2010年10月27日

Kellee Patterson『Maiden Voyage』

Black Jazz Records屈指の1枚☆Kellee Patterson『Maiden Voyage』
メイデン・ヴォヤージュ
発表年:1973年
ez的ジャンル:Black Jazz系女性ジャズ・ヴォーカル
気分は... :エンジェル・ヴォイスにグッときます!

今回は黒人ジャズ・レーベルBlack Jazz Records唯一の女性ヴォーカル作品Kellee Patterson『Maiden Voyage』(1973年)です。

Black Jazz Records作品の紹介は、Doug Carn『Revelation』(1973年)に続き2回目となります。

Kellee Pattersonはシカゴ生まれ、インディアナ州ゲイリー育ちの女性ヴォーカリスト。ミス・インディアナ、ミス・アメリカにノミネートされた経歴も持つ美人シンガーです。

Black Jazzからデビュー・アルバム『Maiden Voyage』(1973年)をリリースしますが、その後ディスコ/ソウル路線へ変更し、『Kellee』(1976年)、『Turn On The Lights - Be Happy』(1977年)、『All the Things You Are』(1979年)という3枚のアルバムをリリースしています。

今回紹介するデビュー・アルバム『Maiden Voyage』は、レア・グルーヴ/サバービア・ファンにはお馴染みの作品ですね。

何と言ってもKelleeのキュートなエンジェル・ヴォイスに魅了されます。ジャズ/ソウル/R&Bがブレンドされた構成もいいですね。

人気曲「Magic Wand Of Love」「Maiden Voyage」もいいですが、「See You Later」(Flip Nunezのカヴァー)、「You」(Lani Hallのカヴァー)あたりもレア・グルーヴ/サバービア・ファンにはグッときます。

アルバム全体で30分にも満たない作品ですが、様々な魅力がコンパクトに凝縮されたBlack Jazz屈指の1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Magic Wand Of Love」
オススメその1。United Future Organizationもカヴァーした人気曲(Earl DeRoun作)。幻想的なフルートとKelleeのエンジェル・ヴォイスに優しく包まれます。まさにマジカルな輝きを放つ1曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=vqQ-POGpErI

「Look At The Child」
J. Lehman作。しっとりとしたバラード。Black Jazzらしいスピリチュアルな雰囲気を持ったバックの演奏にグッときます。

「Soul Daddy (Lady)」
Don Sebesky作。軽快なR&Bチューンに仕上がっています。Kelleeのエンジェル・ヴォイスは、こうしたR&Bチューンを歌っても意外と馴染んでいます。

「Maiden Voyage」
オススメその2。タイトル曲はHerbie Hancockの名曲カヴァーです。この名曲のヴォーカル入りカヴァーと言えば、以前に紹介したThird Waveのカヴァーも大好きなのですが、ミステリアスな中にも華やかな魅力が漂う本カヴァーも大好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=pe_BGztnils

「Don't Misunderstand」
J. Parks作。本作の中で一番ジャズ・ヴォーカル作品らしい仕上がりのバラード。

「See You Later」
オススメその3。Flip Nunez作のクラブジャズ人気曲。Nunez自身のヴァージョンに加え、Joanne GrauerやDave Mackay & Vicky Hamiltonのカヴァーも人気ですね。ここでは澄み切ったKelleeのヴォーカルに心が洗われます。

「You」
オススメその4。Sergio Mendes & Brasil '66でお馴染みの女性シンガーLani Hallのカヴァー。Kelleeのエンジェル・ヴォイスにマッチしたソフトな仕上がりです。

「Be All Your Own」
オススメその5。J. Lehman作。キュートな中にもエレガント&ソウルフルな魅力が漂います。

興味がある方は、2ndアルバム『Kellee』(1976年)以降のソウル/ファンク/ディスコ路線の作品もどうぞ!『Kellee』収録の「I'm Gonna Love You Just A Little More, Baby」も人気曲ですね。

『Kellee』(1976年)
Kellee
「I'm Gonna Love You Just A Little More, Baby」
 http://www.youtube.com/watch?v=ddBLMzOeNR8
「What You Don't Know」
 http://www.youtube.com/watch?v=FcaYk2zC2eQ

『Turn On The Lights - Be Happy』(1977年)
TURN ON THE LIGHTS
「If It Don't Fit, Don't Force It」
 http://www.youtube.com/watch?v=WY7Mx5QHrC0

『All the Things You Are』(1979年)
ALL THE THINGS YOU ARE
「Let Go, Let Go (Let Love Be The Driver)」
 http://www.youtube.com/watch?v=fxzyuyGTsyg
posted by ez at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167310462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック