2014年03月30日

The Internet『Feel Good』

Odd Futureからリリースされた注目の男女R&Bデュオの2nd☆The Internet『Feel Good』
Feel Good
発表年:2013年
ez的ジャンル:Odd Future系男女R&Bデュオ
気分は... :OFWGKTAやるねぇ!

今回は新作R&BアルバムからThe Internet『Feel Good』です。
昨年デジタル配信でリリースされた新作がようやくCDリリースされました。注目のレーベルOdd Futureからのリリースです。

The Internetは2011年にL.A.で結成されたユニット。メンバーはSyd tha Kyd(vo)、Matt Martians (beats)の2人。

2人はTyler the Creator率いるL.A.のオルタナHip-Hop集団OFWGKTA (Odd Future Wolf Gang Kill Them All)のメンバーです。OFWGKTAにはTyler the Creatorをはじめ、才能豊かなプロデューサー/ラッパー/シンガーが数多く属しています。大ブレイクしたFrank OceanもOFWGKTAのメンバーです。そんな中でSyd tha KydはOFWGKTA紅一点メンバーとして異彩を放っています。

The Internet名義では2011年にデビュー・アルバム『Purple Naked Ladies』をリリースし、本作『Feel Good』が2ndアルバムとなります。

アルバムにはPharrell Williamsがプロデュースしたシングル「Live Your Life」が話題となったマレーシア人シンガー・ソングライターYuna(Yuna Zarai)、プロデューサーとしても本作に貢献している男性キーボード奏者/シンガーのTay Walkerピッツバーグ出身のラッパーMac Miller、ソロ名義の作品リリースやZo!『SunStorm』The Foreign Exchange『Authenticity』等でのフィーチャリングで注目される男性R&BシンガーJesse Boykins the III等がフューチャーされています。

アルバムにはメンバー以外にThe Neptunesの片割れChad Hugo、天才ベーシストThundercat(Stephen Bruner名義)、IncubusのギタリストMike Eizinger等がプロデューサーに起用されています。Mike Eizingerはエグゼクティブ・プロデューサーとしてもクレジットされています。

アルバム全体としてはメロウ&ミステリアスなソウル作品に仕上がっています。Odd Futureらしいオルタナ感も満喫できます。

想像以上に生音重視の作品であり、Patrick Page II(g、b)、Christopher Allen Smith(ds)、Tay Walker(key)といったサポート・ミュージシャンの貢献も本作を魅力的なものにしています。

まずは「Dontcha」を聴いてみてください!
この1曲で本作のセンスの良さがわかるはずです。

ジャンルの枠を超えた僕好みの1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Tellem (Intro)」
アンダーグラウンドなジャジー&メロウ感が印象的なアルバムのイントロ。

「Sunset」
Yuna Zaraiをフィーチャー。Yunaのキュートなヴォーカルが栄える絶品メロウ・ソウル。メロウ・ソウル好きにはオススメの1曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=y4BMeQYBoU0

「Dontcha」
Chad Hugoもプロデューサーとして名を連ねる本曲がアルバムのハイライトかもしれません。80年代ブギー・テイストを散りばめたクールなダンサブル・チューン。格好良すぎます!最近はPharrell Williamsばかりが目立っていますが、Chadもいい仕事してまっせ!
http://www.youtube.com/watch?v=28JAS1ZUUqw

「You Dont Even Know」
Tay Walkerをフィーチャー。シンセの音色が織り成す幻想的なサウンドが印象的なメロウ・ソウル。Tay Walkerの男性ヴォーカルもなかなかセクシーです。
http://www.youtube.com/watch?v=EU4JOjKiPTE

「Pupil/The Patience」
地を這うベース音が腹に響くコズミック・ファンク「Pupil」と荘厳なインスト「The Patience」のメドレー。
http://www.youtube.com/watch?v=u56ydSreHXQ

「Red Balloon」
Thundercatプロデュース曲。ミニマル感覚の幻想的なメロウ・チューンに仕上がっています。
http://www.youtube.com/watch?v=GZPsQayzlPk

「Cloud Of Our Own」
このユニットやサポート・メンバーの持つ音世界を満喫できるコズミック・ソウル。Odd Futureらしいオルタナな魅力に溢れています。brandUn DeShay「Why You Gotta Zodiac Like That」をサンプリング。
http://www.youtube.com/watch?v=8h-PPryDd5A

「Runnin'」
Tay Walkerをフィーチャー。クロスオーヴァー/フューチャー・ソウル好きの人にオススメの1曲。近未来的な疾走感がいい感じ!
http://www.youtube.com/watch?v=vsYVmXalykU

「Matt's Apartment」
Matt MartiansとChristopher Allen Smithの2人が中心となって創り上げたエクぺリメンタルな雰囲気の仕上がり。
http://www.youtube.com/watch?v=q8GWuuN53ZA

「Shadow Dance」
ネオソウル調の仕上がり。美しい中にも少しレイジーなムードが漂うのがいいですね。マッタリと過ごしたいときにマッチします。
http://www.youtube.com/watch?v=m3V8d3EH0kg

「Wanders Of The Mind」
Mac Millerをフィーチャー。美しく幻想的なイントロに続き、オルタナ感覚のミステリアスな音世界が展開されます。
http://www.youtube.com/watch?v=okJDFx3YW6Y

「Partners in Crime Part Two」
メロウ&ミステリアスかつエキサイティングなサウンドを楽しめる1曲。「Cloud Of Our Own」と並び本作の参加メンバーの音世界を満喫できます。
http://www.youtube.com/watch?v=Ik-_kHkjn2U

「Higher Times」
Jesse Boykins IIIをフィーチャー。生音感を重視したソウル・チューンに仕上がっています。本編の後に隠れトラックが収録されています。

ご興味がある方は1st『Purple Naked Ladies』もチェックを!

『Purple Naked Ladies』
Purple Naked Ladies
posted by ez at 00:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ezさん

いつも物凄い知識に驚愕しております。

さて、ezさんどうしてくれるんですか!
このThe InternetのSunsetが頭から離れません!
とってもイイです!
Posted by moto at 2014年05月18日 18:05
☆motoさん

ありがとうございます。

「Sunset」はYuna Zaraiのキュートなヴォーカルがグッとくる爽快メロウ・ソウルですね。僕も大好きです。気に入っていただけて何よりです。
Posted by ez at 2014年05月19日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393081129
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック