2018年11月15日

Walter Wanderley『Moondreams』

オルガン・ボッサの第一人者によるCTI録音☆Walter Wanderley『Moondreams』
ムーンドリームズ
発表年:1969年
ez的ジャンル:CTI系オルガン・ジャズ
気分は... :CTIサウンドを欲している?

今回はオルガン・ボッサの第一人者Walter WanderleyのCTI作品『Moondreams』 (1969年)です。

これまで当ブログで紹介したWalter Wanderley作品は以下の4枚。

 『A Certain Smile A Certain Sadness』(1966年)
 ※Astrud Gilberto/Walter Wanderley Trio名義
 『Batucada』(1967年)
 『Popcorn Pop』(1967年)
 ※Walter Wanderley & Luiz Henrique名義
 『Kee-Ka-Roo』(1968年)

本作『Moondreams』 (1969年)は、『When It Was Done』(1968年)に続く、CTI第2弾アルバムとなります。

プロデュースはCreed TaylorEumir Deodatoがアレンジを手掛けています。

レコーディングにはWalter Wanderley(org、el-harpsichord)以下、Bernie Glow(tp、flh)、Marvin Stamm(flh)、Jerome Richardson(fl)、Danny Bank(fl)、Hubert Laws(fl)、Richard Davis(b)、George Duvivier(b)、Joao Palma(ds)、Airto Moreira(per)、Flora Purim(vo)、Linda November(vo)、Stella Stevens, Susan(vo)、

基本的には前作『When It Was Done』と同じく、オルガンに加え、ハープシコードも駆使しながらWalter Wanderleyらしい音世界とCTIサウンドを上手く調和させています。

ソウル・ジャズ・クラシックのカヴァー「Soulful Strut」をはじめ、オルガン&ハープシコードを楽しめる「Asa Branca」、女性ヴォーカルを配した「L' Amore Dice Ciao」「5:30 Plane」「Mirror of Love」の3曲。ミステリアスなブラジリアン・オルガン・ジャズ「Penha」あたりが僕のお気に入り。

いつも彼のオルガンを聴くと、不思議と心が和んできますね。

全曲紹介しときやす。

「Asa Branca」
Luiz Gonzaga作。エレクトリック・ハープシコードとオルガンを織り交ぜた本作らしいサウンドを楽しめるラウンジ調グルーヴィー・ラテン・ジャズ。
https://www.youtube.com/watch?v=5kBPidwahig

「L' Amore Dice Ciao」
Armando Trovajoli/Giancarlo Guardagassi/Roger Greenaway作。女性スキャットを配したメロウな仕上がりは、フランス映画のサントラのような雰囲気があります。
https://www.youtube.com/watch?v=5QIsn_cYBHA

「Penha」
Vicente Paiva作。ノルデスチ・モードのミステリアスな雰囲気の演奏を楽しめるブラジリアン・オルガン・ジャズ。こういうの大好きです。
https://www.youtube.com/watch?v=ogZQ607DdyI

「One of the Nicer Things」
Jimmy Webb作。Deodatoの手腕が光るCTIらしいイージーリスニングなメロウ・サウンドを楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=kmt9SSqWKqM

「Proton, Electron, Neutron」
Marcos Valle/Paulo Sergio Valle作。Walter Wanderleyらしいオルガンの音色を楽しめる哀愁グルーヴ。
https://www.youtube.com/watch?v=iXFyXPZDHvY

「5:30 Plane」
Jimmy Webb作。後にThe Supremesもカヴァーした楽曲です。美しいストリングス、女性ヴォーカルを配したメロウな仕上がり。ソウル好きの人も気に入るのでは?
https://www.youtube.com/watch?v=13FGxFgYcSE

「Soulful Strut」
Eugene Record/Sonny Sanders作。Young-Holt Unlimitedヴァージョンの大ヒットで知られるソウル・ジャズ・クラシックをカヴァー(オリジナルはBarbara Acklin「Am I The Same Girl」)。こうして聴いてみると、オルガン&エレクトリック・ハープシコードがよく似合う楽曲ですね。Swing Out Sister「Am I The Same Girl」ヴァージョンが好きな人も、このサウンド・センスは気に入るのでは?

「Moondreams」
Egberto Gismonti作。タイトル曲はCTIらしいメロウ・サウンドを楽しめます。少しアレンジが仰々しい気もしますが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=sHgw2XXtDMo

「Jackie, All」
Eumir Deodato作。Deodatoの本領発揮のCTIワールドを楽しめます。

「Mirror of Love」
Eumir Deodato作。ラストは女性ヴォーカルを配したメロウ・ボッサで締め括ってくれます。

Walter Wanderleyの他作品もチェックを!

『Rain Forest』(1966年)
サマー・サンバ

Astrud Gilberto/Walter Wanderley Trio『A Certain Smile A Certain Sadness』(1966年)
A Certain Smile, A Certain Sadness

『Cheganca』(1966年)
シェガンサ(紙ジャケット仕様)

『Batucada』(1967年)
バトゥカーダ

Walter Wanderley & Luiz Henrique『Popcorn Pop』(1967年)
ポップコーン

『Kee-Ka-Roo』(1968年)
キー・カー・ルー

『When It Was Done』(1968年)
ホエン・イット・ワズ・ダン

『Return of Original』(1971年)
Return of Original
posted by ez at 00:29| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

Charlie Rouse『Bossa Nova Bacchanal』

小粋なボッサ・ジャズ作品☆Charlie Rouse『Bossa Nova Bacchanal』
ボサノバ・バッカナル
録音年:1962年
ez的ジャンル:ボッサ・ジャズ
気分は... :今日から俺は!!

今回はジャズ・サックス奏者Charlie Rouseのボッサ・ジャズ作品『Bossa Nova Bacchanal』(1962年)です。

Charlie Rouse(1924–1988年)はワシントンD.C.出身のテナー・サックス奏者。

Billy EckstineDizzy GillespieDuke EllingtonCount Basie等のバンド・メンバーを経て、1959年から1970年までThelonious Monkのサイドメンとして活躍します。

それと並行して自身のリーダー・アルバムもリリースしています。

Blue Noteからリリースされた本作は、タイトルの通り、ボサノヴァにアプローチした作品です。

レコーディング・メンバーはCharlie Rouse(ts)以下、Kenny Burrell(g)、Chauncey "Lord" Westbrook(g)、Larry Gales(b)、Willie Bobo(ds)、Carlos "Patato" Valdes(conga)、Garvin Masseaux(chekere)。

ボッサ・ジャズをあの手この手で聴かせてくれます。同時代のボッサ・ジャズと比較しても抜群のサウンド・センスだと思います。特にコンガとギターが効果的に使われているのがいいですね。

個人的には、陽気で軽やかな「Back to the Tropics」、哀愁モードで疾走する「Velhos Tempos」、華のあるボッサ・ジャズ「Un Dia」、フォーキーな「Merci Bon Dieu」がおススメです。

ボッサ・ジャズ好きの方はぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「Back to the Tropics」
Leighla Whipper作。陽気で軽やかなボッサ・ジャズがオープニング。コンガやギターが実に効果的です。
https://www.youtube.com/watch?v=An9IcLmrYTI

「Aconteceu」
Ed Lincoln/Silvio Rodríguez作。ムーディーなボッサ・ジャズでロマンティック・ムードを演出します。
https://www.youtube.com/watch?v=dpG9mAOEsIk

「Velhos Tempos」
Luiz Bonfa作。哀愁モードで疾走するボッサ・ジャズ。ワン・ホーンのボッサ・ジャズの魅力が伝わってきます。
https://www.youtube.com/watch?v=azMhA6V7rFI

「Samba de Orfeu」
映画『Orfeu Negro(黒いオルフェ)』(1959年)収録の名曲カヴァー(Luiz Bonfa/Antonio Maria作)。お馴染みの名曲を軽快なボッサ・ジャズで聴かせてくれます。コンガがいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=okXnzk_HAGA

本曲について、当ブログではLuiz Bonfa自身のヴァージョンの他に、Daniela Und AnnWanda Sa(Wanda De Sah)Triste JaneroJack Marshall & Shelly ManneOscar Petersonのカヴァーも紹介済みです。

「Un Dia」
Margarita Orelia Benskina/Charlie Rouse作。華のあるボッサ・ジャズ。Rouseのサックスに寄り添うギターがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=6B60OS3MlVo

「Merci Bon Dieu」
Frantz Casseus作。フォーキーな味わいのボッサ・ジャズ。アルバムの中でいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=-EqXwnYY7Fg

「In Martinique」
Lionel Belasco/Leighla Whipper作。ラストは躍動感のあるボッサ・ジャズで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=CX0pWuS2DoA

再発CDの中にはボーナス・トラックとして、「One for Five」を収録しているものもあります。

Charlie Rouseの他作品もチェックを!

Charlie Rouse & Paul Quinichette『The Chase Is On』(1957年)
ザ・チェイス・イズ・オン

『Takin' Care of Business』(1960年)
テイキン・ケア・オブ・ビジネス

『Yeah!』(1960年)
ヤー!

Charlie Rouse & Seldon Powell『We Paid Our Dues』(1961年)
ウィ・ペイド・アワ・デューズ

『Two Is One』(1973年)
Two Is One

『Cinnamon Flower』(1977年)
Cinnamon Flower

『Moment's Notice』(1977年)
モーメンツ・ノーティス
posted by ez at 00:50| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

The Afro Blues Quintet Plus One『The Afro Blues Quintet Plus One』

グルーヴィーなラテン・ソウル・ジャズ☆The Afro Blues Quintet Plus One『The Afro Blues Quintet Plus One』
Introducing the Afro Blues Quintet Plus One
発表年:1965年
ez的ジャンル:グルーヴィー系ラテン・ソウル・ジャズ
気分は... :プラス・ワン!

今回は60年代に活躍したグルーヴィーなラテン・ソウル・ジャズ・バンドThe Afro Blues Quintet Plus Oneのデビュー・アルバム『The Afro Blues Quintet Plus One』(1965年)です。

The Afro Blues Quintet Plus Oneは、ヴァイヴ奏者のJoe De Agueroが1963年に結成したラテン・ソウル・ジャズ・バンド。オリジナル・メンバーの中には、後の売れっ子ドラマーJim Keltnerもいました。

デビュー・アルバムとなる本作『The Afro Blues Quintet Plus One』(1965年)を皮切りに、『New Directions of the Afro Blues Quintet Plus One』(1966年)、『Guantanamera』(1966年)、『Discovery 3』(1967年)、『Afro Blues Today』(1970年)という合計5枚のアルバムをリリースしています。

本作『The Afro Blues Quintet Plus One』におけるメンバーは、Joe De Aguero(vibe)、Jack Fulks(as、fl)、Bill Henderson(p)、Norm Johnson(b)、Michael Davis(ds、timbales)、Moses Obligacion(congas)、

なお、アルバム・タイトルについて、『The Afro Blues Quintet Plus One』が1965年リリース時のオリジナル・タイトルですが、1966年リリース時のタイトルは『Introducing』となっています。

ソウル・ジャズとラテン・ジャズが絶妙にバランスしたグルーヴィー・サウンドが魅力です。特に、グルーヴィー・サウンドにヴァイヴやフルートが加わり、アクセントをつけているのが、このバンドの特徴といえるでしょう。

モッズ的な格好良さのある「Moses」、シングルにもなった「Liberation」Curtis Mayfield作品のカヴァー「Monkey Time」、Bacharachの名曲カヴァー「Walk On By」あたりが僕のおススメです。

ラテン・ジャズ好きのみならず、モッド・ジャズ/ノーザン・ソウル好きの人あたりも気に入る1枚だと思います。

全曲紹介しときやす。

「Moses」
Joe DeAguero作。モッズ的な格好良さのあるグルーヴィー・ジャズがオープニング。グルーヴィー・サウンドの中にヴァイヴのエレガントな音色がいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=drj0kxMYZ-o

「Liberation」
Jack Fulks作。軽やかなフルートの音色と共にスタートするソウル・ジャズはシングルにもなりました。ハンド・クラップ入りのヒップな仕上がりはスウィンギン・ロンドン好きの人は気に入るはず!。
https://www.youtube.com/watch?v=kT5xYr0jRLM

「Monkey Time」
Curtis Mayfield作品のカヴァー(オリジナルはMajor Lance)。軽やかなヴァイヴの音色と共に躍動するダンサブル感にはノーザン・ソウル的な格好良さがあります。

「Summertime」
George Gershwin/Ira Gershwinの名曲をカヴァー。バラードのイメージが強いこのスタンダードをダンサブルなグルーヴィー・チューンへ変貌させています。
https://www.youtube.com/watch?v=OKJN_VfXtd8

名曲「Summertime」に関して、当ブログではJohn ColtraneBig Brother & The Holding CompanyGabor SzaboDinah WashingtonEssra MohawkLambert, Hendricks & RossSheila Landis/Rick MatleFred JohnsonRosinha De ValencaStefania Ravaのカヴァーを紹介済みです。ご興味がある方はそちらの記事もご参照下さい。

「Jerico」
黒人霊歌のカヴァー。R&Bフィーリングのグルーヴィー・ジャズ。ヴァイヴが加わると、R&Bフィーリングにラテン・ジャズな風味が加わり、味変するのが面白いですね。
https://www.youtube.com/watch?v=IjHeWSXoLwM ※音質悪いです

「Walk On By」
Dionne Warwickのヒットでお馴染みのBurt Bacharach/Hal David作品をカヴァー。ここでもモッドなグルーヴィー感とラテン・ジャズ・フィーリングのバランスが絶妙です。
https://www.youtube.com/watch?v=tYntWIx4eFM

名曲「Walk On By」に関して、当ブログではDionne Warwickヴァージョン以外に、Cal TjaderAverage White BandGloria GaynorThe Four King CousinsThe CarnivalPucho & The Latin Soul BrothersGimmicksChristopher ScottRobin McKelle & The FlytonesEnoch LightGabor Szaboのカヴァーを紹介済みです。ご興味のある方はそれらの記事もご参照下さい。

「Together」
Hubert Laws作。多分、Mongo Santamaria『El Pussy Cat』(1965年)ヴァージョンがオリジナルだと思います。ラテン・サウンド全開の演奏を楽しめます。ラテン・ヴァイヴ・ジャズがお好きな人は気に入るはず!
https://www.youtube.com/watch?v=ksegUpU_ezc

「In Crowd」
Billy Page作。Ramsey Lewis Trioヴァージョンでお馴染みの楽曲をカヴァー。当ブログではGregory Porterのカヴァーも紹介済みです。Ramsey Lewis Trioヴァージョンをラテン・ジャズ仕様にしたような仕上がりです。
https://www.youtube.com/watch?v=koDMrl0l_nA

The Afro Blues Quintet Plus Oneの他作品もチェックを!

『New Directions of the Afro Blues Quintet Plus One』(1966年)
New Directions of the Afro Blues Quintet Plus One

『Guantanamera』(1966年)
Guantanamera

『Discovery 3』(1967年)
Discovery 3

『Afro Blues Today』(1970年)
Afro Blues Today
posted by ez at 02:46| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

Larry Young『Contrasts』

ジャズ・オルガンの革命児、大編成コンボの意欲作☆Larry Young『Contrasts』
コントラスツ
録音年:1967年
ez的ジャンル:オルガン・ジャズの革命児
気分は... :白と黒、明と暗・・・

今回はジャズ・オルガン奏者Larry YoungBlue Noteからリリースした『Contrasts』です(1967年録音、1968年発売)。

"オルガンのColtrane"と呼ばれた"ジャズ・オルガンの革命児"Larry Youngについて、これまで当ブログで紹介した作品は以下の4枚。

 『Into Somethin'』(1964年)
 『Unity』(1965年)
 『Heaven On Earth』(1968年)
 『Larry Young's Fuel』(1975年)

本作『Contrasts』Blue Noteからの第4弾アルバム。

レコーディング・メンバーはLarry Young(org)、Hank White(flh)、Herbert Morgan(ts)、Tyrone Washington(ts)、Eddie Wright(g)、Eddie Gladden(ds)、Stacey Edwards(congas)、Althea Young(vo)。

このように以前のリーダー作にはない、大編成コンボが本作の特徴です。個人的にはコンガが加わっているのがポイント高いです。

コンガが加った3曲、リズミックな「Majestic Soul」、ボッサ・グルーヴな「Evening」、フリー/スピリチュアルな「Means Happiness」が特におススメです。この3曲の格好良さはクラブジャズ好きの人も気に入るのでは?

残りの3曲もYoungのオルガンとEddie Gladdenのドラムのみのバトル「Major Affair」、Youngの奥方Altheaのヴォーカルをフィーチャーしたバラード「Wild Is the Wind」、軽快なアンサンブルを楽しめる「Tender Feelings」といったようにバラエティに富んだ構成になっています。

Blue Noteのリーダー作の中では異色かもしれませんが、"ジャズ・オルガンの革命児"Larry Youngならではのオルガン・ジャズ・ワールドを楽しめるはずです。

全曲紹介しときやす。

「Majestic Soul」
Larry Young作。いきなりアドレナリン出まくりのオープニング。Youngのオルガン、Herbert Morganのテナー・サックスのアグレッシブなプレイが印象的です。Stacey Edwardsのコンガによって、よりリズミックな演奏になっているのが僕好みです。
https://www.youtube.com/watch?v=3_lcCZfY_M0

「Evening」
Larry Young作。Youngのオルガンが牽引するボッサ・グルーヴ。Hank White、Herbert Morganの2管も含めて素敵なアンサンブルで楽しませてくれます。ここでもStacey Edwardsのコンガが効いています。
https://www.youtube.com/watch?v=bGcbieL90b0

「Major Affair」
Larry Young作。YoungのオルガンとEddie Gladdenのドラムのみの演奏。2人の白熱した真剣勝負に耳を研ぎ澄ませましょう。

「Wild Is the Wind」
Dimitri Tiomkin/Ned Washington作のポピュラー・スタンダードをカヴァー(オリジナルはJohnny Mathis)。当ブログでは少し前にThe Dave Pike Quartetのカヴァーを紹介したばかりです。Larry Young夫人のAlthea Youngのヴォーカルをフィーチャー。Youngのオルガン、Eddie Wrightのギター、Eddie Gladdenのドラムをバックに、Altheaが憂いのあるヴォーカルを聴かせる哀愁バラード。
https://www.youtube.com/watch?v=60U-YXFhsZk

「Tender Feelings」
Tyrone Washington作。軽快なアンサンブルを楽しめます。Youngのオルガンに加え、作者Tyrone Washingtonのテナー・ソロが大きくフィーチャーされています。

「Means Happiness」
Larry Young作。ラストはオルガンのColtraneらしいフリー/スピリチュアルな演奏で締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=z_CkmABUU1M

Larry Youngの他作品もチェックを!

『Testifying』(1960年)
Testifying

『Young Blues』(1961年)
Young Blues

『Groove Street』(1962年)
グルーヴ・ストリート

『Into Somethin'』(1964年)
イントゥ・サムシン

『Unity』(1965年)
ユニティ

『Of Love and Peace』(1966年)
オブ・ラヴ・アンド・ピース

『Heaven On Earth』(1968年)
ヘヴン・オン・アース

『Mother Ship』(1969年)
Mother Ship

『Lawrence of Newark』(1973年)
Lawrence of Newark

『Larry Young's Fuel』(1975年)
Larry Young's Fuel

『Spaceball』(1976年)
SPACEBALL
posted by ez at 00:01| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

The Dave Pike Quartet『Pike's Peak』

名ピアニストBill Evansとの共演作☆The Dave Pike Quartet『Pike's Peak』
PIKE'S PEAK
録音年:1961年
ez的ジャンル:クール・ヴァイヴ・ジャズ
気分は... :陰翳礼讃・・・

ジャズ・ヴァイヴ奏者Dave Pikeが名ピアニストBill Evansと共演したThe Dave Pike Quartet『Pike's Peak』(1961年)です。

当ブログでこれまで紹介したDave Pike作品は以下の4枚。

 Dave Pike『Bossa Nova Carnival』(1962年)
 Dave Pike And His Orchestra『Manhattan Latin』(1964年)
 The Dave Pike Set『Noisy Silence-Gentle Noise』(1969年)
 The Dave Pike Set『Four Reasons』(1969年)

本作『Pike's Peak』は、Dave Pikeが名ピアニストBill Evansを迎えたThe Dave Pike Quartet名義の作品です。1961年に録音され、1962年にリリースされました。

レコーディング・メンバーはDave Pike(vibe)、Bill Evans(p)、Herbie Lewis(b)、Walter Perkins(ds)、

プロデュースはMike Berniker

最近、日本の近代文学を代表する作家 谷崎 潤一郎が日本人独特の美意識を考察したエッセイ集『陰翳礼讃』にハマっています。そんな『陰翳礼讃』モードの僕にフィットするジャズが本作『Pike's Peak』です。

アルバム・ジャケ自体が『陰翳礼讃』ですよね!

やりすぎない美しさがいいんです。名ピアニストBill Evansも本作ではサイドマンに徹しています。

目立つのは「Besame Mucho」「Why Not」あたりですが、今の僕の気分には「Wild Is the Wind」「In a Sentimental Mood」がフィットします。

The Dave Pike Setのイメージで聴くとギャップがあるかもしれませんが、こういうDave Pikeもいいですよ。

全曲紹介しときやす。

「Why Not」
Dave Pike作。クールなモード・ジャズがオープニング。Pikeのヴァイヴの響きにダンディズムを感じてしまいます。PikeとEvansの相性の良さも実感できるはずです。
https://www.youtube.com/watch?v=YdzzcVjlbt0

「In a Sentimental Mood」
Duke Ellington作。スタンダードを抑えたトーンの演奏で聴かせる引き算ジャズがいいですね。さり気ない美しさがたまりません。
https://www.youtube.com/watch?v=Yv6teFj6NwQ

「Vierd Blues」
Miles Davis作。Herbie Lewisのウォーキング・ベースが牽引する小粋な演奏を楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=aft6rgxZFZo

「Besame Mucho」
Consuelo Velazquez作。メキシコ産のラテン名曲「ベサメムーチョ」をカヴァー。当ブログではJoao GilbertoGrant Greenのカヴァーも紹介済みです。ラテン・リズムに乗って、Pikeのヴァイヴが軽やかに響きます。ラテンなEvansのピアノにも注目です。
https://www.youtube.com/watch?v=WV10KpAV5XQ

Lone Catalysts feat. J-Live「Dynomite」のサンプリング・ソースとなっています。
Lone Catalysts feat. J-Live「Dynomite」
 https://www.youtube.com/watch?v=gmARhIZ0t6o

「Wild Is the Wind」
Dimitri Tiomkin/Ned Washington作。ラストはPikeとEvansの共演作らしいリリカルな哀愁バラードで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=2NHC_CNpBLk

Dave Pike関連の他作品もチェックを!

Dave Pike『It's Time for Dave Pike』(1961年)
It's Time for Dave Pike

Dave Pike『Bossa Nova Carnival』(1962年)
ボサ・ノヴァ・カーニヴァル+リンボ・カーニバル

Dave Pike And His Orchestra‎『Manhattan Latin』(1964年)
Manhattan Latin (Dig)

The Dave Pike Set『Got the Feeling』(1968年)
Got the Feeling

The Dave Pike Set『Noisy Silence-Gentle Noise』(1969年)
ノイジー・サイレンス-ジェントル・ノイズ(紙ジャケット仕様)

The Dave Pike Set『Four Reasons』(1969年)
Four Reasons

Dave Pike『The Doors of Perception』(1970年)
Doors of Perception

The Dave Pike Set『Live at the Philharmonie』(1970年)
Live at the Philharmonie (Mlps)

The Dave Pike Set『Infra-Red』(1970年)
Infra-Red

The Dave Pike Set『Album』(1971年)
アルバム

The Dave Pike Set『Salomao』(1973年)
Salomao
posted by ez at 03:15| Comment(0) | 1960年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする