2017年12月19日

Eddie Palmieri『The Sun Of Latin Music』

グラミーBest Latin Recording受賞作品☆Eddie Palmieri『The Sun Of Latin Music』
ザ・サン・オブ・ラテン・ミュージック (BOM1202)
発表年:1974年
ez的ジャンル:N.Y.サルサ/ラテン
気分は... :スッキリ!

今回紹介するのはグラミーBest Latin Recordingの受賞作品Eddie Palmieri『The Sun Of Latin Music』(1974年)です。

ニューヨーク・サルサ/ラテンを代表するピアニストEddie Palmieriに関して、これまで当ブログで紹介した作品は以下の4枚です。

 『Vamonos Pal Monte』(1971年)
 Harlem River Drive『Harlem River Drive』(1971年)
 『Sentido』(1973年) 
 『Unfinished Masterpiece』(1975年)

グラミーに新設されたBest Latin Recordingの初回ウィナーとなった本作『The Sun Of Latin Music』では、当時16歳であった天才シンガーLalo Rodriguezを大きくフィーチャーしています。実質的になRodriguezのデビュー作ですね。

Cocoレーベルからのリリースであり、レーベル・オーナーのHarvey Averneがプロデュースを手掛けています。

レコーディングにはEddie Palmieri(p)以下、Lalo Rodriguez(vo)、Jimmy Sabater(coro)、Willie Torres(coro)、Nicky Marrero(timbales、per)、Tommy Lopez(bongos、congas、per)、Eladio Perez (congas)、Eddie "Gua-Gua" Rivera(b)、Jose Rodriguez(tb)、Barry Rogers(tb、tuba)、Vitin Paz(tp)、Virgil Jones(tp)、Tony Price(tuba)、Mario Rivera(bs、fl)、Ronnie Cuber(bs、fl)、Peter Gordon(french horn)、Alfredo De La Fe(violin)といったミュージシャンが参加しています。

個人的にはPalmieriを中心としたグルーヴィーなN.Y.サルサ・サウンドと若き天才シンガーLalo Rodriguezの魅力がケミストリーを起こした「Nada De Ti」「Nunca Contigo」の2曲がオススメです。

また、15分の大作「Un Dia Bonito」やクンビアを取り入れた「Mi Cumbia」も聴き応え十分です。

Palmieriの充実ぶりを実感できる間違いないサルサ/ラテン作品だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Nada De Ti」
Eddie Palmieri作。格好良すぎるサルサ名曲がオープニング。ダイナミックなホーン・アンサンブルとPalmieriのピアノをバックに、Lalo Rodriguezのヴォーカルが躍動します。レア・グルーヴ方面でも再評価されているAlfredo De La Feのヴァイオリンもいいアクセントになっています。レア・グルーヴ好きも気に入るサルサ・サウンドといった感じですね。僕の一番のお気に入り。
https://www.youtube.com/watch?v=fTTdvbs6Ohk

「Deseo Salvaje」
Lalo Rodriguez作。Rodriguezが自作のボレロを歌い上げます。16歳とは思えない早熟の歌声を披露してくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=WVXlv-24wm4

「Una Rosa Espanola」
Eddie Palmieri作。哀愁モードで始まりますが、次第にリズミックになり、ホーンも加わった重厚サウンドで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=xtCMR2nE944

「Nunca Contigo」
Eddie Palmieri作。開放的なサウンドと色気のあるRodriguezのヴォーカルに惹かれるグルーヴィー・サルサ!「Nada De Ti」と並ぶ僕のお気に入り。エキサイティングなホーン&ティンヴァレスもサイコー!
https://www.youtube.com/watch?v=jyBsmmd30sU

「Un Dia Bonito」
Eddie Palmieri作。約15分の大作。前半はアヴァンギャルドなピアノ・プレイで魅せます。中盤以降はNuyorican Soul好きの人あたりも食いつきそうなパーカッシヴなラテン・グルーヴを展開します。
https://www.youtube.com/watch?v=AJ_R4KmT1Qo

「Mi Cumbia」
Eddie Palmieri作。ラストはタイトルの通りクンビアで締め括ってくれます。ニューヨリカン・テイストのクンビアに仕上がっているのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=-knNgOeUT6c

Eddie Palmieriの70年代の諸作もチェックを!

『Justicia』(1969年)
Justicia

『Superimposition』(1970年)
Superimposition

『Vamonos Pal Monte』(1971年)
Vamonos Pa'l Monte

Harlem River Drive『Harlem River Drive』(1971年)
Harlem River Drive

Eddie Palmieri With Harlem River Drive『Recorded Live At Sing Sing』(1972年)
Recorded Live at Sing Sing

『Sentido』(1973年)
センティード(BOM1439)

『In Concert at the University of Puerto Rico』(1973年)
イン・コンサート・アット・ザ・ユニヴァーシティ・オブ・プエルト・リコ (BOM1812)

『Unfinished Masterpiece』(1975年)
アンフィニッシュド・マスターピース(紙ジャケット仕様)

『Lucumi, Macumba, Voodoo』(1978年)
ルクミ、マクンバ、ヴードゥー
posted by ez at 00:55| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

Rose Royce『Rose Royce II: In Full Bloom』

Norman Whitfieldプロデュース!『Car Wash』に続き大ヒットした1枚☆Rose Royce『Rose Royce II: In Full Bloom』
イン・フル・ブルーム
発表年:1977年
ez的ジャンル:L.A.ファンク/ソウル・バンド
気分は... :バラの妖精・・・

今回は70年代後半〜80年代前半に人気を博したファンク/ソウル・バンドRose Royceの2ndアルバム『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)です。

Rose Royceは1973年にL.A.で結成されたファンク・バンド。当初はTotal Concept Unlimitedというグループ名で活動していました。

60年代からMotownで数々のヒット曲を生んできた人気プロデューサーNorman Whitfieldに見出され、Whitfieldが音楽を手掛けた映画『Car Wash』(1976年)のサントラで全編フィーチャリングされ、デビューを飾ります。

アルバム『Car Wash』はゴールド・ディスク獲得の大ヒットとなり、タイトル曲「Car Wash」は全米チャート、同R&Bチャート共にNo.1に輝きました。また、シングル「I Wanna Get Next to You」も全米チャート第10位、同R&Bチャート第3位のヒットとなっています。

こうして幸先の良いスタートを切ったグループは80年代半ばまでコンスタントにアルバムをリリースしていきます。

今回紹介する『Rose Royce II: In Full Bloom』(1977年)は、グループ初のオリジナル・アルバムですが、アルバム・タイトルにあるように、『Car Wash』に続く2ndアルバムという位置づけになっています。

アルバムは全米アルバム・チャート第9位、同R&Bアルバム・チャート第1位となっています。また、シングルとして、「Do Your Dance」が全米R&Bチャート第4位、「Ooh Boy」が全米R&Bチャート第3位のヒットとなっています。さらに「Wishing on a Star」がUKでヒットし、UKシングル・チャート第3位となりました。

プロデュースはNorman Whitfield

本作におけるメンバーはKenny Copeland(tp、vo)、Lequeint "Duke" Jobe(b、vo)、Henry Garner(ds、vo)、Kenji Brown(g、vo)、Terral Santiel(congas)、Michael Moore(sax)、Freddie Dunn(tp)、Michael Nash(key)、Gwen Dickey(vo)という9名。

『Car Wash』からキーボードがVictor NixからMichael Nashに代わり、Freddie Dunn(tp)が新たに加入しています。

メンバー以外にJames Gadson(ds)、Melvin "Wah Wah" Watson(g)、Mark Davis(key、p、syn)、Mark Davis (tambourine、vibes)がレコーディングに参加しています。

Rose Royceというバンドの魅力をNorman Whitfieldの手腕で見事に引き出しているのがいいですね。

前述「Do Your Dance」「Ooh Boy」「Wishing on a Star」というシングル・ヒットした3曲が目立ちます。これら3曲はカヴァー曲、サンプリング・ソースとしても大人気です。

それ以外にも「Car Wash」タイプのファンキー・グルーヴ「You Can't Please Everybody」、Kenny Copelandのファルセットが栄えるスウィート・ソウル「You're My World Girl」、サイケな魅力も漂う「Love, More Love」、ファンク・バンドとしての魅力が詰まった「Funk Factory」「It Makes You Feel Like Dancin'」というように全曲充実しています。

大ヒットしたのも頷ける充実のファンク/ソウル作品です。

全曲紹介しときやす。

「Wishing on a Star」
Norman Whitfieldが手掛けたThe Undisputed TruthのメンバーBillie Calvinの作品。前述のようにUKでシングル・ヒットしたビューティフル・バラード。Gwen Dickeyのヴォーカルを満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=QdnRbrO58iI

MFSB、Jr. Walker、Will Downing、Fresh 4 feat. Lizz E、Maysa、Randy Crawford、The Cover Girls、Teena Marie、Vanessa Aman、 Pamela Maynard、Paul WellerBeyonce、Jay-Z feat. Gwen Dickey、The X Factor Finalists feat. JLS & One Direction、Jordin Sparks、 Seal等がカヴァーしています。特に、Gwen Dickey本人をフィーチャリングしたJay-Zのカヴァーは話題になりましたね。
Teena Marie「Wishing on a Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=1HmusNFt0LQ
Paul Weller「Wishing on a Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=IFNVphdH1Ds
Beyonce「Wishing on a Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=SRV-pfti6Ps
Jay-Z feat. Gwen Dickey「Wishing on a Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=aDGoNjUtMi0
Seal「Wishing on a Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=451oexmeGKY

また、Soul II Soul「A Dream's a Dream」、Grand Puba「I Like It (I Wanna Be Where You Are)」、Mya feat. Raekwon & Noreaga「Movin' Out」、South Central Cartel「Hit the Chaw」、2Pac「When We Ride on Our Enemies」 (Original Version)、Gooch「Wishin' for a Star」、Young Prodeje「Remember the Things」、Shoestring feat. Devon Peterson & Lorrie Coleman「Following a Star」、Masta Ace「Beautiful」、NB Ridaz feat. Amanda E. Hendrix「Wishin'」、Gramatik「To Follow」、Pono「Pierdole To」、Raekwon「Wishing on a Star」、Pete Rock「I Wish」等でサンプリング/引用されています。
Mya feat. Raekwon & Noreaga「Movin' Out」
 https://www.youtube.com/watch?v=z7UW83au8a8
South Central Cartel「Hit the Chaw」
 https://www.youtube.com/watch?v=Qq7s549mcQs
2Pac「When We Ride on Our Enemies」 (Original Version)
 https://www.youtube.com/watch?v=XFos-C4vbPk
Gooch「Wishin' for a Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=qI5QaaYOT3Q
Young Prodeje「Remember the Things」
 https://www.youtube.com/watch?v=JP4WeTeCCVo
Shoestring「Following a Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=-4yzjJKOCp0
NB Ridaz feat. Amanda E. Hendrix「Wishin'」
 https://www.youtube.com/watch?v=N3lHpF-kXj0
Gramatik「To Follow」
 https://www.youtube.com/watch?v=aBtfMKYpHKA
Raekwon「Wishing on a Star」
 https://www.youtube.com/watch?v=o0Ep8WaPJ_A
Pete Rock「I Wish」
https://www.youtube.com/watch?v=eDrZPnQsXrU

「You Can't Please Everybody」
Norman Whitfield作。大ヒット曲「Car Wash」の流れを汲むファンキー・グルーヴ。開放的なホーン・サウンドがいいですね。個人的にはヒットしたダンス・クラシック「Do Your Dance」に劣らない出来栄えのダンス・チューンだと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=wSsc74sSJXg

「Ooh Boy」
Norman Whitfield作。前述のように、シングルとして全米R&Bチャート第3位のヒットとなったラブリー・モードのメロウ・ミディアム。キュートなGwen Dickeyの歌声が栄えます。僕の一番のお気に入り。
https://www.youtube.com/watch?v=GHrvJfDZFMA

Althea & Donna、Sandra Reidがレゲエ・カヴァーしています。また、Brand Nubian「Who Can Get Busy Like This Man...」、Candyman「Knockin' Boots」、DJ Quik「Sweet Black Pussy」、Kilo「Fly Love Song」、Smooth「Ghetto Style」、2Ruff「Confused」
Trellini「I Wanna Be Yours」、Real McCoy「Ooh Boy」、Hook Boog「Day Time Radio」、Mase feat. Billy Lawrence「Love U So」、Salt-N-Pepa「Boy Toy」、Major Stress「Sippin' Yo' Mo'」 、Shaggy feat. Janet Jackson「Luv Me, Luv Me」、Cuban Link「Still Telling Lies」、50 Cent feat. UGK「As the World Turns」等でサンプリング/引用されています。
Althea & Donna「Oh Dread」
 https://www.youtube.com/watch?v=lsyn97Jsq0M
Sandra Reid「Ooh Boy」
 https://www.youtube.com/watch?v=_3XCxZNEdUU
Kilo「Fly Love Song」
 https://www.youtube.com/watch?v=T4icAvkcPcY
Hook Boog「Day Time Radio」
 https://www.youtube.com/watch?v=G1B1738UH0M
Mase feat. Billy Lawrence「Love U So」
 https://www.youtube.com/watch?v=bBEdDJ9mHME
Salt-N-Pepa「Boy Toy」
 https://www.youtube.com/watch?v=5A8P7yqv6ng
Major Stress「Sippin' Yo' Mo'」
 https://www.youtube.com/watch?v=DbGpmhH3-ok
Shaggy feat. Janet Jackson「Luv Me, Luv Me」
 https://www.youtube.com/watch?v=6eFtCDDVmao
Cuban Link「Still Telling Lies」
 https://www.youtube.com/watch?v=oBTBYdalIoM
50 Cent feat. UGK「As the World Turns」
 https://www.youtube.com/watch?v=gggKxpgr_0w

「Do Your Dance」
Norman Whitfield/Spyder Turner作。シングルとして全米R&Bチャート第4位となったダンス・チューン。ファンキーなディスコ・ファンクで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=50yMxZwnTZc

Beastie Boys「Shadrach」Public Enemy「Aintnuttin Buttersong」、EPMD「The Funk」、Nightmares on Wax「Da Feelin'」等のサンプリング・ソースになっています。
Beastie Boys「Shadrach」
 https://www.youtube.com/watch?v=j_QKKkWJjqk
Public Enemy「Aintnuttin Buttersong」
 https://www.youtube.com/watch?v=-3G3tpB5sdY
EPMD「The Funk」
 https://www.youtube.com/watch?v=YavlHkCZVTw
Nightmares on Wax「Da Feelin'」
 https://www.youtube.com/watch?v=iiP1iAm2fMw

「You're My World Girl」
Norman Whitfield作。Kenny Copelandのファルセット・ヴォーカルが栄えるスウィート・ソウルに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=TZoLGLhc0Qw

F.A.B.I.D.「Proper Dosage」、Eclesiastes O Pregador「Cavalo De Troia」のサンプリング・ソースになっています。
F.A.B.I.D.「Proper Dosage」
 https://www.youtube.com/watch?v=MrP0sb19mlE
Eclesiastes O Pregador「Cavalo De Troia」
 https://www.youtube.com/watch?v=TmvBg18NtPs

「Love, More Love」
Norman Whitfield作。Norman Whitfieldらしい曲調を楽しめるファンキー・グルーヴ。サイケなテイストもあって楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=osUbsupzD9s

「Funk Factory」
Rose Royce作。タイトル通りのファンクネス生産工場といった感じのファンク・グルーヴを聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=xaA7EgOsHFg

「It Makes You Feel Like Dancin'」
Norman Whitfield作。ラストは長尺のディスコ・ファンクで盛り上げて締め括ってくれます。ファンク・バンドとしての魅力を満喫できます。
https://www.youtube.com/watch?v=sSgV8mYNPvk

Rose Royceの他作品もチェックを!

『Car Wash』(1976年)
Car Wash: Original Motion Picture Soundtrack by Rose Royce (1996-09-24)

『Rose Royce III: Strikes Again!』(1978年)
STRIKES AGAIN: EXPANDED EDITION

『Rose Royce IV: Rainbow Connection』(1979年)
Rainbow Connection IV

『Golden Touch』(1980年)
ゴールデン・タッチ

『Jump Street』(1981年)
Jump Street

『Stronger Than Ever』(1982年)
STRONGER THAN EVER ~ EXPANDED EDITION

『Music Magic』(1984年)
Music Magic

『Fresh Cut』(1986年)
FRESH CUT
posted by ez at 03:44| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

Chairmen Of The Board『The Chairmen Of The Board』

インヴィクタスを代表する男性ソウル・グループの1st☆Chairmen Of The Board『The Chairmen Of The Board』
ギヴ・ミー・ジャスト・ア・リトル・モア・タイム
発表年:1970年
ez的ジャンル:インヴィクタス系男性ソウル・グループ。
気分は... :溌剌と!

Holland-Dozier-Hollandのインヴィクタスを代表する男性ソウル・グループの1stアルバムChairmen Of The Board『The Chairmen Of The Board』(1970年)です。

Chairmen Of The Boardはデトロイトで結成された男性ソウル・グループ。メンバーはGeneral JohnsonDanny WoodsEddie CustisHarrison Kennedyの4名。

Holland-Dozier-Holland(Brian Holland/Lamont Dozier/Eddie Holland)が設立したInvictusと契約したグループは『The Chairmen Of The Board』(1970年)、『In Session』(1970年)、『Bittersweet』(1972年)、『Skin I'm In』(1974年)という4枚のアルバムをリリースしています。

その後グループは一時休止状態でしたが、General Johnsonを中心にメンバーを再編し、General Johnson & The Chairmen 名義で活動を再始動させました。

1stアルバムとなる『The Chairmen Of The Board』(1970年)の目玉は、全米シングル・チャート第8位、同R&Bシングル・チャート第3位となったヒット曲「Give Me Just a Little More Time」です。グループやインヴィクタスを代表するヒット曲と呼べるでしょう。

プロデュースはHBH Productions, Inc.

アルバム全体はH-D-Hらしいノーザン・ソウルを満喫できる1枚です。

オリジナル6曲、カヴァー4曲という構成ですが、「Give Me Just a Little More Time」「(You've Got Me) Dangling on a String」といったH-D-HらしいサウンドとGeneral Johnsonのエモーショナル・ヴォーカルが噛み合ったオリジナル曲がオススメです。Danny Woodsがリード・ヴォーカルをとる「Since the Days of Pigtails & Fairytales」もグッド!カヴァー曲であれば、Trafficのカヴァー「Feelin' Alright」がいいですね。

また、Clarence CarterによるカヴァーがグラミーのベストR&Bソングを受賞した名曲「Patches」も要チェックです。

H-D-H好き、Invictus/Hot Wax好き、ノーザン・ソウル好きの方はぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「Give Me Just a Little More Time」
Edith Wayne/Ron Dunbar作。前述のように全米シングル・チャート第8位、同R&Bシングル・チャート第3位となったグループの代表曲。フリーソウル・クラシックとしても人気のノーザン・ソウルです。H-D-Hの手腕とGeneral Johnsonのエモーショナル・ヴォーカルが噛み合った名曲ですね。
https://www.youtube.com/watch?v=gzIAiyxS-nk

The Tribe、Angela Clemmons、Kylie Minogueがカヴァーしています。また、Kool Keith「You Love That」、Spark Master Tape「Been Layden」等のサンプリング・ソースとなっています。
Angela Clemmons「Give Me Just a Little More Time」
 https://www.youtube.com/watch?v=zCsC3y0n3-s

「Come Together」
The Beatlesの名曲カヴァー(John Lennon/Paul McCartney作)。ロック名曲をソウル・モードで熱唱します。
https://www.youtube.com/watch?v=odX_AXXOKS4

「Bless You」
General Johnson/Ron Dunbar作。軽やかノーザン・ソウルですが、General Johnsonの圧倒的なヴォーカルが入ると良くも悪くも一人で持って行きますね(笑)
https://www.youtube.com/watch?v=bhSOvXx8-U4

「Patches」
General Johnson/Ron Dunbar作。Clarence CarterによるカヴァーがグラミーのベストR&Bソングを受賞したことでも知られる名曲です。派手さはありませんが、ジワジワと込み上げてきます。
https://www.youtube.com/watch?v=zP2-TNdk1go

Clarence Carterヴァージョンも一緒にチェックを!
Clarence Carter「Patches」
https://www.youtube.com/watch?v=IvfsfS6NVUc

「Since the Days of Pigtails & Fairytales」
Edith Wayne/Ron Dunbar作。Danny Woodsがリード・ヴォーカルをとる軽快なノーザン・ソウル。General Johnsonのリード・ヴォーカル曲ほどパンチはありませんが、逆にヴォーカルとグルーヴィー・サウンドのバランスはいいかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=1qRSzsNQB74

「I'll Come Crawling」
Edith Wayne/Ron Dunbar作。この曲もリード・ヴォーカルはDanny Woods。インヴィクタスらしいビートの効いた仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=vKcR4NFwi7Q

「(You've Got Me) Dangling on a String」
Edith Wayne/Ron Dunbar作。個人的にはアルバムで一番のお気に入り。クセのあるGeneral Johnsonのヴォーカルと軽快なサウンドのバランスが絶妙な爽快ノーザン・ソウル。
https://www.youtube.com/watch?v=rGED_6WIsps

「Bravo, Hooray」
General Johnson作。R&Bフィーリングのホーン・アンサンブルにグッとくるファンキー・ソウル。General Johnsonのヴォーカルの粘りがいい感じ!

「Didn't We」
Jimmy Webb作。Richard Harris、1968年のシングル曲をカヴァー。オーセンティックなバラードで聴かせてくれますが、僕の好みではありません。

「Feelin' Alright」
Trafficのカヴァー(Dave Mason作)。オリジナルはTraffic『Traffic』(1968年)に収録されています。ハーモニカも入ったファンキー・ソウルなカヴァーです。
https://www.youtube.com/watch?v=nQxhl6H381s

「My Way」
Claude Francois/Jacques Revaux/Paul Anka作。Frank Sinatraで有名な名曲のカヴァーですが、正直これは選曲ミスかもしれませんね。

「Tricked & Trapped」
Edith Wayne/Ron Dunbar作。ラストはインヴィクタスらしいビートの効いた曲で締め括ってくれます。

Chairmen Of The BoardInvictus時代の他作品もチェックを!

『In Session』(1970年)
イン・セッション

『Bittersweet/Skin I'm In』(1972,74年) ※2in1CD
Bittersweet / Skin I'm in
posted by ez at 02:10| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

Deodato『Whirlwinds』

MCA移籍第1弾も絶好調!☆Deodato『Whirlwinds』
旋風
発表年:1974年
ez的ジャンル:天才アレンジャー系クロスオーヴァー
気分は... :旋風!

今回はEumir Deodatoが1974年にリリースした『Whirlwinds』です。

ブラジルが誇る天才アレンジャー/プロデューサー/コンポーザー/キーボード奏者Eumir Deodatoの紹介は『Love Island』(1978年)、『Os Catedraticos 73』(1973年)に続き3回目となります。

『Prelude』(1973年)、『Deodato 2』(1973年)といった作品をCTIからリリースし、注目を集めたDeodatoMCAに移籍し、リリースした第1弾アルバムが本作『Whirlwinds』(1974年)です。その後、MCAからは『Artistry』(1974年)、『First Cuckoo』(1975年)といったアルバムをリリースしています。

本作におけるレコーディング・メンバーはEumir Deodato(key、per)、John Tropea(g)、John Giulino(b)、
Tony Levin(b)、Billy Cobham(ds)、Nick Remo(ds)、Rubens Bassini(congas、bongos)、Gilmore Digap(per)、Sam Burtis(tb)等。

プロデュース&アレンジはDeodato自身。

この時期のDeodato作品がお好きな人であれば、間違いのない1枚だと思います。

アルバムはカヴァーとオリジナルが半々の6曲構成。

「Moonlight Serenade」(Glenn Miller)、「Do It Again」Steely Dan)といったカヴァーも悪くありませんが、個人的には「West 42nd Street」「Havana Strut」「Whirlwinds」というオリジナル3曲が強力だと思います。

ホーン&ストリングスを巧みに配した天才アレンジャーならではのクロスオーヴァー・サウンドを楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Moonlight Serenade」
Glenn Millerの名曲カヴァー。お馴染みのメロディをDeodatoらしいアレンジ・センスで聴かせてくれます。メロウなクロスオーヴァー・サウンドの「Moonlight Serenade」も悪くありません。Tony Levinのベースにも注目です。
https://www.youtube.com/watch?v=EBZY6urezxQ

「Ave Maria」
Franz Schubert作。シューベルトの「アヴェ・マリア」をカヴァー。正直、僕には少し退屈かな・・・
https://www.youtube.com/watch?v=sAmeRYqjeOQ

「Do It Again」
Steely Danのヒット曲をカヴァー(Donald Fagen/Walter Becker作)。お馴染みのヒット曲をDeodatoの鍵盤&ホーン・アンサンブルが印象的な好カヴァーで聴かせてくれます。John Tropeaのギター・ソロもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=me8_n-5rKto

「West 42nd Street」
Eumir Deodato作。パーカッシヴなファンキー・チューンにストリングスが加わり、Deodatoらしいクロスオーヴァー・ワールドを展開します。
https://www.youtube.com/watch?v=7YCebyM4v3s

「Havana Strut」
Eumir Deodato作。ラテン・リズムが心地好いメロウ・フュージョン。Sam Burtisがトロンボーン・ソロで盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=1rr1mPRdBRg

「Whirlwinds」
Eumir Deodato/John Tropea作。タイトル曲はファンキーなクロスオーヴァー・チューンで締め括ってくれます。Azymuthあたりと一緒に聴きたくなります。
https://www.youtube.com/watch?v=pqnoPiCg4dE

Eumir Deodatoの過去記事やCTIMCA時代の作品もチェックを!

『Os Catedraticos 73』(1973年)
オス・カテドラーチコス 73(紙ジャケット仕様)

『Love Island』(1978年)
Love Island

『Prelude』(1973年)
ツァラトゥストラはかく語りき

『Deodato 2』(1973年)
ラプソディー・イン・ブルー

Deodato/Airto『In Concert』(1973年)
In Concert

『Artistry』(1974年)
アーティストゥリー

『First Cuckoo』(1975年)
ファースト・クックー(紙ジャケット仕様)
posted by ez at 03:32| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

Abdul Rahim Ibrahim(Doug Carn)『Al Rahman! Cry Of The Floridian Tropic Son』

Doug Carnの別名義アルバム☆Abdul Rahim Ibrahim『Al Rahman! Cry Of The Floridian Tropic Son』
アル・ラーマン!クライ・オブ・ザ・フロリディアン・トロピック・サン
発表年:1977年
ez的ジャンル:レア・グルーヴ系スピリチュアル・ジャズ
気分は... :求道者・・・

今回はジャズ・ピアニストDoug Carnがイスラム教徒名Abdul Rahim Ibrahim名義でリリースした唯一のアルバム『Al Rahman! Cry Of The Floridian Tropic Son』(1977年)です。

1948年フロリダ生まれのジャズ・ピアニストDoug Carnの紹介は、『Revelation』(1973年)、『Adam's Apple』(1974年)に続き3回目となります。

それまで黒人ジャズ・レーベルBlack Jazz Recordsから『Infant Eyes』(1971年)、『Spirit of the New Land』(1972年)、『Revelation』(1973年)、『Adam's Apple』(1974年)といったアルバムをリリースしていたDoug Carnですが、Black Jazz Records閉鎖後に初めてリリースしたアルバムが本作『Al Rahman! Cry Of The Floridian Tropic Son』(1977年)です。

Black Jazz Recordsの閉鎖に加え、プライベートでも奥方であったJean Carnと離婚し、公私共に転換期にあったDoug Carnが、一度自らをリセットするために制作したプライベート色の強い1枚という印象を受けます。

自らプロデュースし、Abdul Rahim Ibrahim(vo、p、syn)以下、George Harper(ts)、Curtis Robertson(b)、Howard King(ds)、Khalid Abdullah(congas、timbales、per)、Sundiata(vo)、Debbie Penn(vo)、Kweili(vo)といったミュージシャンがレコーディングに参加しています。

自らや神と対話するような自身のヴォーカルを全面にフィーチャーした、求道者のようなスピリチュアル・ジャズ作品です。その一方で、ソウル色やカリブ色なども織り交ぜて、案外聴きやすくキャッチーな仕上がりだと思います。レア・グルーヴ方面で再評価が高いのも納得です。

レア・グルーヴ的には「Tropic Sons」「Suratal Ihklas」「Balancez Calinda」あたりが人気だと思いますが、「Casbah」「The Watcher」あたりもオススメです。

特異な1枚だと思いますが、不思議な魅力のあるアルバムです。

全曲紹介しときやす。

「Casbah」
メロウ&ソウルフルな魅力があるオープニングはスピリチュアル・ソウルとでも呼びたくなります。
https://www.youtube.com/watch?v=fE9Vyy2eCRA

「Tropic Sons」
カリビアン+スピリチュアルなテイストが独特のジャズ・グルーヴを生み出しています。
https://www.youtube.com/watch?v=ERV85b2EiMk

「Al Rahman」
15分超に渡る大作。神に救いを求める祈りのようなヴォーカルが印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=DVdy24O3rm0

「The Watcher」
躍動するピアノと共に疾走するファンキー・グルーヴ。本作の中では比較的注目度の低い曲ですが、僕はかなり好きです。
https://www.youtube.com/watch?v=M2NLPYv1C38

「Eroniffa's Brown Bird」
しっとりとしたビューティフル・バラード。安らぎの1曲といった感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=qtDiqGxLnRA

「Suratal Ihklas」
スピリチュアル&トライバルなファンキー・ジャズ・グルーヴ。呪術的なパーカッシヴ感が僕好み!何故だか、この曲を聴いていたら、続けてThe Rolling Stones「Sympathy For The Devil」が聴きたくなってきました。
https://www.youtube.com/watch?v=BMeLXkRCzq4

「Balancez Calinda」
格好良さでいえば、コレが一番かもしれませんね。疾走するスピリチュアル・メロウ・グルーヴといった感じでしょうか。グルーヴィーでありながら、スピリチュアルな高揚感も味わえるのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=Rt2qHjHzvKw

Doug Carnの他のBlack Jazz作品もチェックを!

『Infant Eyes』(1971年)
INFANT EYES

『Spirit of the New Land』(1972年)
SPIRIT OF THE NEW LAND

『Revelation』(1973年)
Revelation (直輸入盤・帯・ライナー付き)

『Adam's Apple』(1974年)
ADAMS APPLE
posted by ez at 01:43| Comment(0) | 1970年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする