2014年10月24日

Reuben Wilson『Blue Mode』

Melvin Sparks参加のファンキー・オルガン・ジャズ☆Reuben Wilson『Blue Mode』
ブルー・モード
録音年:1969年
ez的ジャンル:オルガン・ソウル・ジャズ
気分は... :Abdul Mati Klarweinのジャケがいいね!

今日は60年代オルガン・ジャズ作品からReuben Wilson『Blue Mode』(1969年)です。

ソウルフル/ファンキーなジャズ・オルガン奏者Reuben WilsonReuben Wilsonに関して、当ブログで紹介したのは以下の3枚。、

 『Love Bug』(1969年)
 『Set Us Free』(1971年)
 『Got To Get Your Own』(1975年)

本作は『On Broadway』(1968年)、『Love Bug』(1969年)に続くBlue Noteでの3枚目。レア・グルーヴ方面でも人気の高いファンキーなオルガン・ソウル・ジャズ作品です。ドイツ出身の画家Abdul Mati Klarweinによるジャケット・アートも秀逸ですね。

レコーディング・メンバーはReuben Wilson(org)、John Manning(ts)、Melvin Sparks(g)、Tommy Derrick(ds)の4名。特にギターのMelvin Sparksの参加が注目ですね。

「Knock on Wood」「Twenty-Five Miles」という2曲のソウル・カヴァーをはじめ、Reuben、Melvin、Tommy Derrickの生み出すファンキー・グルーヴにグッときます。勿論、Reuben、Melvinのソロも存分に楽しめます。この2人のプレイに注目しがちですが、John Manningのサックスも忘れてはいけません。

「Orange Peel」「Bambu」「Twenty-Five Miles」が僕のオススメです。

ソウルフル/ファンキーなオルガン・ジャズがお好きな方は間違いなく楽しめる1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Bambu」
Melvin Sparks作。メンバー4人がファンキーに躍動します。特にReubenのオルガンとMelvinのギターがたまりません。
http://www.youtube.com/watch?v=dxfBQ0HGjlA

Sadat X「The Funkiest」のサンプリングソースにもなっています。
Sadat X「The Funkiest」
 http://www.youtube.com/watch?v=LOhMfxUj2VQ

「Knock on Wood」
Steve Cropper/Eddie Floyd作。オープニングはEddie Floydのソウル・ヒットをカヴァー。当ブログでは以前にWillie Boboのカヴァーも紹介済みです。グルーヴィーなオルガンの音色がよく似合うソウル・ジャズに仕上がっています。
http://www.youtube.com/watch?v=8iDH3nNOl7Q

「Bus Ride」
Reuben Wilson作。少しレイジーな雰囲気の演奏が印象的です。Melvinのギター・カッティングがReubenのファンキー・オルガンを引き立てます。
http://www.youtube.com/watch?v=KkyP7nVMQc0

「Orange Peel」
Reuben Wilson作。僕の一番のお気に入り。冒頭の20秒の格好良さでKOされてしまいます。Reuben、Melvin、Tommy Derrickの生み出すファンキー・グルーヴがたまりません。TZANT feat. ODC MC「Sounds of Wickedness」でサンプリングされています。
http://www.youtube.com/watch?v=evTA2qWU81U

「Twenty-Five Miles」
Johnny Bristol, Harvey Fuqua, Edwin Starr作。Edwin Starrのシングル曲をカヴァー。一般的にはこのオルガン・ジャズ・ファンクがハイライトかもしれませんね。ここでもReuben、Melvin、Tommy Derrickが格好良すぎるグルーヴを聴かせてくれます。それに負けじとJohn Manningも素晴らしいブロウを聴かせてくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=GF7xiTHV-vU

「Blue Mode」
Reuben Wilson作。タイトル曲はブルージーなオルガン・ソウル・ジャズで締め括ってくれます。オルガン・ジャズ好きの人はReubenのプレイを存分に楽しめる1曲です。
http://www.youtube.com/watch?v=NZFMlC8bKHc

Reuben Wilsonの他作品もチェックを!

『On Broadway』(1968年)
オン・ブロードウェイ

『Love Bug』(1969年)
ラヴ・バッグ

『A Groovy Situation』(1971年)
A GROOVY SITUATION

『Set Us Free』(1971年)
Set Us Free

『The Sweet Life』(1972年)
Sweet Life

『The Cisco Kid』(1974年)
Cisco Kid

『Got To Get Your Own』(1975年)
Got to Get Your Own
posted by ez at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407647456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック