2012年08月31日

Snowboy & The Latin Section『Descarga Mambito』

Acid Jazzを代表するラテン・ジャズ作品☆Snowboy & The Latin Section『Descarga Mambito』
Descarga Mambito
発表年:1991年
ez的ジャンル:Acid Jazz系ラテン・ジャズ
気分は... :夏の終わりに・・・

もう8月も最終日ですね。
今年は忙しすぎて全く夏気分に浸れない8月でしたね。

その分、毎日ブラジル/ラテン、ハワイアンAOR、クラブジャズ等の夏系音楽に癒されていました。

8月ラストに紹介する作品もそんな1枚、Snowboy & The Latin Section『Descarga Mambito』(1991年)です。

Snowboy(本名:Mark Cotgrove)はUKクラブジャズ・シーンを牽引するDJ/ラテン・パーカッション奏者。

70年代後半に10代でDJを開始し、その後パーカッションを演奏するようになり、80年代後半〜90年代前半のAcid Jazzブームで自身のグループThe Latin Sectionを率いて作品をリリースし、クラブジャズ・シーンを代表するラテン・パーカッション奏者として認知されるようになりました。

その後もコンスタントに自身の作品やコンパイルしたコンピ作品をリリースしています。

僕はモロにAcid Jazzブームを体現した世代なので、Snowboyもよく聴きました。アルバム単位でよく聴いたのは本作『Descarga Mambito』(1991年)ですが、Noel McKoyをフィーチャーした「Lucky Fellow」Anna Rossをフィーチャーした「Girl Overboard」といったヴォーカル入りシングルもよく聴きました。

Snowboy feat. Noel McKoy‎「Lucky Fellow」
 http://www.youtube.com/watch?v=FQqrr5ZOEos
Snowboy feat. Anna Ross「Girl Overboard」
 http://www.youtube.com/watch?v=35nKLJDcNcY

僕の場合、90年代終盤から2000年代前半にかけてクラブジャズ系作品のフォローが疎かになっていたので、Snowboyの活動を一貫してフォローしていたわけではありませんが、振り返るとやはり先見の明がある人という印象を受けます。

今日紹介する『Descarga Mambito』(1991年)はSnowboyのラテン魂を満喫できます。前述のようなヴォーカルを大きくフィーチャーした楽曲はなく、ラテン・ジャズ一本で勝負する潔さを感じるAcid Jazz作品に仕上がっています。

アシッド・ジャズ/クラブジャズ好きのみならず、70年代ラテン/サルサ好きの方もぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「Bella Bella」
Victor Hugoのヴォーカルをフィーチャーした短めのオープニング。アルバムのプロローグといった感じです。

「Mambito」
「Mambo In Two Parts」と並ぶ本作のハイライト。N.Y.ラテン・シーンで活躍するトロンボーン奏者Joe De Jesusをフィーチャーした疾走感が格好良すぎる高速マンボ・グルーヴ。Snowboyのパーカッションも軽快に鳴り響きます。
http://www.youtube.com/watch?v=ajZPrUABjqg

「In The Wee Small Hours」
Frank Sinatraでお馴染みのスタンダードをカヴァー(Bob Hilliard/David Mann作)。有名スタンダードもSnowboyの手にかかれば小粋なラテン・グルーヴに早変わりです。クラブジャズ/ラテン・ジャズ好きには文句なしの出来栄え!

「Mambo In Two Parts」
僕の一番のお気に入り。アシッド・ジャズ/クラブジャズ好きのみならず、70年代ラテン/サルサ好きも納得の格好良さだと思います。終盤にさらにギアが一段上がり加速していくのがたまりません。
http://www.youtube.com/watch?v=iW0k7ycrkS8

「Where's The One」
冒頭でSnowboyのパーカッション・ソロを満喫できます。パーカッション好きにはたまらない演奏です。

「Snow, Snow, Quick Quick Snow」
エキサイティングな演奏を続くなかで、一息つかせてくれる小粋なセンスが光る1曲。Gary Plumleの涼しげなフルートが印象的です。

「Descarga Mosambique」
ラストも軽快に疾走する高速ジャズ・ダンサーで締め括ってくれます。Snowboyのラテン魂が本物であることを実感できます。

他のSnowboy作品もチェックを!

『Ritmo Snowbo』(1989年)
Ritmo Snowbo

『Something's Coming』(1993年)
Something's Coming

『Pitbull Latin Jazz 』(1995年)
Pit Bull Latin Jazz

『M.F.O.S. - Many Faces of Snowboy』(1996年)
メニー・フェイシス・オブ・スノーボーイ

『Mambo Rage』(1998年)
Mambo Rage

『Afro Cuban Jazz』(2000年)
アフロ・キューバン・ジャズ

『Para Puente』(2002年)
Para Puente

『New Beginnings』(2004年)
New Beginnings

『Communication』(2008年)
Communication
posted by ez at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/289278973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック