2017年03月19日

Sampha『Process』

UK期待の男性R&Bシンガーのデビュー・アルバム☆Sampha『Process』
Process [ライナーノーツ / 歌詞対訳 / ボーナストラック収録 / 国内盤] (YTCD158J)
発表年:2017年
ez的ジャンル:UK期待の男性R&Bシンガー
気分は... :内なる自分に向き合う・・・

UK期待の男性R&BシンガーSamphaのデビュー・アルバムSampha『Process』です。

SamphaことSampha Sisayは1988年南ロンドン生まれのR&Bシンガー/プロデューサー。

これまで「Sundanza」(2010年)、「Dual」(2013年)という2枚のEPをリリースしています。また、Jessie WareSBTRKT作品で頻繁にフィーチャリングされています。

さらにDrake「Too Much」(2013年)、Kanye West「Saint Pablo」(2016年)、Frank Ocean「Alabama」(2016年)、Solange「Don't Touch My Hair」(2016年)等の大物アーティスト作品におけるフィーチャリングで、その名をシーンに轟かせることになります。

また、SBTRKT『SBTRKT』(2011年)を共同プロデュースするなどプロデューサーとしてもその手腕を発揮しています。

そんな期待の男性R&Bシンガーが満を持してリリースしたデビュー・アルバムが本作『Process』です。The XXSBTRKTFKA Twigsを輩出したレーベルYoung Turksからのリリースです。

プロデュースはSamphaRodaidh McDonald

レコーディングにはJosh Doughty(kora)、John Foyle(vo)、Laura Groves(back vo)、The PSMとして知られるPauli Stanley-McKenzie(ds)等も参加しています。

楽曲はすべてSamphaのオリジナルです(共作含む)。Kanye Westとの共作もあります。

全体的にはSamphaの内面を歌い上げたアルバムであり、音数は少なく、彼の心模様がダイレクトに伝わってきます。決して明るいアルバムではありませんが、Samphaの切なる歌声が聴く者に感動を与えます。

この飾り気のないサウンド・プロダクションで存在感を示すSamphaの歌声に、アーティストとしてのスケールの大きさや可能性を感じます。

聴いていると、内なる自分と真摯に向き合いたくなるような1枚です。

R&Bの新星の静かなるデビュー作を聴き込んでみてください。

全曲紹介しときやす。

「Plastic 100°C」
美しくも切ないオープニング。Josh Doughtyによる印象的なコラの音色をバックに、Samphaが愁いを帯びたヴォーカルで訴えます。

「Blood On Me」
アルバムに先駆け2016年シングル・リリースされた楽曲。切迫感のあるSamphaのヴォーカルが聴く者の心に刺さる哀愁R&Bグルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=_oM1DFL43Lk

「Kora Sings」
タイトルの通り、Josh Doughtyのコラを大きくフィーチャーしたエスニック+エレクトリックな仕上がり。このあたりはSBTRKTとの共演歴も多いR&Bの枠のみで収まらないSamphaらしさかもしれませんね。。

「(No One Knows Me) Like The Piano」
アルバムからのリード・シングル。2015年に亡くなった母のために書かれた歌のようです。母への想いが伝わってくる美しいピアノ・バラードです。
https://www.youtube.com/watch?v=_NSuIYwBxu4

「Take Me Inside」
ピアノの弾き語りからエレクトリック・サウンドが加わり、心の葛藤を歌い上げます。

「Reverse Faults」
ダウナー・モードの哀愁チューン。噛み合わない歯がゆさが伝わってきます。

「Under」
揺らぎのあるエレクトリック・サウンドの中で、Samphaが懸命に戦っています。Samson & Delilah「I Can Feel Your Love Slipping Away」をサンプリング。

「Timmy's Prayer」
Kanye Westとの共作。アルバムに先駆け2016年シングル・リリースされた楽曲。派手さはありませんが、Samphaのアーティストとしてのスケール感が伝わってくる仕上がりです。後半のエレクトリックな盛り上がりがいいですね。Timmy Thomas「The Coldest Days of My Life」をサンプリング。
https://www.youtube.com/watch?v=ZQXDVZf3akg

「Incomplete Kisses」
心の中の小宇宙を歌いきった美しい仕上がり。静寂の中に感情がジワジワとにじみ出てくる感じがSamphaらしいのかもしれませんね。

「What Shouldn't I Be?」
鍵盤とヴォーカルが織り成すビューティフルな音世界で本編を締め括ってくれます。

国内盤にはボーナス・トラックとして以下の6曲が追加収録されています。

「In-Between And Overseas」
美しいピアノをバックに優しく歌い上げる、静かなる闘志を感じる仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=vciLEByIcIE

「Answer」
本編ではあまり聴けなかったエレクトリックなビート感のあるインスト。サウンド・クリエイターとしてのSamphaを楽しめます。

「Too Much」
2013年にシングル・リリースしていたピアノ・バラード。本作に通じる内面から湧き起こるSamphaの心の声が感動的です。
https://www.youtube.com/watch?v=yC-0p4k0jw4

「Happens」
上記「Too Much」のカップリング曲。ピアノの弾き語りですが、聴く者に特別な感情を湧かせます。
https://www.youtube.com/watch?v=GxVdTQyEPQo

「Without」
EP「Dual」収録曲。ローファイな魅力に溢れた1曲に仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=KWEbYsXeDvE

「Indecision」
EP「Dual」収録曲。
https://www.youtube.com/watch?v=FF8okFt4bGg

急に腰痛が・・・
三連休は大人しくしています(泣)
posted by ez at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448109568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック