2006年02月04日

Slick Rick『Great Adventures of Slick Rick』

定番クラシック満載のHip-Hopの金字塔☆Slick Rick『Great Adventures of Slick Rick』
Great Adventures of Slick Rick
発表年:1988年
ez的ジャンル:元祖ストーリーテーラー系Hip-Hop
気分は... :二日酔いで頭痛が...

Slick Rick『Great Adventures of Slick Rick』は、僕がHip-Hopのアルバムを購入するようになってから、De La Soul『3 Feet High And Rising』Stetsasonic『In Full Gear』あたりと並んで、かなり早い段階でコレクションに加えた記憶がある。

『Great Adventures of Slick Rick』は、ストーリーテリングの草分け的アルバムとして、Snoop DoggやEminem等にも影響を与えたと同時に、数々の定番クラシックが収録されるHip-Hopの名盤中の名盤☆

そんな名盤なのに、購入した当初は「Teenage love」以外は熱心に聴いた記憶があまりない。De La SoulやStetsasonicはウォークマンで聴きまくってたんだけどねぇ...多分、De La SoulやStetsasonicあたりと比較すると、Slick Rickって重い印象があったのかもね?

唯一聴いていたメロウ・チューン「Teenage love」は、Stetsasonicの同じくメロウ・チューン「Float On」あたりと一緒に聴いていまシタ。

僕がこのアルバムにハマったのは、購入してからかなり年数の経った90年代後半くらいかな。Hip-Hopが少し停滞気味だった90年代後半は、昔購入したアルバムを聴き直す機会が多くなり、そんな中でやっとこのアルバムの凄さを認識しやシタ。もっと早く気付くべきだったと反省してマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Children's story」
シングルカットされたSlick Rickを代表する説明不要のクラシック。少年が犯罪を重ねた挙句に、警官に撃たれて死ぬという悲劇を巧みなフロウで聞かせます。Bob James「Nautilus」、Lyn Collins「Think (About It)」ネタを使ったトラックもカッチョ良いの一言に尽きマス。全米No1となったMontell Jordan「This Is How We Do It」を始めとして、ネタとしても大活躍の1曲ですね。

「Mona Lisa」
これも超定番クラシック。Eastside Connection「Frisco Disco」使いのトラックはメチャカッチョイイっす。Dionne Warwick「Walk on By」のサビ部分が途中で挿入されるのもウレシイですね。この曲のリズムも定番ビートとして、Beatnutsをはじめサンプリング・ネタとして有名ですよね。昨年State Propertyがカヴァーしてましたね。

「Hey young world」
「Children's story」、「Mona Lisa」並ぶクラシック。Macy GrayがSlick Rick本人を迎えて、子供の声がカワイイ「Hey Young World Part 2」を発表していましたよね。TLC「Creep」、Lloyd「Hey Young Girl」の元ネタ。

「Teenage love」
前述のようにアルバムで一番お気に入りのメロウ・ナンバー。アルバムを購入したばかりの頃、この曲だけは何度も聴いたなぁ。何とも切ない愛といったカンジがたまりません!特に、途中で大好きなDiana RossのNo1ヒット「Do You Know Where You're Going To」(1975年)の一節をさりげなく口ずさんでいる点がスキっす!

「Lick the balls」
隠れクラシックとも言われている曲。とっても80年代なカンジがイイっすね。Mad Skillzによるモロ使い「Lick the balls」、昨年出たMissy Elliott『The Cookbook』の中でSlick Rick本人をフューチャーした「Irresistible Delicious」の元ネタとして、聴いたことがある人もいるのでは?

「The Ruler's back」
ピアノとホーンのループが印象的な曲。最近の曲で言えばBlack Eyed Peasの「Don't Lie」、「Shake Your Monkey」でサンプリングされてますよね!

「Moment I feared」
Bob James「Take Me to the Mardi Gras」、James Brown「Funky Drummer」ネタのシリアスな緊張感が漂う曲。

「Teacher,teacher」
「Teenage love」と並んでお気に入りの1曲。Funkadelic「You'll Like it Too」ネタのトラックが絶品デス。

Slick Rickは、この1stアルバム発表から約2年後に逮捕されて長い間投獄されていた。Def Jamは保釈金を払い、保釈期間中にレコーディングを敢行♪それを基に2ndアルバム、3rdアルバムをリリースした...商魂たくましいアメリカらしい話ですな。
posted by ez at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック