2016年04月08日

Funkadelic『Let's Take It to the Stage』

ファンク色が強まったFunkadelic作品☆Funkadelic『Let's Take It to the Stage』
レッツ・テイク・イット・トゥ・ザ・ステージ [初回限定盤] [紙ジャケット仕様]
発表年:1975年
ez的ジャンル:ロッキン・ファンク系P-Funk
気分は... :ジャケ怖い・・・

総帥George Clinton率いるP-Funk軍団Funkadelic『Let's Take It to the Stage』(1975年)です。

これまで当ブログで紹介してきたFunkadelic/Parliament作品は以下の6枚。

 Parliament『Mothership Connection』(1975年)
 Parliament『The Clones Of Dr. Funkenstein』(1976年)
 Parliament『Funkentelechy Vs. The Placebo Syndrome』(1977年)
 Parliament『Trombipulation』(1980年)
 Funkadelic『Maggot Brain』(1971年)
 Funkadelic『Uncle Jam Wants You』(1979年)

本作『Let's Take It to the Stage』がリリースされた1975年は、Parliamentでいえば、『Chocolate City』『Mothership Connection』がリリースされた年であり、George Clinton率いるP-Funk軍団がノリに乗っていた時期です。

Parliamentとの比較で、ロックなイメージが強いFunkadelicですが、本作では従来のアルバムよりファンクネスが強まっています。

George Clinton以下、Cal Simon(vo)、Ray Davis(vo)、Grady Thomas(vo)、Clarence "Fuzzy" Haskins(vo)、Bernie Worrell(key)、Michael Hampton(g)、Garry Shider(g)、Eddie Hazel(g)、C Boogie Mosson(b)、Calvin Simon(congas)、R Tiki Fulwood(per)、Bootsy CollinsRon Bykowski等が参加しています。特に本作から参加した若き日のMichael Hamptonのギターに注目です。

本作のハイライト曲「Get Off Your Ass and Jam」「Stuffs and Things」「Good to Your Earhole」といったドライヴ感のあるファンク・ロック、Parliamentタイプの「Let's Take It to the Stag」、シングルにもなった「Better By the Pound」あたりが僕のオススメです。

定番サンプリング・ソースも多く、聴き所が多いFunkadelic作品だと思います。

全曲を紹介しときやす。

「Good to Your Earhole」
Funkadelicらしいギター・サウンドが炸裂するドライブ感のある格好良いオープニング。P-Funkならではのファンク・ロックって感じですね。
https://www.youtube.com/watch?v=NAHzj71EUu4

「Better By the Pound」
シングル曲。妖しげなパーカッシヴ感に惹かれるP-Funkらしいユルめのダンサブル・チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=xrgVppXrK64

Me'Shell Ndegeocelloがアルバム『Better』(2002年)カヴァーしていましたね。オリジナルにはないクールな格好良さを持ったナイス・カヴァーです。
Me'Shell Ndegeocello「Better By the Pound」
https://www.youtube.com/watch?v=DjBR6BPJJbM&nohtml5=False

「Be My Beach」
Bootsyの妖しげな低音ヴォーカルが印象的なミディアム。
https://www.youtube.com/watch?v=mJQ-iFAp1AI

「No Head, No Backstage Pass」
ロッキン・ギターの呪術的なフレーズが印象的な演奏です。アルバム・ジャケの雰囲気に合致するハード・サウンドです。
https://www.youtube.com/watch?v=dmOkpQTzS1M

Eric B. & Rakim「Lyrics of Fury」のサンプリング・ソースとなっています。
Eric B. & Rakim「Lyrics of Fury」
 https://www.youtube.com/watch?v=GFOeJOtq_xc

「Let's Take It to the Stag」
タイトル曲はシングルにもなりました。FunkadelicというよりもParliamentタイプのファンク・チューンです。Bernie Worrellによる覚醒的な鍵盤の音色が印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=OXiBCcJSxkU

EPMD「I'm Mad」、Son of Bazerk「Change the Style」、Luke feat. Fresh Kid Ice, JT Money & Clayvoise「Freestyle Joint」のサンプリング・ソースとなっています。
EPMD「I'm Mad」
 https://www.youtube.com/watch?v=ls7PGpqtZEk
Son of Bazerk「Change the Style」
 https://www.youtube.com/watch?v=HmTN3F3nz5E

「Get Off Your Ass and Jam」
本作のハイライトとなるP-Funkクラシック。Michael Hamptonのギターが唸りを上げるファンク・ロックです。文句なしに格好良いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=NZ7k0k1ICJE

大定番サンプリング・ソースとしても有名ですね。Anquette「Get Off Your Ass & Jam」、Eazy-E「Eazy-Duz-It」 、Public Enemy「Bring the Noise」「Contract on the World Love Jam」 、N.W.A「100 Miles and Runnin'」、A Tribe Called Quest「Rhythm (Devoted to the Art of Moving Butts)」、「The Pressure」、DJ Jazzy Jeff & the Fresh Prince「Trapped on the Dance Floor」、Schoolly D「Get Off Your Ass and Get Involved」、「King of New York」、Ultramagnetic MC's「Make It Happen」、Onyx「Bichasniguz」 、2Pac「Holler if Ya Hear Me」、Ice-T feat. Brother Marquis「99 Problems」、Primal Scream「Kowalski」J Dilla「Brown Kev Off His Ass」等のサンプリング・ソースとなっています。

Anquette「Get Off Your Ass & Jam」
 https://www.youtube.com/watch?v=IXHnzgPrdJk
Public Enemy「Bring the Noise」
 https://www.youtube.com/watch?v=l_Jeyif7bB4
A Tribe Called Quest「Rhythm (Devoted to the Art of Moving Butts)」
 https://www.youtube.com/watch?v=-OadUNx9uow
A Tribe Called Quest「The Pressure」
 https://www.youtube.com/watch?v=Ir80KG_QY3U
DJ Jazzy Jeff & the Fresh Prince「Trapped on the Dance Floor」
 https://www.youtube.com/watch?v=DvciCIoNLd0
Onyx「Bichasniguz」
 https://www.youtube.com/watch?v=XlEhJUD-1pk
2Pac「Holler if Ya Hear Me」
 https://www.youtube.com/watch?v=zAtqb3T5CHE
Ice-T feat. Brother Marquis「99 Problems」
 https://www.youtube.com/watch?v=_zgBhrHKrlc
Primal Scream「Kowalski」
 https://www.youtube.com/watch?v=0xBzYsE4y1k
Ultramagnetic MC's「Make It Happen」
 https://www.youtube.com/watch?v=fs2En5gK06Q
Schoolly D「King of New York」
 https://www.youtube.com/watch?v=VA-bgF-kK7g

「Baby I Owe You Something Good」
わざとらしい仰々しさが逆にP-Funkらしい???ロッキン・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=zqYK-bThz9Q

Big Shug「On the Record」、Royce Da 5'9''「I Owe You」、Inspectah Deck「I.O.U.」、Chief Scrill feat. J Diggs「Good」のサンプリング・ソースとなっています。
Big Shug「On the Record」
 https://www.youtube.com/watch?v=pcPEBEXhwDQ
Inspectah Deck「I.O.U.」
 https://www.youtube.com/watch?v=dnBnZtonZq4

「Stuffs and Things」
コズミックなドライヴ感が格好良いファンク・ロック。Bernie Worrellのムーグがコズミックな音世界を創り上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=DL8n4v1h5ho

「The Song Is Familiar」
メロウディアスな哀愁バラード。意外に感動的です。
https://www.youtube.com/watch?v=N9s77pHMlHc

MC Lyte「All That」、Black Knights「Sword in Stone」のサンプリング・ソースとなっています。
MC Lyte「All That」
 https://www.youtube.com/watch?v=QXQHBaUNGJI
Black Knights「Sword in Stone」
 https://www.youtube.com/watch?v=Y3I70OAmrPA

「Atmosphere」
ラストはバッハのエッセンスを取り入れたBernie Worrellのコズミックな演奏で締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=mttSBkBpWxk

この曲も大定番サンプリング・ソースです。
Stetsasonic「Music for the Stetfully Insane」、Brand Nubian「Slow Down」、Hi-C「2 Skanless」、AMG「When She Calls」、Po Broke Souls「Rappin' Black in a White World」、IAM「Harley Davidson」、Insane Clown Posse feat. Esham「Chop! Chop!」、Dru Down feat. Luniz「Ice Cream Man」、Ahmad「Can I Party?」、Three 6 Mafia「Destruction Terror」、Uomini Di Mare「Gratta Gratta」、Sporty Thievz「Freeks」、WC, Dr. Stank, Lady T & Dauville「Bang Loose」、Rascalz feat. Notch & Sazon Diamante「Crazy World」 、Les Specialistes「Le Son Des Puristes」、Birdy Nam Nam「From Here to There」等のサンプリング・ソースとなっています。

Stetsasonic「Music for the Stetfully Insane」
 https://www.youtube.com/watch?v=dbseFW16Oi0
Brand Nubian「Slow Down」
 https://www.youtube.com/watch?v=-fNFdTOOA9I
Po Broke Souls「Rappin' Black in a White World」
 https://www.youtube.com/watch?v=mACxPH0ZCOw
Insane Clown Posse feat. Esham「Chop! Chop!」
 https://www.youtube.com/watch?v=4cCOdX9zCQA
Ahmad「Can I Party?」
 https://www.youtube.com/watch?v=B1z6fK1MF4M
Three 6 Mafia「Destruction Terror」
 https://www.youtube.com/watch?v=qK4t8_5ZsSo
Sporty Thievz「Freeks」
 https://www.youtube.com/watch?v=xF-5uhN6cB4
Rascalz feat. Notch & Sazon Diamante「Crazy World」
 https://www.youtube.com/watch?v=kyEBCWvkizQ
Birdy Nam Nam「From Here to There」
 https://www.youtube.com/watch?v=Vz56Dl-oyVA

Funkadelic/Parliamentの過去記事もご参照下さい。

Parliament『Mothership Connection』(1975年)
Mothership Connection

Parliament『The Clones Of Dr. Funkenstein』(1976年)
Clones of Dr Funkenstein

Parliament『Funkentelechy Vs. The Placebo Syndrome』(1977年)
Funkentelechy Vs. the Placebo Syndrome

Parliament『Trombipulation』(1980年)
トロンビピュレイション+2(紙ジャケット仕様)

Funkadelic『Maggot Brain』(1971年) 
Maggot Brain

Funkadelic『Uncle Jam Wants You』(1979年)
Uncle Jam Wants You
posted by ez at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436367935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック