2017年07月20日

Sounds Good『Midnight Music』

アングラ・ジャジーHop-Hopの逸品☆Sounds Good『Midnight Music』
MIDNIGHT MUS
発表年:2006年
ez的ジャンル:アングラ・ジャジーHop-Hop
気分は... :ピンときちゃった!

今回は2000年代アングラHop-Hop作品からSounds Good『Midnight Music』(2006年)です。

Sounds Good『Midnight Music』Joe GoodMiles Bonnyがカンザスシティで結成したHip-Hopユニット。

『Sounds Good』(2002年)、『Biscuits & Gravy』(2005年)という2枚のオリジナル・アルバムをリリースしています。

本作を紹介するきっかけとなったのが、今年紹介した新作アルバムの1枚、Tall Black Guy『Let's Take A Trip』です。同作にMiles Bonnyがフィーチャーされており、久々に彼らの存在を思い出しました。

ちなみにMiles Bonnyは、当ブログで紹介したアーティストでいえば、Freddie JoachimRaashan AhmadShawn Leeの作品でもフィーチャリングされています。

本作『Midnight Music』(2006年)は、日本の良質なHip-HopレーベルであったSubcontact監修の日本限定アルバムです。

Subcontactといえば、当ブログでもChoice37『Diligence』(2007年)、Freddie Joachim『In With Time』(2008年)といったアルバムを紹介しています。どちらも大好きなジャジー&メロウHip-Hop作品でした。

『Midnight Music』の実態は、前年リリースされた『Biscuits & Gravy』とほぼ同じ構成ですが、一部曲を差し替え、曲順も変わり、ジャケを新装した日本独自アルバムです。

当時頻繁に聴いていたジャジーHip-Hopアルバムです。当ブログでも紹介したいと思っていたのですが、Amazonでの扱いが無かったので断念した記憶があります(当ブログは基本的にAmazonで扱いのあるアルバムを紹介しています)。

久々に通しで聴きましたが、新たな発見もあり、楽しく聴くことができました。

大好きだった「Basic」のYouTube音源がなかったのが残念ですが、ジャジーHip-Hopらしい「Everything」、哀愁モードの「World Wide」Marvin Gayeへのオマージュ「Marvin」あたりを聴くと、本作の魅力が伝わると思います。

全曲紹介しときやす。

「Take Ya Time」
オススメその1。アーバンな疾走感が心地好いオープニング。ジャジー・ギターのメロウな音色がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=Kg3WjpwaUE0

「Basic」
オススメその2。ジャズ・フィーリングで躍動する小粋なメロウ・トラックにグッときます。当時はコレが一番好きだったかも!

「Listen」
ゆったりと流れる美しいストリングスをバックに、フロウを畳み掛けます。ソウルフルな女性コーラスがグッド!

「Everything」
オススメその3。アーバンなジャジー・トラックがMidnight Musicって感じでいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=SdUaVIIORkI

「Back To The Breez」
少しミステリスな雰囲気のトラックと2人のフロウの一体感がいい感じです。

「World Wide」
オススメその4。Joc Maxをフィーチャー。少し哀愁モードのクール・トラックをバックに、力強いフロウを刻みます。
https://www.youtube.com/watch?v=isGGmEW9oqY

「I Know」
Miles Bonnyをフィーチャー。ダークなジャジー・トラックは実に都会的サウンド・スケープ的です。

「Fresh」
Gunn Jackをフィーチャー。オールド・スクール風の仕上がりです。

「Pacin'」
Asa Barnesをフィーチャー。トラック&ラップがリズミックに疾走します。

「Gotta Get Up」
オススメその5。このトラックは実にキャッチー!女性コーラスとの絡みがセクシーです。

「Saturday」
オススメその6。Gunn Jackをフィーチャー。畳み掛けるフロウが実にリズミックでパンチが効いています。ブロークン・ビーツ的なUKクラブミュージックとの相性もいいかも?

「Money」
Asa Barnesをフィーチャー。ジャジーHip-Hopらしい哀愁モードの仕上がりです。哀愁ギターがいい味出しています。

「S.Goodlude」
ジャジーなインタールード。

「Dreams」
ヴァイヴの音色が心地好いジャジー・チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=Hf36c2pswds

「Livin Life」
オススメその6。アルバムで唯一『Sounds Good』収録曲からのセレクトです。このユニットの原点を感じられるジャジーHip-Hopチューンです。

「Marvin」
オススメその7。Asa Barnesをフィーチャー。タイトルの通り、名曲「Inner City Blues」を引用したMarvin Gayeへのオマージュです。ある意味、アルバムで一番キャッチーかも?

「Ms.Brown」
Ms. Sandra Brownをフィーチャー。ラストは小粋なピアノが印象的なジャジーHip-Hopで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=4S5bvduEuAU

ご興味がある方は、本作と同じSubcontactからリリースされたChoice37『Diligence』(2007年)、Freddie Joachim『In With Time』(2008年)あたりも再チェックしてみては?どちらも良質なジャジー&メロウHop-Hop作品だと思います。

Choice37『Diligence』(2007年)
ディリジェンス

Freddie Joachim『In With Time』(2008年)
イン・ウィズ・タイム
posted by ez at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

Solid State『Point Of No Return』

ジャズ・フィーリングのUKドラムンベース☆Solid State『Point Of No Return』
Point of No Return
発表年:2000年
ez的ジャンル:UKドラムンベース
気分は... :ラスト1マイル・・・

今回はUKドラムンベース作品からSolid State『Point Of No Return』(2000年)です。

Solid StateErrol FrancisJon StewartPaul BrownによるUKドラムンベース・ユニット。

1996年の12"シングル「Journeys Of The Mind」を皮切りに作品をリリースしてきた彼らの唯一のアルバムが本作『Point Of No Return』(2000年)です。

今さらドラムンベースって感じもしますが、たまに無性に聴きたくなることがあります。でもドラムンベースってアルバム単位で聴くと、少し一本調子で最後まで聴くのが辛い作品があるのも事実です。

その意味で、本作は熱心なドラムンベース・ファンでもない僕が今聴いても十分楽しめる1枚になっています。

ドラムンベースにジャズ・フィーリングが加わり、スマートで爽快なドラムンベースに仕上がっているのが魅力だと思います。

女性ヴォーカルをフィーチャーした「Just A Vision」、ジャズ・フィーリングのドラムンベース「Continental Breakfast」、街角モードのドラムンベース「74th Avenue」「Bay Area Hustle」、クラブジャズな「Point Of No Return」あたりがオススメです。

注目されることが少ない作品ですが、侮れない1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Just A Vision」
Zoe Hの女性ヴォーカルをフィーチャー。メロディアスなイントロに続き、Zoe Hの透明なキュート・ヴォーカルが爽快なドラムンベース・サウンドと共に疾走します。ジャズ・フィーリングも含めてモロに僕好み。
https://www.youtube.com/watch?v=YChWvKt-CVE

「Life Of Riley」
Skriblahのラップをフィーチャー。生音の質感を効かせたアングラ・ジャジーHip-Hopフィーリングのエレクトロニカに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=rWg8rilXNUE

「Continental Breakfast」
キレのあるドラムンベース・サウンドに、サックスやヴァイヴによるジャズ・フィーリングが加えられたインスト。このセンス大好きです。
https://www.youtube.com/watch?v=ZoeFjcQ750c

「Point Of No Return」
クラブジャズ好きの人が聴いても気に入るであろうスウィンギーで小粋なグルーヴに魅了されます。

「Signing Off」
フューチャー・ジャズ+ドラムンベースなインスト。2000年前後はこういう音が好きでしたね。
https://www.youtube.com/watch?v=fLSbIOKMtVM

「Celestial Sphere」
アッパーに押していくドラムンベース。スペイシーで立体的なサウンドが印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=MiJe5GT1OEU

「74th Avenue」
街角の会話と共に始まるオトナのドラムンベースといった趣が今の僕のフィーリングにフィットします。
https://www.youtube.com/watch?v=59_TfLdzZwo

「Bay Area Hustle」
「74th Avenue」の雰囲気を受け継ぐ、街角モードのドラムンベース。彼ららしいジャジー・メロウなアクセントが絶妙です。
https://www.youtube.com/watch?v=57G8AQyI5RA

「Street Hustler」
緩急をつけたメリハリのある音作りで聴く者を飽きさせません。
https://www.youtube.com/watch?v=s2CqehOWrJE

「Tuning」
他の曲と比較するとプリミティブな衝動のあるドラムンベースに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=0PbtMfDVtL0

「Just A Vision (Marcus Intalex & ST Files Remix)」
Marcus Intalex & ST Filesによる「Just A Vision」のリミックス。アッパーに突っ走ります。
https://www.youtube.com/watch?v=WbmfFuvAW5I

猛烈に忙しくなってきた。今夜も徹夜かなぁ・・・
posted by ez at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

Conya Doss『Still...』

さり気ないけど良質な女性ネオ・ソウル☆Conya Doss『Still...』
Still...
発表年:2008年
ez的ジャンル:Dome系ネオ・ソウル
気分は... :気づけば繁忙・・・

今回は実力派ネオ・ソウル・シンガーConya Dossの4thアルバム『Still...』(2008年)です。

1972年クリーブランド生まれの女性R&BシンガーConya Dossの紹介は、3rdアルバム『Love Rain Down』(2006年)に続き2回目となります。

いつ聴いても声質の良さに魅了されるネオ・ソウル・シンガーですね。

本作『Still...』(2008年)も、そんなConyaの魅力を満喫できる1枚に仕上がっています。それまでの作品と同じく、UKの優良レーベルDome Recordsからも販売されています。

1stアルバム『A Poem About Ms. Doss』からConya Doss作品に関与してきたMyron Davisをはじめ、Rodney JonesPete TokarAngela JohnsonJames PennがConyaと共にプロデュースしています。

クロスオーヴァー・ソウルな「Right On Time」、キャッチーなR&Bグルーヴ「Turn It Up」、素敵なメロウ・ミディアム「Can't Stop」、しみじみと歌い上げる「It's Over」、味わいのある「How About Us」、自然体のネオソウル「Common Ground」、あたりがオススメです。

さり気ないけど良質な女性ネオ・ソウル作品だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Common Ground」
オススメその1。Conya Doss/Myron Davisプロデュース。自然体のネオソウルといった趣のオープニング。軽くパーカッシヴな感じが僕好み。
https://www.youtube.com/watch?v=vailUyFsjBs

「Can't Stop」
オススメその2。Conya Doss/Rodney Jonesプロデュース。夕陽が似合いそうなオトナのメロウネスにグッとくる素敵なミディアム・バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=mBaEYYWAcfA

「Something 2Nite」
Conya Doss/Rodney Jonesプロデュース。グッとR&Bなサウンドですが、Conyaの雰囲気にはフィットしない気も・・・
https://www.youtube.com/watch?v=vh1q6NsnqPw

「Let Me Love You」
Conya Doss/Rodney Jonesプロデュース。ギターのアコースティックな質感を生かした哀愁ミディアム。
https://www.youtube.com/watch?v=G66rQm-xWSE

「It's Over」
オススメその3。Conya Doss/Pete Tokar/Rodney Jonesプロデュース。しみじみと歌い上げるConyaのヴォーカルとメロウ・サウンドがよくマッチしています。
https://www.youtube.com/watch?v=TGigSx0FwUw

「Right On Time」
オススメその4。Conya Doss/Myron Davisプロデュース。UKクロスオーヴァー・ソウルが好きな人も気に入りそうなダンサブル・チューン。Domeリリースらしい1曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=uhXvnsaSqIc

「How About Us」
オススメその5。Conya Doss/James Penn/Pete Tokarプロデュース。さり気ないですが、Conya Dossの魅力が伝わってきます。インディR&Bっぽくていいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=53mM1PRk91M

「I Miss You」
Conya Doss/Pete Tokarプロデュース。オーセンティックな雰囲気ですが、Conyaの声質の良さがよくわかる1曲に仕上がっています。

「Emotions」
Angela Johnson/Conya Dossプロデュース。男性R&BシンガーSam Goodiをフィーチャーしたデュエット。落ち着いたミディム・グルーヴ感がしっくりくるオトナのR&Bに仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=_RyoQrcB-R0

「Turn It Up」
オススメその6。Conya Doss/Myron Davisプロデュース。派手さはありませんが、僕好みのグルーヴです。インディR&Bならではのキャッチーさにグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=yt282nmoNoM

「Come Over」
Conya Doss/Rodney Jonesプロデュース。メロウ・エレピが心地好い哀愁ミディアム。哀愁モードですが、湿っぽさがないのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=JmPrAjuwBZk

「What I'd Do」
Conya Doss/Rodney Jonesプロデュース。しっとりとミディアム・バラード。ヴォーカル・ワークとギター・サウンドによるアクセントがいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=GhdW5zHLEQA

「Message」
Conya Doss/Rodney Jonesプロデュース。軽くラテン・フレイヴァーを効かせたライトな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=mZbitnmBhW4

「Ride」
Conya Doss/Rodney Jonesプロデュース。ラストはメロウに締め括ってくれます。

Conya Dossの他作品もチェックを!

『A Poem About Ms. Doss』(2002年)
A Poem About Ms. Doss

『Just Because』(2004年)
Just Because

『Love Rain Down』(2006年)
Love Rain Down by Conya Doss (2006-10-17) 【並行輸入品】

『Blu Transition』(2010年)
Blu Transition

『A Pocketful of Purpose』(2012年)
Pocket Full of Purpose

『Seven: VII』(2015年)
VII
posted by ez at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

Joyce『Gafieira Moderna』

Far Out第二弾も絶好調!☆Joyce『Gafieira Moderna』
Gafieira Moderna
発表年:2001年
ez的ジャンル:ブラジル人女性SSW
気分は... :今さらながら・・・

人気ブラジル人女性シンガー・ソングライターJoyce(Joyce Moreno)が2001年にリリースした『Gafieira Moderna』です。

これまで当ブログで紹介したJoyce作品は以下の8枚。

 『Feminina』(1980年)
 『Agua e Luz』(1981年)
 『Tardes Cariocas』(1983年)
 『Music Inside』(1990年)
 『Hard Bossa』(1999年)
 Joyce & Banda Maluca『Just A Little Bit Crazy』(2003年)
 『Bossa Duets』(2003年)
 『Tudo』(2012年)

本作『Gafieira Moderna』『Hard Bossa』(1999年)に続く、UKの人気レーベルFar Out Recordingsからの第二弾アルバムとなります。

Far Outの総帥Joe Davisがエグゼクティブ・プロデューサーに名を連ね、Joyce本人がプロデュースしています。

レコーディングにはJoyce(vo、g)、旦那様のTutty Moreno(ds)、娘のAna Martins(back vo)をはじめ、Jorge Helder(b)、Lula Galvao(g、cavaquinho)、Marcos Suzano(per)、Teco Cardoso(bs、fl)、Nailor Proveta(as、clarinet)、Vittor Santos(tb)、Eduardo Neves(ts、fl)、Nilton Rodrigues(tp、flh)が参加しています。さらにゲストとしてElza Soaresの名がクレジットされています。

話が脱線しますが、Joyceの娘であるAna Martinsと、ハウス界のレジェンドLouie Vegaの奥方Anane Vegaが同一人物であることを、恥ずかしながら最近知りました。

Ana MartinsがJoyceの娘でClara Morenoの妹であることも知っていたし、Anane Vegaについても初ソロ『Selections』(2006年)を当ブログで紹介するなど気になる女性ヴォーカリストでした。実際、それぞれの名は当ブログでも何度も登場していましたが、別ジャンルだったので全然結びついていませんでした。

話を本作『Gafieira Moderna』に戻すと、アルバム・タイトルにはクラブミュージックとブラジルの伝統的なダンスホール"ガフィエイラ"の橋渡し的な意味が込められているようです。

アルバムの内容もそうしたコンセプトを反映した内容に仕上がっています。ブラジル音楽ファンもクラブ世代の人も魅了するJoyceらしい音世界を楽しめます。

サンバ/アフロ・サンバの先人達も捧げられた「Forcas D'Alma」、アルバム・コンセプトを象徴する「Pega Leve」、Elza Soaresがゲスト参加した「Samba Da Silvia」、グルーヴィーな「Bota De Sete Leguas」、爽快グルーヴ「Diz Que Eu Tambem Fui Por Ai」、スキャットが栄える「Azul Bahia」あたりがオススメです。

楽曲はすべてJoyceのオリジナルです(共作含む)。

全曲紹介しときやす。

「Forcas D'Alma」
Clementina De Jesus、Moacir SantosBaden Powellというサンバ/アフロ・サンバの先人達も捧げられたオープニング。JoyceとLula Galvaoが奏でる美しくもミステリアスな弦の響きに魅了されます。このオープニングを聴けば、本作の充実ぶりが一発で分かります。
https://www.youtube.com/watch?v=0PG_OKKKXZM

「Na Casa Do Villa」
♪心の中の耳が大事♪というミュージシャンとしての基本スタンスをJoyce節で歌い上げます。

「Pega Leve」
「DJ」「サンプリング」「ドラムンベース」なんて言葉も飛び出す、Far Out作品らしい1曲。クラブミュージックと"ガフィエイラ"の橋渡しするアルバム・コンセプトを反映した1曲に仕上がっています。気の利いたホーン・アンサンブルもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=4AuT8Q-5c5w

「The Band on the Wall」
英語で歌われるボッサ・グルーヴ。瑞々しい魅力があります。涼しげなフルートの音色がグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=U_myL_9KJ0c

「Samba Da Silvia」
Joyce/Silvia Sangirardi作。Elza Soaresがゲスト参加したサンバ。圧倒的な存在感のあるElza Soaresの歌声による下町サンバ感がたまりません。
https://www.youtube.com/watch?v=WciX5bMpB-o

「Bota De Sete Leguas」
Joyceがクラブ世代からも支持が高いのが頷けるグルーヴィーな仕上がり。Lula Galvaoのギター、Teco Cardosoのバリトン・サックスが盛り上げてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=vBClS4kwKz4

「Risco」
Lea Freire/Joyce作。50代になっても透明感を失わないJoyceの歌声の魅力を実感できる1曲。神秘的な美しさに包まれた仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=UQ-5s6zLRE8

「Diz Que Eu Tambem Fui Por Ai」
『Feminina』がお好きな人であれば気に入るであろうスキャット入りの爽快グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=Rsx0hFxu-4I

「Azul Bahia」
スキャットのみのインスト曲ですが、Far Out作品らしい雰囲気の漂うグルーヴィーな仕上がりです。スキャットに寄り添うクラリネットの音色がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=cgZ_K67UydE

「Quatro Elementos」
Joyce/Paulo Cesar Pinheiro作。Paulo Cesar Pinheiroによるミステリアスな詩を、ベテランならではの語り口で歌い上げます。
https://www.youtube.com/watch?v=uHTnz7vDVAY

Joyceの過去記事もご参照下さい。

『Feminina』(1980年)
フェミニーナ、そして水と光

『Agua e Luz』(1981年)
水と光

『Tardes Cariocas』(1983年)
Tardes Cariocas

『Music Inside』(1990年)
ミュージック・インサイド

『Hard Bossa』(1999年)
Hard Bossa

Joyce & Banda Maluca『Just A Little Bit Crazy』(2003年)
ジャスト・ア・リトル・ビット・クレイジー(2003年作)

『Bossa Duets』(2003年)
ボッサ・デュエッツ

『Tudo』(2012年)
トゥード
posted by ez at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

Flytronix『Cohesion』

ドラムンベース系プロデューサーがFar Outから出した意欲作☆Flytronix『Cohesion』
Cohesion
発表年:2002年
ez的ジャンル:ドラムンベース系UKクラブミュージック
気分は... :凝集力!

今回はUKクラブミュージック作品からFlytronix『Cohesion』(2002年)です。

FlytronixことDanny DemierreはUKのプロデューサー。

ドラムンベース系レーベルMoving Shadowでの活躍で知られる人ですが、本作は『Cohesion』(2002年)はFar Out Recordingsからリリースされた作品です。

ドラムンベースのイメージが強い人ですが、本作ではドラムンベース以外にハウス、ブレイクビーツ、Hip-Hopとバラエティに富んだ内容になっています。ジャズやブラジル/ラテンのフィーリングが強調された曲も目立ちます。

特に「Lava」「Tonight」「Amor E Vida」という女性ヴォーカルをフィーチャーした3曲が僕のお気に入りです。

ドラムンベースがお好きな人であれば、「Reachout」「Reload」あたりをどうぞ!

タイトルの通り、様々な音楽エッセンスが寄り集まったFlytronixワールドを楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Heavy Traffic」
オープニングはダビー&ラテン・フィーリングのブレイクビーツ風の仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=C53jImQDPwA

「Lava」
Patricia Vesparoをフィーチャー。ブラジリアン・フィーリングのジャズ・ハウス調の仕上がり。Patriciaの女性ヴォーカルが独特の雰囲気を醸し出します。
https://www.youtube.com/watch?v=ZuJkhZ-chtg

「Play Monk」
タイトルから想起されるように、スウィンギーなジャズ・フィーリングのインスト小曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=Hwh71V2Rx9I

ここからの2曲に注意!CDのクレジットでは4曲目「All That I Know」、5曲目「Reachout」という曲順になっていますが、実際には4曲目「Reachout」、5曲目「All That I Know」という順番になっています。「All That I Know」にはUSラッパーJubilentがフィーチャーされており、彼のラップを聴けるのが5曲目なので判別できます。Far Out RecordingsのYouTube音源もタイトルと曲内容が合致していませんのでご注意を!

「Reachout」
スピーディーな爽快ドラムンベースで一気に駆け抜けます。フューチャリスティックな雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=mMzk97jKq94

「All That I Know」
USラッパーJubilentをフィーチャーしたHip-Hop調の仕上がり。コレがFlytronixらしいのかは???ですが、単純に格好良いHip-Hopトラックになっていると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=3jddlQSJ8Tk

「Tonight」
Niki Kingの女性ヴォーカルをフィーチャー。ブラジル/ラテン・フィーリングのハウス・チューン。バカンス・モードに浸れます。
https://www.youtube.com/watch?v=7fRjbrlG1TE

「Shades Of Jade Prelude」
エレピによるインスト小曲。
https://www.youtube.com/watch?v=hLESPjnVrlY

「Scribin' On Tha Edge」
Stormのラップをフィーチャー。DJ Traxによるスクラッチも交えたジャズ・ヒップ・ホップ調の仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=hPOg72muDG8

「Amor E Vida」
Tina Graceの女性ヴォーカルをフィーチャー。艶やかなTinaのヴォーカルが栄えるアバンチュール・モードの妖艶ダンサブル・チューン。Joe Sangerのフェンダー・ローズの音色もいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=hj7eG7YFjGk

「Zigzag」
ブラジリアン・フィーリングのドラムンベース。良くも悪くも分かりやすいアゲアゲ感があります。
https://www.youtube.com/watch?v=BIZM8yaxzOQ

「Backatcha」
ジャズ・フィーリングのブレイクビーツ調の仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=V8-l71ZPNBo

「Reload」
Flytronixらしいドラムンベースを聴きたい方には安心できる1曲なのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=9SiEYAY5k_E

「Parting Shot - Outro」
ジャジーなアウトロでアルバムを締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=hFn4jcJrm9o

ご興味がある方はMoving Shadowからリリースしたアルバム『Archive』(1998年)もチェックを!

『Archive』(1998年)
Archive
posted by ez at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 2000年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする