2005年11月20日

Gang Starr『Hard to Earn』

最強Hip-HopユニットGang Starrの大傑作4thアルバム『Hard to Earn』
Hard to Earn
発表年:1994年
ez的ジャンル:神業系Hip-Hop
気分は... :やったぜバルサ圧勝!

レアル・マドリー対バルセロナのクラシコをTVで観終わって大興奮中!
3対0でバルサの大勝利☆アウェーでこの大差は歴史的勝利かもしれない!大大大満足デス。エトーもメッシも良かった!何と言っても2得点のロナウジーニョは神業だったね。

神業と言えば、DJ Premier(Primo)を思い出した。
90年代のHip-Hopシーンを語る上で避けては通れないグループがGuruとDJ Premierから成る最強ユニットGang Starr。Guruについては以前に『Jazzmatazz』で紹介したけど、やっぱりGang Starrと言えば、天才プロデューサーDJ Premierだよねっ。

ということで、トラックメーカーとしてのPrimoの神技が最も冴えわたった1994年発表の4thアルバム『Hard to Earn』を紹介しマス。Primoのチョップ(サンプリングネタをバラバラにして加工して使う)が威力発揮してマス。

オススメ曲を紹介しときやす。

「Code of the Streets」
不穏な空気が漂うカッチョイイ定番クラシック。Melvin Bliss「Synthetic substitution」のドラムブレイクとMonk Higgins「Little green apples」のサンプリングが絡むトラックがクールでたまりません!Primoの擦りもイイカンジです。

「Tonz 'o' Gunz」
銃社会への警鐘を鳴らすナンバー。Guruのフロウがシリアスに響きマス。Isaac Hayes「Breakthrough」ネタ。

「Speak Ya Clout」
Jeru The DamajaとLil Dapをフィーチャーしたナンバー。Quincy Jones「Up Against the Wall」ネタ。Jeru The Damajaと言えば、Primoがプロデュースしたデビューアルバム『The Sun Rises In The East』もサイコーっす!「Come Clean」がカッチョ良すぎ〜ぃ!

「DWYCK」
Nice & Smoothをフューチャーしたクラシックナンバー☆「Code of the Streets」同様「Synthetic substitution」のブレイクが使われてヤス。
Clarence Wheeler「Hey Jude」ネタのシンプルなトラックをバックにNice & SmoothとGuruが絡むフロウが引き立ちます。

「Mass Appeal」
これぞPrimoの本領発揮という超有名クラシック。Vic Juris「Horizon Drive」のワンループが超気もちイイ〜です。Guruの粘りのフロウも、Primoのスクラッチもハマってます。中毒になりそ〜!個人的には一番のお気に入りデス。
ちなみに「Mass Appeal」ネタの曲として、Tosha Makia「Be Yourself」、XSO Drive feat Red Cafe「Can I Get Back」がありマス。

「Blowin' up the Spot」
ファンキーなトラックがキマッテるナンバー。George Clinton「Open All Night(Drums)」ネタ。

「Suckas Need Bodyguards」
これも超人気曲。Fatback Band「Put Your Love (In My Tender Care)」ネタのハードなトラック同様に、Guruのフロウもテンション高めデス。

(バルサの)ロナウジーニョが3点目を決めた時、サンチャゴ・ベルナベウ(レアルのホーム)にもかかわらず、観客から拍手が起こった。何か異様な光景だったなぁ。
posted by ez at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 1990年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック