2012年03月01日

Lucy Pearl『Lucy Pearl』

Raphael Saadiq、Dawn Robinson、Ali Shaheed Muhammadによるユニットの唯一のアルバム☆Lucy Pearl『Lucy Pearl』
Lucy Pearl
発表年:2000年
ez的ジャンル:スーパーユニット系R&B
気分は... :この安定感はさすが!

今回はRaphael Saadiq(元Tony! Toni! Tone!)、Dawn Robinson(元En Vogue)、Ali Shaheed Muhammad(元A Tribe Called Quest)によるスーパーユニットLucy Pearlの最初にして最後のアルバム『Lucy Pearl』です。

Lucy Pearlの名を聴くと、懐かしさを感じるR&Bファンも多いのでは?

Raphael Saadiqが中心となって結成したスーパーユニットということで、当時は話題のR&Bユニットでしたよね。当初はD'Angeloも参加するという話でしたし・・・

アルバム『Lucy Pearl』は大ヒットと呼べるほどの商業的成功は収めませんでしたが、R&Bファンを十分楽しませてくれる1枚に仕上がっていたのではないかと思います。正直、目新しさや刺激は少ない作品ですが、中身の安定感はさすがという気がします。

Tony! Toni! Tone!A Tribe Called Quest共に大好きだった僕も、かなりのワクワク感を持って本作を迎え入れた記憶があります。

いざ聴いてみると、ナチュラルなソウル感覚の色が強くRaphael主導のユニットである印象が強かったですね。また、Dawnのキュートなヴォーカルも目立って、ユニット全体に華やかな印象を与えてくれたのは嬉しかったですね。逆にAliの存在感はイマイチ薄いのですが・・・

全ての曲をRaphaelがプロデュースし、多くの曲でAliもプロデュースに参加しています。さらにJake & The PhatmanやDJ Battlecatがプロデュースで参加している曲もあります。

本作をリリース後、Dawn Robinsonがユニットを脱退し、新たにJoiをメンバーに加え、ユニットの存続を図りますが、結局新作がリリースされることはありませんでした。

短命というのはスーパーユニットの宿命ですから仕方ないですね。

今聴いても和らいだリラックス感にホッとする1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Lucy Pearl's Ways」
オープニングはスーパーユニットの幕開けに相応しい1曲。Raphaelの1995年のソロ・シングル「Ask of You」を引用し、ATCQのクラシック「Electric Relaxation」をサンプリングしたファンには嬉しい1曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=kJQPDBozzv4

「Trippin'」
Raphael、Dawn、Aliというメンバー3人の個性がバランス良く反映された1曲。イナたいけど華やかなのがこのユニットらしいのでは?
http://www.youtube.com/watch?v=FHRKAeNHz5g

「Dance Tonight」
アルバムからの1stシングル。全米チャート第36位、同R&Bチャート第5位となりました。また、映画『Love & Basketball』(2000年)のサントラにも用いられています。リラックスしたRaphael、ラブリーなDawnのヴォーカルがグッド・ヴァイヴを醸し出すキャッチーなソウル・チューンに仕上がっています。
http://www.youtube.com/watch?v=dYWuAw_aCZY

「Lala」
Raphaelらしいメロディと、キュートなDawnのラ・ラ・ラ・ラ・コーラスが印象的です。ラブリーな空気感がいいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=YkyZ_dd-D2A

「Everyday」
この曲もRaphaelらしいソウル・チューンです。実に自然体な感じがいいですね。Raphael好きの人であればグッとくる1曲だと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=Cz8ocQHUxME

「Can't Stand Your Mother」
訴えかけるヴォーカルにグッとくる哀愁モードの仕上り。
http://www.youtube.com/watch?v=ZaxIuGnC9VQ

「Good Love」
軽やかなヴァイヴとDawnのキュート・ヴォーカルがよくマッチした1曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=ARw0w_Mazcs

「Without You」
アルバムからの3rdシングル。ギター・カッティングが心地好いグルーヴィーな仕上がりはかなり僕好みです。
http://www.youtube.com/watch?v=qO3Q9yi_C5g

本曲については故Jay Dee(J Dilla)によるアブストラクトなリミックスやハウス調のLiquid People Vocal Mixも要チェックですね。

「Without You (Jay Dee Remix) 」
 http://www.youtube.com/watch?v=BDxOXIkvyMM
「Without You (Liquid People Vocal Mix) 」
 http://www.youtube.com/watch?v=NV_T7F6_T3s

「Don't Mess with My Man」
アルバムからの2ndシングル。今日的には最も人気の1曲かもしれませんね。Dawnのヴォーカルを前面にフィーチャーし、アコースティック感も上手く採り入れたグルーヴィーなアップ・チューンに仕上がっています。
http://www.youtube.com/watch?v=xRVla7CA2a8

本曲についてはTalib Kweliをフィーチャーしたリミックスもあります。また、UKの女性ダンス・デュオBooty Luvがカヴァーしています。

Lucy Pearl Feat. Talib Kweli「Don't Mess With My Man (Remix)」
 http://www.youtube.com/watch?v=N24vs0fyKJM
Booty Luv「Don't Mess With My Man」
 http://www.youtube.com/watch?v=aDhTOTHAHo4

「Hollywood」
Lynyrd Skynyrd「Cry For The Bad Man」を引用したロッキンな仕上り。それまでの流れとは全く異なる雰囲気でなかなかインパクトがあります。

「Remember the Times」
アコースティック・ソウルにスクラッチ音でアクセントをつけています。シンプルですが結構好きです。
http://www.youtube.com/watch?v=QmVwkkWIlH0

「They Can't」
The Notorious B.I.G.「Long Kiss Goodnight」をサンプリングしたHip-HopテイストのキャッチーなR&Bチューン。Dawn、Aliの参加を考えたら、もう少しこのタイプの曲が多いのかなぁ?なんて思っていたのですが・・・
http://www.youtube.com/watch?v=ByL8StHp18I

「Do It for the People」
インタールード的な雰囲気もソウルフルな小曲。
http://www.youtube.com/watch?v=b-8mNtRsLd4

「You」
Snoop DoggとQ-Tipが参加したHip-Hopテイストの仕上がり。この曲はDJ Battlecatもプロデュースに参加しています。個人的にはRaphaelとQ-Tipの共演というのが嬉しかった記憶があります。
http://www.youtube.com/watch?v=3OgPkAWGIDE

「Lucy Pearl Tells」
アルバムのアウトロ。さらに隠れトラックとして「LaLa (211 Remix)」が収録されています。

今日から3月ですかぁ・・・早いですね。
でもいろいろな意味で成果を出さねばならない大事な1ヶ月です。
時間を大切にせねば・・・
posted by ez at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254879325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック