2005年09月12日

Ohio Players『Honey』

オハイオをFUNKの名産地とした立役者Ohio Playersの甘くて危険なアルバム『Honey』
Honey
発表年:1975年
ez的ジャンル:お口べとべと猥雑FUNK系
気分は... :Funkグループのメロウナンバーでヤラれたい!

Zapp、Slave、Dayton...僕のお気に入りFunkグループはみんな\(^ー^)/オハイオ〜出身。
まぁ、Ohio Playersという偉大な先輩が居たからこそ、オハイオからFUNKグループが続々と輩出されたんだろうけど。

1つエピソードがある。このジャケット写真の女の子(実はレコード会社の社長の娘)は、実際に大量のハチミツを体中に垂らされ、この写真を撮影した。長時間に及ぶ撮影が終了した時、ハチミツが固まってしまい、彼女は床のアクリル板に張り付いて動くことが出来なくなった。あわてた撮影スタッフは、お湯をかけてハチミツを溶かし、無事彼女は救出された...信じられないような本当の話。
(本当はCDよりもオリジナルのLPでその素晴らしさがわかるジャケットなんだけどねっ)

オススメ曲を紹介しときやす。

「Love Rollercoaster」
まずはFunkバンドなのでやっぱりゴキゲンでアホなナンバーを聴かないとね。
と言うことで、Red Hot Chili Peppersのカバーでも有名な猥雑ファンクナンバーがこれ。カッティングがメチャグーでカッチョいいねっ!

「Honey」
アルバムの冒頭を飾るメロウなスローナンバー。
僕は彼らのFunkナンバー以上にアルバムに数曲必ず入っているスローにメチャ弱い。
意外にもメチャメチャ泣かせるコーラスワークに即KOされてしまう。ダミ声とのギャップがたまらん☆

「Sweet Sticky Thing」
お待たせしました!このアルバムのハイライト間違いナシ☆のとろけるスウィートナンバーがコレ。この気持ち良いミディアム・グルーブで僕は瞬く間に昇天してしまう♪

Ohio Playersの代表作って言うと、本作以外では『Skin Tight』(1974年)、『Fire』(1974年)を挙げる人が多いと思うけど、個人的には『Angel』(1977年)がオススメです。
posted by ez at 23:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ezさんからOhio Playersを教えてもらった時、かなり鳥肌が立ったのを覚えてます。ものすごくゆる〜いノリで、包み込むような感じがサイコーですね〜。70年代すげ〜なと思った瞬間でした。
Posted by go at 2005年10月18日 02:33
Ohio Playersは結構スローでまずヤラれるんですよねぇ。
Posted by ez at 2005年10月18日 02:44
CD2枚組のベストアルバムとHoneyをCDで持ってます。確かにスローなナンバーもかなりいいですね。タイトル曲Honeyやヘブンが付く曲。分厚いコーラスも魅惑的。またドラムとその録音がとても秀逸です。スキンタイトも超絶カッコイイ。
Posted by マルチP at 2006年05月05日 23:16
☆マルチPさん

ありがとうございます。

Ohio Playersは、猥雑なカンジのファンク・ナンバーとスウィート・バラードのギャップ感が好きですね。

Ohio Playersに限らず、この頃のファンク・グループのアルバムに必ず数曲収録されているバラードに絶品が多いと思います。
Posted by ez at 2006年05月06日 02:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック