2010年11月26日

Riff『Riff』

美メロ・スロウのオンパレード!初々しいデビュー作☆Riff『Riff』
Riff
発表年:1991年
ez的ジャンル:NJS系男性R&Bグループ
気分は... :ミポリン大好き...

一昨日からWOWOWで中山美穂の主演映画『東京日和』『Love Letter』『サヨナライツカ』を3夜連続で放送していますね。

ミポリン大好きの僕にとって、一昨夜の『東京日和』、昨夜の『Love Letter』は特にお気に入りの2本であり、二夜連続で幸せモードの夜を過ごしています。その影響でここ数日ミポリンのCDをよく聴いています。思わずミポリン作品をエントリーしそうな勢いです(笑)

そんな流れで今はスウィートなR&Bを聴きたい気分です。
そこでセレクトしたのが、ニュージャージー出身の男性R&BグループRiffのデビュー・アルバム『Riff』(1991年)です。

Kenny Kelly、Anthony Fuller、Dwayne Jones、Steven Capers、Michael Bestの5人組Riffの紹介は、2nd『To Whom It May Concern』(1993年)に続き2回目となります。

以前のエントリーでも書きましたが、90年代前半における期待の男性R&BグループがJodeciWhistleRiffの3組でした。

今日紹介するRiffのデビュー・アルバム『Riff』は、スウィートなスロウ〜ミディアムにグッとくる1枚です。2nd『To Whom It May Concern』はストリート色も打ち出してきましが、NJSしている本作はデビュー・アルバムらしい初々しさが好印象です。

本作からは、「My Heart Is Failing」(全米R&Bチャート第6位)、「If You're Serious」(全米R&Bチャート第7位)といったシングル・ヒットも生まれています。

プロデューサーの中にはベテランのプロデューサー/ソングライターDennis Lambertの名もあります。

アルバムの半数以上がオーソドックスな美メロ・スロウですが、単調になることなく全く飽きさせません。オーソドックスだからこそ年月を経て聴いても新鮮に聴けるのかもしれませんね。

スウィートな美メロ・スロウがお好きな方はぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「Everytime My Heart Beats」
オススメその1。オープニングはアルバムからの3rdシングル。初々しいダンス・チューンに仕上がっています。いかにも90年代初めなPVもグッときますね!親しみやすいメロディも日本人向けなのでは?
http://www.youtube.com/watch?v=ELiP5hfpLRQ

「My Heart Is Failing Me」
オススメその2。全米R&Bチャート第6位、全米チャート第25位となったヒット・シングル。スウィートなメロディ&コーラスにグッとくるハートフルなスロウ・チューン。聴いていると、甘く切ない若き日の思い出が次々と甦ってきます。
http://www.youtube.com/watch?v=eZf_-hKVzoY

「All Or Nothing」
この時代らしいタイトなリズムが印象的なアップ・チューン。イントロのプッシュ音も時代を感じさせますね(笑)。
http://www.youtube.com/watch?v=bOghpfb2Ztw

「If You're Serious」
オススメその3。2ndシングルとして全米R&Bチャート第7位のヒットとなりました。切なくも優しいメロディが心に沁みる美メロ・スロウ。Riffの魅力が凝縮された名曲だと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=F19ur08urcQ

「I Can't Believe We Just Met」
ハイ・トーンのヴォーカル&コーラスがマッチするバラード。このオーソドックスさがRiffの魅力ですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=_y1dvx3XT9s

「Baby It's Wonderful」
オススメその4。スロウ三連発の止めを刺す1曲。「If You're Serious」と並ぶ僕のお気に入り曲。初々しいヴォーカル&コーラスとスウィートなメロディに魅了されます。聴いているだけで心が温かくなるビューティフル・スロウです。
http://www.youtube.com/watch?v=9XwviT0CBug

「Temporary Insanity」
メンバーの5人の持ち味が堪能できるミッド・グルーヴ。打ち込みがこの時代らしいですが、なかなかグッとくるサウンド・プロダクションです。
http://www.youtube.com/watch?v=Pzx4m-OX7gM

「Little Girls」
オススメその5。彼らの初々しいコーラスの魅力が全開したスロウ。聴いているだけで胸がときめいてきます。
http://www.youtube.com/watch?v=1AiOGAXvI1Y

「Read My Eyes」
オススメその6。これでもかと畳み掛けるビューティフル・スロウ!これだけスロウのオンパレードにも関わらず、全く飽きがこないのが彼らの凄いところかもしれません。

「April's Fool」
ラストはNJSモードで締め括ります。
http://www.youtube.com/watch?v=YkkGGzQZOvc

『To Whom It May Concern』(1993年)
To Whom It May Concern
posted by ez at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170694574
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック