2005年10月29日

Prince『1999』

孤高の天才Prince殿下の快進撃開始となった5thアルバム『1999』
1999
発表年:1982年
ez的ジャンル:殿下流ファンク
気分は... :殿のご乱心じゃあ〜!

今晩はふとPrinceの名が思い浮かんだので殿下のアルバムを紹介します。

長年、僕の意識の中でPrince殿下の最高傑作は『Sign O' The Times』という構図ができあがっていた。殿下のピークは『1999』(1982年)から『Purple Rain』(1984年)、『Around The World In A Day』 (1985年)、『Parade』(1986年)、『Sign O' The Times』 (1987年)、『Lovesexy』(1988年)までで、『Batman』(1989年)以降は長年のお付き合いで購入していたというカンジだったかな。

今回記事投稿するにあたりどの1枚を選ぼうと考えた時、CD棚から無意識に2枚のアルバム取り出していた。『Controversy』(1981年)と『1999』の2枚だった。何か意外だったね。でも、きっと今日の僕がダンス・ミュージックを欲しており、その気分にマッチする殿下のアルバムがこの2枚ということであろう。

『Controversy』は、僕が始めてリアルタイムで聴いた殿下のアルバムだ。当時は、ニューウェイブとダンス・ミュージックが合体した得体の知れない音楽というイメージがあったかな。でも、音楽以上にブリーフ1枚でセクシーポーズを取る殿下のスキャンダラスなビジュアルの方がインパクトあったね。なんか踏みこんではいけない倒錯世界の音楽ってカンジがしたなぁ。
*追記
これって完璧『Dirty Mind』と『Controversy』が交錯していますよね。多分、ジャケで最初に見た殿下は『Dirty Mind』で、実際に音を聴いた殿下は『Controversy』が最初だったのでしょうね。記憶が曖昧でスミマセン。


その意味では、きちんと殿下の作品と向き合ったという点では、『Controversy』の次に発表された『1999』が最初だった。スキャンダラスなイメージは前作でかなり免疫ができていた分、音楽の方に興味が向いたし、作品自体もそれまでに比べるとグッとポップで聴きやすくなっている。当時はロックファンのスタンスからこのアルバムを聴いていたのであまり気付かなかったが、R&B中心の音楽生活を楽しむ今聴き直してみると、とっても80年代のエレクトリック・ファンクらしいアルバムだね。

オススメ曲を紹介しときやす。

「1999」
アルバムからの1stシングルであり、このアルバムを象徴するポップかつファンキーさを堪能できる代表曲。今聴いても腰が浮き上がってくる☆この仰々しいシンセがなんともイイねっ。今思うと、このアルバムから後にRevolution(殿下のバックバンド)のメンバーとなるWendy & Lisaが参加しており、Lisaのバックボーカルが全体の華やかさアップにずいぶん貢献しているね。

「Little Red Corvette」
2ndシングルであり、殿下初の全米Top10ヒットとなった曲。殿下のメロディーメーカーとしての才能を思い知らされるね。特に、この曲は当時の僕のようなロックファンからもかなり支持されたんじゃないかな?この曲のヒットで一部のコアなファンから一般の音楽ファンへと支持層をかなり広げたと思うよ。

「Delirious」
3rdシングルとなり、これまたヒットしたダンスナンバー。この曲が前作『Controversy』の路線に一番近いかもね。下品なシンセの音色が変態チックで殿下らしい。

「Let's Pretend We're Married」
「Automatic」
80年代のエレクトリック・ファンクらしいこの2曲。以前に紹介したMidnight Starなんかと一緒に聴くといいかも?

「Lady Cab Driver」
このアルバムの隠れた名曲。僕がハマるパターンのカッティングギターがシャカシャカするとてもシャープでキレがあるナンバー。

このアルバムは発表当時LP2枚組だったんだけど、全11曲しか収録されていないんだよね。LP片面2〜3曲だもんね、少ねぇ。僕の持っているCDにはその少ない全11曲の中の1曲である「D.M.S.R」がカットされて10曲しか収録されていない。「D.M.S.R」はカットされる理由が見つからないイイ曲なんだけどね。ちなみに現在発売されているCDは全11曲収録となっているのでご安心を!
posted by ez at 01:14| Comment(7) | TrackBack(2) | 1980年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
突然の書き込み失礼いたします。

この度、ブログのランキングサイトがオープンいたしました。
  【ブログランキング Bloking】http://bloking.jp
まだオープンしたてのサイトですが、貴サイトのアクセスアップに
貢献できればと思っております。

誠に勝手ではございますが、是非とも参加していただければ幸いです。
末筆ながら、貴サイトの益々のご発展をお祈りしております。
Posted by Bloking at 2005年10月29日 19:56
リクエストをいただいてPRINCEを描いたのですが
文が書けないで困っています。もう文ナシにするかな笑

そうだ!この記事を読んで思い出しました。
何故か1999のCDを後から買ったんですよね。
すっかり忘れていましたが D.M.S.R. が収録されたからだ!
 
スッキリしました笑
Posted by けん at 2006年04月04日 22:44
☆けんさん

ありがとうございます。

『1999』から『Lovesexy』あたりまでの殿下は絶好調でしたね!
まるで70年代のStevieのようなミラクルな作品の連発にはただ驚くばかりでした。
特に、『Sign Of The Times』を聴いた時には、Stevieの『Songs In The Key Of Life』を聴いた時のような衝撃がありましたね!

『1999』の「D.M.S.R」の件は、CD購入前に全然気付かず、購入後しばらくしてから、LP時代との違和感を覚えて初めて気付きました。悔しい!(笑)
Posted by ez at 2006年04月05日 02:11
いや1999はアナログ盤も持っているのですよー。
もう文が思いつかないからTHE WHOを先にして
Who's nextの方にTBさせていただきました。
どうぞよろしくー♪
Posted by けん at 2006年04月05日 23:57
☆けんさん

ありがとうございます。
早速、The Whoの投稿を拝見させて頂きます!
Posted by ez at 2006年04月06日 03:47
『Let's Pretend We're Married』
「ホントに、ホントにお前のお口の中をを俺のモノでクチュクチュいじりまわしたいんだ」という歌詞のせいで聴いてて赤面します。でもそこがいい。
Posted by a at 2009年08月16日 11:51
☆aさん

この時期の殿下の歌詞は適当に聴き流さないと赤面しっぱなしですね(笑)
個人的には『Controversy』、『1999』あたりの殿下が一番好きです。
Posted by ez at 2009年08月16日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8708799

この記事へのトラックバック

Prince - Black Album
Excerpt:  JB、スライ、Pファンクの全てを吸収し、自身の才能と諸先輩を支えたメンバーをも自分の手元に呼び寄せて相変わらず孤高の道を歩む人間嫌いのプリンス=現代に於ける唯一のブラックミュージック継承者..
Weblog: ロック好きの行き着く先は…
Tracked: 2007-09-15 09:52

プリンス 5
Excerpt: NO.00147 プリンス5枚目のアルバム『1999』 このアルバムはプリンスが初めて“大ヒット”と呼べる程の成功を収めたアルバムです。 時代を先取りし過ぎたとよく言われていた“天才”プ..
Weblog: まい・ふぇいばりっと・あるばむ
Tracked: 2008-04-14 01:33