2016年03月06日

KING『We Are KING』

R&B新時代を予感させる女性R&Bユニット、待望の1stアルバム☆KING『We Are KING』
We Are King
発表年:2016年
ez的ジャンル:最新形女性R&Bユニット
気分は... :R&B新時代!

今回は新作R&B作品から期待の女性R&BユニットKINGの1stアルバム『We Are KING』です。

当ブログでもRobert Glasper Experiment『Black Radio』(2012年)参加時から有望株として注目していたユニットですが、ようやく待望のデビュー・アルバムを届けてくれました。

KINGはミネアポリス出身のParis StrotherAmber Strotherの双子姉妹とParisのバークリー音楽院での同級生Anita Biasの3名がL.A.で結成したグループ。Parisがプロデュース&楽器演奏を手掛け、AnitaとAmberがヴォーカルを務めます。

2011年にデビューEP『The Story』をリリースすると、The Roots?uestloveGilles Peterson等が絶賛し、Prince殿下はオープニング・アクトに抜擢するなど注目度が高まっていきました。

その後、Paris StrotherはJill Scott『The Light Of The Sun』(2011年)にソングライティング&キーボードで参加しています。

そして、KINGの名が広く知られるきっかけとなったのが、グラミー最優秀R&Bアルバム受賞作品Robert Glasper Experiment『Black Radio』(2012年)への参加です。同作収録の「Move Love」Robert GlasperとParis Strotherの共作)でKINGがフィーチャーされ、大物ゲストが多数参加した『Black Radio』の中で存在感を示しました。

その後もBilal『A Love Surreal』(2013年)、Fela Kutiへのトリビュート・アルバム『Red Hot + Fela』(2013年)、Eric Roberson『The Box』(2014年)といったアルバムにKINGが参加しています。

そして、満を持してリリースする1stアルバムが『We Are KING』です。

アルバムは全曲Paris Strotherがプロデュース&楽器演奏を手掛け、ソングライティングもメンバー3名によるものです。

メンバー以外にKyle Bolden(g)、The Regiment Horns(horns)、Thomas Lea(strings)、Stanley Randolph(vo)がレコーディングに参加しています。

アルバムにはデビューEP『The Story』に収録されていた「Hey」「Supernatural」「The Story」のExtended Mixや、2013年にシングル・リリースされた「In The Meantime」といった楽曲も収録されています。

メジャー向けの作品ではありませんが、エレクトリック・サウンドを駆使したドリーミー&オルタナティヴなR&Bサウンド、エキゾチックな雰囲気も漂うメロディアスな楽曲、美しく透明感のあるハーモニーなどR&B新時代を予感させる充実作です。特にプロデュース&楽器演奏を手掛けたParis Strotherの才能は素晴らしいの一言です。

同郷の大先輩Jam & Lewisをはじめとるミネアポリス・サウンドの影響やL.A.ビートミュージックに通じるミニマル感を垣間見ることができるのも面白いですね。

KINGという才能との出会いに感激した1枚です。

全曲紹介しときやす。

「The Right One」
重厚な浮遊感が印象的なオープニング。ドリーミーなエレクトリック・サウンドがじわじわと体内を侵食していきます。
https://www.youtube.com/watch?v=uV81s-NDJCM

「The Greatest」
偉大な黒人ボクサー、モハメド・アリを讃えた1曲。オルタナティヴR&B/フューチャー・ソウル好きの人はグッとくる1曲なのでは?僕の一番のお気に入り曲でもあります。
https://www.youtube.com/watch?v=UbpSV3gBRfk

「Red Eye」
薄っすらとトロピカルなフレイヴァーの効いたエレクトリック・ソウル。KINGならではの音世界に惹き込まれます。
https://www.youtube.com/watch?v=lQu5Ixdajqk

「Supernatural (Extended Mix)」
デビューEP『The Story』収録曲のリミックス。オリジナルをドリーミーにスケール・アップした感じですね。フューチャリスティックなポップさがいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=lis3Ulx2I-g

「Love Song」
エフェクトを効かせたヴォーカルも含めてオルタナティヴなドリーミー感が印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=6FQ0Qj5ZguQ

「In The Meantime」
アルバムに先立ちシングルになってた楽曲。このグループらしい何処かエキゾチックなメロディとJam & Lewis+ゲーム・ミュージックといった趣のサウンドが印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=WJDSgQtaU3w

「Carry On」
美しいメロディが印象的なドリーミーR&B。歌詞もサウンドにも揺らぎの美学で貫かれています。
https://www.youtube.com/watch?v=lBwAssiQC2c

「Mister Chameleon」
気まぐれな恋の行方を歌う哀愁メロウ。女性R&Bユニットらしいキュートな魅力があります。
https://www.youtube.com/watch?v=NqJt07rGy4Y

「Hey (Extended Mix)」
デビューEP『The Story』収録曲のリミックス。とは言っても基本的にはオリジナルのテイストを継続しています。歌とメロディを大切にしたこのユニットらしいドリーミーR&Bです。
https://www.youtube.com/watch?v=QQlGFyJ2kkk

「Oh, Please!」
高い完成度でこのグループのポテンシャルを存分に見せてつけてくれる1曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=vBZgP3rAibE

「The Story (Extended Mix)」
デビューEP『The Story』収録曲のリミックス。エキゾチック&ドリーミーなフレイヴァーが加味されたパワー・アップ・ヴァージョンに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=WW3rk_mK7SE

「Native Land」
ラストは祈るようなヴォーカルで感動的に締め括ってくれます。夢の彼方のメロウ・サウンドといった趣がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=I-bYJASYUwo

Robert Glasper Experiment『Black Radio』(2012年)
ブラック・レディオ

『Red Hot + Fela』(2013年)
Red Hot + Fela
posted by ez at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャケットのイメージそのままの,温暖で色彩豊かな南国の楽園…というか,何とも甘美で心地良いアルバムですね。
夢か現かわからなくなる幻想的で独創的な音世界にハマりました。
Posted by KJ at 2016年04月30日 09:48
☆KJさん

ありがとうございます。

ご指摘の通り、不思議な南国の楽園感が魅力のアルバムですね。
R&B新時代を感じさせてくれます。

この独創的な音世界を創り上げたリーダーParis Strotherの才能は素晴らしいですね。
Posted by ez at 2016年05月01日 03:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434612321
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック