2019年12月08日

Steve Lacy『Apollo XXII』

いきなりグラミー・ノミネート!☆Steve Lacy『Apollo XXII』

発表年:2019年
ez的ジャンル:次世代官能R&B
気分は... :ローファイ再ブーム!

新作アルバムから最注目R&BユニットThe Internetの中心メンバーでもある若き才能Steve Lacyのソロ・デビュー・アルバム『Apollo XXII』です。

1998年生まれ。若干18歳にしてL.A.の最注目R&BユニットThe Internetに参加して以降、目まぐるしい活躍を見せるSteve Lacy

The Internetメンバーとして、『Ego Death』(2015年)、『Hive Mind』(2018年)という2枚のアルバムに参加。

また、プロデューサーとしてもSyd『Fin』(2017年)、Matt Martians『The Drum Chord Theory』(2017年)といったThe Internetメンバーのソロや大ヒット・アルバムKendrick Lamar『Damn』(2017年)を手掛け、その才を存分に見せてつけてくれました。

上記以外に、J. Cole『4 Your Eyez Only』(2017年)、Mac Miller『 Swimming』(2018年)、Vampire Weekend『Father Of The Bride』(2019年)、Solange『When I Get Home』(2019年)といった話題作のプロデュースも手掛けています。

そんなSteve Lacyが今年リリースした初ソロ・アルバムが『Apollo XXII』です。

当初はデジタル配信のみでしたが、アナログ、CDでようやくリリースされました。

しかも、先日発表された第62回グラミー賞ノミネートBest Urban Contemporary Albumの候補に選ばれました。

プロデュース&ソングライティング(共作含む)はSteve Lacy自身。

ゲストもL.A.のラウド・ジャズ・バンドDaisy、トークで参加の女優Amandla Stenberg、実妹の実妹Asiatica(Asia Lacy)程度で演奏の殆ども彼自身によるものです。

全体としてはミニマルな体制によるローファイ次世代R&Bといった感じですね。また、バイセクシャルであるSteve Lacyの思いなども綴られた内省的で官能的な1枚に仕上がっています。Prince殿下に通じるものもあります。

個人的にはシングルにもなったJesse Boykins IIIとの共作曲「Playground」Prince殿下を思わせる官能的な「Guide」、美しくも切ない「Love 2 Fast」「Hate CD」、ローファイな魅力に溢れた「N Side」あたりが僕のお気に入り。

本作も含めて。最近になって再びローファイ・サウンドがブームになりつつありますね。

全曲紹介しときやす。

「Only If」
ローファイながらもメロディアスな小曲がオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=ODQLN3ghuj4

「Like Me」
L.A.ラウド・ジャズ・バンドDaisyをフィーチャーした3パートからなる9分超の大作。バイセクシャルである自身の気持ちを歌い上げます。さまざまな心模様が表現されています。
https://www.youtube.com/watch?v=B51T9xidovw

「Playground」
Jesse Boykins IIIとの共作。シングルにもなったブギー・ファンク調の仕上がり。最近のThe Internetがお好きな人であれば気に入るはず!
https://www.youtube.com/watch?v=g_ICWul5hqQ

「Basement Jack」
確信犯的なチープ感が魅力のラップトップ・ミュージック。
https://www.youtube.com/watch?v=hVemKitrKQ8

「Guide」
Prince殿下を思わせる官能的なダンサブル・チューン。こういうの大好き!
https://www.youtube.com/watch?v=zPaS59yCcjk

「Lay Me Down」
愛を懇願する心の叫びといった雰囲気のミディアム。泣きのギターの官能的な雰囲気がいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=TPxjMjh4jEU

「Hate CD」
白日夢のラブソングといった美しくも儚いムードがたまりません。ある意味The Internetメンバーらしい音世界かもしれませんね。
https://www.youtube.com/watch?v=k_LHO8Hobmk

「In Lust We Trust」
性の解放をストレートに歌った官能的な1曲。
https://www.youtube.com/watch?v=Ks4Tydeo1_o

「Love 2 Fast」
美しくも切ないギターと共に歌われるラブソング。美しさと苦悩が交錯する音世界に惹かれます。
https://www.youtube.com/watch?v=HMa5LnRuWRQ

「Amandla's Interlude」
女優Amandla Stenbergのトークをフィーチャーしたアコースティックな雰囲気の1曲。
https://www.youtube.com/watch?v=hs65JwOadb8

「N Side」
本作らしいローファイな魅力に溢れた1曲。シンプルだからこそ伝わる歌世界がある・・・
https://www.youtube.com/watch?v=udOf9cPnR1A

「Outro Freestyle/4ever」
ローファイなアウトロの後、しばらく無音が続き、隠れトラックのように「4ever」が始まります。
https://www.youtube.com/watch?v=PUQfNBzMjiw

「The Night Owl」
国内盤ボーナス・トラック。実妹Asiatica(Asia Lacy)をフィーチャー。本編にはない躍動感のあるオルタナ・ロック調の1曲に仕上がっています。

The Internet『Ego Death』(2015年)
Ego Death

The Internet『Hive Mind』(2018年)
ハイヴ・マインド
posted by ez at 01:49| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

Da Lata『Birds』

UKクロスオーヴァー・ユニット、6年ぶりの新作☆Da Lata『Birds』

発表年:2019年
ez的ジャンル:UKアフロ/ブラジリアン・クロスオーヴァー
気分は... :いよいよ12月・・・

いよいよ12月ですね。
公私のTo Doリストが増える一方で、消し込みが進まない状態です。
忘年会シーズンにも突入ですが、この2週間の自己コントロールが勝負!

新作からロンドンのクラブジャズ/クロスオーヴァー・ユニットDa Lataの4thアルバム『Birds』です。

DJとしてロンドンのクラブ・シーンを牽引してきたPatrick ForgeSmoke CityZeepといったユニットの活動でも知られるChris FrankとのユニットDa Lataの紹介は、1stアルバム『Songs From The Tin(2000年)、『Serious』(2003年)に続き3回目となります。

前作『Fabiola』(2013年)から6年ぶりとなる新作『Birds』

アルバムにはVanessa FreemanBembe Segueといった西ロンドンの歌姫2人をはじめ、Diabel CissokhoSyren RiversAdriana VasquesRichard CollinsLuiz Gabriel Lopesといったシンガーがフィーチャリングされています。

それ以外にMike PattoReel People)(key、syn)、Matt CooperOutside)(el-p、syn)、Ernie McKone(b、ds)Tristan Banks(ds)、Jason Yarde(sax)等のミュージシャンが参加しています。

プロデュースはChris Frank

アルバム全体はアフロ/ブラジリアンのエッセンスを取り入れたDa LataらしいUKクロスオーヴァーに仕上がっています。

アフロ・ビート×ブロークンビーツな「Oba Lata」、Bembe Segueをフィーチャーしたジャズ・ファンク×ブロークンビーツな「Thunder Of Silence」、Vanessa Freemanをフィーチャーしたブラジリアン・グルーヴ「Sway」、Syren Riversをフィーチャーしたボッサ・グルーヴ「Memory Man」、Adriana Vasquesをフィーチャーしたアコースティック・ブラジリアン・グルーヴ「To B」あたりが僕のおススメです。

ロンドン次世代ジャズも面白いですが、こういったクラブジャズ/クロスオーヴァーも僕には欠かせません。

全曲紹介しときやす。

「Mentality」
Diabel Cissokhoをフィーチャー。アフロ・ジャズ×レゲエといった趣のクロスオーヴァー・チューンがオープニング。これには意表を突かれました。
https://www.youtube.com/watch?v=s0KzheEZSzs

「Dakar」
アフロ・ジャズ×ラテンなインスト。エスニックなミステリアス感がたまりません。
https://www.youtube.com/watch?v=egqGnuYfWoY

「Sway」
西ロンドンの歌姫Vanessa Freemanをフィーチャー。クラブジャズ・モードのブラジリアン・グルーヴ。バカンス・モードにフィットする仕上がり。
https://www.youtube.com/watch?v=DiLedTr0OBU

「Memory Man」
Syren Riversをフィーチャー。このグループらしいボッサ・グルーヴ。Syren Riversのセクシーな男性ヴォーカルと哀愁ボッサが実にマッチしています。
https://www.youtube.com/watch?v=dzBOckKSL1o

「To B」
Adriana Vasquesをフィーチャー。アコースティックな質感が心地よいブラジリアン・メロウ・グルーヴ。透明感のあるAdriana Vasquesのスキャットがビーチ・モードへ誘ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=IcnRIvRCvnE

「Lunar View」
Richard Collinsの男性ヴォーカルをフィーチャー。ライト・タッチのブラジリアン・グルーヴですが、メリハリが効いていていい感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=VJcJ9o8BgnE

「Thunder Of Silence」
西ロンドンの歌姫Bembe Segueをフィーチャー。ジャズ・ファンク×ブロークンビーツなDa Lataらしいサウンドをバックに、Bembe Segueが素晴らしいヴォーカルを披露してくれます。Jason Yardeのサックスも格好良いです。
https://www.youtube.com/watch?v=59nCGLDdbjU

「Oba Lata」
アフロ・ビート×ブロークンビーツなロンドンらしいクロスオーヴァー。個人的にはアルバムで一番のお気に入り。
https://www.youtube.com/watch?v=bc9FzqJxK9k

「Hollickwood Park」
Chris Frankが全ての楽器を演奏しているインスト小曲。
https://www.youtube.com/watch?v=6fWerFHHHiQ

「Birds」
Luiz Gabriel Lopesをフィーチャー。ラストはフォーキーなタイトル曲で、しみじみと味わいのある雰囲気で締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=ibEhjWA1g14

Da Lataの他作品もチェックを!

『Songs From The Tin(2000年)
Songs from the Tin

『Serious』(2003年)
Serious

『Fabiola』(2013年)
ファビオラ
posted by ez at 01:56| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

Tenderlonious『Hard Rain』

UK新世代ジャズ経由のテクノ/ハウス作品☆Tenderlonious『Hard Rain』
ハード・レイン
発表年:2019年
ez的ジャンル:UK新世代ジャズ系テクノ/ハウス
気分は... :アナザー・サイド

新作アルバムから、サウスロンドン注目の音楽クルー/音楽レーベル22aのリーダーTenderloniousことEd Cawthorneの2ndソロ・アルバム『Hard Rain』です。
※共同名義のアルバムを含めると3枚目のアルバム

UK新世代ジャズ・ミュージシャンの一人でもあるTenderloniousの紹介は、1stソロ・アルバム『Shakedown Featuring The 22archestra』(2018年)に続き2回目となります。

『Shakedown Featuring The 22archestra』は、22aの面々がジャズ・ミュージシャンとしての側面を見せつけた本格的なジャズ作品でした。

それに対して、2ndソロ・アルバムとなる本作『Hard Rain』はデトロイト・テクノの影響が色濃いテクノ/ハウス作品に仕上がっています。ジャケだけ見ると、バリバリの60年代Blue Note作品のようなのですが(笑)

このギャップに戸惑う方もいるかもしれませんね。『Shakedown Featuring The 22archestra』と本作とではリスナー層が異なると思います。

僕は前作も本作も渋谷の某大手CDショップで購入しましたが、前作をジャズ・コーナーで購入したため、本作もジャズ・コーナーで探していたら見つからず、店員さんに調べてもらったらクラブミュージック・コーナーに置いてありました。

プロデュース、ソングライティング、アレンジ、パフォーマンス全てTenderlonious一人でこなしています。

デトロイト・テクノ影響下のテクノ/ハウス作品ですが、UK新世代ジャズ・ミュージシャンならではの感性、さらにJ DillaやUkブロークンビーツのエッセンスが織り交ぜられているのが本作の魅力です。

Moodyman的な漆黒の電子グルーヴ「Casey Jr.」、デトロイト・テクノ的なタイトル曲「Hard Rain」「Another State Of Consciousness」J Dilla的な「GU22」、Tenderloniousのフルートも交えたクロスオーヴァー「Aesop Thought」、UK新世代ジャズの感性が冴える「Workin' Me Out」、ブロークンビーツなボーナス・トラック「Brokentom」が僕のおススメです。

『Shakedown Featuring The 22archestra』では聴けなかったTenderloniousのもう一つの顔を楽しみましょう。

全曲紹介しときやす。

「Casey Jr.」
オープニングはMoodyman好きが気に入りそうな漆黒の電子グルーヴ。

「Buffalo Gurl」
70年代クロスオーヴァー的なエッセンスも感じる仕上がり。

「Hard Rain」
タイトル曲はデトロイト・テクノ的なエレクトリック・サウンドを楽しめる1曲。目を閉じて聴いていると瞑想モードに浸れる感じです。
https://www.youtube.com/watch?v=oWyPvW6Re50

「GU22」
J Dilla的なHip-Hopトラック。1分半の短いトラックですがUK新世代ジャズな雰囲気もあって楽しめます。

「Low Tide」
幻想的なビートレスの小曲。コズミックな雰囲気がいいですね。

「Another State Of Consciousness」
デトロイト・テクノ的な電子音を楽しめる1曲。本作の中でも派手めな音使いで印象に残ります。

「Aesop Thought」
Tenderloniousのフルートも交えた1曲。デトロイト・テクノ×Ukブロークンビーツなクロスオーヴァー・サウンドが魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=bSGHrj3QgG8

「Love You」
1分半の小曲ですが、サウンド・コラージュ的な面白さがあります。

「Workin' Me Out」
UK新世代ジャズ・ミュージシャン&トラックメイカーならではの音世界を楽しめます。サウンド的にはアルバムで一番刺激的かも?

「Almost Time」
本編ラストはジャジー・ムードで締め括ってくれます。淡々とした雰囲気が好きです。

「Brokentom」
国内盤CDボーナス・トラック。タイトルの通り、ブロークンビーツな仕上がり。クラブジャズ好きの人は気に入るはず!

未聴の方は『Shakedown Featuring The 22archestra』(2018年)もチェックを!

『Shakedown Featuring The 22archestra』(2018年)
SHAKEDOWN FEAT. THE 22
posted by ez at 01:23| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

Portico Quartet『Memory Streams』

UKミニマリズム・ジャズ☆Portico Quartet『Memory Streams』
MEMORY STREAMS
発表年:2019年
ez的ジャンル:UKミニマリズム・ジャズ
気分は... :魅惑のハングドラム!

新作からUKのジャズ・ユニットPortico Quartetの最新アルバム『Memory Streams』です。

Portico Quartetは2005年ロンドンで結成されたジャズ・ユニット。

デビュー・アルバム『Knee-Deep in the North Sea』(2007年)を皮切りにコンスタントにアルバムをリリースしています。新進ユニットの印象も受けますが、結成から14年のキャリアを誇る中堅ユニットです。

現在のメンバーはDuncan Bellamy(ds、electronics)、Milo Fitzpatrick(b)、Keir Vine(hang ds、key)、Jack Wyllie(sax、key)。

最新作『Memory Streams』は、『Art in the Age of Automation』(2017年)に続くマンチェスターのGondwana Recordsからの第2弾アルバムとなります。

Gondwanaといえば、GoGo Penguinを発掘したレーベルとして知られていますね。

正直、彼らの過去作品を聴いたことがありませんでしたが、CDショップで試聴して一発で気に入った次第です。

予備知識がなく進化形ジャズの1枚といった感覚で聴きましたが、アンビエント/エレクトロニカなミニマリズム・ジャズが新鮮に聴こえました。個人的にはハングドラムの音色にグッときた部分も大きいかもしれません。

販売元の宣伝文句にThe Cinematic Orchestraからの影響も指摘されていましたが、確かにそういった魅力もあるかもしれません。

サウンドスケープ的な感じも僕好みかもしれません。ただし、サックスだけはフリーキーに鳴り響いているのが面白いです。

プロデュース、アレンジ、作曲はすべてグループ自身です。

今年はサウス・ロンドンの次世代ジャズを好んで聴いている僕ですが、それとは異なるベクトルのUKらしい現在進行形ジャズを楽しめる1枚です。

これ聴きながら仕事すると集中力が増してきます!

全曲紹介しときやす。

「With, Beside, Against」
アンビエントな序盤からGoGo Penguin調のUKジャズらしいサウンドへ展開するオープニング。
https://www.youtube.com/watch?v=INk3luiNndg

「Signals In The Dusk」
本曲を聴いてCD購入を決めました。アンビエントなミニマリズム・ジャズがグッとくる演奏です。Gondwanaらしいセンスの進化形ジャズを楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=o7cu-KmzyGc

「Gradient」
エレクトロニカなサウンドで幻想的な音世界を奏でます。冬のサウンドスケープ的な感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=luUKW4kjl0o

「Ways Of Seeing」
コンテンポラリーな演奏ですが、ハングドラムの音色を巧みに生かした感じが魅力です。
https://www.youtube.com/watch?v=MPW61oaezYg

「Memory Palace」
ピアノにノイズ効果を加味したアンビエントな小曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=JwGVKKL0arY

「Offset」
スケールの大きなドラマチックな演奏です。荒々しさをハングドラムの音色が中和している感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=zecyKRV6YN0

「Dissident Gardens」
このバンドの美学を感じるミニマリズム・ジャズな演奏を楽しめます。
https://www.youtube.com/watch?v=lTN4BeRMbpU

「Double Helix」
このバンドならではの幻想的ジャズ・ワールドにグイグイ引き込まれます。知らぬ間にジワジワ高揚しているのがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=GEArU9PWDCo

「Immediately Visible」
ハングドラムの煌びやかな音色が響くアンビエントなミニマリズム・ジャズで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=bTDaW7TWkds

Portico Quartetの他作品もチェックを!

『Knee-Deep in the North Sea』(2007年)
ニー・ディープ・イン・ザ・ノース・シー

『Isla』(2009年)
Isla

『Portico Quartet』(2012年)
ポルティコ・クァルテット

『Live/Remix』(2013年)
Live/Remix

『Art in the Age of Automation』(2017年)
ART IN THE AGE OF AUTOMATION [LP] [12 inch Analog]

『Untitled (AITAOA #2)』(2018年)※ミニ・アルバム
UNTITLED (AITAOA #2)
posted by ez at 01:54| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

Sudan Archives『Athena』

Stones Throw期待の女性R&Bアーティスト待望のフル・アルバム☆Sudan Archives『Athena』
Athena
発表年:2019年
ez的ジャンル:Stones Throw系異才女性R&Bアーティスト
気分は... :現代R&Bの女神・・・

新作からStones Throw期待の女性ヴァイオリン奏者/R&Bシンガー/ビートメイカーSudan Archivesの1stアルバム『Athena』です。

Sudan Archives(本名:Brittney Denise Parks)は、オハイオ州シンシナティ出身。

幼少期からヴァイオリンを演奏していた彼女は、Sudan Moonのアーティスト名でHip-Hopアーティスト/ビートメイカーと交流しながらトラック制作を開始します。

2014年にはSudan Moon名義でのEP「Goldencity」をリリースしています。

その後、アフリカ音楽の影響を受けた彼女はアーティスト名をSudan Archivesと改め、19歳でL.A.に進出します。

彼女のデモ・テープをStones ThrowのオーナーPeanut Butterが気に入り、Stones Throwとの契約に成功します。

Stones Throwでは、これまで「Sudan Archives」(2017年)、「Sink」(2018年)という2枚のEPとデジタル配信のシングル「Water」(2017年)をリリースしています。

これらの既発表曲は、昨年リリースされた日本独自CD『Sudan Archives』で聴くことができます。

『Sudan Archives』(2018年) ※日本独自CD
sudan archives sudan archives.jpg

こうした流れで、Stones Throw好きや先物買いのR&Bファンから注目されていたSudan Archivesですが、機が熟したこのタイミングで1stアルバム『Athena』を届けてくれました。

これまではセルフ・プロデュースを基本としてきた彼女ですが、本作『Athena』では意図的に外部プロデューサーを多数起用しています。

Will ArcherWashed OutRodaidh McDonaldPaul WhiteAndre EliasBlack TaffyJohn DeBoldKenny GilmoreRetroといった面々です。

アルバム・タイトルはギリシア神話の芸術の女神Athena
アルバム・ジャケもそれを想起させるSudanのブロンドの彫像が示されています。

そんな芸術の女神を冠したタイトルに相応しいアーティスティックなR&B作品に仕上がっています。

ヴァイオリンという楽器をここまで効果的に駆使したR&B作品は珍しいのでは?

それも含めてヴァイオリニストならではの感性による唯一無二のR&Bワールドは実に魅力的です。

これからの活動も要注目の女性アーティストです。

全曲紹介しときやす。

「Did You Know?」
Sudan Archiveプロデュース。芸術の女神Athenaらしい雰囲気のオープニング。ヴァイオリニストならではの感性によるビートメイキングがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=6c9lLO0SFcI

「Confessions」
Sudan Archive/Will Archerプロデュース。アルバムからの先行シングル。ヴァイオリン奏者/R&Bシンガー/ビートメイカーというSudanの持つ3つの顔をすべて楽しめる1曲。彼女にしか生み出せない独特の雰囲気があります。
https://www.youtube.com/watch?v=Zgjrt12QTVQ

「Black Vivaldi Sonata」
Sudan Archive/Black Taffyプロデュース。Sudanの哀愁ヴォーカルと乾いたビートが印象的なダウナー。美しくも儚いムードがたまりません。
https://www.youtube.com/watch?v=tjFTssXNlSE

「Down On Me」
Sudan Archive/Rodaidh McDonaldプロデュース。ヴァイオリニスト兼R&Bシンガーとしての美学を感じる哀愁ネオソウル。やはりヴァイオリンが肝です。
https://www.youtube.com/watch?v=n0l5LU4-B5I

「Ballet Of The Unhatched Twins I」
Sudan Archiveプロデュース。インタールード的なインスト。厳かな弦の音色が印象的です。
https://www.youtube.com/watch?v=mFjDD4riAfI

「Green Eyes」
Sudan Archive/Andre Eliasプロデュース。フューチャリスティック&ミステリアスなエレクリック・ソウル。アルバムのいいアクセントになっています。
https://www.youtube.com/watch?v=uo0dV5fBD8w

「Iceland Moss」
Rodaidh McDonaldプロデュース。白日夢のなかの幻想的なビューティフルR&Bといった雰囲気です。
https://www.youtube.com/watch?v=s-CQ9rBiPuQ

「Coming Up」
Sudan Archive/Rodaidh McDonald/John DeBoldプロデュース。ヴァイオリンの音世界とビートメイキングを見事に融合させた哀愁チューン。
https://www.youtube.com/watch?v=3bu5gpueIHY

「House Of Open Tuning II」
Sudan Archiveプロデュース。インタールード的なインスト。
https://www.youtube.com/watch?v=zpsgJTbR9rY

「Glorious」
Sudan Archive/Will Archerプロデュース。アフリカ音楽のエッセンスとHip-Hopを融合させた1曲。
https://www.youtube.com/watch?v=BJDMSctOnQY

「Stuck」
Sudan Archive/Retroプロデュース。1分強の短い演奏ながらもミステリアスな雰囲気があります。
https://www.youtube.com/watch?v=-WMI6cDAa9M

「Limitless」
Paul Whiteプロデュース。穏やかなメロウネスが漂うR&Bチューン。希望の光が差し込んでくる感じがいいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=OEhmX-ZZT0o

「Honey」
Sudan Archive/Retroプロデュース。退廃的かつ官能的ムードがたまらない1曲。ヴァイオリンの響きがエクスタシー感を高めます。
https://www.youtube.com/watch?v=9e_BtzaKAbc

「Pelicans In The Summer」
Sudan Archive/Kenny Gilmoreプロデュース。ラストはビートメイキングのセンスが冴えるダーク・チューンで締め括ってくれます。
https://www.youtube.com/watch?v=1AeJnUxrWII

『Sudan Archives』(2018年) ※日本独自CD
sudan archives sudan archives.jpg
posted by ez at 00:49| Comment(0) | 2010年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする