2016年04月16日

Smif-N-Wessun『Dah Shinin'』

Boot Camp Clikを代表するHip-Hop作品☆Smif-N-Wessun『Dah Shinin'』
ダ・シャイニン
発表年:1995年
ez的ジャンル:Boot Camp Clik系イースト・コーストHip-Hop
気分は... :眠れぬ夜・・・

今回は90年代Hip-Hop作品からSmif-N-Wessun『Dah Shinin'』(1995年)です。

Smif-N-WessunTek(本名:Tekomin Williams)とSteele(本名:Darrell Yates)が1993年N.Y.ブルックリンで結成したHip-Hopユニット。

彼らはBlack Moonを筆頭にHelter SkeltarO.G.C.らが所属していたHip-HopクルーBoot Camp Clikの一員でした。

Black Moonのデビュー・アルバム『Enta da Stage』(1993年)の「Black Smif-n-Wessun」「U Da Man」の2曲でフィーチャリングされたのが彼らの初レコーディングです。

そして、1994年にデビュー・シングル「Bucktown」、翌年には1stアルバムとなる本作『Dah Shinin'』をリリースし、イースト・コーストHip-Hopシーンで存在感を示しました。

その後はCocoa Brovaz名義の『The Rude Awakening』(1998年)、『Tek & Steele: Reloaded』(2005年)、『The Album』(2007年)、Pete Rockと共演した『Monumental』(2011年)といったアルバムをリリースしています。

やはり、Smif-N-Wessunといえば、本作『Dah Shinin'』ですね。Smif-N-Wessunの代表作のみならず、Black Moon『Enta da Stage』(1993年)に続く、Boot Camp Clikを代表する1枚と呼べると思います。

Roy Ayers Ubiquity『He's Coming』(1972年)を模した印象的なジャケが象徴するような硬派なHip-Hop作品に仕上がっています。

Roy Ayers Ubiquity『He's Coming』(1972年)
He's Coming

プロデュースはBoot Camp Clikのサウンドを司るプロデュース・ユニットDa Beatminerz。アルバムにはBlack MoonのBuckshotをはじめとするBoot Camp Clikの面々が参加しています。

「Bucktown」「Sound Bwoy Bureill」といったシングルをはじめ、Da Beatminerzによる巧みなトラックとTekとSteeleの硬派なラップが見事に調和したアルバム単位で充実感のあるドープな1枚です。

90年代Hip-Hopがお好きな人であれば、満足度の高い1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Timz N Hood Chek」
Black Moon feat. Dru Ha, Havoc & Smif-N-Wessun「U Da Man」ネタのスクラッチも織り交ぜた硬派なオープニング。Galt MacDermot「Bedroom」ネタのベースとPower of Zeus「The Sorcerer of Isis (The Ritual of the Mole)」ネタのドラムによる推進力のあるトラックです。
https://www.youtube.com/watch?v=oX4woj89Lgw

「Wrektime」
イースト・コーストHip-Hopらしい雰囲気の仕上り。Eric Gale「Forecast」、Barbara & Ernie「Somebody to Love」、The Mad Lads「Get Out of My Life, Woman」をサンプリングしています。
https://www.youtube.com/watch?v=mQ8KT-nboqc

「Wontime」
Heltah SkeltahのRockをフィーチャー。Spoonie Gee「Spoonin' Rap」の声ネタのループが不穏な空気を煽ります。James Brown「Funky President (People It's Bad)」 ネタ。
https://www.youtube.com/watch?v=3XxUffJJWVI

「Wrekonize」
New York Port Authority「Home on a Rainy Day」ネタのベースとThe Emotions「Blind Alley」ネタのドラムによる硬質なリズムにのって、TekとSteeleが雰囲気のあるフロウで存在感を示してくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=TtPwrA_-Ws0

この曲といえば、アルバム未収録ですが、Grover Washington Jr. feat. Bill Withers「Just The Two Of Us」ネタのリミックスの方が人気かもしれませんね。大ネタのモロ使いですが、このキャッチーさには抗えません。
「Wrekonize (Remix)」
 https://www.youtube.com/watch?v=9fzt4Mt8DmU

「Sound Bwoy Bureill」
Top Dogと O.G.C.のStarang WondahというBoot Camp Clikメンバーをフィーチャー。Gregory Peck「False Sound」声ネタもサンプリングしているようにレゲエからの影響も感じる1曲です。Da Beatminerzのクールなサウンド・センスにグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=s5MogMGLWAA

アルバム未収録ですが、En Vogue「Hold On」ネタのリミックスもあります。
「Sound Bwoy Bureill (Remix) 」
 https://www.youtube.com/watch?v=jaMqSTFv4uA

「K.I.M.」
Paul McCartney「Momma Miss America」ネタのドラム・ループがズシリとくる硬派な仕上り。The J.B.'s「Gimme Some More」もサンプリングしています。
https://www.youtube.com/watch?v=Gkj9QBqsqT0

「Bucktown」
彼らのデビュー・シングルであり、地元ブルックリンを歌ったHip-Hopクラシック。ジャジー・トラックがいい感じです。Jack Bruce「Born to Be Blue」、The Whatnauts「Why Can't People Be Colors Too?」をサンプリング。
https://www.youtube.com/watch?v=Jw5V2k_SMh0

「Stand Strong」
Isaac Hayes「The Look of Love」、Lightnin' Rod feat. Kool & the Gang「Sport」ネタのトラックが実に格好良いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=RuW1CyDf0w4

「Shinin…Next Shit」
Black MoonのBuckshotをフィーチャー。Roland Hanna Trio「So You'll Know My Name」、Weather Report「Orange Lady」 、Graham Central Station「The Jam」、Power of Zeus「The Sorcerer of Isis (The Ritual of the Mole)」をサンプリングしたDa Beatminerzのトラック創りを楽しめる1曲です。。
https://www.youtube.com/watch?v=WYmq8b5MZd8

「Cession At Da Doghillee」
Buckshot、Heltah Skeltah、O.G.C.をフィーチャーしたBoot Camp Clik大集合の1曲。Boot Camp Clik一派のマイク・リレーを楽しみましょう。Bobbi Humphrey「Harlem River Drive」、Babe Ruth「Keep Your Distance」をサンプリング。
https://www.youtube.com/watch?v=g7dwAnydmEk

「Hellucination」
Minnie Riperton「Only When I'm Dreaming」、The Whatnauts「Why Can't People Be Colors Too?」ネタのトラックにのって、TekとSteeleがテンポのいいフロウを聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=IrtC9HzaL_w

「Home Sweet Home」
ジャケでお世話になったRoy Ayers Ubiquity『He's Coming』収録のクラシック「We Live in Brooklyn, Baby」をサンプリング。このユニットらしい硬派な魅力を楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=qIYyfZVW78w

「Wipe Ya Mouf」
Ahmad Jamal「You're Welcome, Stop on By」ネタにStanley Clarke「Slow Dance」のドラムを組み合わせたトラックが印象的です。Papa San feat. Stan Ryck「The Program」や自らの曲「Sound Bwoy Bureill (Re-Edit)」のフレーズをリサイクルしています。
https://www.youtube.com/watch?v=_TIxfTwySxw

「Let's Git It On」
Heltah SkeltahのRockをフィーチャー。デビュー・シングル「Bucktown」のカップリング曲でした。Mandrill「After the Race」のベース・ネタとLes McCann「North Carolina」のドラム・ネタを組み合わせたシブめのトラックが印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=L1n1dSFQbDQ

「P.N.C. Intro」
次曲のイントロ。

「P.N.C.」
ラストはOne Way feat. Al Hudson「Get It Over」ネタのメロウなループにのって、TekとSteeleが畳み掛けます。
https://www.youtube.com/watch?v=Bs0F4ANf0qQ

Smif-N-Wessunの他作品もチェックを!

Cocoa Brovaz『The Rude Awakening』(1998年)
The Rude Awakening

『Tek & Steele: Reloaded』(2005年)
Tek N Steele: Reloaded

『The Album』(2007年)
Album

Pete Rock & Smif-N-Wessun『Monumental』(2011年)
MONUMENTAL

ご興味がある方はBoot Camp ClikのアルバムやBoot Camp Clikの代表格Black Moonのアルバムもチェックを!

Boot Camp Clik『For the People』(1997年)
For the People

Boot Camp Clik『Chosen Few』(2002年)
Chosen Few

Boot Camp Clik『Last Stand』(2006年)
Last Stand

Boot Camp Clik『Casualties of War』(2007年)
Casualties of War

Black Moon『Enta Da Stage』(1993年)
Enta Da Stage

Black Moon『Diggin' in dah Vaults』(1997年)
Diggin in Dah Vaults

Black Moon『War Zone』(1999年)
War Zone

Black Moon『Total Eclipse』(2003年)
Total Eclipse
posted by ez at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436713883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック