2010年05月15日

Gil Scott-Heron & Brian Jackson『Secrets』

ジャズ・ファンク作品☆Gil Scott-Heron & Brian Jackson『Secrets』
Secrets
発表年:1978年
ez的ジャンル:レア・グルーヴ系ジャズ・ファンク
気分は... :レブロン無念!

今週はサッカーW杯メンバー発表の話題ばかりチェックしていたので、NBAプレーオフのチェックが疎かになってしまいましたが、気付けば第1シードのキャバリアーズが敗退してしまいましたね。レブロン&シャックがビッグ3擁するセルティックスに屈してしまいました。

個人的にはレイカーズ対キャブスのファイナルを観たかったので残念です。
今オフにフリーエージェントとなるレブロンの去就に注目ですね。

今日は鋭い社会派メッセージとグルーヴィーなサウンドで今なお根強い人気を誇るGil Scott-Heronの紹介です。

今年16年ぶり新作『I'm New Here』をリリースして話題になりましたね。

『I'm New Here』
I'm New Here

これまで当ブログで紹介したGil Scott-Heron作品は以下の3枚。

 『Pieces Of A Man』(1971年)
 『It's Your World』(1976年)
 『Bridges』(1977年)

4枚目に紹介するのは1978年リリースのGil Scott-Heron & Brian Jackson『Secrets』です。Gil Scott-Heronにとっての9作目、Gil Scott-Heron & Brian Jackson名義としては6作目となるアルバムです。

前作『Bridges』からジャズ・ファンク色が強まってきましたが、本作ではそれを更に推し進めた内容になっています。特に本作ではギターを一切排したキーボード・アンサンブルによるサウンドが特徴的です。シンセベースがうねるファンク・チューンからアーバン・テイストの楽曲まで楽しむことができます。

レコーディング・メンバーも殆ど一新しており、Greg Phillinganes(key)、Harvey Mason(ds)等の名うてのミュージシャンも参加しています。

そんな中で本作のサウンド・クリエイトに大きく貢献しているのがStevie Wonder三部作でお馴染みのMalcolm Cecil(syn)の参加です。共同プロデューサーとして、Gil Scott-Heron & Brian Jacksonに続き名を連ねています。特にうねるシンセベースのグルーヴ感はMalcolm Cecilの影響が大きいかもしれませんね。

洗練されたジャズ・ファンク・サウンドは、Gil Scott-Heron作品の中でもかなり聴き易いのではないかと思います。その意味では本作からGil Scott-Heronに入るパターンも有りなのでは?

新作『I'm New Here』もいいですが、本作も含めてまずは70年代全盛期の諸作をチェックしてみて下さい。

全曲紹介しときやす。

「Angel Dust」
レア・グルーヴ・クラシックとして人気のオープニング。The Game feat. Common「Angel」のサンプリング・ネタにもなっていますね。サウンド的にはキャッチーな女性コーラスも入ったアーバン・テイストのミディアム・ファンクです。シンセ・ベースのうねりはMalcolm Cecilらしいですね(実際の演奏はBrian Jacksonだと思いますが)。
http://www.youtube.com/watch?v=hWitRABYVBk

The Game feat. Common「Angel」
 http://www.youtube.com/watch?v=GCtahsEg7nY

「Madison Avenue」
グイグイと突き進むグルーヴィー感が実に格好良いですね。駆け巡るエレピの音色もいい感じです。もっと長尺で聴きたい1曲。
http://www.youtube.com/watch?v=svM3RtsHovc

「Cane」
ソウルフルな女性コーラスとコンガのリズムが印象的な哀愁チューン。
http://www.youtube.com/watch?v=MQ_SD45Fxdc

「Third World Revolution」
「Angel Dust」、「Angola, Louisiana」という人気の2曲に次ぐ僕のお気に入り。タイトル通り、第三世界をイメージさせるトライバルなグルーヴがいいですね。Leon Williamsのサックスもキマっています。

「Better Days Ahead」
アーバン・テイストのエレピの音色が印象的なスロウ・チューン。でもビタースウィートな仕上がりがGil Scott-Heronらしくてグッときます。
http://www.youtube.com/watch?v=zvNGfv5y5tM

「Three Miles Down」
本作らしいシンセ・ベースのうねりが印象的なミディアム・ファンク。

「Angola, Louisiana」
フリーソウルのコンピ『Free Soul Visions』にも収録されている人気曲。1975年に13歳の白人少年の殺人で有罪となり、現在もルイジアナの刑務所で服役中のGary Tylerのことを歌ったものです。Gary Tylerは無実であり、アフリカ系アメリカ人に対する人種偏見のある判決であったとして社会問題となった事件であり、近年も当局へ恩赦を求める動きがあった模様です。本作らしいクールなシンセ・サウンドによるグルーヴが鋭いメッセージを際立たせてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=85IvBPFdjjM

「Show Bizness」
本作らしいキーボード・アンサンブルが生み出すグルーヴを堪能できるファンク・チューン。イントロも印象的です。
http://www.youtube.com/watch?v=w2pckl47tfk

「Prayer for Everybody/To Be Free」
ラストはアーバン・モードのジャジー・チューンで小粋に締め括ってくれます。Leon Williamsのサックスが盛り上げてくれます。

Gil Scott-Heron作品の過去記事もご参照下さい。

『Pieces Of A Man』(1971年)
Pieces of a Man

『It's Your World』(1976年)
It's Your World

『Bridges』(1977年)
Bridges
posted by ez at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149913389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック