoやJam の「Heat Wave」などカヴァーを通じて、SupremesやVandellasの魅力を知ったので、再結成Holliesの「Stop! In The Name Of Love」も結構好きでした(笑)
Posted by ez at 2006年05月21日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11079228

この記事へのトラックバック

Deep Yellow (3)Big Boy, Machinegun
Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????..
Weblog: goo goo g'joobな散文日記
Tracked: 2006-01-14 17:57