2019年12月10日

Doug Hammond『Reflections In The Sea Of Nurnen』

レア・グルーヴ人気盤のTribe作品☆Doug Hammond『Reflections In The Sea Of Nurnen』

発表年:1975年
ez的ジャンル:Tribe系ブラック・ジャズ
気分は... :嵐の1週間の予感・・・

スピリチュアル〜ブラック・ジャズ・レーベルTribeのレア・グルーヴ人気盤Doug Hammond『Reflections In The Sea Of Nurnen』(1975年)です。

Doug Hammondは1942年フロリダ州タンパ生まれのドラマー/パーカッショニスト/シンガー。

本作『Reflections In The Sea Of Nurnen』(1975年)はTribeからのリリースですが、それ以降は自身のレーベルIdibibから作品をリリースしています。

また、クラブジャズ好きには以下の作品で彼の名を知った人もいるのでは?

Jazzanova『In Between』(2002年)
イン・ビトゥイーン・デラックス・エディション

Tribe『Rebirth』(2009年)
リバース [カール・クレイグ・プロデュース] [日本盤ボートラ付]

さて、本作『Reflections In The Sea Of Nurnen』(1975年)ですが、Doug Hammond & David Durrah名義の作品と紹介されることもあり、Doug Hammondがキーボード奏者David Durrahと創り上げた1枚とも説明できます。

レコーディング・メンバーはDoug Hammond(vo、ds、melodica、syn)、David Durrah(p、el-p、moog、syn)、Otis Harris(as)、Trevis Mickeel(violin)、Fredrick Boon(per)、Charles Metcalf(b violin、b)、Charles Burnham(violin)、Thomas (Turk) Trayler(per)。

ブラックスプロイテーション的な「Fidalgo Detour」、ヴォーカル入りコズミック・ジャズ・ファンク「Wake Up Brothers」、R&Bテイストのアーシーなヴォーカル・チューン「For Real」、クラブジャズ好きも気に入るであろう「Sea Of Nurnen」エレクトリック・マイルス的な「Venus Fly Trap」あたりが僕のおススメです。

再評価の高いレア・グルーヴ人気盤をご堪能れ!

全曲を紹介しときやす。

「Fidalgo Detour」
おススメその1。Charles Metcalf作。Otis Harrisのサックスが牽引するオープニング。ブラックスプロイテーション的な躍動感が魅力のブラック・ジャズに仕上がっています。

「Space II」
David Durrah作。電子パルス的なアヴァンギャルド。
https://www.youtube.com/watch?v=v4Xe9beAgJU

「Wake Up Brothers」
おススメその2。Doug Hammond作。アープ・シンセの神秘的な音色が印象的なヴォーカル入りコズミック・ジャズ・ファンク。Dougの叩き出す推進力のあるビートも格好良いです。Madlib「Deodato」のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=Z7dUhS9gUfE

「Reflections」
Otis Harris作。Otis Harrisの哀愁ブロウと共に始まるバラード。少しミステリアスな雰囲気もグッド!

「For Real」
おススメその3。Doug Hammond作。R&Bテイストのアーシーなヴォーカル・チューン。David Durrahのピアノが冴え渡ります。Madlib「Ra」のサンプリング・ソースとなっています。
https://www.youtube.com/watch?v=ndFzVn7w2n8

「Space I」
David Durrah作。アヴァンギャルドな現代音楽といった趣の仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=VzlIXFSdCmU

「Sea Of Nurnen」
おススメその4。David Durrah作。クラブジャズ好きも気に入るであろうビートの効いた躍動感とコズミックな鍵盤の組み合わせが魅力的です。パーカッシヴな僕好みの1曲。
https://www.youtube.com/watch?v=y5n4MBvaSLE

「Moves」
Doug Hammond作。美しいヴァイオリンの音色が印象的なヴォーカル入りメランコリック・ジャズ。美しくも儚いムードがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=2Z4AZXO4vrM

9th Wonder「Last Real Nigga Alive」のサンプリング・ソースとなっています。
9th Wonder「Last Real Nigga Alive」
 https://www.youtube.com/watch?v=5M__yPR4OzI

ここまでがオリジナルの8曲。国内盤CDには以下のシングル収録2曲がボーナス・トラックとして追加されています。

「Venus Fly Trap」
おススメその5。David Durrah作。パワフルに疾走する格好良い演奏を満喫できます。エレクトリック・マイルス好きも気に入るであろうブラック・ジャズ。
https://www.youtube.com/watch?v=NfJ_lHqFzuc

「Kai」
David Durrah作。ミステリアスなエレピの音色が印象的なメロウ・チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=z52YsD0YzfI

Doug Hammondの他作品もチェックを!

『Spaces』(1982年)


『A Real Deal』(2007年)


『It's Born』(2008年)


『New Beginning』(2010年)

posted by ez at 02:32| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]