2020年01月13日

Chapter 8『Forever』

アーバンな魅力に溢れた1枚Chapter 8『Forever』
FOREVER
発表年:1988年
ez的ジャンル:アーバン・ソウル/ファンク
気分は... :波乱・・・

NFLディビジョナル・プレーオフは、レイブンズがタイタンズにまさかの敗退。

Michael J. Powell率いるファンク/ソウル・グループChapter 8の3rdアルバム『Forever』(1988年)です。

Anita BakerMichael J. Powellを擁したChapter 8の紹介は、2ndアルバム『This Love's For Real』(1985年)、デビュー・アルバム『Chapter 8』(1979年)に続き3回目となります。

結果的にグループのラスト・アルバムとなってしまった3rdアルバム『Forever』(1988年)。

必ずしも評価の高いアルバムではありませんが、Michael J. Powellらしいアーバンな魅力に溢れた1枚に仕上がっていると思います。

本作におけるメンバーは、Michael J. Powell(g、prog)、Gerald Lyles(vo)、Valerie Pinkston(vo)、David Washington(b)、Vernon Fails(p、el-p、syn)、Courtlen Hale(sax、syn)という6名。

それ以外にPaul Jackson Jr.(g)、Donald Lyle(g、syn、prog)、Johnathan Moffett(ds)、Ricky Lawson(ds)、Ron Bruner(ds)、Gene Sarapino(org)、Sir Gant(p、ayn)、Paulinho DaCosta(per)、Alex Brown(back vo)、Jim Gilstrap(back vo)、Kim Edwards-Brown(back vo)、(back vo)、Marva King等のミュージシャンがレコーディングに参加しています。

プロデュースはMichael J. PowellPaul Riserがストリングス・アレンジを手掛けています。

シングルにもなった「So In Love」「Give Me A Chance」。煌びやかなアーバン・ダンサーの「Understanding」「Real Love」あたりが僕のおススメです。

Michael J. Powell好きの方はぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「Stronger Love」
David Spradley/Donald Lyle/Gerald Lyles/Michael J. Powell作。煌びやかなシンセが響くアーバン・ダンサーがオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=vsK413BH6SU

「Give Me A Chance」
Michael J. Powell/Valerie Pinkston/Vernon Fails作。シングルにもなった1曲。Valerie Pinkstonがしっとりと歌い上げるアーバン・ミディアム。
https://www.youtube.com/watch?v=3vWJL0G4AjE

「So In Love」
Michael J. Powell/Vernon Fails作。シングルにもなったMichael J. Powellの本領発揮の1曲。クワエット・ストーム好きには間違いない1曲でしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=v2cgI2ZNF_k

「Understanding」
Donald Lyle/Michael J. Powell/Rupert Brewer作。ダンサブル系ではコレが一番好き!煌びやかに疾走するアーバン・ダンサー。
https://www.youtube.com/watch?v=HaUovh8H6Ks

「I Can't Wait」
Donald Lyle/Michael J. Powell/Valerie Pinkston作。良く悪くも80年代後半らしいダンサブル・サウンドが印象的です。

「One And Only」
Vernon Fails作。出だしの♪ウォー、ウォー♪コーラスに少し面喰いますが、なかなかキャッチーなアーバン・ファンクに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=sXv7weXNn54

「Real Love」
Michael J. Powell/Vernon Fails作。Michael J. Powellらしいセンスを楽しめるアーバン・ダンサー。オトナのアーバン・ナイト感がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=t47BnREGtTE

「Forever」
Bonnie Karlyle作。タイトル曲はオーセンティックなバラードを男女リードで丁寧に歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=X7iXWOK1KK0

「The Last Time」
David Spradley/Donald W. Lyle/Michael J. Powell作。このダンサブル・チューンは今聴くと少し厳しいかも?
https://www.youtube.com/watch?v=NyXroky_O20

「Long Time To Love」
Courtlen Hale/David Washington作。ラストは感動的なバラードで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=V9g2QjEpMHc

Chapter 8の他作品もチェックを!

『Chapter 8』(1979年)
チャプター・8(期間生産限定盤)

『This Love's For Real』(1985年)
ディス・ラヴズ・フォー・リアル
posted by ez at 07:19| Comment(0) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]