2010年10月24日

Bruno Mars『Doo-Wops & Hooligans』

大注目のBruno Mars!遂にフル・アルバムをリリース!☆Bruno Mars『Doo-Wops & Hooligans』
Doo Wops & Hooligans
発表年:2010年
ez的ジャンル:王道ポップ系新世代SSW
気分は... :流行ってますな・・・

今回は大ヒット中のBruno Marsのデビュー・アルバム『Doo-Wops & Hooligans』です。

Bruno Mars(本名:Peter Hernandez)は1985年ハワイ州ホノルル出身のシンガー・ソングライター。

父はラテン・パーカッション奏者、母はシンガーというミュージシャン一家に生まれたPeter少年は、幼少期から音楽に親しみ、ステージにも立っていた模様です。

高校卒業後にL.A.へ渡ったBrunoは、Philip LawrenceとAri LevineとプロデュースチームThe Smeezingtonsを結成し、ソングライター/プロデューサーとして頭角を現すようになります。

当ブログでも紹介したB.o.Bの大ヒット・シングル「Nothin' On You」をはじめ、Brandy「Long Distance」、Flo Rida「Right Round」、Sugababes「Get Sexy」、Travie McCoy「Billionaire」等を手掛けています。

B.o.B feat. Bruno Mars「Nothin' On You」
 http://www.youtube.com/watch?v=8PTDv_szmL0&ob=av3e
Travie McCoy feat. Bruno Mars「Billionaire」
 http://www.youtube.com/watch?v=8aRor905cCw&ob=av2e

やはり、B.o.B「Nothin' On You」ですよね。今年の全米No.1ヒットの中でも特に印象に残る本曲は、Hip-Hop界の新星B.o.Bと同様に新進気鋭のシンガー・ソングライターBruno Marsの名を、世界中の音楽ファンに知らしめることとなりました。

最近の全米Top40をネガティブな視点でしか眺めることしかできない僕でさえ、ラブリーな名曲「Nothin' On You」に魅了されてしまいました。PVを観て主役のB.o.B以上にBruno Marsに惹かれた人も多かったのでは?僕もそんな一人でした。

そして、EP『It's Better If You Don't Understand』を経て、遂にリリースされた待望のデビュー・アルバムが『Doo-Wops & Hooligans』です。

最新Hip-Hop/R&Bを手掛けてきた印象が強いBruno Marsですが、実際にはロック、フォーク、Hip-Hop、R&B、レゲエ等のエッセンスをハワイ育ちならではのフィルターを介して取り入れたシンガー・ソングライターといった感じでしょうか。

Elvis Presley、Michael Jackson、Princeといった王道ポップ・スターに影響を受けつつ、Jack Johnsonあたりにも通じるハワイ育ちらしいレイドバック感も兼ね備えた、キャッチーかつ和むヴォーカル&メロディが彼の魅力ですね。

全米No.1の大ヒットとなった先行シングル「Just the Way You Are」を含む全10曲は、現在の全米ヒット・チャートが失ってしまった何かを思い出させてくれます。

全10曲とコンパクトにまとめた構成にも好感が持てます。

全曲紹介しときやす。

「Grenade」
Michael Jacksonを彷彿させるオープニング。MJからの影響、憧れをストレートに出している感じが逆に清々しいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=3kfkTJCv4j8

「Just the Way You Are」
全米No.1の大ヒットとなった先行シングル。王道ポップ感と和み感が同居したBrunoらしい1曲です。みんなのBrunoへの期待に対する一発回答!って感じですね。
http://www.youtube.com/watch?v=LjhCEhWiKXk&ob=av2e

「Our First Time」
レゲエのリズムを取り入れた哀愁R&Bチューン。レゲエとR&Bを実に自然なかたちで融合させていますね。かなりのお気に入り曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=GiwT1PVp2jM

「Runaway Baby」
気持ちよくハジけた痛快ロック・チューン。あくまでもキャッチーさを最優先したロック・サウンドがグッド!
http://www.youtube.com/watch?v=IVlfJudmWNE

「The Lazy Song」
リラックス・モードのレゲエ・チューン。ハワイらしい雰囲気の仕上がりはJack Johnsonとセットで聴くとピッタリ!
http://www.youtube.com/watch?v=0_3PLQ5GQTU

「Marry You」
60年代ポップのエッセンスを上手く現代風に仕立てた1曲。懐かしくも新しい1曲です。Brunoは良いメロディのツボをよく心得ていますな。
http://www.youtube.com/watch?v=4oipuB4zHrA

「Talking to the Moon」
EP『It's Better If You Don't Understand』にも収録されていた胸キュンのバラード。ロマンチック・モードのハワイの夜が思い浮かびます。
http://www.youtube.com/watch?v=fcmfbAPu-AE

「Liquor Store Blues」
Bob Marleyの息子Damian Marleyをフィーチャー。本曲も含めてレゲエ調の楽曲が3曲収録されているのは少し意外でしたが・・・
http://www.youtube.com/watch?v=A_qLuTEryJs

「Count on Me」
この曲もEP『It's Better If You Don't Understand』収録曲。ハワイ出身のシンガー・ソングライターらしいさり気ないシンプルさがいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=qGlxZn7Uf6s

「The Other Side」
ラストはCee-LoB.o.Bをフィーチャー。EP『It's Better If You Don't Understand』にも収録されています。ノリの良いアッパー・チューンは実にキャッチーです。
http://www.youtube.com/watch?v=m8Ed8in9Qng

Cee-Loと言えば、彼の新曲「F**k You」のソングライティング&プロデュースをBrunoを含むThe Smeezingtonsが手掛けています。同曲を含むCee-Loの新アルバム『The Lady Killer』もThe Smeezingtonsプロデュースが全面プロデュースしているようなので、コチラも楽しみです。

Cee Lo Green「F**k You」
 http://www.youtube.com/watch?v=pc0mxOXbWIU

Cee Lo Green『The Lady Killer』
Lady Killer
posted by ez at 09:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「Runaway Baby」の細い高音はキュンとくるし、
「Just The Way You Are」はPVがカセットテープをモチーフにしてて更にキュン。
なんか、いろんなジャンルがミックスされてるけど、
僕的には好きな音が詰まってました。
Posted by YO-SUKE at 2010年10月26日 10:10
☆YO-SUKEさん

ありがとうございます。

いろんな要素がブレンドした新しい感覚のアーティストですよね。
特にMJばりの王道ポップ感覚と、ハワイらしいレイドバック感覚を併せ持っている点が好きです。プロデュースや客演作品も含めて、しばらく目が離せない存在ですね。
Posted by ez at 2010年10月27日 03:45
日本にもいろんな要素がブレンドした新しい感覚のアーティストがいますよー。

「さかいゆう」さんなんかどうですか?

Donny + Elton + ラボ + 大江 な感じですw

http://www.youtube.com/watch?v=Ojz1F3cK5p4
Posted by @satomachiya at 2010年11月23日 09:37
@satomachiyaさん

ありがとうございます。

PV観ました。
ネオ・ソウル+J-POPといった印象を受けました。
今時の"渋谷系"音楽なんですかね!
Posted by ez at 2010年11月23日 12:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166939351
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック