2005年10月02日

Mica Paris『Contribution』

僕の密かな楽しみ?UKソウル歌姫Mica Parisの隠れた名盤『Contribution』をこっそり教えちゃいます。
Contribution
発表年:1990年
ez的ジャンル:ファッション・ブランド系UKソウル
気分は... :たまには銀座でメシでもどうよ?

80年代後半から90年代前半にかけて、僕のウォークマン占有率が最も高かったのAcid Jazz、グラウンド・ビートなんかに代表されるオシャレなUKクラブ・ミュージックだったかもしれない。UKソウルも純粋なR&B/SoulというよりもUKクラブ・ミュージックという感覚で聴いていた。

ちなみにAcid Jazzとは、Londonのクラブを中心とした踊るためのJazzのムーブメントであり、The Brand New Heavies、Ronny Jordan、US3あたりが有名かな?グラウンド・ビート(Ground Beat)とは、90年代初頭に流行った、ゆったり&ズシリと重い打ち込みビートが特徴のクラブ・ミュージックのことで、Soul II Soulの大ヒット「Keep On Movin'」がその典型デス。

そんなUKソウルのなかで、僕の最もお気に入りアルバムがMica Paris『Contribution』デス。まずジャケがオシャレでしょ。どこかのファッション・ブランドのイメージポスターみたいだもんね。なんたって名前がParisだしね(彼女の本名はMichelle Wallenなんだけど)。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Contribution」
Eric B & RakimのRakimのラップをフィーチャーしたタイトル曲。
でも、サウンドはグラウンド・ビートです。とってもクールなんだけどメロウなカンジがイイっす。今思うと、グラウンド・ビートでラップするRakimって何か不思議!

「If I Love U 2 Nite」
あのPrince殿下が書き下ろし、きっとこの曲で悩殺される人も多いのではと思う名曲デス。さすが殿下!とてもスウィートかつ少しけだるいセクシーなカンジがたまりません。

「Just to Be With You」
当時の売れっ子のサウンド・クリエイターMantronikプロデュースの典型的なUKクラブ・ミュージック。

「I've Been Watching You」
Micaの伸びやかなボーカルを楽しめるポップでとってもキャッチーな曲デス。

「More Love」
一般的には、「Contribution」、「If I Love U 2 Nite」、「Just to Be With You」の3曲がこのアルバムとハイライトと言われると思うけど、僕はこの曲がダントツでお気に入り。結構、無理やり他人に聴かせる曲の1つデス。パーカッシヴかつクールな打ち込みサウンドとエモーショナルなボーカルのバランスが絶妙デス。

こんな名盤なのにヒットしたのはUKのみで、アメリカでは全く見向きもされなかったのは残念な限りo(><)oだからこそ、隠れた名盤として愛着があるんだけどねっ。
posted by ez at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7580215

この記事へのトラックバック