2018年11月11日

Khalab『Black Noise 2084』

超刺激的なアフロ・トライバル・ベース☆Khalab『Black Noise 2084』
Black Noise 2084
発表年:2018年
ez的ジャンル:アフロ・トライバル・ベース/フューチャー・ベース
気分は... :これは刺激的!

新作アルバムからアフロなトライバル・ベース/フューチャー・ベース作品で知られるDJ/プロデューサーKhalabの最新作『Black Noise 2084』です。

リリースから数カ月経っていますが、ようやく輸入盤CDを入手でき、ここ数週間で一番のヘビロテ作品となっているお気に入りの1枚です。

Khalab(DJ Khalab)はイタリア出身のDJ/プロデューサー。独自の民族トロピカル・ベースで人気を博しているプロデューサー/ミュージシャン/トラックメイカーClap! Clap!とも旧知の仲のようです。

トーキンドラム・マスターとして知られるマリ共和国出身のミュージシャンBaba Sissokoとのデュオ・アルバム『Khalab & Baba』(2015年)で注目を浴びるようになりました。

最新作となる『Black Noise 2084』は、タイトルの通り、2084年のブラック・ミュージックをコンセプトとした、トライバル・ベース/フューチャー・ベース作品です。

アルバムには、Clap! Clap!をはじめ、Shabaka HutchingsMoses BoydTamar OsbornといったUK新世代ジャズを牽引するミュージシャン、ブルキナファソ出身のGabin Dabir、ガーナ出身のPrince Bujuといったアフリカ人ミュージシャン等がゲスト参加しています。

アフリカン・チャントや民族楽器による伝統的なアフリカン・エッセンスとフューチャリスティックなトライバル・ベースを融合させたダークな音世界は、電脳的な刺激に満ちています。

ハマる人は相当ハマるであろう中毒性の高い1枚です。
僕も既に中毒症状かも・・・

全曲紹介しときやす。

「Father And Grandpa」
ブルキナファソ出身のシンガー/ギタリスト/コラ奏者Gabin Dabirをフィーチャー。コラの響きが心地好いダンサブルな辺境系トライバル・ベースでアルバムは幕を開けます。

「Black Noise」
Tenesha The Wordsmithのポエトリーリーディング調女性ヴォーカルをフィーチャー。地を這うような覚醒的ダーク・グルーヴがうねるトライバル・ベースなタイトル曲。
https://www.youtube.com/watch?v=1qyULNL2uTE

「Dense」
南ロンドン新世代ジャズを牽引するサックス奏者Shabaka Hutchingsとイタリア人ドラマーTommaso Cappellatoをフィーチャー。Shabaka Hutchingsのサックスが冴え渡るフューチャリスティックなKhalab流アフロ・ジャズを満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=keo4q2TsIFo

「Chitita」
宗教儀式の呪文のようなチャントと地を這うようなベース・ミュージックが融合したトライバル・ベース。扇動的かつミニマルな電子音を聴いていると、知らぬ間に電脳モードへ・・・
「Yaka Muziek」
民族楽器の美しい音色とノイジーな電子音のコントラストが印象的なフューチャー・ベース。

「Bafia」
Rhye『Blood』にも参加していたUKの女性サックス/フルート奏者Tamar Osbornをフィーチャー。アフリカン・チャント、ジャズ、ベースミュージックが融合したフューチャリスティックなダンス・ミュージックが展開されます。

「Zaire」
女声アフリカン・チャント、トライバル・リズム、ミニマルな電子音のパルスが織り成すトライバル・ベース/フューチャー・ベース。プリミティブドライブなインパクトがあります。

「Shouts」
ガーナのコロゴ・ミュージシャン(2弦の弦楽器による弾き語り)Prince Bujuをフィーチャー。伝統的アフリカン・リズムと電子音を巧みに融合させたフューチャリスティックなトライバル・グルーヴに脳内が侵食されます。

「Cannavaro」
Clap! Clap!をフィーチャー。Clap! Clap!らしい民族トロピカル・ベースに、Khalabらしいアフロ・エッセンスが加わった注目の2人の共演に相応しいトライバル・ベース/フューチャー・ベースを満喫できます。

「Dawn」
ラストは先週『Displaced Diaspora』を紹介したばかりのUK新世代ジャズを牽引するドラマーMoses Boydをフィーチャー。トライバル・ベース/フューチャー・ベースと南ロンドン新世代ジャズの融合は実にエキサイティングです。

DJ Khalab,Baba Sissoko『Khalab & Baba』(2015年)
Khalab & Baba
posted by ez at 00:36| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]