2017年02月19日

Jose James『Love In A Time Of Madness』

もはやジャズではない!Jose流R&B作品☆Jose James『Love In A Time Of Madness』
ラヴ・イン・ア・タイム・オブ・マッドネス
発表年:2017年
ez的ジャンル:新世代男性シンガー
気分は... :狂った時代に愛を・・・

今回は新世代男性ジャズ・シンガーの筆頭格Jose Jamesの最新作『Love In A Time Of Madness』です。

1978年ミネアポリス生まれの男性ジャズ・シンガーJose Jamesについて、これまで当ブログで紹介した作品は以下の5枚。

 『The Dreamer』(2007年)
 『Blackmagic』(2010年)
 『No Beginning No End』(2013年)
 『While You Were Sleeping』(2014年)
 『Yesterday I Had The Blues』(2015年)

Billie Holidayへのトリビュート『Yesterday I Had The Blues』(2015年)は、Jose Jamesというアーティストの根っ子には、しっかりジャズがあること認識できた1枚でした。

しかし、新作『Love In A Time Of Madness』は、その真逆でJose Jamesというアーティストがジャズには全く固執していないことを示したR&Bアルバムに仕上がっています。

前作からの振り幅の大きさは半端ないですが、そもそもJose Jamesをよく聴いている人って、ジャズ専門リスナーの人は少ないと思うので、こうしたR&B寄りのアルバムをリリースすることは大歓迎なのでは?

アルバム・タイトルに反映されているように、本作のテーマは"愛の大切さ"。狂った今の時代だからこそ愛に目を向けよう!というメッセージがアルバム全体を貫きます。

TarioことAntario Holmesをメイン・プロデューサーに据え、プロデューサー・ユニットLikemindsChris Soper/Jesse Singer)も数曲でプロデューサーに起用しています。

こうしたプロデューサー陣を迎え、生演奏よりプログラミングを多用しているのも本作の特徴です。今作はサウンド以上にメッセージを重視しているように思われるので、その意味でプログラミングを駆使した美しくも儚いアトモスフィア/アンビエント/ミニマルなサウンドはコンセプトにフィットしていると思います。

クリスチャンR&Bの男性シンガーMali Music、ベテラン女性シンガーOleta Adamsがフィーチャリングされ、Solomon Dorsey(b)、Nate Smith(ds)といったJoseのバンド・メンバー、元The NPG HornzPhilip Lassiter(tp、horn arr)等も参加しています。

Philip Lassiterの参加に象徴されるように、同郷の偉大なミュージシャンであった故Princeへのオマージュ的な曲があるのも興味不快ですね。

楽曲はすべてJose Jamesや参加プロデューサー/ミュージシャンらによるオリジナルです。

新世代男性ジャズ・シンガーのR&B作品!
ジャンルの壁など作らず、扉を開けてみましょう!

全曲紹介しときやす。

「Always There」
オープニングは美しくも儚いR&Bチューン。シンセとドラム・プログラミングのみのシンプルなトラックをバックに、大切な愛を歌います。このアトモスフィアな雰囲気はSiRあたりと一緒に聴きたいです。
https://www.youtube.com/watch?v=BgPViIFfCB4

「What Good Is Love」
愛を問いかける哀愁モードのアンビエントR&B。シンセ、キーボードとドラム・プログラミングのみのサウンドをバックに、切々とJoseが歌い上げます。

「Let It Fall」
Mali Musicをフィーチャー。ギターも入ったゴスペル調のR&Bチューンですが、儚くアトモスフィアな雰囲気も保っています。

「Last Night」
ミニマルな電子サウンドをベックに、哀愁のメロディを歌い上げます。

「Remember Our Love」
Likemindsプロデュース曲。5曲目にして、ようやくポジティヴな方向へ動き出します。力強く希望に満ちたJoseの歌声が印象的です。

「Live Your Fantasy」
Princeへのオマージュ。ダンサブルなサウンドをバックに、Joseがセクシーなヴォーカルを聴かせてくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=OPdt_WQhHw8

「Ladies Man」
前曲と流れを汲むミネアポリス・ファンク調のダンサブル・チューン。思わずハンド・クラップしてしまうダンス・チューンは昨今のディスコ/ブギー・ブームの流れもあるのでしょうね。

「To Be With You」
美しいメロウ・バラード。アルバムの中で最もジャズを感じるのはコレかもしれませんね。Mali Musicの美しい鍵盤が演奏面で大きく貢献しています。
https://www.youtube.com/watch?v=-Jqs-9DUoIg

「You Know I Know」
Likemindsプロデュース曲。ミニマルな電子サウンドと美しさと脆さが同居するようなJoseの歌声がいいですね。自分の弱さをさらけ出すことで強くなっている感じが好きです。

「Breakthrough」
これもLikemindsプロデュース。揺らめくエレクトリック・サウンドをバックに、前向きに壁を乗り越えようとする決意をJoseが歌い上げます。

「Closer」
オートチューンも使ったミディアム・バラードを淡々の歌います。
https://www.youtube.com/watch?v=yeqT4BH5mgo

「I'm Yours」
Oleta Adamsをフィーチャー。ラストはピアノ、シンセのみのバックでオーセンティックなバラードをOleta Adamsとのデュエットで歌います。

国内盤には『No Beginning No End』(2013年)収録曲のTarioによるリミックス「Trouble (Tario Remix)」と、「Live Your Fantasy」の。J Dilla調のリミックス「Live Your Fantasy (WONK Remix)」がボーナス・トラックとして追加収録されています。2曲共なかなかいいですね。国内盤にして良かった!

Jose Jamesの他作品もチェックを!

『The Dreamer』(2007年)
The Dreamer [帯解説・歌詞対訳 / ボーナストラック3曲収録 / 国内盤] (BRC369)

『Blackmagic』(2010年)
Blackmagic [帯解説・ボーナストラック2曲収録 / 国内盤] 期間限定廉価盤 (BRC246Z)

Jose James & Jef Neve『For All We Know』(2010年)
For All We Know

『No Beginning No End』(2013年)
ノー・ビギニング・ノー・エンド

『While You Were Sleeping』(2014年)
While You Were Sleeping

『Yesterday I Had The Blues』(2015年)
イエスタデイ・アイ・ハド・ザ・ブルース
posted by ez at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

James Tillman『Silk Noise Reflex』

期待の黒人SSWのデビュー・アルバム☆James Tillman『Silk Noise Reflex』
Silk Noise Reflex [ボーナストラック5曲収録]
発表年:2016年
ez的ジャンル:新世代黒人シンガー・ソングライター
気分は... :ストレスを力に変える・・・

今回は新作R&Bアルバムから期待のシンガー・ソングライターのデビュー・アルバムJames Tillman『Silk Noise Reflex』です。

James TillmanワシントンDCの出身の黒人シンガー・ソングライター。

N.Y.のニュー・スクール大学のジャズ・ヴォーカル・クラスに在学中の2013年にデビュー・シングル「And Then」をリリース。翌年には4曲入りEP『Shangri La EP』をリリースしています。

『Shangri La EP』がレコーディングされたのは意外にもブラジル。大学の友人のブラジル人ギタリストのコネクションでブラジル録音が実現したのだとか。作品にはその影響は反映されていませんが、TillmanはCaetano Velosoがフェイバリット・アーティストの1人なのだとか。

『Shangri La EP』収録曲は各種コンピでも人気であり、Gilles Petersonがコンパイルした『Brownswood Bubblers Eleven』「Love Within」が、橋本徹(SUBURBIA)氏コンパイルの『Free Soul〜2010s Urban-Sweet』『Folky-Mellow FM 76.4』「Shangri La」「And Then」がそれぞれ収録されています。

『Shangri La EP』は、Terry Callierあたりの系譜を継ぐフォーキー・ソウルといった印象を受けます。また、ジャズ・フィーリングも感じがします。

そんな期待の黒人SSWJames Tillmanのデビュー・アルバムが『Silk Noise Reflex』です。

詳細なデータはありませんが、このデビュー・アルバムではUSインディー・ロック系の制作陣が関与している模様です。

その意味では『Shangri La EP』とは少し雰囲気が異なり、より繊細で幻想的なJames Tillmanの世界に出会うことができます。

さらに本作には本編に加え、『Shangri La EP』の4曲にデビュー・シングル「And Then」の5曲が追加収録されています。

全曲を紹介しときやす。

「Intrinsic Infinite」
チルアウトな雰囲気のアルバムのイントロ。

「Ms. Urbane」
ファルセット・ヴォーカルの哀愁ソウル。ただし、モロにソウルというより、インディー・ロック的なフィーリングも感じます。

「Ms. Malaise」
多重録音のヴォーカルとハイブリッド・サウンドが印象的なミステリアスなソウル・チューン。

「Human Behavior」
ソウル+ジャズ+インディー・ロックな雰囲気は、Tillmanならではの独特の魅力を感じます。

「Self Portrait of a New Yorker」
デモ・テープのようなラフな仕上がりが印象的です。

「Tabloid Theory」
バンドの感のあるソウル・サウンドがグッド・ヴァイヴを醸し出します。

「Rat Race」
UKクラブミュージックに通じるダンサブルなクロスオーヴァー・サウンドが魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=1f59QtvsKvc

「Death of a Star」
アトモスフィアな雰囲気が支配すりチルアウトな仕上がり。

「Casual Encounters」
ボッサ・フィーリングも取り入れたメロウ・チューン。

「Missed Encounters」
繊細な美しさはが支配する幻想的なヴォーカル・ワークで締め括ってくれます。

ここからは『Shangri La EP』収録曲をはじめとするボーナス・トラック。

「Love Within」
フォーキー・ソウルなTillmanの魅力を存分に楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=LsLngcHzziI

「And Then」
ジャジーなメロウ・ソウルといった趣です。シンガー・ソングライターらしい雰囲気です。
https://www.youtube.com/watch?v=936_oet56OA

「Loved」
美しいアコースティック・ソウルをしっとりと歌い上げます。

「Shangri La」
前述のように、コンピ作品でも人気のメロウ・フィーキー。やっぱりコレが一番キャッチーかもしれませんね。
https://www.youtube.com/watch?v=BQBtShfLyoM

「And Then (Single Version)」
デビュー曲のシングル・ヴァージョンはより今ジャズ感が強いかもしれませんね。実はコレが一番完成度高かったりして・・・

昨日は1つ安易な決断をしてしまい自己嫌悪・・・
でも冷静に考えれば、事を起こすいい機会になるかも?
ピンチをチャンスに変えるべき善処してみよう!
posted by ez at 02:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

Nosizwe『In Fragments』

Georgia Anne Muldrowプロデュースの北欧ネオソウル☆Nosizwe『In Fragments』
IN FRAGMENTS
発表年:2016年
ez的ジャンル:北欧ネオソウル
気分は... :民族の母!

今回は新作アルバムから北欧ネオソウルNosizwe『In Fragments』です。

Nosizwe(本名:Nosizwe Baqwa)はノルウェー出身の女性ソウル・シンガー。彼女自身はオスロ生まれですが、母親は南アフリカ出身であり、Nosizwe自身も南アフリカというルーツを強く意識しているようです(彼女の名前には"民族の母"という意味が込められているようです)。

2012年にSisi「Stay」にフィーチャーされたことで注目され、同年にデビュー・シングル「Do You」をリリース。さらに翌年にもシングル「The Beat」をリリースしています。

そして、満を持して昨年末リリースされた1stアルバムが本作『In Fragments』です。アルバムをプロデュースしたのは、なんとUS女性ソウル・シンガーGeorgia Anne Muldrow。彼女もNosizweと同じくアフリカを強く意識しているアーティストであり、ベクトルが合っているのでしょうね。

