2017年12月07日

Bobby Cole『A Point Of View』

ワイルド&ダンディな男性ジャズ・ヴォーカル作品☆Bobby Cole『A Point Of View』
ア・ポイント・オブ・ヴュー
発表年:1964年
ez的ジャンル:ダンディ系男性ジャズ・ヴォーカル
気分は... :オルタナティヴ!

今回は60年代ジャズからBobby Cole『A Point Of View』(1964年)です。

Bobby Cole(1932-1996年)はN.Y.出身の男性ピアニスト/シンガー。

Bobby Cole Trio名義でColumbia Recordsからアルバム『New! New! New!』(1960年)でレコード・デビューしますが、大きな成功を収めることはありませんでした。

決して多くの作品を残したわけではないBobby Coleですが、1964年に自ら制作した本作『A Point Of View』は再評価の高い1枚です。

レコーディング・メンバーはBobby Cole(p、vo)、Ralf Rost(b)、Arnold Wise(ds)というピアノ・トリオが基本編成。さらに曲によってKathy Kellyの女性ヴォーカルが加わっています。

ハスキーなBobbyのヴォーカルが栄えるワイルド&ダンディな男性ジャズ・ヴォーカル作品に仕上がっています。

特に人気なのは「A Perfect Day」「Heat」「A Change Of Scene」といったラテン/ブラジルのエッセンスの効いた3曲。この3曲があるからこそ再評価されたのだと思います。

それ以外であれば、スウィンギーに疾走する「Status Quo」、ワルツ・ジャズの「You Can't Build A Life On A Look」、ブルージー・バラード「I'm Growing Old」あたりもお気に入りです。

クラブジャズ好きの人は興味深く聴ける1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Status Quo」
スウィンギーな疾走感と少し格好つけたBobbyのヴォーカルがグッドなオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=F36Jw2vdcJ0

「The Name Of The Game Is Trouble」
ブルージーな演奏とBobbyのハスキー・ヴォーカルがマッチした男臭い1曲に仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=qskeqnhZd5k

「Lover Boy」
妖しげなラテン・リズムが支配するエキゾチックな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=X-cxd_oJNJ4

「You Can't Build A Life On A Look」
僕好みの疾走するワルツ・ジャズ。少しやさぐれたBobbyのヴォーカルがハマっています。
https://www.youtube.com/watch?v=FiTd3rDqKeQ

「But It's Spring」
しっとりとバラード。ハスキー・ヴォーカルが身に沁みます。
https://www.youtube.com/watch?v=tSic2TBhAh0

「Heat」
本作のハイライトその1。ワイルドな格好良さのあるジャズ・サンバ。さらにKathyの女性ヴォーカルも加わり、花を添えてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=CqdVBC1h4Rg

「You Could Hear A Pin Drop」
ラテン&ブルージーなバラード。ビターな味わいにグッときます。
https://www.youtube.com/watch?v=ObqT6jsrY3M

「A Change Of Scene」
本作のハイライトその2。Bobbyのハスキー・ヴォーカルが栄えるボッサ・グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=66I7UPSc5bM

「A Perfect Day」
本作のハイライトその3。ラテン・リズムを取り入れた格好良すぎるジャズ・ダンサー。クラブジャズ好きの人気に入るはず!
https://www.youtube.com/watch?v=Fcilregu8W4

「Elegy For Eve」
前半はバラード、後半はKathyのヴォーカルも加わり、スウィンギーな展開となります。
https://www.youtube.com/watch?v=_N9aWckUkxo

「No Difference At All」
小粋なスウィンギー・ナンバー。男性ジャズ・ヴォーカル作品らしい演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=1rHpw1wF6i0

「I'm Growing Old」
本編のラストは激シブのブルージー・バラードで締め括ってくれます。Tom Waitsあたりに通じるダンディズムがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=_N9aWckUkxo

CDにはボーナス・トラックとして、「So Sleeps The Pride」「Tango」「Paper Wedding」「Hole In The Corner Man」「The Sailor」「I'm Growing Old」といった未発表の6曲が追加収録されています。
「Hole In The Corner Man」
https://www.youtube.com/watch?v=0F3Q7Rc6UZk

ありそうでない男性ジャズ・ヴォーカル作品だと思います。
posted by ez at 00:48| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

Emil Richards & The Microtonal Blues Band『Journey To Bliss』

東洋思想を反映した異才エスノ・ジャズ☆Emil Richards & The Microtonal Blues Band『Journey To Bliss』
ジャーニー・トゥ・ブリス
発表年:1968年
ez的ジャンル:異才エスノ・ジャズ
気分は... :辺境にて・・・

今回は60年代ジャズからEmil Richards & The Microtonal Blues Band『Journey To Bliss』(1968年)です。

Emil Richardsは1932年USコネチカット州生まれのヴィヴラフォン/パーカッション奏者。

さまざまなセッションに参加した経験を持つヴィヴラフォン/パーカッション奏者であると同時に、インド思想を反映した独創的な作品で再評価が高まっている異才ミュージシャンでもあります。

Emil Richards & The Microtonal Blues Band名義で、Impulseからリリースされた本作『Journey To Bliss』(1968年)は、そんなRichardsの独創性を満喫できる1枚です。

レコーディングにはDave Mackay(key)、Joe Porcaro(ds)、Ray Neapolitan(b)、Dennis Budimir(g)、Tom Tedesco(g)、Mark Stevens(per)、Mike Craden(per)といったミュージシャンが参加しています。プロデュースはBob Thiele

ちなみにドラムで参加のJoe PorcaroはTotoのPorcaro兄弟の父であり、Richardsの古くからの音楽仲間です。

アルバムの後半を占める組曲の「Journey To Bliss」では人気TVシリーズ『Star Trek』にも出演していた俳優Hagan Beggsのナレーションがフィーチャーされています。

ジャケや収録曲のタイトルを見れば、インド思想を反映した作品であることがイメージできると思います。ただし、インド音楽の影響をダイレクトに感じるのは組曲「Journey To Bliss」位であり、他の曲はエスノ・ジャズや辺境ジャズといった形容の方が相応しい気がします。

また、アヴァンギャルドでありながらも、きちんとジャズしているので難解な印象はまったく受けません。

パーカッシヴな音が好きな僕にとっては、かなり興味深く聴けた1枚です。

全曲紹介しときやす。

「Maharimba」
タイトルの通り、インド思想+マリンバなエスノ・ジャズがオープニング。アヴァンギャルドですが、ジャズ・フィーリングも忘れておらず、意外に聴きやすいのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=JCYPrZy84oo

「Bliss」
エスノ+電脳といった雰囲気のモンド・ジャズといった感じでしょうか。独特な音世界ですが、軽やかなのですんなり聴けてしまいます。
https://www.youtube.com/watch?v=8h8JvQ11yUc

「Mantra」
グルーヴィー・マリンバ・ジャズとでも形容したくなる仕上がり。キワモノだけで終わらない格好良さがあります。
https://www.youtube.com/watch?v=jE5mA7YIFnY

「Enjoy, Enjoy」
無国籍なエスノ感覚が魅力的な演奏です。ワールド・ジャズ好きの人であれば楽しめるはずです。
https://www.youtube.com/watch?v=cG29ONQzsFs

「Journey To Bliss - Part I」
「Journey To Bliss - Part II」
「Journey To Bliss - Part III」
「Journey To Bliss - Part IV」
「Journey To Bliss - Parts V & VI」
タイトル曲はPart I〜 VIから成る18分超の組曲です。前述のように、俳優Hagan Beggsのナレーションをフィーチャー。未開の地の辺境エスノ/スピリチュアル・ジャズといった趣です。インド思想が反映された音が好きな人であれば、この音世界を気に入るはず!
https://www.youtube.com/watch?v=B2Ciz_oePjw

Emil Richardsの他作品もチェックを!

『Yazz Per Favore』(1961年)
Yazz Per Favore

『New Sound Element: Stones/Journey to Bliss』(1966/68年) ※2in1CD
Stones/Journey to Bliss

『New Time Element』(1967年)
ニュー・タイム・エレメント

『Ritmico Mundo』(1994年)
Wonderful World of Percussion

『Luntana』(1996年)
Luntana

『Calamari: Live at Rocco's』(2000年)
Calamari Live at Roccos

『Emil Richards with the Jazz Knight』(2003年)
Emil Richards With the Jazz Knights

『Maui Jazz Quartet』(2006年)
Maui Jazz Quartet
posted by ez at 01:22| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

Bobby Timmons『Sweet and Soulful Sounds』

聴きやすく小粋なジャズ・ピアノ・トリオ作品☆Bobby Timmons『Sweet and Soulful Sounds』
スウィート・アンド・ソウルフル・サウンズ
録音年:1962年
ez的ジャンル:ソウルフル・ジャズ・ピアノ・トリオ
気分は... :甘すぎないのポイント・・・

今回は60年代ジャズからピアノ・トリオ作品Bobby Timmons『Sweet and Soulful Sounds』(1962年)です。

Bobby Timmons(1935-1974年)はフィラデルフィア出身のジャズ・ピアニスト。

Art Blakey & The Jazz MessengersやCannonball Adderley等のグループで頭角を現すようになります。Art Blakey & The Jazz Messengersでお馴染み、ファンキー・ジャズを代表する名曲「Moanin'」はTimmonsの作品です。

60年代に入り、RiversidePrestigeMilestone等で数多くのリーダー作をレコーディングしています。

Riversideからリリースされた本作は、Bobby Timmons(p)、Sam Jones(b)、Roy McCurdy(ds)という編成によるピアノ・トリオ作品です。

聴きやすいピアノ・トリオ作品ですが、だからといって甘すぎない感じがポイント高いです。タイトルに関連づければ、スウィートよりもソウルフルな印象が強いですね。

バラードでもスウィンギーでもTimmonsの鮮やかなピアノ・タッチを満喫できます。

スウィンギーに疾走する「You'd Be So Nice to Come Home To」「Why Was I Born?」、エレガントかつ端正な「The Sweetest Sounds」、感動的なピアノ・ソロ「God Bless the Child」あたりが僕のお気に入りです。

僕好みの小粋なジャズ・ピアノ・トリオです。

全曲を紹介しときやす。

「The Sweetest Sounds」
Richard Rodgers作。オリジナルはミュージカル『Strings』(1962年)のために書かれたものです。当ブログではElsie Bianchi Trioのカヴァーを紹介済みです。タイトルはエレガントさのある端正なピアノ・トリオ演奏を楽しめます。甘くなりすぎないビター・スウィート位の塩梅がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=IEyhbZA3wZ8

「Turn Left」
Bobby Timmons作。ソウルフルな魅力に溢れたブルージーな演奏です。

「God Bless the Child」
Arthur Herzog/Jr. Billie Holiday作。Billie Holidayのレパートリーとしてお馴染みの曲ですね。最近で当ブログでも紹介したJose James『Yesterday I Had The Blues』(2015年)ヴァージョンが個人的なお気に入りです。ここではピアノ・ソロで美しく感動的な「God Bless the Child」を聴かせてくれます。

「You'd Be So Nice to Come Home To」
Cole Porter作。オリジナルは映画『Something to Shout About』(1943年)のために書かれたものです。当ブログではAnita O'Dayヴァージョンも紹介済みです。スウィンギーな疾走感とTimmonsの鮮やかなタッチに魅了されます。
https://www.youtube.com/watch?v=L6EGffFLJA8

「Another Live One」
Bobby Timmons作。メンバー三人の息の合った演奏を満喫できる小粋な仕上がり。

「Alone Together」
Howard Dietz/Arthur Schwartz作。1932年のミユージカル『Flying Colors』の挿入歌であったスタンダードです。当ブログではDinah WashingtonStanley TurrentineKenny DorhamLincoln Brineyのカヴァーを紹介済みです。しっとりとした哀愁バラードですが、ヴィヴィッドなタッチがいいですね。

「Spring Can Really Hang You up the Most」
Fran Landesman/Tommy Wolf作のスタンダード。当ブログではBobbi Boyle & The Trioのカヴァーを紹介済みです。 ピアノ・ソロ演奏でTimmonsの小粋な鍵盤さばきを存分に堪能できます。

「Why Was I Born?」
Oscar Hammerstein II/Jerome Kern作。舞台『Sweet Adeline』(1930年)のために書かれた曲です。当ブログではKenny Burrell & John Coltraneのカヴァーを紹介済みです。ラストは軽快にスウィングするピアノ・トリオらしい演奏で締め括ってくれます。

Bobby Timmonsの他作品もチェックを!

『Jenkins, Jordan and Timmons』(1957年)
ジェンキンス、ジョーダン&ティモンズ

『This Here Is Bobby Timmons』(1960年)
This Here Is Bobby Timmons

『Soul Time』(1960年)
Soul Time

『Easy Does It』(1960年)
Easy Does It

『In Person』(1961年)
ボビー・ティモンズ・トリオ・イン・パーソン+2

『Born to Be Blue!』(1963年)
ボーン・トゥ・ビー・ブルー!

『From the Bottom』(1964年)
フロム・ザ・ボトム

『Little Barefoot Soul』(1964年)
リトル・ベアフット・ソウル

『Chun-King』(1964年)
チャンキング (紙ジャケット仕様)

『The Soul Man!』(1966年)
ザ・ソウル・マン!
posted by ez at 00:24| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

Gilberto Gil『Louvacao』

「Louvacao」、「Roda」等名曲揃いのデビュー・アルバム☆Gilberto Gil『Louvacao』
ロウヴァサォン
発表年:1967年
ez的ジャンル:トロピカリズモ前夜MPB
気分は... :君の名は・・・

今回はMPBを代表する大物アーティストGilberto Gilのデビュー・アルバムGilberto Gil『Louvacao』(1967年)です。

Caetano Velosoと並ぶブラジル音楽界の牽引者Gilberto Gilについて、これまで当ブログで紹介した作品は以下の4枚。

 『Gilberto Gil(邦題:日曜日の公園で)』(1968年)
 『Gilberto Gill(邦題:セレブロ・エレトローニコ)』(1969年)
 『Gilberto Gil(邦題:イン・ロンドン)』(1971年)
 『Realce』(1979年)

デビュー・アルバムとなる本作『Louvacao』はトロピカリズモ前夜の1枚であり、「Louvacao」「Roda」「Procissao」といったGilの代表曲が収録されており、彼の原点を確認できる1枚に仕上がっています。

Dory CaymmiCarlos MonteiroSoizaBruno Farreiraの4名がアレンジを手掛けています。彼らのアレンジの妙も本作の聴きどころです。

個人的には前述の3曲以外に「Mancada」「Minha Senhora」(ボーナス・トラック)、「Beira Mar」といったボッサな仕上がりの曲がオススメです。

英米のロック/サイケを取り入れたトロピカリズモなGilもいいですが、トロピカリズモ前夜の本作の方がGilのプリミティブな魅力に触れることができると思います。

全曲紹介しときやす。

「Louvacao」
Gilberto Gil/Torquato Neto作。オープニングを飾るタイトル曲はElis Regina & Jair Rodriguesのヒットでも知られ、 Gilに本作レコーディングのチャンスをもたらした名曲です。軽やかなサンバのリズムが心地好い爽快アコースティック・チューン。ホーンやフルートがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=DgkC2GoAHYc

「Beira Mar」
Caetano Veloso/Gilberto Gil作。オーケストレーションを配したボッサ・チューン。ノスタルジックな郷愁感がいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=29UaZBejVdc

「Lunik 9」
Gilberto Gil作。1曲の中でさまざまな表情を見せるドラマティックな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=NNbWF8bMuZE

「Ensaio Geral」
Gilberto Gil作。爽やかなアコースティック・チューンでスタートしますが、中盤からリズミックナサンバ・モードへ突入します。
https://www.youtube.com/watch?v=BBXiaoeKJEM

「Maria (Me Perdoe Maria) 」
Gilberto Gil作。美しいオーケストレーションを配したロマンティックな仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=e4agBwJdoB8

「A Rua」
Gilberto Gil/Torquato Neto作。室内楽的な美しさを持つ1曲。緩急によるアクセントも効いています。
https://www.youtube.com/watch?v=CCQfbRaJoMw

「Roda」
Gilberto Gil/Joao Augusto作。Gilを代表する人気曲。Elis ReginaSergio Mendes & Brasil'66ヴァージョンでもお馴染みですね。軽快なサンバはいつ聴いても名曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=hopOrS6ohYE

本曲に関して、当ブログでは有名なElis ReginaSergio Mendes & Brasil'66ヴァージョンをはじめ、GimmicksConjunto 3Dのカヴァー・ヴァージョンも紹介済みです。

「Rancho Da Rosa Encarnada」
Geraldo Vandre/Gilberto Gil/Torquato Neto作。ノスタルジック・モードのマルシャです。
https://www.youtube.com/watch?v=xMT9mo-SgfM

「Viramundo」
J. C. Capinan/Gilberto Gil作。当ブログではSergio Mendes & Brasil '66のカヴァーも紹介済みです。アコーディオンがいいアクセントになっている開放的な仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=PEafez223Vk

「Mancada」
Gilberto Gil作。個人的にはアルバムで一番のお気に入り。爽快アコースティックな疾走感が実にいいですね。50年以上前の演奏とは思えないフレッシュ感があります。
https://www.youtube.com/watch?v=r_9KReDb650

「Agua De Meninos」
J. C. Capinan/Gilberto Gil作。しっとりとしたアコースティック・チューンと軽快なサンバによる緩急が印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=mk8VB5A-1p8

「Procissao」
Gilberto Gil作。2nd『Gilberto Gil(邦題:日曜日の公園で)』(1968年)にも収録されていた名曲。『Gilberto Gil(邦題:日曜日の公園で)』ヴァージョンはサイケ・ロックな仕上がりでしたが、本ヴァージョンはバイーアの風を感じる1曲に仕上がっています。
https://www.youtube.com/watch?v=mDXG7WHyLA4

ここから2曲はCDボーナス・トラック。

「Minha Senhora」
Gilberto Gil/Torquato Neto作。Caetano Veloso & Gal Costaによる名盤『Domingo』(1967年)にも収録されています。美しいオーケストレーションをバックに配したボッサ・チューンはかなり僕好み。
https://www.youtube.com/watch?v=AJThpPRNjlk

「A Moreninha」
Tom Ze作。オーケストレーションを配したドラマティックなアレンジが印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=21l4XTbZK-0

他のGilberto Gil作品もチェックを!

『Gilberto Gil(1968)』(1968年)
Gilberto Gil 1968

『Gilberto Gill(1969)』(1969年)
Gilberto Gil

『Gilberto Gil(1971)』(1971年)
Gilberto Gil

『Expresso 2222』(1972年)
Expresso 2222

Caetano Veloso e Gilberto Gil『Barra 69 - Caetano e Gil Ao Vivo na Bahia』(1972年)
Barra 69

『Gilberto Gil Ao Vivo』(1974年)
Ao Vivo

『Refazenda』(1975年)
Refazenda

Gilberto Gil & Jorge Ben『Gil & Jorge - Ogum - Xango』(1975年)
Gil & Jorge

『Refavela』(1977年)
Refavela

Gilberto Gil & Rita Lee『Refestanca』(1977年)
Refestanca - Ao Vivo

『Gilberto Gil Ao Vivo Em Montreux』(1978年)
Ao Vivo Em Montreux

『Realce』(1979年)
Realce

『Nightingale』(1979年)
Nightingale
posted by ez at 01:22| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

Blue Mitchell『Down With It』

日野皓正作「Alone, Alone, and Alone」収録☆Blue Mitchell『Down With It』
ダウン・ウィズ・イット
録音年:1965年
ez的ジャンル:ハードバップ系トランペッター
気分は... :!ハイヒール・スニーカー?

今回はハードバップ期の人気ジャズ・トランペッターBlue Mitchell『Down With It』(1965年)です。

フロリダ州マイアミ出身のジャズ・トランペッターBlue Mitchell(1930-1979年)の紹介は、Blue Note第1弾アルバム『The Thing to Do』(1964年)に続き、2回目となります。

本作『Down With It』(1965年)は、『The Thing to Do』(1964年)に続くBlue Noteからの第2弾アルバムです。

レコーディング・メンバーも、前作『The Thing to Do』と同じくBlue Mitchell(tp)、Junior Cook(ts)、Chick Corea(p)、Gene Taylor (b)、Al Foster(ds)という5名。

Horace Silverのグループ時代の盟友Junior CookGene Taylor に、Chick CoreaAl Fosterという若き才能が加わった編成です。

レア・グルーヴ方面からも人気のジャズ・ロック「Hi-Heel Sneakers」、日野皓正作の美しいバラード「Alone, Alone, and Alone」あたりがハイライトだと思いますが、ラテン・フレイヴァーの効いた「Perception」、ボッサ・グルーヴな「Samba de Stacy」、スリリングな「One Shirt」あたりもオススメです。

全6曲。コンパクトにジャズを満喫できる、ジャズ初心者も楽しめる1枚なのでは?

全曲紹介しときやす。

「Hi-Heel Sneakers」
Robert Higginbotham(Tommy Tucker)作。Tommy Tucker、1964年のR&Bヒットをカヴァー。レア・グルーヴ方面からも人気の高いのはファンキーなジャズ・ロック。Al Fosterのダイナミックなドラミングをバックに、Mitchell、Cookの二管が快調なプレイを聴かせています。Coreaの小粋なピアノ・ソロもグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=JbopFaIXm_s

「Perception」
Chick Corea/Blue Mitchell作。軽くラテン・フレイヴァーの効いた端正な演奏がいい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=nCwVZM9j8W0

「Alone, Alone, and Alone」
日野皓正(Terumasa Hino)作。日本が誇るジャズ・ミュージシャン作の本演奏を本作のハイライトに挙げる人も多いのでは?1965年の来日時に本曲をセッションし、気に入ったMitchellに日野氏が贈ったのだとか。繊細なリズム・セクションをバックに、Mitchellが素敵なソロを披露する美しいバラードです。
https://www.youtube.com/watch?v=Hhj4pDqJc-U

「March on Selma」
Blue Mitchell作。タイトルの通り、スウィンギーなマーチです。リラックスした中にも小粋な雰囲気があるのがグッド!
https://www.youtube.com/watch?v=NhnLT5EyAIk

「One Shirt」
William Boone作。スリリングな格好良さがいいですね。Mitchell、Cookの二管のアンサンブル、ソロが鮮やかです。
https://www.youtube.com/watch?v=RZnt-meHDe8

「Samba de Stacy」
William Boone作。ラストは僕好みのボッサ・グルーヴな演奏で締め括ってくれます。Mitchell、Cookの二管の伸びやかなプレイが実に心地好いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=OaMhO3uAjWY

ご興味がある方はBlue NoteMainstream時代のBlue Mitchell作品もチェックを!

『The Thing to Do』(1964年)
The Thing to Do

『Bring It Home to Me』(1966年)
ブリング・イット・ホーム・トゥ・ミー

『Boss Horn』(1966年)
Boss Horn

『Heads Up』(1967年)
ヘッズ・アップ+2

『Bantu Village』(1969年)
Bantu Village

『Blue Mitchell』(1971年)
Blue Mitchell

『The Last Tango = Blues』(1973年)
ザ・ラスト・タンゴ=ブルース

『Graffiti Blues』(1973年)
グラフィティ・ブルース

『Many Shades of Blue』(1974年)
メニー・シェイズ・オブ・ブルー
posted by ez at 18:55| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする