2006年03月21日

Jefferson Airplane『Bless It's Pointed Little Head』

サイケデリック・ロックの雄のライブ・パフォーマーとしての実力発揮☆Jefferson Airplane『Bless It's Pointed Little Head』
Bless Its Pointed Little Head
発表年:1969年
ez的ジャンル:サイケデリック・ロックの雄
気分は... :危ねぇ!

60年代後半のヒッピー・ムーヴメントの聖地であったサンフランシスコ、そのシスコでGrateful Dead、Quicksilver Messenger Serviceと並びサイケデリック・ロックの雄として君臨していたバンドがJefferson Airplaneである。

Jefferson Airplaneは、1965年に結成され、サイケデリック・ロックのムーブメントの中心で活躍し、その後もウエストコースト・ロックを牽引する存在であった。特に、「Somebody To Love」、「White Rabbit」を含む2ndアルバム『Surrealistic Pillow』は、サイケデリック・ロックのアシッドな雰囲気を最も体現できるアルバムだと思いマス。

しかし、1970年代前半にバンドは空中分解し、グループはよりポップな音楽を志向するJefferson Starshipとして再出発していった。さらに80年代に入ると、Jefferson StarshipはStarshipとなり、Jefferson Airplane時代からのオリジナル・メンバーは全ていなくなった。

僕がリアルタイムで聴いたのは、Jefferson StarshipやStarshipだが、その限りではあまりこのグループに興味を湧かなかった。また、Jefferson Airplaneについては、『Surrealistic Pillow』(1967年)、『After Bathing At Baxter's 』(1967年)、『Volunteers』(1969年)の3枚はCD時代になってから購入していたが、それほど熱心に聴いていたわけでは無かった。

そんな僕がJefferson Airplaneにふと興味を持ったのは、The Rolling Stones『Beggars Banquet』の時に紹介したStonesの1969年のアメリカ公演の映像『Gimme Shelter』を観てからだ。この中でオルタモントの悲劇”が起きたオルタモントのフリー・コンサートの模様が収められている。

Jefferson Airplaneもこのコンサートに参加していたが、演奏中に会場警備をしていた(?)暴走族ヘルス・エンジェルスと観客が喧嘩を起こし、演奏を中断して止めに入ったJefferson AirplaneのMarty Balinがエンジェルスに叩きのめされるシーンがあった。そのシーンが強烈に印象に残った。

ただ、そうしたハプニングシーンだけではなく、本来の演奏シーンにもとても惹きつけられた。Woodstockも含めて彼らの映像を観ると、ライブバンドとして魅力があるのかもしれないと思い、購入したのがこのライブアルバム『Bless It's Pointed Little Head』(1969年)っす。日本のファンには『フィルモアのジェファーソン・エアプレイン』という邦題の方が有名かもしれませんね。

ライブ会場となったのは、邦題の通り、当時のロックの聖地Fillmore East、Fillmore Westの2つ。Fillmore Eastは、以前にThe Allman Brothers Band『At Fillmore East』 でも紹介しましたね。Fillmore WestはJefferson Airplaneの本拠地とも言える場所っす。また、この時のメンバーは、Marty Balin、Grace Slick、Paul Kantner、Jorma Kaukonen、Jack Casady、Spencer Drydenの6人デス。

いやぁ、遅まきながら、このグループのライブバンドとしてのパワーを思い知ったアルバムでした。

オススメ曲を紹介しときやす。

「3/5's Of A Mile In 10 Seconds」
『Surrealistic Pillow』収録のナンバー。このグループのライブ・バンドとしての実力はこの1曲で軽々証明できると思いマス。Marty BalinとGrace Slickのボーカルの掛け合いは実にスリリングっす。

「Somebody To Love」
『Surrealistic Pillow』収録の彼らの代表曲。でも、このライブ・バージョンの躍動感は格別っす。

「Fat Angel」
サイケデリック・フォークの雄Donovanの作品。Doorsあたりにも通じるドロドロ感がいかにもサイケっす。実は隠れDonovanファンなので、そのうちDonovanのアルバムも紹介します。

「Rock Me Baby」
意外なブルース・ナンバー。このバンドにこんなブルージーな面があるなんて驚きだったなぁ。

「The Other Side Of This Life」
前述の『Gimme Shelter』のライブ演奏としても収録されていた曲。うまく表現できないけどシスコのヒッピーの臭いがプンプンしてくる曲デス。

「It's No Secret」
アルバム中一番カッチョ良いナンバー。この性急なスピード感がたまりません。

「Plastic Fantastic Lover」
これも『Surrealistic Pillow』収録曲。サイケムードたっぷりの曲デス。

ちなみにオープニングの「Clergy」では、ライトショーの一部として映画『キングコング』が映写されていたらしい。キングコングと聞いて、映画を思い浮かべるか、吉本を思い浮かべるかで世代がバレちゃうかもね!
posted by ez at 01:42| Comment(0) | TrackBack(1) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15176732

この記事へのトラックバック

Volunteers / Jefferson Airplane
Excerpt:  60年代に一世を風靡したフラワー/サイケデリック・ムーブメントの中心的存在、ジェファーソン・エアプレインのメッセージ・アルバム。ポール・カントナーの左翼指向が全面に展...
Weblog: ENDLESS HIGHWAY
Tracked: 2007-05-25 17:04