2012年05月31日

Donell Jones『Life Goes On』

全米アルバム・チャート第2位となったセクシー男性R&B☆Donell Jones『Life Goes On』
Life Goes on
発表年:2002年
ez的ジャンル:セクシー男性R&B
気分は... :それでも人生は続く...

今回はDonell Jonesの3rdアルバム『Life Goes On』(2002年)です。

シカゴ出身の男性R&BシンガーDonell Jonesの紹介は、4thアルバム『Journey Of A Gemini』(2006年)に続き2回目となります。

LA Ried、BabyfaceのLA Faceより1996年にデビューアルバム『My Heart』をリリースし、その後も2nd『Where I Wanna Be』(1999年)、3rd『Life Goes On』(2002年)、4th『Journey Of A Gemini』(2006年)と着実にキャリアを積んできたかのように見えたDonell Jonesですが、LA Faceを離れてからは苦戦しているようですね。

2009年にリリースされた『The Lost Files』はリリースされたこと自体知りませんでしたし、昨年リリースされた現時点での最新作『Lyrics』も購入しましたが、ブログで取り上げたいと思うほどの作品に仕上がっていないというのが正直な感想です。

『Journey Of A Gemini』(2006年)は『ezが選ぶ2006年の10枚』に選ぶほどのお気に入り作であっただけに残念な限りです。その『Journey Of A Gemini』リリース時のプロモーションに不満を持ち、LA Faceを離れてしまったようですが・・・

う〜ん、『Where I Wanna Be』『Life Goes On』『Journey Of A Gemini』の頃のDonell Jonesを懐かしく思ってしまうのは僕だけでしょうか・・・

3rdアルバムとなる本作は『Life Goes On』は、全米アルバム・チャート第3位、同R&Bアルバム・チャート第2位という好成績を収めています。前作『Where I Wanna Be』からのシングル「U Know What's Up」TLCのLeft Eyeをフィーチャー)のようなヒット曲はありませんが、アルバム全体として充実した1枚に仕上がっています。

派手さはなく、メリハリには欠けますが、セクシー男性R&Bバラードがお好きな人であれば気に入る1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Still」
哀愁グルーヴでアルバムは幕を開けます。Chris Absolam/Jamie Hawkins/Richard Smithプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=IWzPfarZiDY

「Put Me Down」
Styles Pをフィーチャー。前作からのヒット「U Know What's Up」の流れを汲むアップ・チューン。Darren Lighty/Edward "Eddie F" Ferrellプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=dZgrT1HPPrc

「You Know that I Love You」
オススメその1。アルバムからのリード・シングル。セクシー&メロディアスなミッド・チューンです。Donellの優しい歌声が包み込んでくれます。Chris Absolam/Jamie Hawkins/Richard Smithプロデュース。Michael Jackson「I Can't Help It」をサンプリング。
http://www.youtube.com/watch?v=IuGVbMbzfJk

「Where You Are(Is Where I Wanna Be) (Part 2) 」
切々と歌い上げるスロウ。ジワジワと哀愁モードが伝わってきます。Donell Jones/Kyle Westプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=w0T5mXPh9Tw

「Do U Wanna」
オススメその2。セクシーなハイ・トーン・ヴォーカルにヤラれてしまう美メロ・バラード。Donell Jones/Kyle Westプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=M03wHQF7jjM

「Life Goes On」
オススメその3。Donellの優しい歌声にホッとするミディアム・スロウ。何かでモヤモヤした時に聴くとマインド・リセットしてくれる1曲かもしれません。Donell Jonesプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=oSzSw5ScgRM

「Freakin' U」
ダークなビート感の効いたミッド・グルーヴ。Teflon/Donell Jonesプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=w_zvoDJogSg

「Gotta Get Her (Outta My Head)」
オススメその4。哀愁モードのグルーヴィーR&B。バック・ヴォーカル陣とも息の合ったヴォーカル・ワークが魅力です。
Darren Lighty/Edward "Eddie F" Ferrellプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=SM33mkFJpYc

「Guilty By Suspicion」
哀愁メロディをバックに切々と歌い上げるバラード。Donell Jonesプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=SM33mkFJpYc

「Don't Leave」
オススメその5。個人的には一番のお気に入り。G-Wiseのトークボックス使いがいい感じの哀愁スロウ。トークボックス・バラードがお好きな人はぜひチェックを!Sheldon Goode/Donell Jonesプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=eszN6ktfCUc

「Comeback」
オススメその6。心の奥にしみ渡るアコースティック・バラード。しみじみと伝わってくる感じがいいですね。Donell Jonesプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=-hcuoRtosgY

「I Hope It's You」
ラストは美しいバラードで締め括ってくれます。Donell Jonesプロデュース。
http://www.youtube.com/watch?v=ePbrKYqgsVA

僕の保有するCDはオリジナル12曲のみですが、映画『Love & Basketball』のサントラに収録されていた「I'll Go」を追加収録したものもあるようです。

「I'll Go」
http://www.youtube.com/watch?v=y2cKJazJYl4

Donell Jonesの過去作品もチェックを!

『My Heart』(1996年)
My Heart

『Where I Wanna Be』(1999年)
Where I Wanna Be

『Journey Of A Gemini』(2006年)
Journey of a Gemini

『The Lost Files』(2009年)
The Lost Files

『Lyrics』(2011年)
Lyrics
posted by ez at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック