2010年06月28日

Dexter Wansel『Time Is Slipping Away』

人気フィリー・メロウ「The Sweetest Pain」収録☆Dexter Wansel『Time Is Slipping Away』
タイム・イズ・スリッピング・アウェイ(紙ジャケット仕様)
発表年:1979年
ez的ジャンル:後期フィリー・サウンド
気分は... :イングランド散る・・・

サッカーW杯は決勝トーナメント1回戦の目玉「イングランド対ドイツ」戦が行われ、1対4でドイツが快勝しました。前半のランパード"幻のゴール"は本当に気の毒でしたね。

ただし、イングランドは疑惑の判定云々よりもグループリーグを1位通過できなかったことが、ベスト16止まりに終わった最大の原因だと思います。また、若手の台頭が目立つドイツと比較して、4年前と大して顔ぶれが変わらないメンバー構成もどうだったのかな?という気がします。

逆にドイツはチームが一戦ごとに成長している印象を受けます。その意味ではグループリーグのセルビア戦の敗戦が良い薬となっているのでは?

できれば準々決勝は「ドイツ対アルゼンチン」を観たいですね。

今回は後期フィリー・サウンドを支えたキーマンの一人Dexter Wanselの4thソロ『Time Is Slipping Away』(1979年)です。

Dexter Wanselはペンシルベニア出身のキーボード奏者/プロデューサー/アレンジャー。

Gamble & HuffのPhiladelphia International Records(PIR)において、70年代後半よりプロデューサー/アレンジャー/ソングライティングとして重用され、The JacksonsMFSBBilly PaulJean CarnLou RawlsTeddy PendergrassPatti LabelleThe StylisticsThe Jones Girls等を手掛けました。まさに70年代後半から80年代前半のPIRを牽引した功労者の一人と言えるかもしれませんね。

また70年代に後半にはDexter Wansel自身ソロ作として、『Life on Mars』(1976年)、『What the World Is Coming To』(1977年)、『Voyager』(1978年)、『Time Is Slipping Away』(1979年)という4枚のアルバムをリリースしています。
※その後、2004年に久々のソロ『Digital Groove World』をリリースしています。

今回紹介する『Time Is Slipping Away』は、上記の4枚のソロ作の中で今日最も人気の高い1枚だと思います。シングルにもなった「I'll Never Forget (My Favourite Disco) 」をはじめとするダンス・チューンと、ハイライト曲「The Sweetest Pain」「New Beginning」といったメロウ・チューンがバランス良く配されている充実作です。

Dexter Wanselが全曲プロデュースし、殆どの曲のソングライティングも手掛けています。The Jones Girls「Nights over Egypt」、Patti Labelle「If Only You Knew」を共に書いたCynthia Biggsとの共作も3曲含まれています。

殆どがヴォーカル曲であり、Wansel自身がヴォーカルを務める曲もありますが、それ以上にThe Jones Girls、Terri Wells等のゲスト・ヴォーカル陣の華やかさが目立っています。

個人的には「The Sweetest Pain」に代表されるメロウ・サウンドにグッときます。

Wanselにそっくりのブルドッグと共に写るジャケはイマイチですが、コンテンポラリーなサウンド・センスは抜群だと思います。

後期フィリー・サウンドを支えたキーマンのサウンドをじっくり堪能しましょう!

全曲紹介しときやす。

「I'll Never Forget (My Favourite Disco) 」
シングルにもなったオープニング。The Jones Girlsがヴォーカルを務めるダンス・チューン。めくるめくフィリー・サウンドの中にもコンテンポラリーなアレンジ・センスが光ります。
http://www.youtube.com/watch?v=FJF4SfhuZeY

「The Sweetest Pain」
本作のハイライト。Terri Wellsのヴォーカルをフィーチャーした人気のメロウ・チューン。アーバン感覚のクール&メロウ・サウンドにグッときます。
http://www.youtube.com/watch?v=PctLKcvYLGk

当ブログで紹介済みのLoose EndsStefania Ravaのカヴァーも良いですよ!また、DJ Cam「Dieu Reconnaitra Les Siens」、J. Rawls feat. Venus Malone & Wordsworth「Inhale Exhale」、Cash Crew feat. 2 Neg「Turn It Out」等のサンプリング・ソースにもなっています。

Loose Ends「The Sweetest Pain」
 http://www.youtube.com/watch?v=EYjRqdwbwlw
DJ Cam「Dieu Reconnaitra Les Siens」
 http://www.youtube.com/watch?v=425rOjZ7ejo
J. Rawls feat. Venus Malone & Wordsworth「Inhale Exhale」
 http://www.youtube.com/watch?v=8b2vVb9TOV0
Cash Crew feat. 2 Neg「Turn It Out」
 http://www.youtube.com/watch?v=1QupyBnh09M

サンプリング・ソースという点では、『Life on Mars』収録の「Theme from the Planets」も定番ですね。
「Theme from the Planets」
http://www.youtube.com/watch?v=dNQ8PFD1AU8

「Funk Attack」
オリエンタル・ムードのイントロでスタートするファンク・チューン。シンセのブリブリ感とギターのセクシーな音色が印象的です。
http://www.youtube.com/watch?v=Rtd7JJA4hBU

「Time Is Slipping Away」
タイトル曲はWansel自身がリード・ヴォーカルをとるアーバン・メロウ・チューン。悪くはありませんが、他の曲の出来が素晴らしいので少しインパクトが弱いかも?
http://www.youtube.com/watch?v=a5mtW1uv_G4

「It's Been Cool」
軽快なダンス・チューン。国内盤ライナーにも書かれているようにRod Temperton作品にありそうな雰囲気ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=XBc-iFRSvLI

「Let Me Rock You」
The Jones Girlsのヴォーカルをフィーチャーしたキャッチーなディスコ・チューン。決して熱くなりすぎない感じがいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=WVKKwExrpvQ

「New Beginning」
作者のHerb Smithがリード・ヴォーカルを務めるメロウ&スウィートなミディアム・スロウ。Herb Smithのバリトン・ヴォーカルがいい感じです。
http://www.youtube.com/watch?v=MICU99hl2ng

Space Cowboy「Crazy Talk (Nique & Pique)」、The LOX Feat. Lil Kim,DMX「Money, Power & Respect」の元ネタにもなっています。

Space Cowboy「Crazy Talk (Nique & Pique)」
 http://www.youtube.com/watch?v=Q5RL5lGXh3g

「One For The Road」
ラストはフュージョン風のインスト。Wanselのシンセ・ソロとWillie Williamsのサックスが目立っています。
http://www.youtube.com/watch?v=r6OW7VzIlcs

さぁ、これから「メキシコ対アルゼンチン」です。
アルゼンチンにとっては侮れない相手ですよね。
メッシと共にマラドーナ監督のパフォーマンスに注目です(笑)
posted by ez at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154687474
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック