2019年06月19日

Paolo Fedreghini & Marco Bianchi『Several Additional Waves』

『Several People』のリミックス作品☆Paolo Fedreghini & Marco Bianchi『Several Additional Waves』
Several Additional Waves by P. Fedreghini & M. Bianchi (2006-05-03)
発表年:2006年
ez的ジャンル:ル:Schema系クラブジャズ/クロスオーヴァー
気分は... :身体化された心...

To Doリストの消し込みが進まず、頭の中が少し混乱気味・・・
こんな時には深く考えず聴き流すことができる音を欲します。

セレクトしたのは、イタリアのクラブジャズ人気レーベルSchemaの作品から、プロデューサーPaolo FedreghiniとピアニストMarco BianchiのユニットPaolo Fedreghini And Marco Bianchi『Several Additional Waves』(2006年)です。

本作は以前に紹介した『Several People』(2004年)のリミックス・アルバムです。

Paolo Fedreghini And Marco Bianchi『Several People』(2004年)
Several People

当ブログでは『Several People』(2004年)以外に、2人が参加するユニットThe Invisible Session『The Invisible Session』(2006年)も紹介しています。

生音クラブジャズのみならず、生音と電子音が融合したクロスオーヴァー色の強い楽曲も楽しむことができた『Several People』(2004年)でしたが、それらの楽曲を自らが手掛けたリミックスで再構築しています。

『Several People』のオリジナル・ヴァージョンと聴き比べるのが楽しいと思いますが、本作単独で聴いてもSchemaらしいフロア仕様のジャズ・ワールドを楽しめます。

まぁ、リミックス・アルバムはあまり細かなことは考えず、ダンサブルな刺激を身体全体で感じ、楽しめばいいと思います。

全曲紹介しときやす。

「Nothing Has To Change (A Jungle Jazz Portrait)」
オリジナルはAngela Baggiのヴォーカルをフィーチャーした大人のワルツ・チューンでしたが、ここではジャズにジャングルのエッセンスを加味したリミックスを施しています。ジャングルを前面に打ち出すのではなく、スパイスとして効かせているのがこの人たちのセンスの良さかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=Ly-vvAgaOWA

「Stay (In Mood)」
オリジナルはDaniel Richardsのヴォーカルをフィーチャーしたエレガントなピアノ・ジャズでしたが、ここではエレガントな雰囲気は残しつつ、Schemaらしい軽快なボッサ・リズムを強調したダンサブル・チューンに仕上げています。
https://www.youtube.com/watch?v=AsJqYjiLuJ4

「Oriental Smile (A Way Of Life Mix)」
オリジナルはErmanno Principeのヴォーカルをフィーチャーしたラテン・テイストの仕上がりでしたが、ここではフロア仕様のダンス・チューンへ変貌させています。
https://www.youtube.com/watch?v=q0u-XRzoiu0

「Another Face (Reworked Wave)」
オリジナルはErmanno Principeのヴォーカルをフィーチャーしたモーダルなクラブジャズでしたが、ここではより電子音を強調したアッパーなダンス・チューンとして聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=aERIYPYunwk

「Spread Your Love (Take This Way)」
Claudia Bernhardのヴォーカルをフィーチャーしたオリジナル自体がフロア仕様の仕上がりでしたが、ここではよりクラブジャズらしいダンサブル・チューンに再構築しています。
https://www.youtube.com/watch?v=QjKFXhHjIbE

「You Are A Star (Shining Star)」
オリジナルはErmanno Principeのヴォーカルをフィーチャーしたボッサ・チューンでしたが、ここではより電脳的でクールなダンス・チューンとして聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=75kqCIRWEyk

「Blue Night In Africa (Crossing The Land)」
オリジナルはClaudia Bernhardのヴォーカルをフィーチャーした妖艶な仕上がりでしたが、ここでは電子パルスのような高速リズムで疾走するフロア仕様のダンス・チューンへ変貌させています。
https://www.youtube.com/watch?v=1ivqJdexF28

「Theme Of Solitary Notes (Hopping Notes)」
オリジナルはブラジリアン・フレイヴァーのインストでしたが、ここではハイパーな電脳ダンス・チューンとして楽しませてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=fFC4Ld8wC3M

「Please Don't Leave (Funk Wave)」
ジャズ・サックス奏者Sahib Shihabのカヴァー。クールなジャズ・ハウスだったオリジナルは各種コンピにも収録されていた『Several People』のハイライトでした。本リミックスはより直線的な疾走感のあるダンス・チューンに仕上がっています。

「Onda Espumante (Ironic Wave)」
オリジナルはMarco Bianchiのピアノを楽しむラテン・テイストのインストでしたが、ここではブラジリアン・フレイヴァーで楽しませてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=sUmjPROS9mg

The Invisible Session『The Invisible Session』
インヴィシブル・セッション
posted by ez at 00:10| Comment(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]