2005年09月19日

Style Council『Our Favorite Shop』

僕の永遠の憧れの人Paul Wellerが率いたStyle Council(通称スタカン)の2ndアルバム『Our Favorite Shop』
アワ・フェイヴァリット・ショップ
発表年:1985年
ez的ジャンル:オシャレ&硬派系スタイリッシュ・ポップ
気分は... :昼下がりのカフェで、たまにはマジメにいろいろ考えてみる...

僕はJam時代からPaul Wellerの信奉者だ。
Jamを知らない人のために簡単に説明しておくと、1970年代後半のパンク・ムーヴメント真っ只中のUK音楽シーンに登場したモッズ・バンドがThe Jamであり、その中心人物であるPaul Wellerは、若者の期待を一身に集めた時代のリーダー的存在だったってカンジかな。

1982年のJam解散に少なからずショックを受けていた僕の目前に、突如現れたのがPaul Wellerの新グループ(というか新ユニット)Style Councilであった。Style Councilの魅力は、Jam時代のエッジの効いたビート感溢れるモッズ・サウンドは影を潜め、グループ名(Style Council=スタイル討議会)の通りRock、Soul/R&B、Funk、Jazz、Latin、Bossa Novaなど様々な音楽スタイルを取り入れた何でもアリの、とにかくカッコイイ、オシャレなPOPソングということに尽きる。ただし、サウンドはオシャレだけど、歌詞はシニカルで硬派なのがPaul Wellerらしい。さすが兄貴!

オススメ曲を紹介しときやす。

「With Everything To Lose」
ラテン調の小粋なナンバー。個人的にはアルバムで一番好き☆
この曲を気に入った方には、曲はそのままで歌詞違い、アレンジが少しブルージーな「Have You Ever Had It Blue」という曲もアリマスのでぜひお試しを!1粒で2度美味しい気分。

「The Lodgers」
D.C LeeのボーカルをフューチャーしたR&Bナンバー。
イントロの彼女のボーカルを聴いただけで、ゾクゾク☆ワクワクする。
この曲はシングルバージョンとアルバムバージョンで異なるのでご注意を!

「Luck 」
涼しげな躍動感が心地よいナンバー。
僕のスタカン・ベストソング「My Ever Changing Moods」(シングルバージョン)とセットで聴くと、かなり気持ちイイ!

「Walls Come tumbling Down」
後期Jamを彷彿させるガッツ溢れるナンバー。
これを気に入った人はJam時代も聴いてみてねっ。

「Shout To The Top」
彼らの代表曲の1つ。フジテレビの朝の情報番組「特ダネ」のテーマ曲なので聴いた人も多いハズ。

去年発表のPaul兄貴のソロアルバム『Studio 150』もオススメです。全曲カバーだけど、彼ほどR&B系カバーがハマるRockアーティストもいないと思いマス。
posted by ez at 19:43| Comment(4) | TrackBack(2) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャムは最近はあまり聴かないけど、セカンドアルバムのモダンワールドが好きでよく聴きました。イートンライフルズ、ゴーイングアンダーグラウンド、アートスクール、プレッティグリーン、スクレイプアウェイ、スタート、ニューズオブザワールド(ブルースフォクストンの曲)、タウンコールドマリス…特に好きですね。ビデオクリッブ集、スナップをBetaビデオで持ってました。
Posted by マルチP at 2006年05月07日 01:32
☆マルチPさん

ありがとうございます。

Jamは、それまで全米チャート中心だった僕に、全英チャートへ目を向けるきっかけを作ってくれたアーティストでした。

順序が逆なんですけど、Jamでモッズの格好良さに憧れ、そこから遡って元祖モッズ・バンドだった初期のThe WhoやSmall Faces、Manfred Mannなんかを聴いたカンジでしたね。
Posted by ez at 2006年05月07日 03:23
アナログ盤は『Walls Come Tumbling Down』で最高のエンディングだったのに、CD化に伴いいつのまにか『Shout to The Top』がラスト曲になりアルバムの流れが最悪に.....
自分のiPodではアナログ盤の曲順に並べ替えて聴いています。
そういえば自身のブログ=2008年最後の記事で『Walls Come Tumbling Down』を使いました!
Posted by パケット at 2010年02月26日 18:00
☆パケットさん

ありがとうございます。

確かにLPで聴き込んだ流れと異なると違和感がありますよね。

The Jam→Style Council→ソロとPaul Wellerへの思い入れは強いですが、
特に中〜後期Jamから初期スタカンあたりは特別ですね。

Paul Wellerは僕の永遠のヒーローです!
Posted by ez at 2010年02月27日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7095341

この記事へのトラックバック

our favourite shop
Excerpt: このころのpaulの花形満likeな髪型以外はすべてにおいて文句なしのアルバムです。彼らがレスペクトするものが飾られているジャケット同様、まさに彼らが好きな音楽をやりまくってます。が、前作よりはモダン..
Weblog: hyuma
Tracked: 2005-09-21 00:14

お知らせ
Excerpt: 12月28日から1月5日月曜日まで事務所が休みになりますのでブログの更新をお休みします。 なお休刊中にいただいたコメントに関しましては1月6日火曜日に必ず返信いたします。 ご迷惑をおかけいたします..
Weblog: Puckett34
Tracked: 2010-02-26 17:59