アルバムにはGeorgia Anne Muldrow以外にも、ノルウェーのラッパーSon Of Light、デトロイト出身のラッパーGuilty Simpson、Nosizweの旧友である女性シンガーNaima Mclean、Naimaの父でサックス奏者のRene McLean、Tru Thoughtsから2枚のアルバムをリリースしているカナダ出身でノルウェーを拠点に活動する女性シンガーKinny、デトロイト出身のラッパーDenmark Vesseyといったアーティストがフィーチャーされています。

北欧ソウルとGeorgia Anne Muldrow的な雰囲気が融合した今の時代らしいネオソウル作品に仕上がっています。

上記のジャケは輸入盤ですが、国内盤ジャケは異なるのでご注意を!
僕が購入したのは国内盤です。

全曲紹介しときやす。※国内盤

「Songs From Nosizwe」
アフリカにルーツを持つ自身の紹介も兼ねたオープニングといった趣のエレクトリック・ネオソウル。

「The Best Drug」
オススメその1。Georgia Anne Muldrowをフィーチャー。コズミック&ダンサブルな雰囲気のエレクトリック・ソウル。僕は本曲を試聴してアルバム購入を決めました。
https://www.youtube.com/watch?v=vlc1B2qW9v8

「Hey Ya」
オススメその2。北欧ソウルらしい雰囲気のネオソウルなミディアム・グルーヴ。J Dillaにも通じるビートがいい感じです。

「Acapella」
タイトルそのままのア・カペラの小曲。
https://www.youtube.com/watch?v=MUc1EXSJ3JE

「The Lesson」
ミステリアスな雰囲気の漂うネオオウル。北欧らしいヒンヤリ感があります。

「Nordic Lights」
Son Of Lightをフィーチャー。シンセ・ポップ風のトラックが印象的です。

「Breathe」
Guilty Simpson/Naima Mclean/Rene McLeanをフィーチャーしたアルバムからの先行シングル。2014年にN.Y.で起きたエリック・ガーナー窒息死事件がモチーフとなっています。分断・差別が懸念される現在の世界に警鐘を鳴らす社会派ソングです。

「Bags & Stairs (Skit)」
スキット。

「So Gone」
オススメその3。この曲もシングルになりました。アルバムの中でも完成度の高さでは随一。USネオソウル好きの人も気に入るはず!
https://www.youtube.com/watch?v=0UKeyZwKPTM

「Aella Song (Skit)」
Nosizweの娘Aellaの歌声によるスキット。

「Can't Keep A Good Woman Down」
オススメその4。Kinnyをフィーチャー。クラブミュージック好きの人もグッとくるであろうクール&ダンサブルなエレクトリック・ソウル。

「Breathe Reprise」
Denmark Vesseyをフィーチャーした「Breathe」のリプライズ。

国内盤には「The Beat」「Push」の2曲がボーナス・トラックとして追加収録されています。2曲共にGeorgia Anne Muldrow以外のプロデュース曲なので、本編とは異なるNosizweの魅力を楽しめます。
「The Beat」
https://www.youtube.com/watch?v=NsLTZEjh-LI

疲れているのか、身体が少し重い・・・
posted by ez at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

The Seshen『Flames & Figures』

ベイエリア産フューチャー・ソウル・バンド☆The Seshen『Flames & Figures』
Flames & Figures [帯・解説付 / 国内流通仕様盤CD] (BRTRU330)
発表年:2016年
ez的ジャンル:ベイエリア産フューチャー・ソウル
気分は... :睡蓮の花言葉は清純な心・・・

今回は新作アルバムからベイエリア産フューチャー・ソウル作品、The Seshen『Flames & Figures』(2016年)です。

昨秋に購入し、年内に紹介しようと思っていたのですが、他作品の関係で後回しにしてしまい、気づけば紹介がかなり遅くなってしまいました。

The Seshenは日系4世のAkiyoshi Ehara(b)を中心に、サンフランシスコで結成されたフューチャー・ソウル・バンド。

現在のメンバーはAkiyoshi Ehara(b)、Lalin St. Juste(vo)、Kumar Butler(software instrument)、Mahesh Rao(key)、Kasha Rockland(vo)、Mirza Kopelman(per)、Chris Thalmann(ds)という7名。ハイチ系アメリカ人の女性シンガーLalin St. JusteはAkiyoshi Eharaの公私のパートナーです。

グループは2012年に1stアルバム『The Seshen』をセルフ・リリース。これが評判となり、Tru Thoughtsとの契約に成功し、2014年にEP『Unravel EP』をリリースいています。

また、Hiatus KaiyoteThundercatTune-Yards等のオープニング・アクトも務めています。

そして、満を持して制作されたのがTru Thoughtsでの第1弾アルバムとなる本作『Flames & Figures』(2016年)です。

アルバム全体としては、鮮やかなエレクトリック・サウンドによる音空間とLalin St. Justeのキュートなヴォーカルが印象的なフューチャー・ソウル作品に仕上がっています。ベイエリアからこういったサウンドが生まれてくるのは少し意外な気もしました。

独特のポップ感覚は聴き重ねるうちにクセになります。

Hiatus Kaiyoteあたりがお好きな人は楽しめるのでは?

全曲紹介しときやす。

「Distant Heart」
ミステリアスなエレクトリック・ソウルがオープニング。

「Right Here」
僕好みのフューチャー・ソウル。ヴィヴィドなエレクトリック・サウンドをバックに、Lalin St. Justeのキュートなヴォーカルが栄えます。

「Spectacle」
幻想的なフューチャー・ソウル。近未来的なポップ感覚がいい感じです。

「Other Spaces」
トライバル感覚のフューチャー・ソウル。このバンドらしいハイブリッド・サウンドを楽しめます。

「Already Gone」
エレクトロ・ポップ的な味わいの仕上がり。B級的な味わいが逆にいい感じです。

「Flames & Figures」
タイトル曲はアンビエントR&B感覚の深淵な雰囲気です。目を閉じて聴いていると引き込まれます。
https://www.youtube.com/watch?v=h-T6dIWpxWU

「Waiting For You」
オルタナ感覚のフューチャー・ソウル。キュートなのに儚い歌声の哀愁感が印象的です。

「Firewalker」
本作らしい立体感のあるエレクトリック・サウンドとLalin のキュートなヴォーカルのマッチしたドリーミー・ソウル。

「Fallen Skies」
音空間の広がりが印象的なハイブリッド・ダンス・チューン。白日夢の中のダンス・チューンといった趣ですね。

「Periphery」
ヴィヴィドなポップ感覚が魅力のエレクトリック・ソウル。アルバムの中でも一番キャッチーな仕上がりなのでは?

「Time's Up」
オルタナな面白さのあるフューチャー・ソウル。このバンドらしい個性を楽しむことができます。

「All I Know」
幻想的なエレクトリック・サウンドによるサウンド・スケープ的な仕上がり。

「Colors Collide」
ラストがバンドらしいドライブ感のあるサウンドで躍動します。こういった曲があと1、2曲あっても良かった気が・・・

バンド名はエジプトの言葉で睡蓮(すいれん)を意味するらしいです。
posted by ez at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

Roman Andren『Rain King』

進化した北欧クロスオーヴァー☆Roman Andren『Rain King』
レイン・キング
発表年:2016年
ez的ジャンル:北欧系ブラジリアン・フュージョン+アフロビート
気分は... :雨王・・・

今回は"北欧のDeodato"ことスウェーデンのキーボード奏者Roman Andren『Rain King』(2016年)です。

これまで当ブログで紹介したRoman Andren作品は以下の5枚。

 『Juanita』(2007年)
 『Color Green』(2010年)
 『Lovin' You』(2011年)
 『Cabra Negra』(2012年)
 『Oyster Of Basatan』(2013年)

これまでRoman Andrenの最新作はいつもタイムリーに紹介してきましたが、本作(昨年6月にリリース)は半年遅れになってしまいました。

『Juanita』(2007年)で日本における熱烈なファン獲得に成功したRoman Andrenですが、ここ数作は注目度も低かったかもしれませんね。きっとヴォーカル曲が少ないインスト中心のアルバムが地味な印象を与えたからかもしれません。やはり、みんなが求めるのは『Juanita』のようなヴォーカル入りのメロウなブラジリアン・フュージョンなのでしょうね。

本作『Rain King』は、前作と同じくスウェーデンのアフロビート・バンドKakaraka Bandとの共演盤となっています。前作はアフロビート・バンドをバックに従えつつ、サウンドは初期のブラジリアン・フュージョンに近いものがありました。それに対して、本作ではKakaraka Bandのアフロビート色をより強調したブラジリアン・フュージョン+アフロビートのクロスオーヴァー・サウンドも楽しめます。

また、ヴォーカル曲も多くなっています。ただし、ヴォーカル曲はKakaraka BandのフロントマンPositive Ganiu Oluwoらによるアフロビート的なヴォーカルが中心ですが・・・

アフロビート/アフロ・ファンク、ブラジリアン・フュージョン、ディスコ・ファンク、カリビアン、ボッサ+アフロなどバリエーション豊かなRoman Andrenワールドを楽しめます。

僕のように聴き逃していた方は、ぜひチェックを!

全曲紹介しときやす。

「The Child That I Am (Omo Kekere Ti Moje)」
本作らしいアフロビート色の強いサウンドでアルバムは幕を開けます。アフロビートの中にメロウ・フュージョン的なエッセンスを取り入れているのがいいですね。

「It's A Beautiful Day」
フェンダー・ローズの音色が心地好いメロウなブラジリアン・フュージョン。『Juanita』好きの人はグッとくるはず!これで女性ヴォーカル入りだったら文句ナシなのですが・・・

「My Heart Belongs To You (Tie nin se)」
アフロ・ファンク的なディスコ・チューン。AndrenのDJ的センスが反映されたダンサブル・サウンドです。

「And You Never Said Goodbye」
Roman Andrenお得意のメロウなブラジリアン・フュージョン。『Juanita』に収録されていてもおかしくない雰囲気です。70年代CTIクロスオーヴァー/フュージョンがお好きな人は気に入るはず!

「Rain King (Oba Ojo)」
タイトル曲はアフロ・ファンク調のディスコ/ブギー。アフロビート+フュージョン+ディスコ/ブギーを見事に融合させた本作を象徴する1曲なのでは?

「Where You Go, I Go (Osope Kin Duro Moduro)」
ボッサ+アフロなミステリアスな雰囲気が印象的です。

「You Said You're Sorry」
Andrenらしいフェンダー・ローズの音色を楽しめるメロウなブラジリアン・フュージョン。初めて聴いたのに懐かしい感じがします。

「Morning Dew」
マリンバ、スティール・パン、アナログ・シンセが織り成すカリビアン・テイストのサンバ・フュージョン。独特のトロピカル感が面白いです。

「Say It, Then I Listen (So Kingbo)」
パワフルなファンク・チューン。この曲はKakaraka Bandの色が強く出た演奏なのでは?

「Joy, Look For Me (Idu Nu Wa Mi Wa)」
壮大なスケールのアフロ・フュージョン。映画のサントラとかにありそうな雰囲気ですね。

「And The Wind Blows」
Gee Belloをフィーチャー。サンセット・モードのメロウ・チューン

「A Brand New Start」
Eric Galeを思い出すソウルフルなギターが印象的なメロウ・フュージョン。70年代のサマー・モード全開です。

「The Child That I Am (reprise)」
ラストはフェンダー・ローズのみでの「The Child That I Am」のリプライズ。

Roman Andrenの過去記事もご参照下さい。

『Juanita』(2007年)
ファニータ

『Color Green』(2010年)
カラー・グリーン

『Lovin' You』(2011年)
ラヴィン・ユー

『Cabra Negra』(2012年)
カブラ・ネグラ

『Oyster Of Basatan』(2013年)
ジ・オイスター・オブ・バサタン
posted by ez at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする