2016年06月12日

Carlos Nino & Friends『Flutes, Echoes, It's All Happening!』

L.A.スピリチュアル・ジャズの首領の最新作☆Carlos Nino & Friends『Flutes, Echoes, It's All Happening!』
Flutes, Echoes, It's All Happening! [日本限定流通輸入盤CD / ボーナストラック4曲収録] (LR081)_251
発表年:2016年
ez的ジャンル:L.A.スピリチュアル・ジャズ
気分は... :オープン・マイ・アイズ!

今回はL.A.ジャズ・シーンの中心人物Carlos Ninoの最新作Carlos Nino & Friends『Flutes, Echoes, It's All Happening!』です。

Carlos Ninoは1977年年カリフォルニア州サンタモニカ生まれのであるミュージシャン/プロデューサー/DJ。

自身の名義での活動以外に、L.A.スピリチュアル・ジャズの一大プロジェクトBuild An ArkDexter Storyとのジョイント・ユニットThe Life Force TrioJesse Petersonとのジョイント・ユニットTurn On The Sunlight等でも知られるL.A.スピリチュアル・ジャズの首領です。

そんな彼がCarlos Nino & Friends名義でリリースした最新作が『Flutes, Echoes, It's All Happening!』です。

Kamasi Washington『The Epic』(2015年)、Terrace Martin『Velvet Portraits』(2016年)といった作品でL.A.ジャズへの注目が高まる中でのリリースは良きタイミングだったかもしれませんね。

L.A.ジャズの首領とはいっても必ずしも彼の作品は聴きやすいものではないので、Build An Ark作品などでワン・クッション置いてから聴いた方がいいのかもしれませんが・・・

アルバム全体はフィーチャリング・アーティストの個性を活かした神秘的/幻想的なL.A.スピリチュアル・ジャズ作品に仕上がっています。

アルバムにはNinoの右腕的なヴァイオリン/ヴィオラ奏者Miguel Atwood-Ferguson、NinoとはThe Life Force Trioでタッグを組むDexter StoryTurn On The Sunlightでタッグを組むJesse PetersonBuild An Ark作品にも参加しているキーボード奏者Nate Morganとキーボード/フルート/サックス奏者Yaakov Levy、昨年リリースされた大作『The Epic』で一躍注目の存在となった、Flying LotusBrainfeederに所属するサックス奏者
Kamasi Washington、『Aquariusssssss』にも参加していたギリシャ生まれのニュー・エイジ/アンビエント系ミュージシャンIasos、メキシコ出身のマルチ・ミュージシャンLuis Perez Ixoneztli、L.A.出身のドラマー/パーカッショニストChristopher Garcia等が参加しています。

聴き手を選ぶ作品かもしれませんが、L.A.ジャズの今を知るためには聴くべき1枚なのでは?

スピリチュアル・ジャズ好きの人でれば満足できる1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Jupiter Sings」
『Aquariusssssss』にも参加していたギリシャ生まれのニュー・エイジ/アンビエント系ミュージシャンIasosをフィーチャー。幻想的なコズミック・シンセ・サウンドが印象的なスピリチュアル・ジャズに仕上がっています。

「Metamaravilla」
メキシコ出身のマルチ・ミュージシャンLuis Perez IxoneztliとL.A.出身のドラマー/パーカッショニストChristopher Garciaをフィーチャー。さらにMiguel Atwood-Fergusonがストリングスを手掛けています。神秘の森のスピリチュアル・ジャズといった雰囲気ですね。

「It's All Happening!」
西海岸の奇才Hip-HopプロデューサーMadlibのトラックに、Ninoのパーカッション、NinoとはThe Life Force Trioでタッグを組むDexter Storyのシンセ、Erimaj等の活動で注目される"今ジャズ"ドラマーJamire Williamsのドラム、さらにMiguel Atwood-Fergusonがストリングスで加わるL.A.スピリチュアル・ジャズの最新形を示した演奏です。不思議な音空間に惹き込まれてしまいます。Jaylib「Strapped」をサンプリング。
https://www.youtube.com/watch?v=oEb3eMaseg0

「Calimayan」
共にBuild An Arkにも参加しているキーボード奏者Nate Morganとキーボード/フルート/サックス奏者Yaakov Levyをフィーチャー。Yaakov Levyのフルートが尺八のように聴こえてくる"わび・さび"を感じるスピリチュアル・ジャズです。
https://www.youtube.com/watch?v=7raKxgnh6Qo

「Alice's Chord」
Dexter StoryとYaakov Levyをフィーチャー。Yaakov LevyのピアノとNinoのパーカッションがスピリチュアル・ジャズらしくていいですね。

「Joyous Gratitude」
昨年リリースされた大作『The Epic』で一躍注目の存在となった、Flying LotusBrainfeederに所属するサックス奏者
Kamasi WashingtonとThe Cosmic Bandをフィーチャー。Ninoが長らくホストを務めてきた人気番組Spaceways Radioの最終回におけるライブ・レコーディングです。1分半に満たない演奏ですが、もっと長尺で聴きたいですね。

「Delightfulllll/Waterfall」
再びIasosをフィーチャー。Iasosらしいアンビエントな世界を展開します。

「4 Directions Collage」
Miguel Atwood-Fergusonのストリングスを配したドラマチックで幻想的なスピリチュアル・ジャズ・ワールドを楽しめます。

「Aetheriaztlan」
Turn On The SunlightのパートナーJesse PetersonとAztlan Unearthedをフィーチャー。人類誕生以前の太古の世界に戻ったようなタイム・スリップ感のあるスピリチュアル・ジャズです。

国内流通盤CDには4曲のボーナス・トラックが追加収録されています。

「On Into Rise」
Kamasi Washingtonをフィーチャー。Kamasiらによるフリー・ジャズ的なプレイが印象的です。

「(Tele)kenosis」
Nino関連作品に数多く参加しているUSシタール奏者Paul Livingstoneをフィーチャー。シタールの神秘的な響きに惹き込まれていくスピリチュアル・ジャズらしい演奏です。

「Stingray」
Yaakov LevyのフルートとKharon Harrisonのドラムをフィーチャー。演奏の生々しさが印象的です。

「Awhirl」
ラストはアンビエントな雰囲気で締め括ってくれます。

Carlos Nino関連の他作品もチェックを!

Carlos Nino & Miguel Atwood-Ferguson『Fill The Heart Shaped Cup』(2007年)
フィル・ザ・ハート・シェイプド・カップ

Carlos Nino & Lil Sci Present What's The Science? 『Elevation』(2008年)
ワッツ・ザ・サイエンス?エレヴェーション

Carlos Nino & Friends『High With A Little Help From』(2009年)
High With a Little Help from

Carlos Nino & Friends『Aquariusssssss』(2012年)
アクエリアス

Carlos Nino & Friends『Aurorasmushroomtenderness』(2014年)
AURORASMUSHROOMTENDERNESS(オーロラスマシュルームテンダネス)

Turn on the Sunlight『Turn on the Sunlight』(2010年)
TURN ON THE SUNLIGHT

Turn on the Sunlight『New Day』(2013年)
NEW DAY

Dwight Trible & The Life Force Trio『Love Is the Answer』(2005年)
Love Is the Answer [2CD] (ZENCD108)

The Life Force Trio『Living Room』(2006年)
Living Room

Build An Ark『Peace With Every Step』(2004年)
ピース・ウィズ・エヴリー・ステップ

Build An Ark『Dawn』(2007年)
ドーン

Build An Ark『Love Part 1』(2009年)
ラヴ

Build An Ark『Love Part 2』(2010年)
ラヴ・パート2 [限定盤]

Build An Ark『The Stars Are Singing Too』(2011年)
THE STARS ARE SINGING TOO ~10 YEARS ANNIVERSARY SPECIAL 2001-2011~
posted by ez at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/438888938
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック