2012年07月14日

Caetano Veloso『Outras Palavras』

80年代最初のCaetano作品はリラックス・モード☆Caetano Veloso『Outras Palavras』
Outras Palavras
発表年:1981年
ez的ジャンル:バカンス系MPB
気分は... :コメントで投稿エラー連発(泣)

最近、seesaaブログがおかしい・・・
月別アクセスログは集計できない、コメントを投稿してもエラー続き・・・

コメントは原因不明ですが、コメント文に特定の文字(半角英数?)が入るとエラーが出てしまうみたいです。今まではそんなことなかったのですが。もし、コメントでエラーが出てしまう方はそのあたりをご注意ください。

今回はブラジル音楽界の牽引者Caetano Velosoのヒット・アルバム『Outras Palavras』(1981年)です。

これまで紹介したCaetano Veloso関連作品は以下の6枚。

 『Tropicalia:Ou Panis Et Circencis』(1968年)
 『Caetano Veloso』(1969年)
 『Caetano Veloso』(1971年)
 『Qualquer Coisa』(1975年)
 『Cores, Nomes』(1982年)
 『Caetano』(1987年)

今回紹介する『Outras Palavras』(1981年)は80代最初のCaetano作品です。

『Muito』(1978年)の時に結成されたバックバンドA Outra Banda Da Terra (Tomas Improta、Arnaldo Brandao、Vinicius Cantuaria、Bolao)を従え、全体的に開放的な雰囲気のアルバムに仕上がっています。

ファンキーあり、ボッサあり、フォーキーあり、レゲエ調あり、メロウありとバラエティ感があり、オリジナル以外にHenri Salvadorの名曲「Dans Mon Ile」のカヴァーなども収録されています。

某資料によると、初めてセールスが10万枚(多分、ブラジル国内でのセールス枚数)を超えたアルバムなのだとか。ブラジルの事情がよくわかりませんが、何か意外ですよね。

セールス面でも好調だったことが裏付けるように、結構聴きやすいアルバムだと思います。

開放的でメロウなサウンドはサマー・モード、バカンス・モードにもフィットする1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Outras Palavras」
Caetano Velos作。メロウ・サウンドが心地好いオープニング。開放的なライト・サウンドは週末の休日モードにぴったりです。
http://www.youtube.com/watch?v=d7HvmTUyGTA

「Gema」
Caetano Velos作。パーカッシヴなボッサ・チューン。パーカッションでメリハリがついているのがいいですね。

「Vera Gata」
Caetano Veloso作。爽快ブリーズなファンキー・サウンドがサマー・モードへと誘ってくれます。

「Lua E Estrela」
Vinicius Cantuaria作。ブラジルでヒットした曲のようですね。優しく繊細なフォーキー・チューンに仕上がっています。
http://www.youtube.com/watch?v=TqxKX97TxsY

「Sim/Nao」
Caetano Veloso/Bolao作。レゲエ調の仕上り。本作の持つ楽園モードな雰囲気にマッチしています。
http://www.youtube.com/watch?v=3N6rnLBXPTA

「Nu Com A Minha Musica」
Caetano Veloso作。口笛の響きが印象的なフォーキー・チューン。
http://www.youtube.com/watch?v=AKXp9Z0aHGE

「Rapte-Me Camaleoa」
Caetano Veloso作。ジェントル・モードのメロウ・チューン。寛いだ雰囲気で聴けます。
http://www.youtube.com/watch?v=g633wMmEedM

「Dans Mon Ile」
Maurice Pon/Henri Salvador作。ボサノヴァの誕生に貢献したフランス人アーティストHenri Salvadorの名曲をカヴァー。郷愁感たっぷりのシブい仕上りにグッとくきます。故Henri Salvadorのアルバムも近々取り上げたいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=2_HP8OMJDo4

「Tem Que Sser Voce」
Caetano Veloso作。A Outra Banda Da Terraのキレのある演奏を楽します。

「Blues」
Pericles Cavalcanti作。1分強の小曲。ギターの弾き語りです。

「Verdura」
Paulo Leminski作。前曲に続き1分強の小曲です。

「Quero Um Baby Seu」
Paulo Zdanowski/Luiz Carlos Siqueira作。僕の一番のお気に入り。サマー・モードのメロウ・グルーヴです。AOR好きの人が聴くと気に入ると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=ykLbYPBr6Rc

「Jeito De Corpo」
Caetano Veloso作。ラストはバカンス気分で締め括ってくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=NaaN9DtWzJo

Caetano Veloso関連作品の過去記事もご参照下さい。

『Tropicalia:Ou Panis Et Circencis』(1968年)
Ou Panis Et Circensis

『Caetano Veloso』(1969年)
Caetano Veloso (Irene)

『Caetano Veloso』(1971年)
Caetano Veloso (A Little More Blue)

『Qualquer Coisa』(1975年)
Qualquer Coisa

『Cores, Nomes』(1982年)
Cores & Nomes

『Caetano』(1987年)
Caetano (Jose)
posted by ez at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/280970983
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック