2019年08月12日

The Rhythm Makers『Soul On Your Side』

GQの前身グループによるレア・グルーヴ人気作☆The Rhythm Makers『Soul On Your Side』
SOUL ON YOUR SIDE +10 (日本独自企画、最新リマスター、解説、ボーナストラック付)
発表年:1976年
ez的ジャンル:De-Lite系ディスコ/ファンク
気分は... :アイス食べたい・・・

今回は「Disco Nights (Rock-Freak)」などのヒットで知られるディスコ/ファンク・グループGQの前身グループThe Rhythm Makers唯一のアルバム『Soul On Your Side』(1976年)です。

レア・グルーヴ人気作として再評価の高い1枚ですね。

The Rhythm Makersは1968年にN.Y.ブロンクスで結成されたグループ。

メンバーはEmanuel "Rahiem" Leblanc(vo、g)、Keith Crier(b、vo)、Kenny Banks(ds、vo)、Herb Lane(key、vo)の4名。

1974年に初シングル「You're Never Too Old (To Get On Down)/How Much I Love You」をリリース。翌年には「Touch/Memories Of You」「Prime Cut/Zone」という2枚のシングルをリリースしています。

そして、1976年にThe Rhythm Makers名義での唯一のアルバム『Soul On Your Side』(1976年)をリリースしています。

その後、グループ名をGQに改め、改名後の1stアルバム『Disco Night』(1979年)からのシングル「Disco Nights (Rock-Freak)」は、USチャート第12位、同R&Bチャート第1位の大ヒットとなりました。

それ以降もGQ名義で『GQ Two』(1980年)、『Face To Face』(1981年)といったアルバムをリリースしています。

さて、The Rhythm Makersとしての唯一のアルバムとなる本作『Soul On Your Side』(1976年)ですが、ヴォーカル曲、インスト曲共に充実した

De-Lite Record傘下のVigor Recordsからのリリースです。

プロデュースはThe Rhythm MakersBilly Terrell

ガラージ・クラシック「Zone」、GQ「Disco Nights (Rock-Freak)」の原型となった「Soul On Your Side」、Disco 12" Versionも人気のインスト・ファンク「Can You Feel It (Part 1)」あたりが人気だと思います。

個人的にはクラヴィネット・ファンキー・グルーヴ「You Better Believe It」、スペイシー・ファンク「Funk-N-You」、爽快ディスコ・ダンサー「Street Dreamin'」、推進力のあるインスト・ディスコ・ファンク「Monterey」あたりも好きです。

レア・グルーヴ好きにはたまらない1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Can You Feel It (Part 1)」
コズミックなインスト・ファンクがオープニング。ボーナス・トラックに収録されている「Can You Feel It (Original Special Disco 12" Version)」も人気です。
https://www.youtube.com/watch?v=iOdruNIGjc4

「You Better Believe It」
クラヴィネットとベースラインが格好良いヴォーカル入りファンキー・グルーヴ。個人的にかなり好きな1曲。
https://www.youtube.com/watch?v=7P1pM0GtIrk

「Soul On Your Side」
GQとしての大ヒット・シングル「Disco Nights (Rock-Freak)」の原型となったヴォーカル入りの爽快ソウル・ダンサー。。軽快なギター・カッティングが先導します。
https://www.youtube.com/watch?v=HfPDpEvSdoI

「Disco Nights (Rock-Freak)」と聴き比べるのも楽しいと思います。
GQ「Disco Nights (Rock-Freak)」
 https://www.youtube.com/watch?v=glnkXzb7N6Y

「Zone」
前述のように1975年のシングル曲。ガラージ・クラシックとして人気の高いコズミックなインスト・ファンク。格好良すぎます!
https://www.youtube.com/watch?v=2GgVaTGbk8U

「Funk-N-You」
スペイシー・シンセが印象的なヴォーカル入りファンク・グルーヴ。SF的ファンク・ワールドを楽しめます。P-Funkとセットで聴いてもフィットしそうです。
https://www.youtube.com/watch?v=Ang3n5BSRwE

「Street Dreamin'」
ミラーボールが似合いそうな爽快ディスコ・ダンサー。スウィートなヴォーカル・ワークもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=Efjm17v3LEk

「You're My Last Girl」
本作唯一のスロウ。ファルセット・ヴォーカルを駆使したスウィート・ソウルを楽しみましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=QXUfdBpGczk

「Monterey」
推進力のあるインスト・ディスコ・ファンク。ドラム・ブレイクもキマっています。
https://www.youtube.com/watch?v=xsE1WFRhtv8

Zeb.Roc.Ski and Stieber Twins「Breakers Revenge 93」等のサンプリング・ソースとなっています。
Zeb.Roc.Ski and Stieber Twins「Breakers Revenge 93」
 https://www.youtube.com/watch?v=TiyLB3fAyCU

「Can You Feel It (Part 2)」
「Can You Feel It」の短いパート2で余韻に浸りながら本編は幕を閉じます。

国内盤再発CDには「You're Never Too Old (To Get On Down)」「How Much I Love You」「Prime Cut」「Touch」「Memories Of You」「At The Hop」というシングル(B面含む)6曲、「Position」「Wonderfull」「Lover's Lane」という未発表3曲、さらに「Can You Feel It (Original Special Disco 12" Version)」という合計10曲がボーナス・トラックとして追加収録されています。

ボートラの中では「You're Never Too Old (To Get On Down)」「Can You Feel It (Original Special Disco 12" Version)」の2曲がおススメです。
「You're Never Too Old (To Get On Down)」
https://www.youtube.com/watch?v=hRVtPi3Gnk8
「How Much I Love You」
https://www.youtube.com/watch?v=pUsRPOMLznk
「Prime Cut」
https://www.youtube.com/watch?v=EjQkxPM4r-g
「Touch」
https://www.youtube.com/watch?v=KlpambUER8A
「Memories Of You」
https://www.youtube.com/watch?v=6716vIoM-Fo
「At The Hop」
https://www.youtube.com/watch?v=jcZSu3VcYMg
「Can You Feel It (Original Special Disco 12" Version)」
https://www.youtube.com/watch?v=p-ZXoOmQGHc

GQ名義のアルバムもチェックを!

GQ『Disco Night』(1979年)
ディスコ・ナイツ(期間生産限定盤)

GQ『GQ Two』(1980年)
TWO (REMASTERED)

GQ『Face To Face』(1981年)
FACE TO FACE
posted by ez at 01:51| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]