2007年03月09日

Pete Rock & C.L. Smooth『Mecca & The Soul Brother』

Pete Rockの才能の凄さを再認識できる1枚☆Pete Rock & C.L.Smooth『Mecca & The Soul Brother』
Mecca and the Soul Brother
発表年:1992年
ez的ジャンル:ジャジー&メロウ系Hip-Hop
気分は... :やっぱりミラクルな1枚だよね♪(【^_^】)♪

ここ1ヶ月の激動の日々の中で、殆ど休む時間がなく、心身ともに疲労のピークに達していた。そこで昨日は午前中に少し仕事をした後、午後からは久々にダラダラと過してリフレッシュ。

これで今日から気分一新でまた頑張りマ〜ス!

そんなダラダラ・モードの午後に聴いていたのが、Pete Rock & C.L.Smooth『Mecca & The Soul Brother』(1992年)♪

Pete Rock & C.L.Smoothは、かなり前に『The Main Ingredient』(1994年)を紹介しまシタ。
『The Main Ingredient』は、僕にとってHip-Hopが1つのピークに達したように思えた傑作だったけど、『The Main Ingredient』の1つ前の作品となる本作『Mecca & The Soul Brother』もなかなかの傑作です。

1991年に発表した『All Souled Out』はミニ・アルバムなので、本作『Mecca & The Soul Brother』Pete Rock & C.L.Smoothにとって、初のフルアルバムということになりマス。

僕はこの『Mecca & The Soul Brother』からリアルタイムでPete Rock & C.L.Smoothを聴き始めたんだけど、とにかく後で紹介する「Lots of Lovin」一曲で完全にKOされてしまいまシタ。Hip-Hopでこんなメロウな気分になったのは、Stetsasonic「Float On」以来だったかもね。

それ以外にも「Straighten It Out」「They Reminisce over You (T.R.O.Y.) 」といったクラシックをはじめ、粒揃いのトラックがズラリと並びます。

ソロになってからのPete Rockも悪くないけど、僕にとってはPete Rock & C.L.Smooth時代は別格のような気がしますね。
天才プロデューサー/トラックメイカーPete Rockの凄さを堪能して下さい!

オススメ曲を紹介しときやす。

「Return of the Mecca」
オープニングからPete Rock 独特のホーン使いとユラユラ揺れるカンジのトラックが堪能できマス。Three Degrees「You're the Fool」、Mountain「Long Red」ネタ

「For Pete's Sake」
少し不穏なムードのトラックがかなり好き。Little Richard「The Rill Thing」、Freddie McCoy「Gimmie Some」ネタ。

「Ghettos of the Mind」
ホント、Pete Rockはホーン・ネタの使い方が上手ですなと実感する曲です。Bama「Ghettos of the Mind」ネタ。

「Lots of Lovin」
Pete Rock & C.L.Smoothの全作品の中で僕の一番のお気に入り☆まさにメロウHip-Hopの最高峰と呼べる永遠のクラシックですな。甘く儚い幻想的なトラック、C.L.Smoothのスムースなラップ、Terri Robinson、Tabitha Braceのバック・コーラス全てが最高っす!Ohio Players「What's Going On」ネタ。Don Covey「If There's A Will,There' A Way」をサンプリングしたリミックス・バージョンもなかなか。

「Act Like You Know」
ファンキーでジャジーなグルーヴ感が目茶カッチョ良い1曲。Eugene McDaniels「Freedom Death Dance」、Eddy Senay「Cameo」、Grant Green「Down Here On The Ground」ネタ。

「Straighten It Out」
シングルにもなったクラシック。この曲も15年経っても全然輝きを失うことがありませんね。C.L.Smoothのラップも含めて全体がセクシーだよね。Simtec & Wylie「Bootleggin'」、Mongo Santamaria「Heighty Hi」、Kool & The Gang「Chocolate Buttermilk」、Ernie Hines「Our Generation」ネタ。

「Wig Out」
Georgie Fame & The Blue Flames「Music Talk」ネタのモッズなイントロがカッチョ良いですな。本編はドラムブレイクがなかなか印象的!

「They Reminisce over You (T.R.O.Y.) 」
1990年のツアー中に事故死したHeavy D. & The BoyzのT-Royへ捧げられた1曲。Pete Rock & C.L.Smoothを代表する1曲といえるクラシックですね。Tom Scott「Today」ネタのホーンがいつまでも耳に残りマス。The Beginning of the End「When She Made Me Promise」ネタ。

「It's Like That」
楽しげなムードのトラックが結構好きですな。Gentlemen & Ladies「Party Time」ネタ。

「Can't Front on Me」
この曲もPete Rockらしい幻想的なメロウネスを堪能できマス。Alyn Ainsworth「Where Do I Go」、Five Stairsteps「Don't Change Your Love」ネタ。

「The Basement」
Heavy D.、Robo-O,、Grap & Didaをフィーチャー。ちなみにGrap LuvaはPete Rockの弟であり、Heavy D.もPeteの血縁です。ユラユラしたトラックにのって、達者なフロウを聴かせてくれマス。Backyard Heavies「Expo '83」ネタ。

やっぱり僕にとってのHip-Hop黄金期は90年代前半になってしまいマス。
posted by ez at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35522172

この記事へのトラックバック