2007年01月17日

Kool & The Gang『Wild and Peaceful』

グループの大きな転換期となったファンキー・グルーヴの傑作☆Kool & The Gang『Wild and Peaceful』
Wild and Peaceful
発表年:1973年
ez的ジャンル:ワイルド&ピースフル系ファンク
気分は... :ファンクで気合い入れよっと(*^ ^*)V

『Something Special』に続くKool & The Gangの2回目の登場デス。

僕がリアルタイムで聴いていたKool & The Gangは、ボーカルのJames "J.T." Taylorの加入したのキャッチーなコンテンポラリー路線の諸作だ。今でも、『Ladies Night』(1979年)、『Celebrate!』(1980年)、『Something Special』(1981年)、『As One』(1982年)という4枚あたりが一番愛着がある。

でも、Robert "Kool" Bellと Ronald BellのBell兄弟を中心に1964年に結成されたグループの長い歴史を振り返ると、デビュー直後のジャズ・インスト路線、70年代に入ってからのストリート・ファンク路線と、さまざまな歴史を刻んできた。

ということで、今回は、ストリート・ファンク路線を代表するアルバム『Wild and Peaceful』(1973年)っす。客観的に見れば、本作『Wild and Peaceful』がグループの最高傑作かもしれませんね。

何と言っても、本作には、若いリスナーの方にも人気の高い「Funky Stuff」「Jungle Boogie」「Hollywood Swinging」 という3大クラシックが収録されていマス。

本作の発表を前に、メンバーはイスラム教に改宗したのだとか。そのあたりがこのパワフルなストリート・ファンクの傑作誕生の原動力になったのかもしれませんね。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Funky Stuff」
3大クラシックの1曲目。全米R&Bチャート第5位のヒットとなりましシタ。まさに言うことなしのファンクの名曲。ホイッスルと共に始まるワイルドでストリートなファンク・ナンバー。うねりまくるグルーヴと掛け声の絡み具合がサイコーっす。

Beastie Boys「Hold it Now, Hit It」、Gang Starr「DJ Premier in Deep Concentration」、Pizzicato Five「ゴーゴー女王陛下」などでサンプリング・ネタとして使われていマス。また、結成40周年記念アルバム『The Hits:Reloaded』の中でBig Brovazをフィーチャーし、リメイクしていマス。

「More Funky Stuff」
「Funky Stuff」でフラフラ状態なところへ、さらに続編でダメ押しってカンジっす。

「Jungle Boogie」
3大クラシックの2曲目。全米ポップ・チャート第4位、R&Bチャート第2位の大ヒットとなりましシタ。リズムとホーンと掛け声が見事に三位一体となったファンクのマスターピース。思わず立ち上がって腰フリフリの1曲っす。

サンプリングの大定番として有名ですね。主なところを挙げると、Grandmaster Caz「Get Down Grandmaster」、Beastie Boys「Hey Ladies」Public Enemy「Welcome to the Terrordome」、EPMD「Strictly Business」、「You Gots to Chill」、「You're a Customer」、「Can't Hear Nothing But the Music」、Ice Cube「The Product」、Big Daddy Kane「Get Down」、Blackstreet feat. Dr. Dre「No Diggity (Das Diggity Remix) 」TLC「Ain't 2 Proud 2 Beg」、Janet Jackson「You Want This」、The Roots「Don't Feel Right」などがあります。

Quentin Tarantino監督の出世作『Pulp Fiction』(1994年)のサントラにも収録されていましたね。また、前述の記念アルバム『The Hits:Reloaded』収録のRedmanをフィーチャーしたリメイク・バージョンも要チェックだと思いマス。

「Heaven at Once」
アゲアゲのファンク3連発の後はピースフルなスロウで一息入れましょう。ホーン隊が実にステキですな。Fugees「Nappy Heads」の元ネタです。

「Hollywood Swinging」
3大クラシックの3曲目。全米ポップ・チャート第6位、R&Bチャート第1位の大ヒットとなりましシタ。ヘイ!ヘイ!へ〜イ!なファンク・ナンバー。

Mase「Feel So Good」、Too $hort「Money in the Ghetto」、DJ Kool「Let Me Clear My Throat」、Mack 10「Inglewood Swangin'」などでサンプリング・ネタとして使われていマス。前述の記念アルバム『The Hits:Reloaded』では、Jamiroquaiをフィーチャーしたリメイクを披露してくれていマス。

「Wild and Peaceful」
3大クラシックの陰に隠れてしまいがちだが、なかなか聴き応えのある大作メロウ・グルーヴ。どちらかと言えば、ジャズ・インスト路線時代のテイストですかね。

80年代以降の作品のみならず、1970年代の作品も聴くことで、グループの真髄が見えてくると思いますよ!どうしてもベスト盤あたりで済ませてしまいがちですが、オリジナル盤で聴くことをオススメします。
posted by ez at 00:01| Comment(0) | TrackBack(2) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31535822

この記事へのトラックバック

MACK
Excerpt: MACKのCD/DVD/本/
Weblog: = 音凾 =
Tracked: 2007-01-17 09:08

ビッグ・ダディ・ケイン It's A Big Daddy Thing
Excerpt: It's a Big Daddy Thing  前回に続きBig Daddy Kaneの2ndを紹介。1stがブレイクし一躍人気ラッパーとなったダディ・ケインですが、この2ndでは複数の実力..
Weblog: Donkey Punch Blog ドンキーパンチ ブログ
Tracked: 2007-09-15 02:44