2005年10月26日

The Pharcyde『Bizarre Ride II』

僕にとってのフェイバリットHip-Hopソング「Soul Flower」を含むThe Pharcydeの傑作デビューアルバム『Bizarre Ride II』
Bizarre Ride II the Pharcyde
発表年:1992年
ez的ジャンル:オトボケ&無邪気系西海岸Hip-Hop
気分は... :おバカで〜す( ̄○ ̄)

僕がPharcydeに最初に出会ったのは、当時大人気だったAcid JazzグループThe Brand New Heaviesが、様々なHip-Hopアーティストを迎えて制作した『Heavy Rhyme Experience, Vol.1』(1992年)だった。このアルバムはThe Brand New Heaviesの演奏をバックにHip-Hopアーティストがラップするという、Acid JazzとHip-Hopの融合を狙ったものであり、Pharcyde以外にもMain Source、Gang Starr、Kool G. Rap、Black Sheep等今振り返ると蒼々たるメンバーが名を連ねていた。

そんな中、アルバムのトリに収録されていたのがPharcydeをフューチャーした「Soul Flower」だった。聴いた途端、Brand New Heaviesの洒落た生音とPharcydeのハッピーなラップの組み合わせに“何なんだこのカッチョ良さは!”と一発で完全にKOされた。その直後に発売されたのがPharcydeの1st『Bizarre Ride II』である。正直、「Soul Flower」目当てで買ったんだけど、アルバム全体としての完成度の高さに大満足☆しばらくは通勤ウォークマンタイムで『Bizarre Ride II』と『Heavy Rhyme Experience, Vol.1』ばかり聴いていた記憶がある。

当時、僕が聴くHip-Hopと言えば、Native Tongues一派(De La Soul、Jungle Brothers、ATCQ)のようなハッピーおとぼけ系が中心で、あまりウェッサイ系のギャングスタものは聴かなかった。その意味で西海岸からギャングスタとは程遠いPharcydeのようなグループが出てきたのは随分異色なカンジがしたなぁ。というかずっと東のグループだと勘違いしていたのだけれど。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Soul Flower(Remix)」
僕はやはり何といってもこの曲デス。『Heavy Rhyme Experience, Vol.1』収録の生音バージョンも勿論イイんだけど、コチラはさらにその上を行く出来だよね。この無邪気さはホントたまらんねっ♪以前TVでRip Slymeのメンバーが“目指すのは「Soul Flower」みたいな曲をつくること”と発言していたのを観たけど納得だね。Fatback Band「Put Your Love (In My Tender Care)」ネタ。

「Oh Shit」
どことなく人を食ったカンジがイイよね。Donald Byrd「Beale Street」ネタ。

「4 Better or 4 Worse」
フロアで超人気のシングル曲。A Tribe Called Questあたりも通ずるクールで怪しげな浮遊感にハマります。

「Passin' Me By」
切ないんだけどユルいカンジがとっても心地よい1曲。アルバムバージョンはQuincy Jones「Summer In The City」、Jimi Hendrix「Are You Experienced?」、Eddie Russ「Hill Where the Lord Hides」、Skull Snaps「It's a New Day」、Weather Report「125th Street Congress」ネタ。実を言うと、CDシングルで持っているRoy Ayers「The Third Eye」ネタを駆使したFly As Pie Remixの方がもっとスキなんだけどね。こちらはvibeの音色が実にマッチしていマス。

「Otha Fish」
甘栗のように1回食べはじめたら、止まらなくなるクセになる曲。Herbie Mann「Today」ネタ。

「Ya Mama」
“ウチのおかんはな...”ってカンジの曲なのかな。クールなんだけどコミカルなカンジが彼ららしい。Melvin Bliss「Synthetic Substitution」ネタ。

「Return Of The B-Boy」
何かおバカなことしたくてたまらなくなるゴキゲンなナンバー。年を考えろって?たまには勘弁してよ!

「Runnin'」(Mya「Fallen」の元ネタ)、「She Said」等を含む2nd『Labcabincalifornia』(1995年)も最高っす!
posted by ez at 02:21| Comment(6) | TrackBack(1) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてっ。
私もSoulFlower大好きです!
そんでもって、Ripがこれを目指すってゆってたのも観ました。
OthaFishもはまってて、たしかにクセになってる!!とうなずいちゃいました〜。
Posted by はなこ at 2005年10月30日 02:20
>はなこさん
ありがとうございます。僕の場合、Soul Flower中毒かもしれません?他にもATCQなんかの90年代前半Hip-Hopにいまだにハマってマ〜ス。これからも気軽に立ち寄ってくださいね〜。
Posted by ez at 2005年10月30日 10:22
HIPHOPはどうしても書いてしまう・・・
許してください。
しかもPharcydeだなんて!!

西の地下ではこんなにも素敵なグループが活動してて安心したのを覚えてます。

この作品を聴いて「やっとこんな感じのきたぁ!」

と喜んでました!

ドストライクだったんです!

しかも元ダンサーだからノリも良いはずで!

今は個々で活動してますが、応援してます!


Posted by ashibe at 2008年01月23日 19:54
☆ashibeさん

ありがとうございます。

Pharcydeって聴いていてワクワクしますよね。
一緒にハジけたい気分になってきます!
明るく楽しいHip-Hopはサイコーだと思います!
Posted by ez at 2008年01月24日 09:28
6年前の記事のようですかコメント失礼します。
こちら若干19歳のガキですので当時は13歳ですね笑
RIPが影響を受けたというpharcydeの音楽を最近知ったのですが、やはりツボでした。
でググってたらこの記事に着地。
おかげさまでより一層pharcyde好きになりました!
元ネタあたりも勉強になりました。
Posted by kyota at 2011年10月17日 07:21
☆kyotaさん

ありがとうございます。

現在19歳ということは、本作(1992年リリース)と同じ年ですね!羨ましい!

そんな若い方にPharcydeを気に入ってもらえるのは嬉しいですね。90年代前半のHip-Hopもアレコレ聴いてみると楽しいと思います。

Posted by ez at 2011年10月18日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Soul Flower / The Pharcyde
Excerpt: 「BRAND NEW HEAVIES」のアルバムに収録されたPHARCYDE参...
Weblog: Taro's blog
Tracked: 2006-08-15 01:49