2011年05月09日

Milton Nascimento『Milton』

Som Imaginarioをバックにスケール・アップしたMiltonワールド☆Milton Nascimento『Milton』
ミルトン
発表年:1970年
ez的ジャンル:ミナス系MPB
気分は... :アルセお見事!

昨日はボクシングのスーパー・ファイト「マニー・パッキャオ対シェーン・モズリー」に注目していましたが、パッキャオが大差の判定勝ちで完勝しました。

3Rにダウンを喫したモズリーは、パックマンの脅威に怯えたまま防御一辺倒で試合終了。正直つまらない試合になってしまいましたね。

むしろ、前座のSバンタム世界タイトル戦「バスケスJr.対アルセ」の方が大興奮のファイトでした。大逆転で挑戦者アルセがバスケスJr.を下し、メキシコ人初の4階級制覇を成し遂げました。僕も観ていて「いつバスケスJr.が止めを刺すのだろう」と思っていたので、終盤一気に形勢逆転させたアルセの粘りにはかなり驚きました。おそらく、年間ベスト・マッチ候補になるでしょうね。

さて、今回はブラジルものからMilton Nascimento『Milton』(1970年)です。

ミナスを代表するアーティストMilton Nascimentoの紹介は、『Minas』(1975年)に続き2回目となります。

本当はLo Borgesと共演した歴史的名盤『Clube Da Esquina』(1972年)を紹介しようと思ったのですが、全21曲を紹介するにはそれなりにパワーが要るので今回は断念しました(笑)

今日紹介する『Milton』(1970年)は、『Milton Nascimento(Travessia)』(1967年)、『Courage』(1968年)、『Milton Nascimento』(1969年)に続く4thアルバムになります。

本作ではWagner Tiso率いるSom Imaginarioが初めてMiltonのバックを務めています。

Miltonのバック・バンドであると同時にプログレッシヴ・ロック・グループとしても知られるSom ImaginarioWagner Tiso(p、org、vo)、Ze Rodrix(org、fl、per、vo)、Tavito(g、b、vo)、Frederyko(g、vo)、Luiz Alves(b)、Robertinho Silva(ds)というメンバーが生み出すロック・サウンドが、Miltonを新たな音世界へ導いてくれます。

それ以外にNana VasconcelosLo Borgesがゲスト参加しています。

Som Imaginarioという強力バッキングを得て一段とスケール・アップしたMiltonワールドを堪能しましょう!

全曲紹介しときやす。

「Para Lennon E McCartney」
邦題「レノン&マッカートニーに捧ぐ」。Lo Borges/Marcio Borges/Fernando Brant作。タイトルからわかる通り、Beatlesへの想いが込められたオープニング。Beatles風のメロディとブラジルらしいロック・サウンドに思わずニンマリ。Beatlesの影響力の大きさ再認識できる1曲。
http://www.youtube.com/watch?v=e9-c8b76OMk

「Amigo, Amiga」
邦題「友人」。Milton Nascimento/Ronaldo Bastos作。Miltonらしい少し憂いのある音世界を堪能できます。ミナスの神秘といった雰囲気が漂うのがいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=Odne45Avnoo

「Maria Tres Filhos」
邦題「マリアと三人の子どもたち」。Milton Nascimento/Fernando Brant作。小気味良いバッキングにグッときます。オルガンが利いていますね!

「Clube da Esquina」
邦題「街角クラブ」。Milton Nascimento/Lo Borges/Marcio Borges作。前述の歴史的名盤『Clube Da Esquina』(1972年)にはNo.2が収録されていますが、本曲はそのNo.1ということになります(2曲は全く別の曲ですが)。本曲もMiltonらしい味わい深い哀愁メロディを堪能できます。
http://www.youtube.com/watch?v=Ji5eVpru_e0

「Canto Latino」
Milton Nascimento/Ruy Guerra作。憂いのある前半、明るく希望に満ちた中盤、美しい終盤とドラマチックに変化していくのがいいですね。Som Imaginarioが表情豊かなサウンドで盛り上げてくれます。

「Durango Kid」
Toninho Horta/Fernando Brant作。Toninho Hortaらしい美しいメロディで感動に包まれます。Toninho Horta好きの人は間違いなくハマる1曲だと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=xFhqzqnc7Ns

「Pai Grande」
邦題「偉大なる父」。Milton Nascimento作。名曲の誉れ高い1曲ですね。ミナスの大地のような壮大なスケール感を持った偉大な楽曲だと思います。Som ImaginarioのバッキングがMiltonワールドと見事にシンクロしています。

「Alunar」
Lo Borges/Marcio Borges作。本曲ではDori Caymmiがアレンジを担当。美しくドラマチックなブラジル・ロックに仕上がっています。本作ならではのダイナミックなロック・サウンドを堪能できます。個人的にはアルバムで一番面白い曲だと思います。特にロック・ファンはグッとくると思います。

「A Felicidade」
Antonio Carlos Jobim/Vinícius de Moraes作。ラストはサウダージ・モードのJobim作品で締め括ってくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=ZPs0VbGKX6g

CDには「Tema de Tostao」「O Homem Da Sucursal」「Aqui E Pais Do Futebol」「O Jogo」の4曲がボーナス・トラックとして追加収録されています。本編とは雰囲気が異なりますが、サッカー好きにはリラックスした「Aqui E Pais Do Futebol」「O Jogo」の2曲にグッときます。

他の初期Milton Nascimento作品もチェックを!

『Milton Nascimento(Travessia)』(1967年)
トラヴェシア

『Courage』(1968年)
Courage

『Milton Nascimento』(1969年)
Milton Nascimento

Milton Nascimento & Lo Borges『Clube Da Esquina』(1972年)
Clube da Esquina
posted by ez at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199979609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック